団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

月曜日に手術をして土曜日..
by osamukunn at 16:23
モリクリさん今晩は。 ..
by osamukunn at 18:48
面白く拝見しました。この..
by モリクリ at 08:47
今年最後の馬券もトリガミ..
by osamukunn at 18:54
旅人さん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 11:34

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

<   2017年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2017年勝ち馬投票成績

競馬の話題が続いて申し訳ありませんが今年の馬券成績をお知らせします。

回収率が昨年よりは良くなりましたが76%と100%を上回ることが出来ませんでした。
PAT以外も春秋の京都競馬遠征、昨日の東京大賞典も得意?のトリガミでしたので、
トータルの回収率はさらに下がっていると思います。

b0177792_10262546.jpg


2017(2016:2015:2014:2013:2012:2011)年
購入日 35(49:68:77:77:78:64)日 
購入R数 39(66:114:125:134:105:114)R
的中R数 17(28:33:53:43:33:35)R
的中率 44(42;29:42:32:31:31)%
購入額 419,300(543,400:652,700:677,300:608,000:543,700:518,100)円
払戻額 317,790(295,460:498,150:696,220:787,300:383,920:518,760)円
回収率 76(54:76:103:129:71:100)%
1日最高払戻額 51,000(85,980:125,870:100,450:168,860:94,360:137,650)円
万馬券的中回数 3(3:5:7:7:6:5)回
最高払戻し単価 17,000(85,980:125,870:38,790:102,860:30,010:42,750)円


最近、年齢の影響で予想をするのが面倒になり、
以前のように馬柱をじっくり眺めることが少なくなりました。
後半は馬券を買ったのはGⅠレースのみで、
購入日、購入R数とも昨年よりさらに少なくなりました。
回収率は昨年より上昇して76%となりましたが、
以前として取りガミ(取って損)が多く、100%超えにはなりませんでした。
1日最高払い戻し額が51,000円と少ないのは、
多点買いのため的中馬券の購入金額が少なくなっているのが原因です。

従って来年は、もう少し点数を減らして一点当たりの購入額を増やしたいと思っています。
by osamukunn | 2017-12-30 10:26 | 競馬 | Comments(0)

東京大賞典

昨日で中央競馬は終了になりましたが、本日は大井競馬場で「東京大賞典」があります。

本題の前に昨日のホープフルSについて少し。
C・デムーロ騎乗のタイムフライヤーが見事な追込みで勝利しました。
2着は外枠で評価を落とした豊騎乗のジャンダルム。
3着は穴で狙ったステイフーリッシュ。
ステイフーリッシュは直線でジャンダルムとタイムフライヤーの間を狙ったのですが、
ジャンダルムが外側に少しふくれたためにスペースが無くなり、
立て直してタイムフライヤーの外から追い込んだものの首差の3着になってしまいました。
残念。
馬券は、ジャンダルムは消したために外れてしまいました。

今年の中央競馬は昨日で終り、
馬券回収率は75%ぐらいで10万円ぐらいのマイナスですので、
一発逆転を狙って東京大賞典を買います。

昨年は5番人気のアポロケンタッキーが勝利しました。

b0177792_10421459.jpg
サウンドトゥルーからの馬連を買ったが3着に敗れて馬券は外れたようです。

今年は一発逆転を狙って3連単を買います。
軸は悩んだ末に⑫ケイティブレイブとし、相手は手広く7頭に流します。

⑫-①②③⑤⑧⑩⑬の3連単マルチ(126点)

地方馬の②タービランスが大穴の期待馬です。


by osamukunn | 2017-12-29 10:53 | 競馬 | Comments(1)

ホープフルS(推理)

今年最後のGⅠレース、ホープフルSを推理します。
ホープフルSは暮れの中山で開催されており、以前はオープン特別でしたが、
2014からGⅡに昇格し、そして今年からGⅠに昇格しました。

昨年は1番人気のレイデオロが直線楽に抜け出し1着となりました。
b0177792_15228.jpg



オープン特別時代からの過去10年のデーター、特にGⅡに格上げになった2014年からの
3年間のデーターを重視して分析します。

①【距離】
 勝ち馬10頭中7頭は前走が2000mだった。
 6番人気以下で入着した9頭中8頭は前走が1800m以上で6頭が勝っていた。
 2014年以降の勝ち馬3頭は2000m、
 連対馬6頭中5頭が1800m以上で残り1頭は1600mの新潟2歳Sだった

②【外人騎手】
 ルメールは8回の騎乗で4-1-1-2の成績で、他の外人の活躍も目立つ。
 近2年の入着馬6頭中5頭は外人騎手

③【枠】
 過去10年、8枠は連対なし。
 1988年以降、⑫~⑰は1-0-3-45で連対馬はただ1頭

④【前走上がり】
 2014年以降3年の前走上がり最速馬は3-2-1-7

⑤【前走】
 新馬:6-0-2-11     16年1着・3着、15年1着、14年1着
 葉牡丹賞:3-1-1-17
 萩S:1-0-0-2
 未勝利:0-5-1-26    16年2着、14年3着
 ベゴニア賞:0-1-1-2
 黄菊賞:0-1-1-1     15年3着
 きんもく:0-1-0-2    14年2着
 新潟2歳S:0-1-0-1   15年2着
 東スポ杯2歳S:0-0-2-10
 京王杯2歳S:0-0-1-0

 新馬勝ちの好走例多く、未勝利勝ちが5頭2着に入線しているのが目に付く

⑤【前走着順】
 1着:8-8-5-49
 2着:1-1-1-10
 3着:1-0-3-6
 4着:0-0-0-3
 5着:0-0-1-6
 6~9着:0-1-0-21
 10着~:0-0-0-12

 4着以下から馬券になったのは僅か2頭


◎サンリヴァル
 前走で中山2000を勝っているのが魅力で上がりも最速だった。
 田辺はそろそろGⅠを勝っても良い頃で思い切って主力で狙ってみたい

〇タイムフライヤー
 人気馬の中ではこの馬を上位に評価したい。C・デムールもGⅠを勝つ順番で、
 前走は上がりNo2であった

▲トライン
 前走上がり最速で、新馬勝ち、ディープインパクト産駒。
 人気よりは好走する可能性高く穴で狙ってみたい

☆ステイフーリッシュ
 この馬も上がり最速の新馬勝ちの馬。枠の差でトラインの下の評価とした

△ルーカス
 調教中の放馬のアクシデントがあったが出走してきた。
 前走はワグネリアンに完敗だったが、デムーロの年間GⅠ7勝の新記録がかかっているので、
 これ以上評価を落とせない

×フラットレー
 ルメール騎乗で人気すると思われるが、前走5着敗退が大きなマイナス。
 人気馬では最も評価を落としたい

×シャルルマーニュ
 前走はルーカスとタイム差なしの3着、戸崎騎乗でそこそこ人気すると思われるが、
 そんなに強い馬とは思えず買っても豆券押さえまで

穴ウオーターパルフェ
 穴を演出するのは内枠と思われ、5戦4連対のこの馬を大穴で少し買ってみたい

武豊騎乗でジャンダルムも人気すると思われるが、痛恨の8枠、前走1600のため
無印とした。


馬券は難しい。
レース経験の少ない2歳馬で、過去のデーターも少ないので、
購入額は少なくして楽しみたい。
今の所、◎〇▲☆△の馬連5頭BOXを主力に買ってみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-27 15:04 | 競馬 | Comments(0)

年内最終売買日

本日は株式の年内最終売買日です。

私はSBI証券(ネット証券)で売買しており、口座は源泉徴収有の特定口座です。

b0177792_10125165.gif

上の図を見ていただければ分かると思いますが、
源泉徴収有の特定口座の場合、本日で今年度の売却損益が確定し、
損益がプラスの場合は、売買益の20%の税金が確定し、
自動的に支払いが行われます。

もし、今年度の売買益がプラスで、含み損がある株を保有している場合は、
本日中に含み損ある株式を一旦売却することをお勧めします。
そうすれば、今年度の売買益が少なくなり税金も少なくなります。
なお、本日売却した株式を来年度も保有したければ明日以降に買い戻せばいいです。

また、本日は12月の最終売買日ですので、12月決算もしくは6月決算会社の株式を、
本日終了時点で保有していれば配当を貰えることになります。
私は配当目当てにキャノン電子(7739)を昨日、今日で800株ほど買ってみました。
明日には配当分だけ価格が下がりますが、評価損が配当よりも少なくなったら、
タイミングを見て、直ぐに売却しようと思っています。


by osamukunn | 2017-12-26 10:32 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

スキン画像:トルコ・エジプト㊲:階段ピラミッド

有馬記念について少し。

1番人気のキタサンブラックが見事な逃げ切りで引退レースに花を添えました。
2番手が仲が良い福永佑一でしたので豊も楽だったでしょう。

直線で大穴で狙ったサクラアンプールが大きな不利を受けましたが、
外人騎手の荒い騎乗が原因です。
2着のルメール騎乗のクイーンズリングが外に、
4着のM・デムーロ騎乗のスワーヴリチャードが内に進路を取った結果、
蛯名騎乗のサクラに加えて田辺騎乗のトーセンビクトリーも不利を受けています。
ルメールは昨日の騎乗で4日間の騎乗停止処分を受けていますし、
今回と合わせて8日間ぐらいの騎乗停止処分にすべきですね。
M・デムーロも荒い騎乗が目立ち、彼も来年早々最低4日間の騎乗停止にすべきです。

大事故が起きてからは遅いです。
JRAは外人騎手の荒い騎乗について何らかの対策をすべきです。
放置しておいたら大相撲のモンゴル人のようになってしまいます。
競馬関係者の中に貴乃花親方のような人は居ないのでしょうか・・・。

馬券は豆券5枚的中したのですが購入額が多くて取りガミでした。
キタサンが連を外していれば3-10で馬連5枚持っていました。残念。


次のスキン画像も2013年3月のトルコ・エジプト旅行から37枚目。

b0177792_16135214.jpg
修復工事中で片面が階段に見えませんでした。


by osamukunn | 2017-12-24 16:15 | スキン画像シリーズ | Comments(0)

有馬記念(推理)

今年最後では無くなったGⅠレース有馬記念の推理(予想)をします。
それにしても有馬の後にGⅠがあるのはシックリしません。

有馬記念は時に大荒れになり「あれまあ記念」と揶揄されるレースですので、
穴馬探しに力を入れたいですね。

昨年は3歳馬のサトノダイヤモンドが見事に優勝しました。

b0177792_1665340.jpg

穴を狙って3連単を306点も買ったのですが、1-2-3番人気と入線し大トリガミでした。
       

今年最後の大レースですのでいつもより気合を入れて過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ実績】
 勝ち馬10頭中8頭は2000以上のGⅠ勝ちの実績があった。
 また、6頭は、同年にGⅠレースを勝っていた
 
②【同年GⅠ・GⅡ実績】
 入着馬30頭全てが同年のJRA1800~2500mのGI またはGII で
 3着以内入った経験がある馬だった
 
③【中山長距離実績】
 6番人気以下で入着した11頭中7頭は
 中山の2200、2500のGレースで3着内の経験があった
 
④【直前2200以上の成績】
 勝ち馬9頭が直近で出走した芝2200m以上の国内外のGⅠまたはG2で3着以内に入っていた。
 例外は14年のジェンティルドンナでJC4着だった
 
⑤【乗り替り】
 12年、昨年を除いて騎手が乗り替わった馬が毎年入着している

⑥【前々走人気】
 連対馬20頭中19頭は前々走で1~5人気だった。
 前走で惨敗し、近3走Gレース勝ちが無く、当日人気を落としていても、
 前々走で5番人気以内と人気していれば好走する可能性がある
 
⑦【外人騎手】
 2-6-3-25の好成績、
 ここ7年の3着内21頭中10頭は外人騎手。
 内4頭は6番人気以下だった。
 
⑧【年齢】
 3歳:4-3-2-23 4歳:3-5-2-31 5歳:3-1-3-34 6歳:0-0-1-20 7歳以上:0-1-2-15
 
 3歳馬は08年、13年(未出走)を除いて3着内に入着している。
 連対した6頭中5頭は全てGⅠ勝ちの馬であり、
 14年2着のトゥザワールドは皐月賞2着だった。
 今年の3歳馬は古馬混合Gレースで過去10年トップの10勝をマーク。

 6歳以上は以下の4頭が入着。
  2009年3着エアシェイディ  (11番人気)
  2008年2着アドマイヤモナーク(14番人気)
  2008年3着エアシェイディ  (10番人気)
  2007年3着ダイワメジャー  (6番人気)
  いずれも中山芝のG1かG2で3着以内の実績のある馬
    
⑨【前走レース】
 3着内30頭のうち26頭はGⅠレース。
 例外は、10年3着トゥザグローリー、12年2着のオーシャンブルー、
 14年2着のウインバリアシオン、15年1着のゴールドアクターの4頭。
 この内、ウインバリアシオン以外はGレースを勝っていた

 G1(9-8-9-82)
  ジャパンC(2-5-5-51)
    12頭中9頭は休み明け3戦目が有馬記念だった。
    またこの9頭中8頭は5番人気以内であった
  天皇賞秋(3-0-1-7) 10年以降入着馬がでていない
  菊花賞(3-1-1-7)
  凱旋門賞(1-0-1-1)
  マイルCS(0-0-1-1)
  エリザベス女王杯(0-2-0-9) 入着2頭は3歳馬
 G2(1-2-0-30)
  アルゼンチン共和国杯(1-0-0-4)
  ステイヤーズS(0-0-0-12)
 G3(0-0-1-10)

⑩【前走着順】
 前走5着以下からの巻き返しも多い。ただし、GⅠに限る

⑪【牝馬】
 2-3-0-15 ただし、当日6番人気以下は0-0-0-13
 ここ2年入着していないが、15年は4着、16年は5着と好走している
 
⑫【枠順】
 連対馬20頭中13頭は①~⑦番枠だった。
 外枠、特に15,16番枠は0-0-0-16と苦戦
 
⑬【所属】
 美浦2-0-4-32 と関西馬が圧倒的に好走例多い

⑭【展開】
 逃げ(1-0-1-9)
 先行(5-3-3-25)
 差し(3-5-3-48)
 追込(0-1-2-39)
 マクリ(1-1-1-2)
 4角4番以内が馬券圏内の半数に好走しており、
  人気薄の先行馬、および早めに動ける馬に注意

⑬【当日人気】
 1番人気 (5-2-1-2)
 2番人気 (2-1-2-5)
 3番人気 (0-0-1-9)
 4番人気 (1-1-1-7)
 5番人気 (0-2-0-8)
 6番人気 (0-0-1-9)
 7~9人 (2-2-1-25)
 10人以下(0-2-3-58)
 1番人気は好成績だが6番人気以下の激走例も多い。
 10番人気以下で入着した5頭中3頭は7歳以上で、
 中山長距離Gレース好走実績があった。残り2頭は外人騎手騎乗であった
 また、単勝10倍以上の馬が、7頭連対、12頭が入着という穴レース


◎サトノクラウン
 前走JCの大敗で人気を落としているが、M・デムーロは直線勝ち目が無いと判断し
 追うのを止めているので10着は度外視したい。
 ⑥の条件にピッタリの馬でムーアの腕に期待して本線で狙ってみたい。
 ただし、調子落ちの大敗も考えておきたい

〇キタサンブラック
 絶好の2番枠を引いた。引退レースで過剰人気しているし、3戦目で調子が落ちるタイプ、
 直前調教の異常な軽さなど不安点が多いが、馬券からは外せないので2番手評価とした

▲シュヴァルグラン
 前走JCで念願のGⅠ勝ちで3番人気と人気上昇。ただし、JC、有馬の連勝は難しく、
 中山コースが向いているとは思えないが、自力で2,3着に入着する可能性は高く、
 この馬も軽視できないので3番手評価とした

☆シャケトラ
 中山長距離Gレース勝ちの数少ない一頭。秋天では◎、JCでは☆にした馬で、
 もう一度穴で狙ってみたい。先行脚質、⑦番枠も魅力

△1ルージュバック
 中山長距離Gレースの勝ち馬。好走例の多い牝馬で、差し追い込み馬のレースになった場合の
 連候補として穴で狙ってみたい

△2ミッキークイーン
 この馬も牝馬で前年の有馬で5着、宝塚で3着とGⅠで掲示板を確保している。
 ただし、5番人気とそこそこ人気しているのであくまで押さえまでの評価としたい

△3スワーヴリチャード
 3歳馬、M・デムーロ騎乗で人気しているが、GⅠを勝っていないのがマイナスで、
 小回り中山も向いているとは思えず、あくまでも押さえまでの評価とした。

×クイーンズリング
 全く人気が無いが、①⑤⑥⑦⑪のデーターに合致している。
 ルメールが内で上手く先行させ、2、3着に好走するかもしれない。
 穴で買ってみたい

×サトノクロニクル
 3歳馬で穴を演出するのはこの馬か?戸崎が内で上手くレースを進め、
 直線前が空けば馬券圏内に好走するかもしれない。
 この馬も穴で買ってみたい

大穴サクラアンプール
 3-1-1-0の中山コース実績、蛯名が魅力で大穴として豆券買ってみたい


馬券は難しい。
今の所、人気馬どうしの馬券はガミ覚悟の押さえ程度にし、
◎〇▲からシャケトラ、ルージュバック、クイーンズリング、サトノクロニクル、
サクラアンプールなどの穴馬への馬連で高配当を狙ってみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-23 16:10 | 競馬 | Comments(0)

「スター・ウオーズ/最後のジェダイ」

大腸検査などがあって、やっと「スター・ウオーズ/最後のジェダイ」を観てきました。

b0177792_13482769.jpg




いやはや、完全に期待はずれでした。

前作の新シリーズ「スター・ウオーズ/フォースの覚醒」の感想の最後で、
以下のように書いていました。

「今後はレイがジェダイとして旧作のルークと同じように成長していく物語になる
 という印象を持ちました。
 そのための伏線が各所にちりばめられています。

 ルークはどのような活躍をするのか?(ひょっとしたら悪役?)
 レイの出生の秘密は?(父親はルーク?)、
 黒人兵士フィンの過去(なぜ殺人兵器になりきれなかったか?)、
 女兵士キャプテン・ファズマはどうなったか?」

前作の伏線については、ルークとキャプテン・ファズマは一応回収されていますが、
その内容は極めて凡庸でした。
さらに、肝心のレイの出生の秘密に関しては何も描かれていませんでした。

とにかくストーリーが冗長で、デズニー色のキャラクタが無意味に多く登場し、
今までのスター・ウオーズの中で最低の出来の作品です。

次回がスター・ウオーズの最終作品になるようですが、
どのようなストーリーで9部作を完成させるのか、
この製作陣では全く期待が持てません。

ジョージ・ルーカスが製作メンバーに加わってくれることを強く望みます。


by osamukunn | 2017-12-22 13:50 | 映画 | Comments(0)

大腸検査中断

11月に行った人間ドックで便鮮血検査がプラスになったので、
昨日大腸内視鏡検査、ポリープ除去手術の予定でしたが、
痛さに我慢できずにポリープ除去は止めてもらいました。

2012年に大腸の検査を行い、その結果大きめのポリープが3個あるとのことで、
その年に2回に分けてポリープを除去しました。
残り1個残っていたのですが、
昨年の人間ドックでは便鮮血がマイナスで安心していたところ、
今年の検査でプラスになってしまいました。

以前の病院では内視鏡検査、ポリープ除去手術時に猛烈に腹痛がしたので、
今回は人間ドックを受けている病院で行うことにしました。
なお、この病院はフリッカが勤めていた病院です。

この病院では、前日の朝から、つまり19日は検査食しか食べれませんでした。
b0177792_09511183.png
写真と違って間食は無く昼食のおかずもありませんでした。


昨日、検査の前に先生(今回も女医でした)に
今までの内視鏡検査やポリープ除去の状況を説明し、
大変痛い目に会ったので30分以内に終わって欲しいとお願いしました。

そして、内視鏡の挿入が始まったのですが、以前は激痛は2回ほどでしたが、
昨日は数回激痛に襲われました。
途中で大腸の動きを止める薬を打ってもらいましたが時すでに遅く、
痛さに我慢できずに先生に中断をお願いしました。
検査終了後にS状結腸にある約1cmのポリープの写真を見せてもらい、
先生から半年以内に切除した方が良いと言われました。
私が見た限りでは、5年前に見た良性のポリープと外形は変わっていませんでした。

来年1月に主治医の先生の診察がありますので、今回の状況を説明して、
今後の事を相談しようと思っています。

いずれにしても次回の大腸内視鏡検査およびポリープ除去時には、
麻酔を打ってもらおうと思っています。


by osamukunn | 2017-12-21 10:09 | 日常 | Comments(0)

スキン画像:トルコ・エジプト㊱:屈折ピラミッド

昨日の夕方から1泊の忘年会に出かけていましたので
先週に続いて1日遅れのスキン画像変更になりました。

朝日杯FSは軽視した1番人気のダノンプレミアムが楽勝しました。
大物登場と騒がれていますが距離が伸びてどのようなレースをするのか見てみたいですね。

2着は本命で狙ったステルヴィオ。
直線を向く段階で1頭分のスペースしかない所を
何と対抗で狙ったケイアイノーティックと争うことになってしまった。
2頭ともスムーズに直線に入れなかったので着外を覚悟したが、
その後しぶとく伸びて2着、4着に好走しました。
ステルヴィオは良い差し脚を持っていますが血統から2000が限界と思われ、
今後はケイアイノーティックの方が期待できると思います。
3着のタワーオブロンドンはマイルでも長いイメージで今後クラシックの好走は無理でしょう。

馬券はステルヴィオからの馬連が的中しましたが相手が本線では無いので、
ほぼトントンの馬券収支でした。


次のスキン画像も2013年3月のトルコ・エジプト旅行から36枚目。

b0177792_16123859.jpg
デジイチの望遠を最大にして撮影しました。



by osamukunn | 2017-12-18 16:13 | スキン画像シリーズ | Comments(0)

朝日杯フューチュリティステークス(推理)

今年のGⅠレースも残り少なくなりました。
2歳牡馬牝馬混合GⅠレースの朝日杯フューチュリティステークスを推理します。

昨年は6番人気のアサトノアレスが直線見事な差し脚を発揮し勝利しました。
b0177792_1661226.jpg

サトノアレスは本命にしていたのですが、買っていない馬が2,3着になり、
馬券は惜しくも外れました。
              

2014年から阪神コースに変わって影響度が少なくなるデーターもありますが、
過去10年のデーターを分析します。

①【成績】
 6着以下の戦績が無い(連対20頭中18頭)

②【デビュー戦成績】
 新馬を単勝1番人気で優勝していた馬が、2009年を除いて毎年連対している

③【距離実績】
 1500以上で連対(20頭中14頭)、勝ち馬10頭全てが1500以上の勝ち鞍あり。
 阪神外回り1600のコースになった過3年の連対馬は
 昨年2着馬を除いて1600以上の距離を経験していた 

④【前走距離】
 1200m(0-0-0-18)
 1400m(1-6-3-53)
 1600m(6-2-6-33)
 1800m(2-2-1-27)
 2000m(1-0-0-2)

⑤【前走レース】
 前走はGレース(連対20頭中13頭):13頭中12頭はそのレースで4着以内だった
  東京スポーツ杯:2-2-1-14
         入着馬5頭中4頭は当日2番人気以内、残り1頭は5番人気
  京王杯2歳S:1-5-2-31
         入着馬6頭全て3着以内
  デイリー杯2歳S:0-2-2-15 
         入着馬4頭中3頭は連対
  サウジアラビア:0-0-0-1
         前身のいちょうSから14年にクラリティスカイが3着
 Gレース以外から参戦して連対した6頭は全てそのレースで1着だった。
  オープン特別:0-0-0-20
  東京500万:4-1-1-11
  京都・阪神500万:0-0-2-21
  中山・新潟・福島500万:1-0-1-3
  新馬・未勝利:1-0-0-10
        15年リオンディーズが新馬勝ちから1着

⑥【前走着順】
 前走4着以内(30頭中29頭)
 例外は11年2着マイネルロブスト:東スポ杯9着(5番人気)
  
⑦【外人騎手】
 5-3-1-16と好走例多い。
 3着以内9頭は
 12年の1着ロゴタイプ(7番人気)と16年の2着モンドキャンノ(7番人気)を除くと
 全て5番人気以内であり、外人騎乗の上位人気馬には注意が必要

⑧【枠順】
 阪神コースに変更になった近3年の5~8枠は2-2-2-22。
 特に、2勝は8枠

⑧【間隔】
 10週以上:1-0-1-9
 入着した2頭は、08年1着セイウンワンダー(2番人気)、
 14年3着クラリティスカイ(3番人気)

⑧【当日人気】
 1番人気 (3-2-1-4)
 2番人気 (2-1-1-6)
 3番人気 (1-0-2-7)
 4番人気 (1-2-1-6)
 5番人気 (1-1-2-6)
 6番人気 (1-1-0-8)
 7~9人 (1-1-1-27)
 10人以下(0-2-2-70)

 連対馬20頭中14頭が5番人気以内 10番人気以下の2頭が連対
  2007年2着レッツゴーキリシマ(10番人気)
  2014年2着アルマワイオリ  (14番人気)


◎ステルヴィオ
 前走サウジアラビアCは1番人気であったがスタートで出遅れ、
 最速の上りで2着まで追い込んだ。
 ルメールからC・デムーロに乗り替わるが全く問題無く、
 こんどは弟のGⅠ勝利が期待できる

〇ケイアイノーテック
 前走は久々のレースのため+22Kで出走し3着に粘り込んだ。
 叩き2走目、ディープ産駒、阪神マイル勝ちとプラス材料多く穴で狙ってみたい

▲タワーオブロンドン
 ルメールはこの馬を選んだが中央のマイル以上を経験していないのがマイナス。
 思わぬ大敗も考えておきたい

☆ダノンプレミアム
 前走サウジアラビアCのレコード勝ちで1番人気はこの馬か?
 差し追い込みが好走するレースで、先行脚質と1番枠は大きな不安材料。
 この馬も思わぬ大敗を考えておきたい

△フロンティア
 前走デイリー杯は久々のレースでジリジリとしか伸びず1番人気で3着に敗退。
 叩き2走目、内枠の岩田、同厩の人気薄馬と買い材料あり穴で押さえてみたい

△ファストアプローチ
 この馬も同厩の人気薄馬。オープン特別からのローテはマイナスだが、
 外人騎手騎乗、1800、2000からのローテはプラスで穴で押さえたい

×ダノンスマッシュ
 ある程度人気になると思われるが、オープン特別からのローテ、
 1600以上の経験が無く、買っても豆券押さえまで

×ダブルシャーク
 データー的には消しの馬だが、地方からの中央転厩馬で札幌で良い差し足を見せていた。
 穴で豆券押さえておきたい

穴ケイティクレバー
 逃げ・先行の脚質はイヤ気だが、今年の当たり種馬ハービンジャー産駒、
 8枠という買い材料もあり、大穴で少し買ってみたい


馬券は悩ましいが、
ステルヴィオからの馬連が本線で、
ケイアイノーテックからの3連複も穴で押さえてみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-16 16:09 | 競馬 | Comments(0)