団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by osamukunn at 09:38
こんにちは、 武田先生..
by princesscraft at 14:44
kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

<   2012年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

年末のご挨拶

2012年も残り一日になりました。

今年は、昨年とは違って、山中京都大学教授のノーベル賞受賞、
ロンドン・オリンピックでの日本選手の活躍、129年ぶりの本州で観測できた金環日食など
明るい話題もありました。
しかし、依然として景気は低迷しており、「今年は良い年だった」と思っている人は殆どいないでしょう。
11月の総選挙で3年3か月ぶりに自公政権に戻りましたが、
来年も日本経済の低迷は継続するでしょう。

プライベートでは大きな病気になることなく無事に一年を過ごすことができましたが、
何と言っても愛犬マリンが5月20日に亡くなった事が最大の出来事でした。
今では、猫の親子ミーとトラ(寅之助)に振り回される毎日ですが、
マリンのことも時々思い出します。
マリンちゃん、天国でお母さんに会えたかな?

2009年の5月5日に始めたブログも、何とか今日まで続けることができ、
今年は1年間で355件の記事をアップすることができました。
拙いブログにお付き合いしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
いつまで続けられるかわかりませんが、来年もよろしくお願いいたします。

例年通り午後から年末年始の祭事奉仕のために<宮さん>(八重垣神社)に出かけますので、
早めに今年最後のブログ・アップをしました。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。
by osamukunn | 2012-12-31 07:44 | 日常 | Comments(3)

ミラノ・スカラ座2012/2013シーズン開幕公演「ローエングリン」

ミラノ・スカラ座2012/13シーズン開幕公演のワーグナー作曲「ローエングリン」を観ました。

ドイツ国王ハインリヒ:ルネ・パーペ
ローエングリン:ヨナス・カウフマン
エルザ・フォン・ブラバント:アンネッテ・ダッシュ
テルラムント:トマス・トマソン
オルトルート:エヴェリン・ヘルリツィウス
ミラノ・スカラ座合唱団、管弦楽団
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:クラウス・グート
2012年12月7日 ミラノ・スカラ座のライブ映像
b0177792_15565581.jpg


バレンボイムの得意なワーグナーだけあって超一級の公演を観たという印象です。

昨年の開幕公演の「ドン・ジョバンニ」にはガッカリさせられましたが
バレンボイムが音楽監督に就任し1年を経て、オケを完全に掌握したという印象が強く、
特に低弦の雄弁さや弱音部の美しさは特筆すべきものがありました。

第2幕の終幕近くでローエングリンが「安心しなさい さあ神前におもむこう」と歌う場面は、
カウフマン独特の弱高音の歌声(ファルセット?)とオルガンを含むオーケストラの演奏があいまって、
思わず身構えてしまいました。
「ローエングリン」は何回も観たり聴いたりしていますが、こんな印象を持ったのは初めてです。
また、第3幕の前奏曲も素晴らしかったですね。

歌手陣ではタイトルロールを歌ったヨナス・カウフマンですが、
やや暗い声質でワーグナーのヘルデン・テノールには合わないという印象を持っていたのですが、
影のあるローエングリン役にはフィットしていたと思います。
3幕で自分の素性を語る場面はローエングリン役の聴かせ所ですが、
第1幕の前奏曲を伴奏にしたカウフマン独特のファルセットの歌声は本当に素晴らしかったです。

続いてエルザ・フォン・ブラバント役のアンネッテ・ダッシュは、
決まっていた歌手がインフルエンザにかかり、急遽の代役だったそうです。
しかも本番前日に現地入りしたとか。
彼女は昨年のバイロイトの生中継でもこの役を歌っていましたので、
スカラ座でも歌うことになったのかと思っていたのですが代役だったとは。
ローエングリンに対する愛の深さ、それゆえに失いたくないという恐怖、
やがて彼に対する疑念へと発展していく様を、見事に表現しきっていたと思います。
歌声も素晴らしかったです。
今後ワーグナー歌手として大いに注目したいですね。
「タンホイザー」のエリーザベト、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」のエファ、
「ワリキューレ」のジークリンデなどを、聴いてみたいですね。

オルトルートのエヴェリン・ヘルリツィウス、テルラムントのトマス・トマソンも良かったですね。
「ローエングリン」では、この二人の悪役の出来が重要ですが、二人とも見事に演じて歌っていました。
特に、第2幕の二重唱は強く印象に残りました。

他では、ハインリヒ国王のルネ・パーペは、さすがの貫録でしたね。

最後にクラウス・グートの演出について少しだけ。
先に述べた昨年のバイロイトよりはまともな演出でしたが、随所に意味不明な場面がありました。
全幕を通して置かれたピアノは何を意味するのでしょうか?
ローエングリンやエルザが腕を掻く意味は?
舞台後方の複数の部屋はホテル?刑務所?

最後に演出の不満を少し述べましたが、
とにかく、素晴らしいバレンボイムの「ローエングリン」でした。

なお、各幕の冒頭に「お見苦しい部分がありますが…」という字幕が出ていたのですが、
私には、どの部分のことなのかよく解りませんでした。
by osamukunn | 2012-12-30 15:57 | クラシック音楽 | Comments(2)

間違いだらけのシニア攻略

今年も残り少なくなってきましたね。

今日は土曜日ですが競馬がありませんでしたので、
レンタルしたブルーレイや録画した番組などを見ていました。

日経電子版に面白い記事がありましたので紹介します。
 『「時間たっぷり」は誤解 間違いだらけのシニア攻略 』

【ケース1】長期滞在型の講座、受講生集まらず
 <教訓>雇用を継続、日程は「ほどほど」に

【ケース2】「高齢者用」のうたい文句、過敏に反応
 <教訓>明示避け、同世代キャラで暗示

【ケース3】売り場「男女別」では伸び悩み
 <教訓>「夫婦で買い物」に対応を

【ケース4】会員制の交流サロン、容易に金を落とさず
 <教訓>時間消費先を厳しく選別、仕掛けが必要

記事の内容を自分に当てはめると、私は一般的なシニアでは無いようです。

【ケース1】時間はたっぷりありますが、記事にあるような講座を受ける気は全くありません
【ケース2】〇〇用という文句で商品を選ぶことはありません
【ケース3】フリッカと二人で同じ商品を買おうと思ったことはありません
【ケース4】料理や英語の講座に行っていますが、市主催の安価な教室で、
       会員制のサロンなど行きたいとは思いません

シニアの皆さんは、如何ですか?
by osamukunn | 2012-12-29 17:09 | 日常 | Comments(0)

2012年勝ち馬投票成績

少し遅くなりましたが、今年の馬券成績をお知らせします。
回収率は昨年より大分下がって71%でした。

購入日                  68 (64)日 ( )内は昨年の数字
購入R数               105(114)R
的中R数                33 (35)R
的中率                 31 (31)%
購入額        543,700(518,100)円
払戻額        383,920(518,760)円
回収率                  71(100)%
1日最高払戻額   94,360(137,650)円
万馬券的中回数              6(5)回
最高払戻し単価    30,010(42,750)円
b0177792_1695376.jpg

的中率が昨年と変わらなかったのに回収率が30%も下回ったのは、
大口の的中が少なかったのが原因だと思います。

競馬の話題をもう少し。

少し前のニュースですが、
一般の会社員が馬券で得た収入に対して3年間で5億以上の脱税をしたとして、
国税から告訴されたそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
競馬の馬券配当で得た所得を申告せず、2009年までの3年間に約5億7000万円を脱税したとして、
所得税法違反に問われた会社員男性(39)が大阪地裁の公判で無罪を訴えている。
配当を得るための「必要経費」には膨大な外れ馬券の購入額も含めるべきで、
当たり馬券だけから算定したのは不当と主張。
国税関係者は「競馬の必要経費が法廷で争われるのは例がない」と審理の成り行きを注視している。

国税当局は、必要経費について「収入の発生に直接要した金額」と定めた同法を根拠に、
競馬の場合は当たり馬券の購入額のみと判断。配当額から必要経費を差し引いた所得を「一時所得」とし、
一般的には給与以外の所得が年20万円を超えれば確定申告が必要になるという。

男性の弁護人らによると、男性は07~09年の3年間に計約28億7000万円分の馬券を購入。
計約30億1000万円の配当を得ており、利益は約1億4000万円だった。

大阪国税局は税務調査の結果、配当額から当たり馬券の購入額を差し引いた約29億円を一時所得と認定したとみられ、
無申告加算税を含む約6億9000万円を追徴課税し、大阪地検に告発。地検が在宅起訴した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在、裁判中のようですが、結果が大いに注目されます。

なお、この会社員は自信が考案した購入方法により、
新馬と障害以外の全てのレースの馬券を購入し、
しかも1レース当たり相当な買い目(相当な金額)を購入していたようです。

国税局の言い分は、馬券の配当は一時所得とみなされ、
年間の当たり馬券の払い戻し総額から、
その馬券の購入費を引いた額が最高50万を超えると課税対象になります。
何とハズレ馬券の購入費用は控除対象にならないとのこと。

例えば、年間100万円馬券を買って20万円負けた場合、払い戻し金は80万円。
払戻金が50万円を超えているため、20万円負けていても30万円弱が課税対象になって、
納税しなくてはならないことになります。

私の場合は、今年は払戻金が50万円以下ですし、
昨年は50万円より僅か1万8千円程度上回っただけですので、
的中馬券の購入費用を控除すれば課税対象額は0円と思われます。
(良かった・・・)

競馬フアン全員が、「そんなバカな!」と言いたい所ですが、これが税務署の見解です。

JRA(中央競馬会)!
何とかしろ!!!022.gif022.gif022.gif            
by osamukunn | 2012-12-28 16:03 | 競馬 | Comments(0)

人類滅亡が2015年に延期!?

マヤ歴が予言する人類滅亡の日である12月21日は何事も無く過ぎ去りましたが、
このマヤ歴の予言には計算ミスがあり、計算し直すと2015年9月3日になるそうです。

これだけなら、マヤ遺跡の関係者が、もう一儲けするための策略か?と疑いたくなりますが、
どうもそうでも無さそうです。

何と、この2015年9月は、古代エジプト歴では世界が水没する日になっているとのこと。

時代も場所も違う二つの超文明の暦が示す「滅亡の日」が一致することになります。
これは果たして偶然なのでしょうか?
ちょっと怖いですね。

ハリウッドでは、さっそく「2015」という映画の企画がスタートしていたりして。
b0177792_1719548.jpg


今日の話題のソースは週プレNEWSの
マヤ暦が予言する人類滅亡は2012年ではなく2015年だった」です。
by osamukunn | 2012-12-27 17:21 | 日常 | Comments(0)

安部内閣スタート

自民党の安倍晋三総裁は本日午後の衆参両院の本会議で、第96代の首相に指名されました。
b0177792_16333062.jpg

2006年9月から1年間、政権を担当した安倍氏は5年3カ月ぶりの再登板で、
いったん退陣した首相の返り咲きは吉田茂氏以来となるようです。
安部首相は、さっそく組閣をおこない第2次阿部内閣をスタートさせます。

3年ぶりに自公政権に戻りますが、
私の当面の興味は、「安部ノミックス」の市場へのインパクトがいつまで継続するかです。
日本株が上がるのは大歓迎ですが、円安の動きが止まって欲しいですね。
アメリカの「財政の崖」問題の解決が長引き、リスクオフの動きになるのを期待します。

日本の政治の話題に戻りますが、それにしても未来の党は酷いですね。
今日の日経電子版の記事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
衆院選直前に結党された日本未来の党の混乱は26日も続いた。まず亀井静香氏が離党の意向を表明し、首相指名選挙への対応を巡っては、嘉田由紀子代表抜きで両院議員総会を開き、小沢一郎氏に近い森裕子副代表に投票することを決めた。議員側は「嘉田代表は昨晩、両院総会を約束していたのに、今朝になって電話で『開催は認められない』と言ってきた。嘉田代表はカダフィ大佐だ」と主張した。

 嘉田氏は理由として「小沢氏と話がついていないので認められない」と通告したという。嘉田氏は「小沢さんと連絡がつかない」とこぼしていた。最初は小沢氏を「言われているほど悪い人ではない」と擁護し、その後連絡がつかずに離れていくのは、自民党竹下派時代から新生党、新進党を通じて繰り返された現象だ。今回は1カ月あまりで、同じ状況が生まれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日の衆議院の総選挙で9名が当選していますが、
この党に投票した有権者の見識を疑います。

民主党、日本維新の会、みんなの党の皆さん、
このままでは、来年の参議院選挙も自公に負けてしまいますよ。
by osamukunn | 2012-12-26 16:32 | 日常 | Comments(0)

寒いですねぇ~

昨日はJRA(日本中央競馬会)の策略に嵌り、
よく検討もせずに4レースも馬券を買って全敗したため、
ブログをアップする気力が残っていませんでした。

例年であれば中央競馬は暮れの有馬記念でその年の競馬は終わりになるのですが、
今年は23日(日)に有馬記念があり、翌日の24日(月)も振替休日だったために競馬がありました。
有馬記念で惨敗したので、今年の回収率を少しでも上げようと目論み、
穴馬券ばかり4レースも買ったのですが、かすりもしませんでした。

こんな話題だけでは面白くないと思いますが、今日も特に話題がありませんので、
困った時のペットネタです。

今日のトラとミーちゃんの寝姿2態。本当に毎日寝てばかりです。
b0177792_16295590.jpg

b0177792_16304285.jpg


ついでにもう一枚。
今朝、歯医者に行く途中に見た雪で薄化粧をした山並みが綺麗だったので帰りにスマホで撮りました。
b0177792_16345145.jpg

桑名IC近くの星見ヶ丘団地からの眺めですが何という山脈なのかな?
by osamukunn | 2012-12-25 16:31 | ペット | Comments(2)

スキン画像:ハロン湾④(ベトナム)

有馬記念の回顧を少し。

スタートしてルーラーシップが大きく出遅れ、ゴールドシップもダッシュがつかずに、
大荒れの予感がしたのですが。。。

終わってみれば、ゴールドシップが楽勝し、ルーラーシップも3着に追い込みました。
直線を向いた段階で、私が狙ったダークシャドウやダイワファルコンも良い位置に居たのですが、
直線中ほどで一杯になってしまいました。力不足でしたね。

出遅れたゴールドシップとルーラーシップの2頭が上位入選したことを考えると、
今年のレースのレベルは低かったように思います。
ただし、5着のスカイディグニティは来年大きく成長しそうな気がします。

スキン画像を変更します。
次も2010年11月のベトナム旅行からハロン湾の4枚目。
b0177792_1628399.jpg

by osamukunn | 2012-12-23 16:29 | スキン画像シリーズ | Comments(0)

有馬記念(推理)

今年最後のGⅠレース有馬記念を推理します。

<アンカツ騎乗のダイワスカーレット 大穴の馬単をゲットしました>
b0177792_16345766.jpg


このレースは時に大荒れのレースになりますが、
1番人気が確実なゴールドシップが7枠に入り波乱の匂いがしてきました。

いつものように過去10年のデーターを分析します。

①勝ち馬10頭中7頭は、同年にGⅠレースを勝っていた。
 ただし、2500以上やダートGⅠの勝ち馬は0-0-0-9と入着すら出来ない
 →エイシンフラッシュ、ルーラーシップ、ゴールドシップ データーからはビーチブラックは消しか?

②中山のGレース(特に2200、2500)の実績馬が好走

③連対馬20頭中19頭の前走はGⅠレース 残り1頭はGⅢ

④連対馬20頭中19頭は前々走で1~5人気だった。
 前走で惨敗し、近3走Gレース勝ちが無く、当日人気を落としていても、
 前々走で5番人気以内と人気していれば好走する可能性がある
 →ダークシャドウが該当

⑤4歳以下 8-5-1-19 5歳:1-0-1-6 6歳:0-0-1-22 7歳:0-2-1-9 8歳:0-0-1-3
 7歳以上の好走馬4頭3頭は二桁人気馬だった

⑥連対馬20頭中15頭は1~5番人気、3頭が6~10番人気、2頭はⅠ1番人気以下
 1番人気:5-3-0-2 2番人気:3-0-0-7

⑦外枠、特に6枠:1-0-1-18 7枠:0-0-1-19 8枠:2-1-0-17と苦戦
 6枠より外で4連対しているが、いずれも14頭以下の小頭数だった。
 また、馬番⑩より外は4連対しているが、⑩:16頭、⑫:12頭、⑬⑭:14頭
 →今年は16頭立てであるため連対馬は⑩以内か?

◎ダークシャドウ
 激走の匂いがする。GⅠを2走4着と成績はジミだが確実に馬力がアップしている。
 中山実績が無いのが心配だが、剛腕ムーアは魅力で大きく狙ってみたい

〇ルーラーシップ
 内枠の偶数枠に入ったら本命にするつもりであったが、
 5枠⑨になり出遅れのリスクがあり対抗評価とした。
 実力はこのメンバーの中ではトップレベルであるため、
 まともにスタートして先行できれば楽勝の可能性もあり

▲ゴールドシップ
 皐月賞、菊花賞の2冠馬で普通に考えればこの馬が一番勝つ可能性が高い。
 しかし、7枠⑬番は大きなマイナスで惨敗の可能性も考えておきたい

☆ダイワファルコン
 中山実績、道悪もOK、先行脚質、⑦番枠と買い材料多い。
 しかし、③のデーターを考えると軸では狙い辛いが、是非とも穴で買ってみたい

△スカイデグニティ
 この馬も、3歳馬、中山実績、先行脚質、内枠、スミヨンと買い材料多い。
 まだ力不足と思われるが穴で狙ってみたい

△エイシンフラッシュ
 この馬には②枠はマイナスか?ムラ駆けタイプで、そこそこ人気しているので買っても押さえまで

×オーシャンブルー
 前走GⅢを勝ったばかりだが、内枠で穴を演出しそうな匂いがしているので押さえ必要

大穴アーネストリー
 前田軍団の先導役になりそうだが、ペースしだいによっては残ってしまう可能性もあるので
 豆券押さえたい

ナカヤマナイト、ルルーシュは8枠に入ったために無印とした。
(ナカヤマナイトは元返しで押さえるかも)

馬券は難しい。
まず、◎から印の馬への馬連が勝負馬券です。また、〇からも押さえで流そうと思っています。
さらに、ダイワファルコン軸の3連複も穴で買うつもりです。

ムーア!最後に一発頼むぞ!!!
by osamukunn | 2012-12-22 16:40 | 競馬 | Comments(5)

北東アジアの緊張

今の所、何も起こっていません。
もっとも、マヤ文明遺跡のある地域が21日を終わっていないので、まだ安心できませんね。(笑)

今日の日本ビジネスプレスの記事です。

アジアの新指導者が呼び覚ます先祖代々の敵対心」(Financial Times)

この記事は、
「北東アジアがこれほど恐ろしく見えたことは何年もない。」という文章で終わっています。

日本、中国、韓国、北朝鮮の各国間の関係について書かれていますが、
日本にとって最も警戒しなければならない国は中国ですね。

あの国、本当に何とかならないのでしょうか。。。
by osamukunn | 2012-12-21 17:10 | 日常 | Comments(2)