団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by osamukunn at 09:38
こんにちは、 武田先生..
by princesscraft at 14:44
kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

<   2014年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

思ったより長生きできるかもしれない

私は1950年生まれで今年64歳になります。

このブログは「シニアライフ」のジャンルに登録していますので、
私のブログを見てくださっている人の多くは私と同じシニア世代かもしれません。

現代ビジネスに面白い記事がありました。

 『90歳の現実 100歳の現実
 長生きはいいことばかりでも、悪いことばかりでもない——いつか、これがあなたの現実になる



日本の平均寿命は、2012年で男性79.94歳、女性86.41歳のようですが、
この記事を読めば、
男性は90歳まで、女性は100歳まで生きられるかもしれないという気になりますよ。

b0177792_16262593.gif

b0177792_16264369.gif

by osamukunn | 2014-01-31 16:19 | 日常 | Comments(0)

「エンダーのゲーム」

SF映画好きとしては見逃せない「エンダーのゲーム」を昨日劇場で見てきました。
公開から一週間半にして早くも朝一番の映写が無くなり14:20からの第1回目で見たのですが、
観客は数名と少なかったですね。

b0177792_12324721.jpg




【作品紹介】
1985年に出版された、オースン・スコット・カードによるSF小説の名作を実写化。
昆虫型生命体と人類の戦争を終息させる能力と宿命を背負った少年の成長と苦悩が描かれる。
監督は、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのギャヴィン・フッド。
『ヒューゴの不思議な発明』で注目を浴びたエイサ・バターフィールドが主人公のエンダーを好演、
名優ハリソン・フォードやベン・キングズレーなどの実力派が脇を固める。
宇宙船の艦隊が銀河を行く戦闘シーンなどのVFXビジュアルも必見。


あまり期待していなかったのですが、面白かったですね。

シナリオが良いです。

原作者は脚本にこだわり続け、長い年月をかけて検討し、製作会社まで立ち上げ、
プロデューサーとして製作に参加しています。

ラスト近くのドンデン返しと、エンディングのシーケンスが良いです。
無理やり作ったというストーリーでは無く、その前に十分伏線が張られています。
(これから見る人のためにネタバレに内容を書くのは止めました)

全体的に説明不足、主人公の訓練シーンばかり、敵との戦闘シーンが少ないなどの批判があるのは
理解できますが、同じディズニーの「トロン」よりは、はるかに優れた作品です。

原作には続編があるそうですので映画の続編も期待したいのですが、
この作品の観客動員が少ないようですので続編製作は無さそうですね。
by osamukunn | 2014-01-30 12:40 | 映画 | Comments(0)

ボス猿ベンツ死す

少し古い話題ですが、大分市の高崎山自然動物園で26日、「死亡認定」(17日)が出された
C群のボス猿「ベンツ」(推定35歳)のお別れ会があり、市民ら約800人が参加しました。
ベンツには同園初の「名誉ボス」の称号が与えられたとのこと。

b0177792_1050529.jpg


ネットで調べるとベンツの人生?(猿生)は波乱万丈だったようです。
以下、ネットでサーチした記事をベースにベンツの猿生をまとめてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ベンツは大分県大分市の高崎山自然動物園で1978年ごろに生まれた。
身体も大きく貫禄ある風体からドイツの自動車にちなんでベンツと名付けられた。

彼は喧嘩が強く、9歳だった87年10月に同園史上最年少でB群ボスに就任した。
猿望高く、気性は荒いが一旦事あれば、喧嘩・もめごとの仲裁解決手腕は抜群だったようだ。

ところが、「英雄色を好む」の諺通りC群の美人猿リズに恋をし、
事もあろうかB群のボスの座をかなぐり捨て、90年1月にリズと駆け落ちする。

その後C群に移籍し、下積みの雑巾がけから始め、
苦節20年、2011年2月に32歳でC群ボスに昇格した。
史上最高齢での就任、かつ二つの群のボス就任も初めてだった。

ベンツがボスに就任するまでのエピソード。

B群時代は温和な気性だったが、C群では徐々に“武闘派”に変身。

2002年(平成14年)6月、「高崎山」史上初の大抗争が勃発した!

A群は最大勢力を背景に餌場を独占しょうと画策していたが、
C群の当時のボス猿ゾロはA群の勢力を恐れ手が出せない。
そのころC群は700頭あまり、A群は800頭以上もいる世界最大の群れだった。

C群とA群は、過去約1年に渡ってにらみ合いを続け、お互いにオス猿たちが前列に並び、
その後ろに他の猿が並ぶという、昔の合戦さながらの配置で、睨み合っていたそうだ。

これに業を煮やし、C群NO2に出世した喧嘩っ早いベンツが立ち上がる。

「うちのボスは何を考えとるんじゃ!A群など恐れることはない!」
何しろベンツはその名前が示す通り頑丈でデカイ猿。おまけに度胸が据わっている。

ベンツが一匹でA群の中に飛び込んでいき、投げる、噛み付く、蹴っ飛ばす大暴れ。
C群の血気盛んな若者猿もベンツに従い突入していった。
A群は山に逃げ帰り、次の日もベンツが大暴れをしたので、A群はまた逃げ帰り、
ついにはベンツが遠くに姿を見せただけでA群は山に逃げ帰るようになった。
そのときの様は、まるで天敵である犬などを見るような恐れ方だったそうだ。

そして、「高崎山」開園以来何十年と続いた最大勢力のA郡は消滅してしまった!

しかし、こんなに活躍してもベンツはナンバー1にはなれなかった。
一番強い猿がナンバー1になるのではなく、一番年上というわけでもなく、
一番もてる猿というわけでもない。
群れに一番長くいるオス猿がナンバーワンになるのが猿社会の掟。

ベンツはボスのゾロが近くに来ると餌をやっても取らない。
席も譲り(どこかへ行ってしまう)尻尾も下げる。
オス猿は自分より順位の上のものがいない時は尻尾を上げるが、
上のものが来たとたんに尻尾を下げるとのこと。

オス猿の世界はシビアなのだ。

その後も、群れになにかあると群れのボスのように一番にかけつける勇気あるベンツ。

そして、誰もがベンツの度胸と統率力に敬意を払い、ついにC群の新しいボスに推挙された。

しかし!長老メス猿たちからはブーイング!
「ベンツはC群生え抜きの猿ではない!」
「女性関係がだらしない!」

いっぽう、若者からは厚い支持!
「最大勢力のA群との死闘を制して勝利できたのはベンツの度胸と統率力があったからだ!
 過去の事をああだ、こうだ、言う年寄り連中は引っ込んでいて欲しい!」
抗争を目の当たりにし、ともに戦った若猿たちから厚く信頼されていたのだった。

苦労しながらボスに上りつめたサルの中のサル。
若いころは気性が激しく、跳び蹴りされた職員もいたが、先頭に立って群れを守るベンツ。
けんかの仲裁に率先して駆けつけるなど、統率能力にも定評があった。

恋を成就させ、約21年かけて最下位から再びトップに上り詰めたベンツ。

そのベンツが昨年の9月13日に突然姿を消し、山から約7キロ離れた所で無事保護された。
その後、ベンツは何とボスの座に復帰!
失踪の原因は不明だが、認知症も疑われ、老いも感じさせたようだ。

そして12月17日、再び姿を消した。
1か月の捜査にもかかわらずベンツを見つけることができず、
高崎山自然動物園は今年の1月17日にベンツの死を認定した。

推定35歳、人間なら110歳を超える波乱万丈の猿生だった。

そして伝説のボス猿として永遠に語り継がれることになった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

史上最高のボス猿ベンツ、安らかにお眠りください。

合掌。
by osamukunn | 2014-01-29 10:59 | 日常 | Comments(0)

JPX400

株式市場は、先週の金曜日、昨日と大きく下落しましたので今日は上昇すると思ったのですが、
日経平均は4日続落の25円57銭(0.17%)安の1万4980円16銭で引け、
昨年11月14日以来の1万5000円割れとなりました。


本題です。
JPX400というのは、正式名称を「JPX日経インデックス400」といい、
東京証券取引所が今年から新たに採用した株価指数です。

株価指数といえば、有名なのが日経平均とTOPIX(東証株価指数)がありますが、
両指数ともに玉石混交であり、
日経平均はごく一握りの値嵩株が指数に与えるインパクトが大きすぎるため、
指数の操作が簡単に出来てしまうことが問題になっていました。
またTOPIXは時価総額の平均なので操作される可能性は低いのですが、
銀行株など一部の銘柄に偏った指数であり、
株式市場全体の値動きを表していないという指摘が出ていました。

このような背景で今年からJPX400がスタートしたのですが、
JPX400は日本を代表する優良銘柄400社で構成されている点が特徴的です。
また、東証2部銘柄、マザーズ銘柄、JASDAQ銘柄なども含まれていることから分かる通り、
成長性の高い企業も含まれています。

■JPX400の日足チャート
b0177792_17343927.gif
       
           先週金曜日からの相場の急落でJPX400も大きく下がりました


JPX400に連動する投資信託は今月の初めに3本ほど設定されましたが、
本日、JPX400に連動するETF(証券コード1591、1592)が上場されました。
1592のETFの売買単位は1株で今日は1027円で寄り付き1007円で引けました。

私とフリッカは本日早々JPX400のETF(1592)を
寄り付きの成り行きで100株(約10万円)NISA口座で購入しました。

手数料を考えて100株買ったのですが、
後で調べるとNISA口座を作ったSBI証券では手数料が何と0円であることが解りました。
(失敗しました。もう少し細かく買えば良かった)

今後はJPX400ETFの安い所を少しずつ買って
今年はNISA口座でトータル50万円ぐらい保有しようと思っています。

なお、NISA口座の残り半分は長期に上昇が見込める株式を買おうと思っています。
by osamukunn | 2014-01-28 16:34 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

ファビオ・ルイージ/NHK交響楽団 演奏会

少し遅くなりましたがNHK交響楽団の演奏会の感想をアップします。

N響は「愛知県芸術劇場シリーズ」と称して、毎年この時期に名古屋に遠征してくれます。
2009年にはキタエンコ指揮でチャイコフスキーの「悲愴」、
昨年は準・メルクル指揮でサン=サーンスの交響曲3番「オルガン付き」を聞きに行きましたので、
今回が3回目になります。

2014年1月18日(土)愛知県芸術劇場コンサートホール 15:00~

モーツアルト ピアノ協奏曲第20番二短調 K.466 *
 アンコール:アルフレッド・グリュンフェルト
 ウィーンの夜会~ヨハン・シュトラウス『こうもり』等のワルツの主題による演奏会用パラフレーズ 作品56
<休憩>
ブルックナー 交響曲第9番二短調(ノヴァーク版)

ファビオ・ルイージ指揮
NHK交響楽団
*ルドルフ・ブフビンダー(ピアノ)

今やメトロポリタン歌劇場首席指揮者、チューリヒ歌劇場音楽監督という肩書きを持つ
イタリア人の名指揮者ファビオ・ルイージが久しぶりにN響を振り、
ブフビンダーのピアノが聞けるとあって一般発売と同時にチケットをインターネットで入手しました。

席は3階1列目の36番で音響的には文句ない席でした。
b0177792_11583897.jpg



10-10-8-6-4型の小ぶりな編成でモーツアルトのピアノ協奏曲が始まりましたが、
正直、ブフビンダーの演奏にキレが無いように聞こえました。
彼の弾き振りでウイーンフィルと共演したベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を
BSのクラシカ・ジャパンが無料放送していましたので録画して観ましたが素晴らしい演奏でした。
その演奏に較べると、この日は正直イマイチという印象でした。
アンコールは凄い演奏でしたので、ブフビンダーは弾き振りの方が得意なのかもしれません。

オーケストラではオーボエが2,3回音割れしたのが残念でした。


次はお目当てのブルックナーの9番。
N響のブラスセクションがどのように演奏してくれるのか大変楽しみでした。

ルイージの指揮で第1楽章が静かに始まり、そして14-14-12-10-8型の弦、3管編成の木管、
ワーグナー・チューバ4本が加わった金管という大編成のN響が最初にフォルテシモになった時には
鳥肌が立ちました。
期待していたN響のブラスセクションは、第3楽章で3番?ホルン、第1トランペットのミスが有ったものの
素晴らしい演奏を聞かせてくれました。
さすが、N響です。
こんな演奏をリーズナブルな値段でいつでも聞ける関東のクラシック・フアンが羨ましいです。

ルイージのブルックナーは今まで聞いた多くの指揮者と違って、
ハイテンポでグイグイ引っ張る演奏で私にはイマイチ馴染めなかったですね。

つまらないことに気が付いたのですがチェロは全員男性でした。
TVで見るN響は女性のチェリストが1,2人居るのですが、
彼女らが名古屋の地方公演に来ていないのは主婦だからでしょうか?
なおコントラバスの太めの女性は居ましたので彼女は独身なのでしょう。


最後に名古屋のクラシック・フアンのマナーの悪さについて一言。

ブルックナーの9番の第3楽章が静かに終わって間もなくルイージがまだ手を上げたままにも関わらず
数人が拍手と歓声を上げました。
ルイージはそれでも手を上げたままの状態を続け、数秒後にやっと手を降ろしました。
その後、私が最初に拍手をし、それに続いて会場の拍手が始まりました。

以前の演奏会でも、指揮者の動作を無視して演奏が終わると同時に拍手をし
歓声を発するのを体験しました。
本当に情けないですね。
by osamukunn | 2014-01-27 12:01 | クラシック音楽 | Comments(0)

スキン画像:韓国:水原華城②

昨日はレースを生で見れなかったので馬券を買わなかったのですが、
今日は中京11Rと中山11Rを買ったのですが2レースとも外しました。
惜しかったのは中山11RのアメリカJC。
有馬記念組が好走するレースですので勝った馬から流そうかと思ったのですが、
ダノンバラードから流してしまいました。

京都で川田が大暴れ。
好きな騎手ですので今後も注目したい。


次のスキン画像も2011年5月の韓国周遊旅行から。

水原華城からの二枚目です。
b0177792_1628618.jpg

          写真には写っていませんが周囲にはビルが建っている不思議な場所でした
by osamukunn | 2014-01-26 16:30 | スキン画像シリーズ | Comments(0)

熱くないのだろうか?

今日は新年会のダブルヘッダーですので早めに、かつ簡単にアップします。

今朝、トラが珍しくファン・ヒーターの上で寝ていました。
冬場はファン・ヒーターの上にしょっちゅう乗りますが寝ることはめったにありません。
b0177792_8504594.jpg

                      本日(2014年1月25日)撮影

                 

以前にもファン・ヒーターの上で寝ているのを写真に撮ったことを思い出し、
パソコンのピクチャの中を調べたらありました。
b0177792_8464183.jpg

                         2013年1月26日撮影


ほぼ1年前に撮ったことになります。


二つの写真を見較べると、1歳半から2歳半にかけて、あまり大きくなっていないことが解ります。

トラの体の成長は終わったのかな。
by osamukunn | 2014-01-25 08:56 | ペット | Comments(2)

ANA CM中止に追い込まれる

2,3日前の話題ですが、ANAのCMが中止に追い込まれたそうです。

問題のCMはこれ。



このCMを見たのは初めてですが何が問題だったと思いますか?

CMの終りの方で、外人のイメージを出すために俳優が金髪のかつらをかぶり、
高さを強調したゴム製のおもちゃの鼻を付けたのが問題らしい。

b0177792_12545616.jpg


発端は、日本在住のある外国女性がフェイスブックのANAのページに、
「たった今、ANAの新しいテレビCMみたけど…本気なの? ANAはこれでOKだとおもってるわけ!?」と
英語で書き込んだこと。

それに続いてツイッター上にも都内在住の外国出身者が、
「あなたが外国人で日本に行く予定なら、ANAのように公然と人種差別をするような航空会社を
使っては駄目!日本でのCMを見て」と、つぶやいたそうだ。

他の外国人からも苦情が寄せられ、ANAはこのCMの放映を中止することにしたようです。

しかし、英テレグラム紙の記事によると、このCMに対して批判的なコメントはほとんど見られず、
どちらかというとANAに同情的なコメントが目立ったとのこと。

「白人の高い鼻、このCMとても面白いと思うよ、くだらないけどね。
 変で、ばかげてはいるけど悪意はまったく感じられない」
「このCMを見てなぜ外国人が不快になるのか疑問に思う」
「日本人ってけっこうユーモアのセンスがあるんだね、今時冗談の一つも飛ばせないのかね」
「おれはコーカサス(白人)の男だけど、そんなことどうでもよい」

「ツイッタ-でつぶやいた奴、いいかげんにしろ!」
「それってニュース記事なの?底辺層の奴らがわめいてるんだろ」との投稿もあったそうです。


日本在住の一部の外国人の苦情、しかもインターネット上の苦情に対して、
敏感に反応してしまったANAの今回の対応は後々何かと問題になりそうですね。

今後、インターネット上で別の苦情が寄せられ、それにネット炎上騒ぎを煽りたい人々が同調し、
今回と同じような騒ぎになった場合、ANAはその苦情を受け入れるのでしょうか?


ANAは悪しき前例を作ってしまいました。
by osamukunn | 2014-01-24 12:49 | 日常 | Comments(0)

マー君ヤンキーズと7年161億円で契約

楽天の田中将大投手(25)がニューヨーク・ヤンキースと
7年、総額1億5500万ドル(約161億円)の大型契約を結ぶようです。

凄い!凄すぎる!

b0177792_155687.jpg

                   笑顔で練習する今日のマー君(仙台市)


投手として大リーグ歴代5番目の高額契約になったのは、
もちろんマー君の投手としてのポテンシャルの高さによるものですが、
新ポスティングシステムで所属チームに払う移籍金に上限が設けられた結果、
選手個人に回る金額が増えたことも原因のようです。

新ポスティングシステムを受け入れた楽天の三木谷社長の太っ腹が、
今回の大型契約を実現させたことになります。

マー君は23億円の年棒を得ることになりますが、
25歳にしてこんな高額収入を得て気が変にならないか心配です。
もっとも妻の里田まいさんは、しっかり者らしいですので大丈夫だと思いますが・・・

他人事ながら、こんな大金、どうやって使うのだろうか?
by osamukunn | 2014-01-23 16:11 | 日常 | Comments(0)

「永遠の0」

先週の土曜日に封切になった「エンダーのゲーム」を見に行こうと思っていたのですが、
「永遠の0」の評判が良いので映画館で見てみたいと思い今日見に行ってきました。

b0177792_13473920.jpg




残された妻子に再会するために生きることに執着し、「海軍一の臆病者」といわれたパイロットが、
最後は特攻により戦死してしまうという大まかなストーリーと、
VFXのシーンが見どころだという前知識はありました。

見終わっての印象は、確かに良い映画だがもう少しシナリオに工夫すれば
もっと良い映画になったのでは?と思いました。

以下はネタバレになりますのでMoreに

More
by osamukunn | 2014-01-22 14:52 | 映画 | Comments(2)