団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by osamukunn at 09:38
こんにちは、 武田先生..
by princesscraft at 14:44
kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

<   2019年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

奥越後・奥信州旅行記ー2

<2日目>(8月26日)
朝食前にホテルの周りを写真撮影。
b0177792_08513997.jpg
夏はゴルフ、冬はスキーができるリゾートホテルのようだった。




More
by osamukunn | 2019-08-31 09:14 | 旅行 | Comments(0)

奥越後・奥信州旅行記ー1


訪問国:日本、奥越後・奥信州
期間:8.25-27(3日間)
ツアー会社:阪急交通社
ツアー料金:59,900円

年に1回は国内を旅行するようにしているが、
今年は今まで行ったことが無い奥越後・奥信州に加えて、
6つの遊覧という言葉に惹かれて、このツアーに参加することにした。

<1日目>(8月25日)
名古屋駅まではJR関西線。
b0177792_11152636.jpg
タクシーが早めに来たので予定より一本前の6時半ごろの電車に乗れた。




More
by osamukunn | 2019-08-30 12:52 | 旅行 | Comments(0)

遠くに見える佐渡島

岩室温泉に泊まり朝風呂に入ったところです。
いつもはシャワーですので久しぶりの大風呂は本当に気持ちがよい。

b0177792_05265388.jpg

弥彦パノラマタワーから見た佐渡島。
奥の方の大佐渡が見えるのはめったにないとのことでした。



by osamukunn | 2019-08-27 05:23 | 旅行 | Comments(0)

竜王ロープウェイ

昨日から奥越後、奥信州の旅に出かけています。
2泊3日のツアーです。
斑尾温泉に泊まって朝風呂に入ったところです。

b0177792_05300955.jpg
竜王ロープウェイ、山頂では雲海は見えず雲がかかっていました。

藤井七段は昨日のNHK杯で久保9段に負けてしまいました。
今日の王将戦は勝って欲しい。


by osamukunn | 2019-08-26 05:27 | 旅行 | Comments(0)

GSOMIA破棄

嫌韓家としては韓国のGSOMIA破棄について一言書かなければなりません。

b0177792_09503122.jpg
いろいろ報道されていますが、
私は韓国が日米韓の枠組みから外れ、中国・ロシアに近づこうとしていることの現れと考えます。

民放各局に言いたい。
主にBSで放送している韓流ドラマの放映を即刻中止しろ。


by osamukunn | 2019-08-24 09:57 | 日常 | Comments(0)

愛知祝祭管弦楽団/「神々の黄昏」


2019年8月18日 愛知県芸術劇場コンサートホール 14:30~

ワーグナー 楽劇「神々の黄昏」

ジークフリート:大久保亮
ブリュンヒルデ:基村昌代
ハーゲン:成田眞
グンター:初鹿野剛
アルベリヒ:大森いちえい
グートルーネ:大須賀園枝
ヴァルトラウテ:三輪陽子

指揮:三澤洋史
管弦楽、合唱:愛知祝祭管弦楽団および合唱団
演出構成:佐藤美晴

b0177792_08134205.jpg

愛知祝祭管弦楽団の「ニーベルングの指輪」プロジェクトはスタート時点から知っていましたが、
アマチュアオーケストラのため、わざわざ聴きに行くこともないと思っていました。
いつもチェックしている音楽評論家の東条碩夫氏のブログ (リンクも貼ってあります)で
昨年の「ジークフリート」を褒めていましたので、
今年は発売と同時にネットでチケットを入手しました。
アマチュアオケのためチケット代金が安く、S席2階12列47番で4,000円。

b0177792_08163166.jpg
いつも会う大学・会社の先輩Oさんも聴きにきていて2階のほぼ中央の席でした。


コンサートの感想を一言でいうと、
アマチュアオケということでバカにしていましたが、
本当に素晴すばらしく感動的な公演、演奏で大変驚きました。
特に、”ジークフリートの葬送行進曲”はプロでもめったに聞かれないほどの素晴らしい演奏で、
”ブリュンヒルデの自己犠牲“では目頭が熱くなってしまいました。

演奏が終了して拍手が始まったが何故か会場は真っ暗に。
その間も拍手が続き1分ほどしてやっと会場が明るくなった。
何故、こんなことをするのだろうか?と思っていたら、
パンフレットの佐藤団長の挨拶の中に、
「最後の音切れの際は、少しでも長く、祈りのごとくの沈黙の中で
 無言の空間に浸りませんか」とありました。
3幕の最初にアナウンスで説明してくれるのなら分かりますが、
こんな演出は無理でしたね。

b0177792_09025144.jpg
公演が終了してから撮影したら注意を受けた。
当然、フラッシュを点灯せずに撮影したが何故ダメなのであろうか?理由が聞きたい。
腹が立つ!次回も撮影してやる。

以下、感想や思いついたことを少し書いておきます。

各幕の開始にはオルガン席後方にブラス隊が現れファンファーレを演奏。
バイロイト音楽祭を踏襲したということでしょう。

コンサート形式の公演ですので歌手の演技などはほとんどありませんが、
光を使った演出や、ラストでワルハラ城が焼け落ちる場面では、
天井から飾り付けたカーテン?が降りてくるという、
それらしい演出だったと思います。

歌手陣では、出番が少なかったのですがヴァルトラウテの三輪さんが圧倒的に素晴らしく、
ハーゲンの成田さんも良かったですね。
ブリュンヒルデの基村さんは最初は声が出ていないように感じていましたが、
”ブリュンヒルデの自己犠牲”のころには快調になってきたのか、
あるいはそれまでセーブしていたのか、立派に歌いあげたと思います。
反対にジークフリートの大久保さんにはガッカリ。
全く声が出ていなく、ジークフリートを歌うのには無理があったように感じた。

歌手以上に注目された愛知祝祭管弦楽団。
細かいミスは散見されました、アマチュアオケでもここまで出来るかのかと感心させられました。
3人のノルマが登場して公演が始まって暫くは、果たしてどんな演奏するのかと、
オーケストラばかりに注目していたのですが、
1幕の途中からはオケのことは全く気にせずに「神々の黄昏」の公演を楽しみことができました。
つまり、オケの演奏がオペラを楽しめるほどのレベルに達していたということだと思います。

ただし、ホルンは全般的にレベルが低く、反対にトランペットのトップは大変上手かった。
トロンボーンも全般的には良かったのですが、
”ブリュンヒルデの自己犠牲”の大事な箇所で音の出だしをもろにミスし、
思わず椅子から滑り落ちそうになってしまいました。
弦については低弦の音が響いてこず、もっと自信を持って演奏したほうが良いのではと思った。
コンサートマスターの高橋さんは素晴らしく、大きな動作で楽員をリードしていました。

最後に指揮の三澤洋史さんについて。

このプロジェクトの中心人物は三澤さんだと思いますが、
昨晩の「神々の黄昏」は本当に立派、かつ感動的な公演で、
彼の手腕が素晴らしいことがよく理解できました。
5時間にもおよぶ長い時間、明快かつ大きな動作で指揮し続けたのにも関心させられました。
本来であればティーレマンのように大きくテンポを動かして演奏して欲しかったのですが、
アマチュアオーケストなので無理なのでしょう。

昨晩の公演、本当に素晴らしく、
4,000円という安い料金でワーグナーの世界にどっぷりと漬かることができ、
本当に幸せな時間を過ごすことができました。

関係者の皆様、ありがとうとございました。


by osamukunn | 2019-08-19 09:00 | クラシック音楽 | Comments(0)

スキン画像:アメリカ西部㉑ :ホース・シュー・ベント

2週間ぶりにスキン画像を変更します。
通常であれば競馬中継が終わってからブログを更新するのですが、
午後からコンサートのため名古屋まで出かけますので早めにアップします。

演目はワーグナーの楽劇「神々の黄昏」。
三澤洋史/愛知祝祭管弦楽団のリングプロジェクトの最終作です。
アマチュアオーケストラのためわざわざ名古屋まで出向く必要はないと思っていたのですが、
昨年、音楽評論家の東条氏が「ジープフリート」を褒めていましたので、
最終作の「神々の黄昏」を観に行くことにしました。
アマチュアですので大きな期待はしないつもりですが、
果たしてどんな演奏を聞かしてくれるのか。

次のスキン画像は2013年9月のアメリカ西部旅行からの21枚目。

b0177792_07593367.jpg
ホース・シュー・ベントという観光スポット。
先に見える断崖まで歩いていきます。


by osamukunn | 2019-08-18 07:57 | スキン画像シリーズ | Comments(0)

ライダイハン問題

ライダイハンとはベトナム戦争中に派兵された韓国軍兵士が
ベトナム人女性に産ませた子供のことで最大3万人と推計されているとのこと。
強姦によるものも多く含まれ韓国軍の戦争犯罪として、
一部では問題視されていますが韓国政府は黙殺を続けているようです。
イギリスでは今年の6月にライダイハン問題を告発する銅像が建てられたようです。

b0177792_12101407.jpg
私はこのことを全く知りませんでした。

日本政府は慰安婦問題に対して韓国に謝罪や補償を繰り返してきましたが、
韓国政府はライダイハン問題に対して一切対応していないようです。

本日、韓国では「慰安婦の日」ということで集会が行われているそうですが、
どの面さげて参加しているのか!と言いたいですね。


by osamukunn | 2019-08-14 12:26 | 日常 | Comments(0)

香港・マカオ旅行キャンセル

昨日、香港国際空港に数千人の民主派デモ隊が集結し、
夕方から全ての発着便が欠航になりました。

b0177792_07244033.jpg

実は来月24日から香港・マカオに旅行する予定でしたが、

香港の民主化デモが収まる気配が全くありませんので

6日にツアーのキャンセルをしたばかりです。

先見の明があったということでしょうか。


=================
▼お取り消し内容
=================
■お取り扱い支店名:阪急交通社 トラピックス中部 海外
■コース名:★世界最長の海上橋を渡る♪ザ・ヴェネチアンマカオに泊まる(2泊目)!マカオ香港3日間
■コース番号:NN680
■お申込人数:大人 2人
■ご出発日:2019年9月24日
■ご旅行日数:3日間
■取消受付日:2019年8月6日

香港、韓国は近場ですので、時々行っているのですが、
しばらくは行く気がありませんね。



by osamukunn | 2019-08-13 07:31 | 日常 | Comments(0)

キングカメハメハ逝く

ディープインパクトが亡くなってから僅か10日後の9日にキングカメハメハが死にました。
キングカメハメハは04年のNHK杯、ダービーの変則2冠馬で通算成績は8戦7勝。
主戦騎手は地方出身のアンカツこと安藤勝巳騎手で私はアンカツの熱狂的フアンでしたので
ディープインパクトとは違って、ほとんどのレースでキンカメの馬券を買いました。

b0177792_09143504.jpg
種牡馬成績も素晴らしくGⅠ勝利は11頭で22勝しており、
ディープインパクトと並ぶ偉大な競走馬、種牡馬でした。

キングカメハメハは3歳秋の神戸新聞杯の勝利後に屈腱炎を発症し早期引退しましたが、
その年末にディープインパクトがデビューしました。
従って、この2頭が同じレースで走ることはありませんでした。

キングカメハメハ、そしてディープインパクトのご冥福をお祈ります。
合掌。




by osamukunn | 2019-08-11 09:29 | 競馬 | Comments(0)