団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by osamukunn at 09:38
こんにちは、 武田先生..
by princesscraft at 14:44
kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

こんなに不味いとは・・・

フリッカが仕事の時は昼は外食ですが、休みの時にも偶に外食にします。
いつもは近所の「四代目 横井製麺所」(セルフの讃岐うどん)に行くのですが、
今日は超久々に「さ〇美」に行きました。

食べた料理は二人とも〇〇美ランチ(1050円)
b0177792_17391897.jpg


いやぁ~、こんな不味いランチを食べたのは、ちょっと記憶がありません。
・茶わん蒸しは全くダシが効いていない
・そばのダシ汁も全くダメ
・から揚げには下味が付いていない(刺身と選択)
・天ぷら、茶わん蒸しの材料が小さい

アンケート用紙がありましたので、上記のようなコメントを記入しておきました。

こんな店でも多くの人が入店していたのに驚きました。

「久々に〇〇美にでも行ってみようか?」と言った私がバカでした。
by osamukunn | 2012-10-31 17:39 | 日常 | Comments(2)

怒れ!日本人!

現代ビジネスに読んでいて腹が立つ記事がありました。

日本人いじめここまでやるか中国!
 日本人だとわかると殴られた世界最低最悪のビジネスの現場から


中国国内での日本人に対する様々な仕打ちが書かれています。

・会食中に殴る蹴るの暴行を受け、病院送りとなった(これはニュースで知っていました)
・タクシーで移動中、不審なバイクの運転手からタクシーの運転手に
 「金を払うので、乗客を降ろせ」などの要求があった
・複数名で歩道を歩いていたところ、中国人からペットボトルを投げつけられ、
 「ばかやろう」との罵声を受けた
・複数名で歩道を歩いていたところ、中国人から「JAPANESE」と言われ、1名が 麺をかけられ怪我を負い、
 1名が眼鏡を割られ持ち去られた
・歩道を歩いていたところ、中国人から「日本人か」と声をかけられ、突然、脚を数回蹴られ打撲傷を負った
・歩道を歩いていたところ、向かってきた電動自転車の中国人に「JAPANESE」と言われ、
 炭酸飲料を頭にかけられた
・取引先の中国企業を回っても、先方の社長たちが『急用ができた』などと口実をつけて
 会ってくれなくなった。それでも押しかけて行くと、いつもは愛想のいい受付の女性からして、
 『どちら様でしょう?』などとトボける
・北京の五つ星のホテルで、『予約は確かに承っているが、諸事情により外国人は泊められない』と
 言われた。ホテルマンと言い争っている間に、アメリカ人がやって来たが、パスポートを見せると
 ルームキーを渡されていた
などなど

GNP世界No2の国がやることですかね!?
本当に頭に来る!!!022.gif022.gif022.gif

いっぽう日本ビジネスプレスには、次のような記事がありました。

米国で広まる中国企業排斥の動き 肥大化した徳なき「大国」の自業自得

記事は、
「肥大化した「徳なき国家」は、今後ますます国際社会を混迷へと導いていくだろう」
という文章で終わっています。

あの国、本当に何とかならないですかね。
第2の文化大革命でも起きてくれないかなぁ。
by osamukunn | 2012-10-30 17:25 | 日常 | Comments(2)

今夜のNY市場は休場

晩酌をしながらニュースを見ていたら、
今夜のNYの株式市場は巨大ハリケーン「サンディ」の影響で休場になったそうです。
天候が原因で休場になったのは27年ぶりのようです。

株式は電子取引も含めて全面休場のようですが、FXの方は不明です。
こちらも休場だと思いますが・・・

金融相場は、週明けから波乱のスタートになりましたが、
今週は大きなイベントが続き、株も為替も荒れた相場になりそうです。

関連記事を以下に紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今週の外国為替は、注目の日銀金融政策決定会合や米雇用統計を控えて、荒れた動きが想定されそうだ。

《日銀金融政策決定会合》
 30日に金融政策決定会合で追加緩和策の実施をにらんで、一時円安が拡大したが、ドル円相場は既に週末には早々と利食いに押される展開となっている。

 現状の報道によれば、「日銀は、資産買い入れ基金を10兆円程度増額。更に社債やETFなどのリスク資産に関しても、買い入れの増額を検討する」というもので、9月の資産買い入れ増額に続いて、同時に発表される展望リポートにおけるGDP成長率やコアCPIの下方修正を裏づけに、早々と思い切った追加緩和策に動くと見られる。

 ただし、市場では「噂で買って、事実で売り」との認識が広まっており、市場参加者に過去の日銀金融政策決定会合後も円安が長続きしなかったことへの失望感が支配していると思われる。また、一時は20兆円の増額との思惑が出ていたこと、実際資産の買入を増額しても効果が薄いこと、未だ社債やETFの買い入れまで踏み込んだ決定が出来るのか、不透明なことが要因として挙げられる。

 ただ、逆に言うと既に一定の失望感が織り込まれたことで、30日の発表直前までは買い戻しも想定されるので注意。その後は発表内容次第だが、あくまでリスク資産買入を組み込むこと、買い入れ額を市場予想より増額することなどの、積極的な対応が出ない場合には再度失望感にさらされることになりそうだ。

 また、奇しくも30日はアストロ的に「満月」の相当することで、リスクは高そう。アノマリー的には満月の日は円高に進みやすいと言われており、こういった面も市場が意識している可能性に留意したい。

《米10月雇用統計》
 前回9月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数はプラス11.4万人と予想と大差はなかったが、失業率が7.8%と大幅に改善を示しサプライズとなったが、市場は未だ結果に懐疑的。一部数字に不正があったとの思惑が出るぐらいで、パートタイムが数字を引き下げたと分析されている。

 今回10月非農業部門雇用者数は予想がプラス12.1万人、10月失業率は7.9%と予想されており、あまり変化のない数字。予想内では相場の動きとはならない可能性があるが、やはりサプライズが出るかが大きな注目となる。またその後の株価の反応も重要だが、もし結果の強弱感が米大統領選の結果に影響を与えるとの思惑に繋がるなら注意。その場合、現在のコンセンサスは、「オバマ大統領の続投でドル安」、「ロムニー候補の勝利でドル高」という理解となっていることは留意しておきたい。

《その他経済指標》
 その他経済指標としては、29日に米9月個人所得 ・支出、米9月PCEデフレーター、コアデフレーター、独10月消費者物価指数・速報、30日は日9月鉱工業生産・速報、スペイン・第3四半期GDP・速報値、スペイン9月財政収支、独10月失業者数・失業率、米8月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米10月消費者信頼感指数、31日豪9月住宅建設許可件数、ユーロ圏10月消費者物価指数・速報、ユーロ圏9月失業率、 加8月GDP、米10月シカゴ購買部協会景気指数、1日豪第3四半期輸入物価指数、中国10月製造業PMI、英10月製造業PMI、米10月ADP全国雇用者数、 米週間新規失業保険申請件数、米10月ISM製造業景況指数、2日に豪第3四半期生産者物価指数、英10月建設業PMI、加10月雇用ネット変化・失業率、伊10月財政収、3日中国10月非製造業PMIなどが発表される。

 個別の市場で、一喜一憂する可能性があるが、欧州圏でスペインの財政収支やGDP、独・ユーロ圏の失業率の悪化などがリスク、中国の経済指標にも懸念が残るが、米10月雇用統計を控えて、今回の米10月ADP全国雇用者数は注意。米企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシングが、今回の10月分から、政府発表の雇用統計との整合性を高めるため、調査方法を見直したことを明らかにしている。そのため、事前の米10月ADP全国雇用者数の発表が週末の米10月雇用統計に対して、鋭く相場が反応する可能性もありそう。また、市場は週末の雇用統計がADPが言うような内容となるのかにも、注目しそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

流れとしては、株安・円高になりそうですが・・・
by osamukunn | 2012-10-29 18:55 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

スキン画像:フエ阮朝王宮(ベトナム)

天皇賞の回顧を少し。

エイシンフラッシュが2年前のダービー以来の勝利をあげて、
2着は私の◎フェノーメノ、3着は〇ルーラーシップという結果でした。

騎手の腕の差が目立ちました。
エイシンフラッシュのデムーロは内で馬の力を溜め込み直線一気に末脚を爆発させました。
いっぽうルーラーシップのメンディサバルは完全に出負けして直線よく追い込みましたが3着まで。

推理ではエイシンフラッシュを無印にしましたが、毎日王冠を叩いたローテと騎手デムーロが怖いので、
フェノーメノとルーラーシップへの馬連(各500円)を押さえました。(スミマセン)

東京4Rの降着、東京7Rの審議と、スミヨンの騎乗は相変わらず荒っぽいですね。
来週から2週間の騎乗停止のようですが、そのまま帰国してしまえ!
スミヨンは制裁点数が30点を超えたために昨年は来日できなかった騎手。
こんな騎手を来日させた身元引受人の社台の吉田勝己と池江調教師にも何らかの制裁をすべきです。

次のスキン画像も、2010年11月のベトナム旅行からフエの阮朝王宮。
城壁の銃弾痕が印象に残っています。
b0177792_1640332.jpg

by osamukunn | 2012-10-28 16:40 | スキン画像シリーズ | Comments(4)

天皇賞・秋(推理)

秋のGⅠが続きます。
今週は天皇賞・秋ですが7年ぶりの天覧競馬(天皇・皇后両陛下が東京競馬場に来場)になりました。
前回の天覧競馬では、勝ったヘブンリーロマンスの松永騎手(現調教師)が
スタンドの両陛下に向かって馬上でヘルメットを取り一礼するという光景を見ることができました。
果たして、今年はどうなるのでしょうか?

昨年の天皇賞・秋は、推理も馬券も見事に的中しました。
b0177792_853139.jpg


前置きが長くなりました。
何時ものように過去10年のデーターを分析します。

【格】3着内30頭中28頭は、GⅠ、GⅡを勝利。特に3走前までに東京コースでの勝利
【年齢】6歳以上で連対したのは2頭のみ
    3歳馬は1-2-2-9 ただし5番人気以上の場合は1-2-2-0
【前走】宝塚記念3-2-0-15 札幌記念2-0-2-6 ただし3着内4頭は同レースを勝利
    オールカマー0-1-0-20
    出走例の多い毎日王冠3-3-3-53  ただし入着の9頭は5着以内かつ8頭は5番人気以内
【前走着順】連対馬20頭中全てが前走5着以内  勝ち馬の9頭は連対
【人気】連対馬20頭中14頭は1~5番人気、6人気~10番人気は4頭、11番人気~は2頭
【枠】⑬より外の連対馬5頭と少なく、4頭は1番人気残る1頭も4番人気
   11番人気以下で連対した2頭は①と④枠

◎フェノーメノ
 5番人気以内確実の3歳馬。3走以内に東京コースで勝っている数少ない馬でデーター面も満点
 騎手蛯名も天覧競馬の勝利騎手に相応しい

〇ルーラーシップ
 このメンバーの中では実力No1の古馬。
 東京コースの経験の少なさと菊花賞で脱臼したメンディサバルがマイナス材料

▲カレンブラックヒル
 無敗の3歳馬。2000mも大丈夫と思うが痛恨の⑯枠
 心情的には天覧競馬で勝って欲しい馬であるが、3番手の評価とした

☆ナカヤマナイト
 データー的に好走例が無いオールカマー組みであるが、内枠と道悪になりそうなため穴で狙いたい

△ダークシャドウ
 札幌記念を勝っていれば大きく狙ったが2着に負けており、
 外枠、大一番で信頼できない福永のため、買ってもあくまで押さえまで

△サダムパティック
 内枠で穴を演出するのはこの馬か?1番人気でのGⅠ安田記念の惨敗が気になるが、
 東京コースは2勝しており、穴で押さえたい

馬券は、フェノーメノとルーラーシップの馬連が大本線。
この2頭からカレンブラックヒルとダークシャドウへの馬連は元返しの押さえとして、
ナカヤマナイトとサダムパティックへの馬連を穴で狙いたい。
by osamukunn | 2012-10-27 08:57 | 競馬 | Comments(2)

石原都知事 新党旗揚げ

政治の話は避けたいのですが少しだけ私見を述べます。

昨日、石原東京都知事が新党旗揚げの記者会見を行いました。
橋下徹氏の日本維新の会と連携して、いわゆる第三極の動きを加速するのが狙いでしょう。

橋下氏の日本維新の会に対しての辛口コメントが目立つようになりました。

以下に2つの記事を紹介します。

電子版日経 『橋下氏につきまとう「政治と行政の分離」問題

日本ビジネスプレス 『支持率低迷も納得、日本維新の会の「分からなさ」

私も上記記事と、ほぼ同じ見解です。

有権者は、けっしてブームに流れること無く、確かな目で政党や立候補者を見極めて欲しいと思います。
by osamukunn | 2012-10-26 18:05 | 日常 | Comments(2)

老化による視力低下

2か月前ぐらいから右目が痛く頭痛もするようになりました。
心配になって眼科で受診したのですが、眼圧なども正常で目には異常がありませんでした。

先生からは、パソコンなど近くを見る時には今使っているメガネはきつ過ぎるので、
もう少し度が弱いメガネにすることを勧められました。

昨日メガネ店に行き新しいメガネを作り、今日の午後から使っているのですが、
パソコンの文字が格段に見易くなりました。

私は近視と乱視があり、今のメガネは遠くが見えるように合わせてあるのですが、
昨日のメガネ店の検査で以下のことが解りました。
今のメガネの度を少し落とすと、遠くは見辛くなりますが数十cmぐらいは逆に見易くなります。
さらに度を落とすと近くは細かい文字まで鮮明に見えるようになりますが、
遠くはほとんど見えなくなってしまいます。これが老眼鏡のレベルだそうです。

メガネ店の勧めもあって老眼鏡にするのではなく、
今まで使っていたメガネの度を少し落としたメガネを作ることにしました。

今日の午後から使っていますが、今の所、目も痛くなく頭痛も治まりました。

老眼のため近くの文字は見えないのでメガネを外して新聞や本を読んでいたのですが、
パソコンの文字は多少見辛くなりましたが、メガネをかけて見ていました。

そのため、目が疲れて頭痛や肩こりなどの症状がでていたようです。

今回作ったメガネは自宅に居る時に使い、
車で外出する時などは今まで使っていたメガネを使うようにします。

皆さん、特に60歳以上の方は、一度、視力検査をされることをお勧めします。
by osamukunn | 2012-10-25 17:11 | 日常 | Comments(3)

いや~寒くなりました

今日はこの秋一番の冷え込みになりました。
明日はもっと寒くなりそうですのでストーブを出して灯油を買いに行きました。

この季節になると、ミーちゃんとトラは重なって寝ることが多くなります。
b0177792_17413779.jpg

b0177792_1742018.jpg


また、こんな道具で遊ぶようになります。
b0177792_1745411.jpg


猫の動作を見ているだけで季節を感じます。
by osamukunn | 2012-10-24 17:47 | ペット | Comments(0)

LCCを使うなら覚悟が必要!?

日本でも本格的に運航が始まったLCC(格安航空会社)に関する記事を紹介します。

今月21日の現代ビジネスの記事です。

『LCCを使うなら覚悟が必要!?カウンターで「なぜだ!」と叫ぶ出発から大波乱が始まった!』

あるLCCの対応です。

■知らぬ間にフライトト時間が変更
■出発前でも払い戻しが出来ない
■予約のフライトのキャンセルは出来ても変更が出来ない。
 キャンセルの場合、払い戻しは無い
■苦情受け付け電話は有料で繋がるまでに20分以上かかる
■他社は飛んでも悪天候で欠航
■有料の朝食はマックの3倍の値段

名古屋のセントレアでもLCCの運航が本格化しますが、
利用条件などをよく調べてから搭乗しないと大変なことになりそうですね。

昔の人は良く言ったものです。

「安物買いの銭失い」
by osamukunn | 2012-10-23 17:24 | 日常 | Comments(0)

中韓への旅行半減

領土問題の影響で中韓への旅行が激減しているようです。

中国からのツアー客の減少で打撃を受けた観光地が多いというニュースばかりを見ていましたので、
溜飲が下がる思いです。

先週の金曜日の中日新聞朝刊の記事の中に、ツアー会社の担当者の話として、
「われわれは現地の安全性を確認しているが、
 顧客には安全性への懸念や『中国でお金を使いたくない』という反応が広がっている」
という内容を掲載しています。

私は、「九寨溝・黄龍 旅行記」の最後に、
「日中関係は新たな冷戦状態に突入したと思いますので、これが中国最後の旅行になるでしょう。
 今回のように観光地では日本人ということで危険な目に会うことは無いと思いますが、
 あの中国にお金を落とすことが我慢なりません。」
と書きました。

私が思っている事と同じ事を考えている人が多いということですね。

以下、本件に関するニュースの一部を紹介します。

「関係悪化で中韓への旅行が半減 10~12月の予約」
日本と中国、韓国との関係悪化が響き、主要旅行会社4社が実施する10~12月に出発して両国を訪れるパッケージツアーの予約人数が、それぞれ前年の半分以下に激減していることが18日、分かった。
 JTBと近畿日本ツーリスト、日本旅行、ジャルパックの予約数は全体で、中国ツアーが53%減の約2650人、韓国ツアーが51%減の約4万2340人と大きく落ち込んだ。4社の予約数を、ことしと前年の9月下旬時点で比較した。
 特に尖閣諸島の国有化で関係が悪化した中国への旅行について業界では「観光需要の落ち込みが当分続くだろう」(旅行大手幹部)と低迷の長期化を心配する声が多い。

「領土問題の余波、旅行業界へ深刻な影響 約8割の旅行会社で中韓ツアーキャンセル」
旅行会社の約8割で中国と韓国ツアーのキャンセルが発生するなど、隣国との関係悪化が旅行業界にも影響を与えていることが浮き彫りになった。
  領土問題などで、中国や韓国との関係が悪化するなか、その余波が旅行業界にも影響を与えている。旅行会社の約8割で両国向けツアーのキャンセルが発生したことが分かった。東京商工リサーチ(TSR)は、全国の主な旅行会社57社を対象に、中国、韓国を含む海外旅行について2012年9月以降の申し込み状況のアンケート調査を行った。有効回答は44社。
  アンケート調査によると、9月以降の海外旅行の申し込みが前年同期より5%以上「減少」した旅行会社は合計23社(構成比52.3%)で、全体の半数に上った。減少要因として、「中国、韓国との国際緊張の影響」が21社(複数回答)と最も多かった。
  中国、韓国向けのツアーキャンセルがあった旅行会社は34社(構成比77.3%)で、キャンセル人数は100人未満が最も多かったが、1,000人以上と回答した旅行会社も2社あり、両国へのツアーのキャンセルは深刻さを増している。
  2011年の海外渡航者数は、約1,700万人に上り、渡航先の最多は中国の約365万人(構成比21.4%)で、次いで韓国が328万人(同19.2%)と、両国だけで全体の約4割を占めていた。日本の旅行業界にとって、人気渡航先だった中韓両国への渡航はドル箱的な存在であり、両国へのツアーキャンセルは、同業界の業績悪化の引き金にもなっているという。
  そんな中、韓国観光局は、中国の国慶節の大型連休期間中に韓国を訪れる中国人観光客は10万人を超え、史上最多になると予想した。韓国で消費される総額も、2000億ウォン(約140億円)を突破すると見込んでいる。
  旅行会社によっては、渡航先をハワイやグアムに変更して業績悪化を回避する旅行会社もあるというが、中国・韓国への海外旅行を扱う旅行会社にとっては、当面厳しい状況が続きそうだ。
by osamukunn | 2012-10-22 16:20 | 日常 | Comments(2)