団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19
もしかして映画ではこのシ..
by ミケ at 19:46
5-13-2で入線しまし..
by osamukunn at 18:40

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

<   2018年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2018年勝ち馬投票成績

競馬の話題が続いて申し訳ありませんが今年の馬券成績をお知らせします。

回収率は昨年と全く同じ76%でした。
上半期が114%でしたので如何に後半的中しなかったかが分かります。
昨日の東京大賞典は久々に本線が的中して+1万ぐらいになりましたが、
ホープフルSが大トリガミでしたので合わせるとほぼトントンでした。
PAT以外は春秋の京都競馬弾丸ツアーがありますが、
今年は2回とも負けて帰ってきましたので年回回収率は76%より低くなります。

b0177792_1059252.jpg



2018(2017:2016:2015:2014:2013:2012:2011)年
購入日 24(35:49:68:77:77:78:64)日 
購入R数 25(39:66:114:125:134:105:114)R
的中R数 17(17:28:33:53:43:33:35)R
的中率 68(44:42;29:42:32:31:31)%
購入額 381,900(419,300:543,400:652,700:677,300:608,000:543,700:518,100)円
払戻額 288,950(317,790:295,460:498,150:696,220:787,300:383,920:518,760)円
回収率 76(76:54:76:103:129:71:100)%
1日最高払戻額 61,350(51,000:85,980:125,870:100,450:168,860:94,360:137,650)円
万馬券的中回数 1(3:3:5:7:7:6:5)回
最高払戻し単価 12,880(17,000:85,980:125,870:38,790:102,860:30,010:42,750)円


今年は馬券を勝ったのはほぼGⅠレースのみで、
購入日、購入R数とも昨年よりさらに少なくなりました。

昨年から的中率が44%から68%と大きく上昇したのにもかかわらず、
回収率が76%で変わらなかったのは取りガミ(取って損)が多かったからです。

取りガミが多いということはムダ馬券が多いことですので、
如何にムダ馬券を減らして効率よく馬券を的中させるかが課題になります。

この点について現在馬券術を研究中ですのである程度纏まればブログにアップします。


今年も拙いブログを読んでいただき本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
by osamukunn | 2018-12-30 11:03 | 競馬 | Comments(0)

東京大賞典

昨日で中央競馬は終了になりましたが、本日は大井競馬場で「東京大賞典」があります。

本題の前に昨日のホープフルSについて少し。

M・デムーロ騎乗のサートゥルナーリアが3連勝で見事にGⅠを勝利しました。

直線出るところが無くなったが僅かの隙を見つけた後は

ノーステッキで楽に抜け出しました。これは大物か?

2着はルメールのアドマイヤジャスタ。

3着にも人気のニシノテイジーが入線しレースは固く収まりました。

馬券は、1-2番人気で決着し大トリガミでした。

昨年は3番人気のコパノリッキーが見事に逃げ切りました。

b0177792_11432655.jpg
ブログを見るとこのレースもトリガミになったようです。



さて、今年の東京大賞典ですが、

②ケイティブレイブ、⑤オメガパフューム、⑬ゴールドドリームの3頭の力が抜けています。

馬券的にはこの3頭を買えば良いのですが、

前走大敗のケイティブレイブの頭は嫌って、

3連単フォーメーション⑤⑬-⑤⑬②ー⑤⑬② 4点を買いました。

また、⑦サウンドトゥルーは8歳でまず要らないと思いますが実力馬ですので、

⑤⑬-⑤⑬②-⑦の3連単フォーメーション4点も少し押さえました。



by osamukunn | 2018-12-29 11:51 | 競馬 | Comments(1)

ホープフルS(推理)

今年最後のGⅠレース、ホープフルSを推理します。
ホープフルSは暮れの中山で開催されており、以前はオープン特別でしたが、
2014からGⅡに昇格し、昨年からはGⅠに昇格しました。

昨年は1番人気のタイムフライヤーが直線楽に抜け出し1着となりました。

b0177792_98326.jpg

馬券は2着の豊騎乗のジャンダルムを消して外したようです。


オープン特別時代からの過去10年のデーター、
特にGⅡに格上げになった2014年からの4年間のデーターを重視して分析します。

①【距離】
 勝ち馬10頭中7頭は前走が2000mだった。
 6番人気以下で入着した10頭中9頭は前走が1800m以上で6頭が勝っていた。
 2014年以降の勝ち馬4頭は2000m、
 連対馬8頭中6頭が1800m以上で残り2頭は1600mだった

②【外人騎手】
 ルメールは9回の騎乗で4-1-1-3の成績で、他の外人の活躍も目立つ。
 近3年の入着馬9頭中6頭は外人騎手

③【枠】
 8枠の連対無しが継続していたが昨年8枠15番枠が2着となる。
 
④【前走上がり】
 2014年以降4年の連対馬8頭中6頭は前走上がり最速馬

⑤【前走】
 重賞(3-5-2-18)
 OP特別(3-1-0-22)
 500万下(1-3-3-25)
 未勝利(0-1-2-30)
 新馬(3-0-3-14)

⑥【前走着順】
 2014年以降の入着馬12頭は全て前走1着馬だった

⑦【当日人気】(2014年以前は阪神のラジオNIKKEI賞)
 1番人気 (4-2-1-3)
 2番人気 (2-2-4-2)
 3番人気 (1-1-0-8)
 4番人気 (2-1-0-7)
 5番人気 (0-1-1-8)
 6番人気 (0-0-0-10)
 7~9人 (1-3-4-20)
 10人以下(0-0-0-52)


◎ニシノデイジー
 ミルコの馬が2戦2勝で人気しているが実績ではこの馬がNo1。
 ただし、最内1番枠は不安

〇サートゥルナーリア
 2戦2勝の良血馬で人気しているが2戦とも上がりの競馬で勝利しており、
 中山の重い馬場で力勝負になった場合は2歳馬だけに惨敗の可能性あり

▲アドマイヤジャスタ
 新種牡馬ジャスタウエイ産駒。ルメール、ローテもプラス材料だが、
 イマイチ力強さに欠ける感がある

☆キングリスティア
 最速上がりで新馬勝ち。2:01:2のタイムも優秀で穴で狙ってみたい

△ヴァンドギャルド
 前走東京2歳Sはタイム差なしの3着に好走。ここでも当然、好走の可能性あり

△ジャストアジゴロ
 未勝利勝ちからの参戦で人気しているが上がり最速、勝ちタイム2:00:9、
 騎手田辺と買い材料あり穴で狙ってみたい

×ブレイキングドーン
×ミッキーブラック
 上記の馬からの順番で×印にしたが力差が明確になっていない2歳のレースなので、
 入着の可能性もあり軽視はできない


馬券は難しい。
上位の印を中心に馬連を手広く買おうと思っています。
by osamukunn | 2018-12-28 09:09 | 競馬 | Comments(0)

NYダウ大幅反発

クリスマス明けの26日のNYダウは1086ドル25セントの大幅高で引けました。

b0177792_08203573.gif
1000ドル以上の上昇でしたが、上の日足チャートを見ても分かるように、
この所の大幅な下げがやっと一旦止まったというだけです。
日本の株式市場も今日は大幅な上昇が期待できます。

私は先週の金曜日に損出し、損切をしていましたので、
幸な事に25日の大幅な下げ相場でも含み損は少なくて済みました。

昨日のNYダウの大幅な上昇で今回の下げ局面が終了し、
元のレベルを目指して一気に上昇するとは思えません。
今後はある程度長い時間揉み合いが続きそうです。

現在の株のポジションはNISAも含めて約40%ぐらいですが、
今後はさらに現金ポジションを増やしていきたいと思っています。
そして、今後はBOX相場になりそうですので、
状況に応じたスイングトレードを行っていきたいと思っています。


by osamukunn | 2018-12-27 08:35 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

スキン画像:東北④:鶴ヶ城(若松城跡)

あ~あ、競馬当たりません。
有馬記念はただ一頭の3歳馬ブラストワンピースが池添の好騎乗で見事一着になりました。
いつもより前々でレースを進めたのが勝因です。
2着は1番人気のレイデオロ。
切れ味が無いこの馬にとって中山のやや重の馬場はピッタリだったようです。
3着は外枠を克服したシュヴァルグラン。
内枠だったら間違いなく勝ち負けのレースになっていただろう。
(枠順の差が非常に大きいコースでGⅠを開催するのは大問題だ)
4着は穴で狙ったミッキーロケット。思った通りマーフィー騎手が積極的な競馬をして、
直線声が出たのですが、ゴール前で惜しくも上位馬3頭に交わされてしまいました。
5着は逃げたキセキ。やはりGⅠ3戦連続は苦しかったか?
直線バテたのは中山の坂では無くローテーションが原因だったと思います。

馬券は馬連を多点買いしたのですが
940円の安い配当豆券4枚では大トリガミになってしまいました。


次のスキン画像は2013年8月の東北旅行からの4枚目。

b0177792_16042896.jpg
白虎隊で有名な若松城。
このころには天守閣に登る元気がありました。


by osamukunn | 2018-12-23 16:11 | スキン画像シリーズ | Comments(0)

有馬記念(推理)

やっとGⅠが当たりましたがほぼトントンで太い配当とはご無沙汰です。

今年最後では無くなったGⅠレース有馬記念の推理(予想)をします。
それにしても有馬の後にGⅠがあるのはシックリしません。
有馬記念は時に大荒れになり「あれまあ記念」と揶揄されるレースですので、
穴馬探しに力を入れたいですね。

昨年はキタサンブラックが見事に引退レースを勝利しました。
2着はルメール騎乗の8人気クインーズリングで馬連は3,170円の中穴でした。

b0177792_1674160.jpg

馬券は500円的中したようですが取りガミに終わったようです。
       

今年最後の大レースですのでいつもより気合を入れて過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ実績】
 勝ち馬10頭中9頭は2000以上のGⅠ勝ちの実績があった。
 また、6頭は、同年にGⅠレースを勝っていた

②【右回りのGⅠ・JpnⅠで好走経験】
 30着内30頭中26頭は前年以降の右回りのGⅠ・JpnⅠで3着内の経験があった
 
③【同年GⅠ・GⅡ実績】
 入着馬30頭29頭は同年のJRA1800~2500mのGI またはGII で
 3着以内入った経験がある馬だった。
 例外は昨年2着のクイーンズリング
 
④【中山長距離実績】
 6番人気以下で入着した9頭中6頭は
 中山の2200、2500のGレースで3着内の経験があった
 
⑤【乗り替り】
 12年、16年を除いて騎手が乗り替わった馬が毎年入着している

⑥【前々走人気】
 連対馬20頭中19頭は前々走で1~5人気だった。
 前走で惨敗し、近3走Gレース勝ちが無く、当日人気を落としていても、
 前々走で5番人気以内と人気していれば好走する可能性がある
 
⑦【外人騎手】
 今年は10週連続で外人騎手が勝利。
 10年以降外人騎手騎乗の6番人気以下の馬は0-5-1-12
 
⑧【年齢】
 3歳 (4-2-2-23)
 4歳 (2-5-2-31)
 5歳 (4-2-4-37)
 6歳 (0-0-0-17)
 7歳 (0-1-1-10)
 8歳以上(0-0-1-6)

 3歳馬は08年、13年(未出走)、17年を除いて3着内に入着している。
 連対した6頭中5頭は全てGⅠ勝ちの馬であり、
 14年2着のトゥザワールドは皐月賞2着だった。
 
 6歳以上は以下の3頭が入着。
  2009年3着エアシェイディ  (11番人気)
  2008年2着アドマイヤモナーク(14番人気)
  2008年3着エアシェイディ  (10番人気)
  いずれも中山芝のG1かG2で3着以内の実績のある馬
    
⑨【牝馬】
 2-3-0-17 入着5頭は全てGⅠ勝ち
  
⑩【枠順】
 連対馬20頭中12頭は①~⑦番枠だった。
 外枠、特に15,16番枠は0-0-0-18と苦戦
 
⑪【所属】
 美浦1-0-3-30 と関西馬が圧倒的に好走例多い

⑭【展開】
 中山が路盤改修された14年以降の連対馬8頭中7頭は、
 前走で4コーナーで5番手以内だった

⑮【前走レース】
 3着内30頭のうち26頭はGⅠレース。
 例外は、10年3着トゥザグローリー、12年2着のオーシャンブルー、
 14年2着のウインバリアシオン、15年1着のゴールドアクターの4頭。
 この内、ウインバリアシオン以外はGレースを勝っていた

 G1(9-8-9-80)
  ジャパンC(3-5-6-48)
    14頭中11頭は休み明け3戦目が有馬記念だった
    またこの11中10頭は5番人気以内であった
  天皇賞秋(2-0-1-8) 10年以降入着馬がでていない
  菊花賞(3-1-1-5)
  凱旋門賞(1-0-1-1)
  マイルCS(0-0-1-1)
  エリザベス女王杯(0-2-0-9) 

 G2(1-2-0-30)
  アルゼンチン共和国杯(1-0-0-6)
  ステイヤーズS(0-0-0-12)
  2着2回は開催時期が変わった金鯱賞

 G3(0-0-1-10)
10年3着のトゥザグローリーが中日新聞杯から参戦

⑯【前走着順】
 前走5着以下からの巻き返しも多い。ただし、GⅠに限る


⑰【当日人気】
 1番人気 (6-2-1-1)
 2番人気 (2-1-2-5)
 3番人気 (0-0-2-8)
 4番人気 (1-1-1-7)
 5番人気 (0-1-0-9)
 6番人気 (0-0-0-10)
 7~9人 (1-3-1-25)
 10人以下(0-2-3-59)

 1番人気は好成績だが6番人気以下の激走例も多い。
 10番人気以下で入着した5頭中3頭は7歳以上で、
 中山長距離Gレース好走実績があった。残り2頭は外人騎手騎乗であった。
 また、単勝10倍以上の馬が、7頭連対、12頭が入着という穴レース


◎モズカッチャン
 前走GⅠ3着内3頭中の一頭。好枠を引いたのでミルコがいつもよりも前々でレースを
 進めるだろう。GⅠ勝ちの牝馬であることも心強い。
 ただし、成績にムラがあるタイプで惨敗の可能性あり

〇サトノダイヤモンド
 引退レースでピークアウトした感があるが、好枠を引き豪州騎手に変わったことで
 前々でレースを進めれば入着があるかもしれない。
 中山2500は一昨年の有馬で勝利している

▲ミッキーロケット
 先行確実な馬で中山2500は向きそうで、JCをパスしたローテは好感が持てる。
 マーフィーへの乗り替りも魅力で宝塚に続くグランプリ連覇も十分。
 穴で狙ってみたい

☆レオデオロ
 GⅡ、GⅠの連勝で1番人気確実だが、枠が外よりになったこと、
 中山コースの皐月賞大敗、関東馬、位置取りが悪くなると差し届かずの可能性もあり
 人気ほど信頼できない

△クリンチャー
 絶好の2番枠を引いた。欧州遠征はサッパリだったが、
 その前の成績はこのメンバーと遜色なく、上手く先行できれば入着も十分

△ミッキースワロー
 数少ない中山2200,2500のGレース3着内実績の馬。
 差し追い込みのレースになった場合に注意が必要で押さえておきたい

△キセキ
 何と言ってもGⅠ連戦の激走が大きなマイナス。
 普通は消しの馬だが、ドロドロの菊花賞を勝った馬なので驚異のスタミナで
 このレースも好走するかもしれない

×シュヴァルグラン
 痛恨の外枠になってしまった。実力は認めても買っても豆券押さえまで

×ブラストワンピース
 ただ1頭の3歳馬だがGⅠを勝っていなく、脚質的にも有馬は前々で決まるレースなので
 この馬も買っても豆券押さえまで

×パフォーマプロミス
 アルゼンチン共和国杯からのローテが大きなマイナス。GⅠの実績も無く
 穴人気しているが、この馬も買っても豆券押さえまで

大穴サウンズオブアース、サクラアンプール
 有馬で穴を演出する中山2200、2500のGレース3着内馬、6歳以上馬であり、
 大穴で豆券押さえておきたい。
(サクラアンプールが内枠を引いたら大きく狙っていたのに・・・)


馬券は極めて難しい。
◎〇▲☆の馬連BOXを主力に(特に◎〇▲の馬連3点が魅力)、
この4頭から△以下の馬にも手広く馬連を流してみようと思っています。
by osamukunn | 2018-12-22 16:10 | 競馬 | Comments(0)

香港旅行記ー4

連日株は下がるは、火曜日から風邪を引くはで体調が優れません。

<4日目>(12月12日)
3泊の旅行ですのでもう帰国日。
この日の朝食も飲茶にしたが、
尖沙咀(Tsim Sha Tsui チムサーチョイ)の店にした。

b0177792_08030928.jpg
クリスマスらしい飾り付けが見られた。



b0177792_08032229.jpg
香港では、あちらこちらで朝に無料の新聞(ほとんど広告)を配っていた。
ハワイでは無料のフリー・ペーパーは歩道のスタンドに置いてあるが、
人口が多い香港では職を与えるために人が配っているのだろう。




More
by osamukunn | 2018-12-21 08:36 | 旅行 | Comments(0)

損出し、損切り

今日も日経平均は安く始まりましたね。

株を売買されている人は知っていると思いますが、
今年の最終売買日は25日ですので、残りは今日も入れて3日となりました。

b0177792_09304893.gif
皆さんの今年の成績はいかがだったでしょうか?
もし、譲渡益が出ていたら残りの3日の間に損出し、損切りされることをお勧めします。

例を示します。

今年1月から現在までの譲渡益が100万円だとすると、
税金として20万円取られることになります。

自分の持ち株の中に今は含み損だが将来は利益が出ると考えている銘柄があったとすると、
一旦売却して損を出し、売却した翌日以降に買い戻すことをお勧めします。

また、持ち株の中に今は含み損になっていて、
将来も上昇の可能性が少ないと思う銘柄があれば、
譲渡益が出ている段階に損切りすることをお勧めします。

以上のように100万円の損出し、損切りをすれば税金が取られなくて済みます。

私は昨日から1銘柄を損出しし、今日は寄り付きの段階で1銘柄を損切りしました。
今後は、状況を見ながら、特に明日の寄り付きは久々に高く始まる可能性が高いので、
一気に損出し、損切りを行いたいと思っています。


by osamukunn | 2018-12-20 09:42 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

香港旅行記ー3

<3日目>(12月11日)
この日は2年半前に行ったラマ島に行き海鮮料理を食べる事にした。

朝食は昨日と同じようなワゴン式飲茶の店にした。
店はMRT旺角東駅の直ぐ側の「翆園」を選んだ。

b0177792_08183480.jpg
MRTで旺角まで移動し、そこからは歩いて旺角東に行くことにしたが、
旺角から旺角東までは全て歩道橋で行くことができる。



b0177792_08193018.jpg
歩道橋から市場も見えたが朝8時と早くまだ開いていないようだった。



More
by osamukunn | 2018-12-19 09:18 | 旅行 | Comments(0)

香港旅行記ー2

<2日目>(12月10日)
この日は香港島をいろいろと観光し、その後、前回天気が悪くてあきらめた
スカイ100の展望台に行くことにした。

b0177792_09280671.jpg
ホテルの部屋からの眺め。
エアコンの屋外機が幾つも見える、いかにも東南アジアの国という光景。



More
by osamukunn | 2018-12-17 10:47 | 旅行 | Comments(0)