団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by osamukunn at 09:38
こんにちは、 武田先生..
by princesscraft at 14:44
kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

<   2011年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

暴れまくる子猫たち

今朝、撮影した子猫たちの様子です。
今は廊下の半分の場所に閉じ込めていますが、そのうち限界がきそうです。



二日前に「ネコジルシ」に里親募集の登録をしたのですが何の反応もありません。
市内の保健所や犬猫病院に里親募集のポスターを掲載させてもらっていますが、
こちらも何の連絡もありません。

本当に困りました。
救いの神が現れて欲しいです。
by osamukunn | 2011-09-30 17:51 | ペット | Comments(2)

復興増税

東日本大震災の復興財源を賄う臨時増税案がやっと政府・民主党間でまとまりました。

野党だけではなく民主党内部にも増税は絶対反対と吠える政治家が多いようですが、
お金も無くてどうやって復興させるのでしょうか?

現代ビジネスで面白い記事を見つけました。
党税調で演じられる「増税反対」の田舎芝居』という記事です。

以下、全文紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
興増税をめぐって民主党税制調査会が紛糾している。9月26日の総会では、藤井裕久会長が所得税などを2013年1月から増税する方針を示して「会長一任」を求めたのに対して、多くの国会議員から異論が噴出して決定が延期された。本稿を書いている時点では、まだ決着がつかない。

 こういう光景には「既視感」がある。20年ほど前、NHK特集で「自民党税制調査会」という番組をつくったことがある。当時の山中貞則会長の許可を得て、カメラマンがロッカーの中に隠れて税調の一部始終を隠し撮りし、編集した映像を山中氏にチェックしてもらって放送したのだ。

■「ガス抜き」で荒れる民主党税調

 放送された番組は当たり障りのない話ばかりだったのだが、私は(担当者ではなかったが)その素材ビデオを見せてもらって驚いた。

 報道陣をシャットアウトした総会では、「バカヤロー」とか「話が違うじゃないか!」といった罵声が飛び、灰皿を投げつける議員もいた。山中会長は一言も発しないで、最後に「原案どおり決します」と結論を出す。これを「ガス抜き」という。

 今回の民主党税調の光景も、それにそっくりだ。灰皿こそ飛ばないものの、「増税反対」の大合唱で、特に若手の議員が「デフレのとき増税するのはおかしい」とか「無駄の削減が先だ」といった紋切り型の批判を繰り返し、テレビのインタビューにも語気荒く答える。

 しかしデフレのとき増税しないというなら、インフレにならなければ永遠に増税しないのか。「無駄の削減」を掲げた行政刷新会議の数千億円の実績を見れば、それが10兆円以上の増税の代わりにならないことは明らかだろう。

 こういう議員は、マスコミ向け(というか選挙区向け)に「私は増税に反対した」という芝居をしているのだ。

 税調は、役職のない議員が執行部への不満をぶつけるとともに、選挙区で「私は反対したが執行部が増税を強行した」という型をつくる場なのだ。

■官僚の脚本で政治家が演技する

 もともと党と政府に2つ税調がある自民党の仕組みがおかしいと批判していたのは民主党だった。政権交代とともに党税調は廃止され、「族議員」の巣窟になっていた政務調査会(民主党では政策調査会)も廃止され、政策決定は政府に一元化された。

 ところが内閣と政務三役で「政治主導」で決めるはずだった政策が決まらず、他方で役職からはずれた議員の不満が強まった。

 そのため政調会も党税調も復活して、党の事前の了解がなければ閣議決定もできない、自民党と同じ方式になった。そればかりではなく、末端の議員の不満を総会でガス抜きする「儀式」まで同じになったのは興味深い。歌舞伎のように「型」通りに進めるのが日本的な意思決定なのだろう。

 この背景には、日本独特の政治家と官僚の関係がある。憲法の原則では、国会が立法府で官僚機構はそれを執行する行政機関なのだが、自民党政権では国会に提出される法案の8割以上は「内閣提出法案」、つまり官僚の書いた法案だった。民主党政権は議員立法を禁止したので、国会議員は立法機能を失い、仕事は選挙区の世話しかなくなってしまった。

 つまり日本の政治家は、欧米の典型的な民主主義とは違って、国民を代表して立法する仕事ではなく、官僚機構の決めた政策を事後承認する機関にすぎないのだ。

 大部分の法案は原案のまま決まるが、税制改正のように利権のからむ法案には多くの政治家が関与して、選挙区に利益誘導しようとする。また増税のように国民に「苦い薬」を飲ませるときは、憎まれ役を引き受けることも政治家の役割だ。

 だから政治主導で意思決定を内閣に一元化しようとした民主党の制度設計が失敗し、自民党型に戻ってしまったのは偶然ではない。自民党の方式は長期政権の中で定着したもので、こうした日本の政治家の実態を反映している。

つまり国会は、官僚が書いた脚本で政治家が演技する劇場なのである。

■演出家のいない「国会」という劇場

 このように政治の建前と実態が大きくかけ離れているのが、日本の政治が混乱する原因である。政治家は官僚の決めた政策を国民に見せる芝居をしているだけだから、首相が誰になっても政策に大きな違いはないので、首相も閣僚も簡単に辞めてしまう。自民党政権が民主党政権に代わっても、大きな変化は起こらない。

 それでも自民党が絶対多数だった時代には、与党が敵役、野党が正義の味方という役を演じて、一定の型ができていた。「国会対策費」と称して与党が野党に現金を渡す慣習もあり、増税のような難しい問題については、国会が紛糾したり「強行採決」したりする歌舞伎のような見せ場をつくって国民のストレスを解消した。

 ところが1990年代に自民党が分裂して細川政権ができた頃から、こうした芝居の役割が分からなくなってきた。万年野党できれいごとを言う役だった社会党が政権を取ってしまい、安保や自衛隊を容認して自滅した。衆参のねじれが起こって、55年体制の演劇装置がうまく機能しなくなった。与党が憎まれ役を引き受けて増税する演出家がいなくなったため、問題が果てしなく先送りされて財政赤字が積み上がった。

 それでもいまだに民主党議員は「増税反対」を叫んで時代錯誤の田舎芝居を続け、執行部も彼らを使って「やむをえず増税する」という型を演じている。

 しかし復興増税は序幕にすぎない。この程度の話にこれほど手間取っているようでは、これから必要な消費税の増税や社会保障の削減などの「劇薬」を飲ませるのは無理だろう。

 政府債務が900兆円を超えた日本で、増税しないで国債を償還できるはずもない。反対派もそれは認めているが、ただでさえ危ない次の選挙の前に増税したくないというのが本音だろう。

 こういう大根役者を一掃して、脚本から演技まで指導できる強力な演出家が出てこない限り、日本の政治の混迷は続く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少し前のアンケートでは、
東日本大震災復興のためには増税も仕方がないと答えた人が過半数以上だったと記憶していますが、
具体的な増税案が出てくると多くの人が心の中では増税は絶対イヤと思っているのでは・・・

私?
所得税もタバコ税も関係ないので良いが、地方税の500円増税とは何事か!
他から取れ!!!
(動物の中で一番自己犠牲ができない動物が人間だと思います)
by osamukunn | 2011-09-29 18:04 | 日常 | Comments(0)

今年3回目の男の料理教室

本題とは関係ありませんが、本日、「ネコジルシ」というサイトに子猫の里親募集の登録をしました。
10333番目?の募集のようです。
ヒヤカシなどのメールが入る可能性がありますが「藁をもつかむ」心境で投稿しました。

今年3回目(今年最後)の桑名市食生活改善推進協議会主催の「男の料理教室」に行ってきました。
前回は5月30日に行っていますので5か月ぶりになります。

今日のメニューは
・鶏リングシューマイ
・ほうれん草とパブリカの胡麻和え
・かんたん洋風おから
・たたき蓮根汁
・ご飯 100グラム         でした。
カロリーは609kcalというヘルシー料理です。

b0177792_16424946.jpg


狭いテーブルに8人分も料理を並べたので、「鶏リングシューマイ」が2人前写っています。

今日は班の人数が6人でしたが、料理を作るのに6人は多すぎますね。
初めて参加した人も一人いましたので、私は裏方にまわる機会が多かったです。

味の方は例によって全て薄味ですので、指導員の女性の人には内緒で調味料を少し変えました。
なお、今日の料理、油は一滴も使っていません。

次回は来年1月18日とのことで一応予約はしてきましたが、他に2つの料理教室にも行っていますので、
この食生活改善推進協議会主催の教室は、もう卒業しようかな?
by osamukunn | 2011-09-28 16:43 | 日常 | Comments(0)

TVドラマ「砂の器」

書かなければならないと思っていたTVドラマ「砂の器」の感想です。

当初は3月12日・13日放送予定でしたが、東日本大震災発生を受けて延期になり、
今月の10・11日2夜連続で放映されました。

今回は玉木宏演じる刑事・吉村の視点で物語が描かれていましたが結構面白かったですね。
特に、和賀英良が父親の書いた絵の裏書を見て、
自分の犯した犯罪を白状してしまうシナリオは良かったです。

玉木宏の吉村刑事が佐々木蔵之助演じる和賀英良に、
「あなたの目を見た時から・・・」と語っていましたが、
玉木宏の方が目が輝いていましたね。
クラシック音楽の指揮者も演じた玉木宏を何故和賀英良にしなかったのでしょうか?
ミスキャストと思ったのは私だけでしょうか・・・

「砂の器」は過去に何回もTVドラマ化されていますが何といっても野村芳太郎監督の映画が最高です。

丹波哲郎演じる今西刑事が捜査会議で事件の真相を語る時、
加藤剛演じる本浦秀夫(和賀英良)の子供時代の父親との流浪の旅がフラッシュバックで流れるシーンは、
日本の映画史に残る名場面だと思います。
原作者の松本清張も、この場面を絶賛したそうです。


by osamukunn | 2011-09-27 19:18 | 映画 | Comments(2)

子猫達の近況

パソコンを変えてから正に「サクサク」動くようになりましたので快適です。

今日はフロの日(26日)でしたので、たまたま仕事が休みだったフリッカと二人で、
あさひの湯に行ってきました。
フロの日の特典として無料入泉券を貰いましたので今日と次回は半額で入れることになります。
あさひの湯の後は、これも定番になっているブロンコビリーに行きました。

前置きが長くなりました。

今日撮った子猫たちの写真です。
生後2か月ぐらいだと思いますが、まだ時々お母さんの乳を飲んでいます。

b0177792_16583896.jpg

b0177792_1659312.jpg

b0177792_16593543.jpg


茶色の子猫3匹の内2匹は見分けがつかないぐらい似ています。

なお、♂♀は、トラちゃんと茶色の1匹が♂で、見分けが付かない2匹が♀だと思います。

可愛い~でしょ010.gif
一匹どうですか?
by osamukunn | 2011-09-26 16:59 | ペット | Comments(0)

スキン画像:桂林② & PC環境整備

日曜日ですのでスキン画像を変更します。
次も昨年4月の桂林の川下りから選びました。
背景色が黒だと目が疲れるような気がしますので前の色に戻します。

b0177792_17131061.jpg


今日も新しく買ったPCの環境整理をしていました。

今まで使っていたパソコン台がデスクトップタイプを想定しているので、
ディスプレイを置く位置にノートPCを置くとキーボードを打つのには位置が高くて打ち辛いことが解りました。
そのため、USB接続のキーボードを買ってきました。2000円以下で買えるのですね。びっくりしました。

アドレス帳が上手く移動できなかったので、普段メールを送信する人のアドレスを手動で入力しました。
大学の同級生にもメールを打つ必要があるのですが、手で入力するのは大変ですので、
秀さんにお願いしてアドレス帳の情報を送ってもらいました。
その情報をインポートするとWindowsのアドレス帳のフォルダに格納されましたが、
Outlookとはリンクしていないようで、Outlookのアドレス帳を開いても何も表示されません。

さあ、それからが大変でした。
例によってネットで情報収集しても解決せずに2時間ほど悪戦苦闘していました。

しかし、試行錯誤していたら、アドレス帳のフォルダを開いた後にエクスポートをクリックし、
vCardの形式を選択し一旦どこかのフォルダにエクスポートし、
その後、エクスポートしたフォルダを開き、アドレス情報のファイルをダブルクリックすると
Outlookのアドレス帳の登録画面になることが解りました。
登録画面が現れた時は嬉しかったですね。

それからは、アドレス情報のファイルを一つずつOutlookのアドレス帳に
名前が日本語で表示されるようにしながら登録を行いました。
この作業だけでも30分以上かかったと思います。

疲れました。

PCを交換するのは本当に大仕事ですね。

秀さん、何とか大学の同窓生のメールアドレスを登録することが出来ました。
ありがとうございました。
by osamukunn | 2011-09-25 17:13 | スキン画像シリーズ | Comments(2)

話題あれこれ

昨日、一昨日とPCの引っ越しの話題でしたので、その間に気になったことを少し

・中日の落合監督がクビになる
 球団は営業面から監督を交代させることにしたと思うが何もこの時期に発表しなくても・・・

・AKB48のジャンケン大会
 マスコミは、こんなバカなことを話題にするな022.gif022.gif022.gif

・女性4人発砲スチロールにつかまり16時間漂流
 女は強い。同じ年齢の男4人だったら結果は?

・NASA人工衛星地表に落下
 地表に落下物が落ちる可能性のある人工衛星の場合、米国は今までならミサイルで爆破させていたが、
 北米大陸に落ちる可能性が低いため経費節減でミサイル発射を取りやめたようだ。
 自分(米国)さえよければ良いのか022.gif 

・豪ドル75円を下回る
 投資のチャンスが訪れました。
 8月26日の記事を参照してください。
 投資は自己責任ですので、その点よろしく。

最後に、子猫の里親がまだ見つかりません。
皆さん、よろしくお願いします。
お助けください007.gif
by osamukunn | 2011-09-24 18:05 | 日常 | Comments(0)

PCの引越し作業ー2日目

やっと作業が終わりました。
クタクタです。

まずは「お気に入り」の表示順序の整理からはじめたのですが上手くいきません。

移動させたいお気に入りの項目(サイト名)を摘んで移動先でクリックを放しても移動しません。
ネットでWindows7エクスポローラーの情報を収集しても解らずに途方にくれていたのですが、
偶然、移動することが出来ました。

移動したい項目を移動先に移動させてクリックを放す時に、
表示されている項目(サイト名)の上で放した場合は移動することが出来ず、
フォルダの場合はフォルダの中に移動されます。

移動先がフォルダで無い場合は、表示されているサイト名の間でクリックを放せば、
その間に移動されます。

たったこれだけのことで1時間以上悪戦苦闘しました。
ネット検索で、このことを最初にヒットできるようにして欲しいですね。

アプルケーションのインストールは順調に作業できたのですが、
私の携帯電話のドライバーソフトがWindows7に対応していないので、
新しいPCでは、携帯に音楽データを転送したり、
携帯で撮った写真データをPCに読み込むことが出来ません。
携帯はAUのW43S(ソニー・エリクソン製)で相当古いタイプですので、
メーカーが新OSへの対応をサボッタと思います。
ソニー・エリクソン、何とかしろ022.gif

後は、必要なファイル(データ)を新しいPCへUSBメモリを介して移動させたのですが、
移動先のフォルダを作りながら移動しましたので結構時間がかかりました。

本当に疲れました007.gif
by osamukunn | 2011-09-23 18:17 | 日常 | Comments(0)

PCの引っ越し

今使っているPCの処理速度が遅くてイライラしていましたので新しくPCを買うことにしました。

今まで使っていたPCは2007年4月に買った富士通のデスクトップPC(EK30T)で、
今度買ったPCは東芝のノートPC(T351)です。

今までのPCの環境を今度のPCに移動させなければならないのですが、これが大変です。
いわゆるPCの引っ越しです。

今日の引っ越し作業は以下の通り
①ノートPCのセットアップ
 32ビットのWindows7のセットアップで2時間ぐらいかかりました
②リカバリーDVDの作成
 これも1時間以上かかりました
③無線LANの設定
④インターネットの<お気に入り>の移動
 移動は簡単でしたが順番が今のPCとは違って移動されましたので並び替えが大変です
⑤メールの設定
 アドレス帳の移動に苦労しましたが結局上手く移動できませんでした
⑥プリンタの設定

ここまでの作業で大分疲れましたので残りは明日以降とします。

アプリケショーンのインストール、データの移動など、引っ越し作業はまだまだあります。

株高・円安に動いていれば気分よく作業ができるのですが、逆に動いていますので作業が苦痛です。

<追伸>
子猫の里親が見つかりません。
何方か助けてください・・・お願いします
040.gif
by osamukunn | 2011-09-22 19:12 | 日常 | Comments(4)

バーナンキ・ショックは避けて欲しい

世界の金融業界が注目している米FOMCの結果が明日未明に発表されます。

以下に今日見つけた解りやすい記事を紹介します。
「バーナンキ・ショック」になることなく、材料出尽くしで、明日から株高・円安に動くことを願っています。

なお、為替相場が大きく円高に振れる可能性があるため、
豪ドル/円と加ドル/円のロングを、現在より2円以上の円高レベルで指値注文を出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
既に20日から米FOMCにおいて、更なる金融刺激策の検討がスタートしている。今夜日本時間22日午前3時15分に結果が公表されるが、市場の期待感が強いだけに、この結果がどういったものになるかで、大きく反応する可能性があり注意が必要となりそうだ。

市場が期待するのは、当然更なる刺激的な金融緩和策で、可能性としては、①QE3の実施、②ツイスト・オペの導入、③準備預金率の変更、④FFレート誘導目標の引き下げなどとなる。
ただ実際どれも新味に欠けており、強いて言えばQE3の実施は、市場が可能性が低いと見ているだけに、サプライズとなりそうだが、これも過去においてQE2に効果がなかったとの認識もあり、実施が決定してもネガティヴに市場が捉えるなら注意。

一部米共和党は、バーナンキFRB議長に対して、金融刺激策に関して、追加刺激策に批判的な書簡を送付したとのニュースも出ている。
更なる金融緩和が、将来のインフレの芽を醸成する可能性と金融市場の失望感との狭間に立ち、バーナンキFRB議長は非常に難しい選択を迫られることとなりそうだ。

実際、今夜の米FOMCで、どういった刺激策が示されるかは、誰も想像がつかない。ただ、8月末のジャクソンホールの講演で、バーナンキFRB議長が、一定の「刺激策を検討する」と述べているだけに、何も刺激策が示されない場合、市場が失望感にクラッシュする可能性があり、注意となりそうだ。

特に例年、9月や10月は、1929年の大恐慌を引き起こした暗黒の木曜日(ブラック・サーズデー)、1987年のブラック・マンデー、2008年のリーマン・ショックと株式市場にとっては縁起の悪い時期。

市場はこういった面で疑心暗鬼に囚われていることもあり、米FOMCの結果を、市場が冷静に受け止めることが出来ればよいが、もし、今夜の米FOMCが、何かしらのきっかけとなるなら、「バーナンキ・ショック」と名付けられることになるのだろうか?
by osamukunn | 2011-09-21 17:42 | 財テク(株・FX) | Comments(1)