団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

おはようございます。昨日..
by osamukunn at 06:04
タニタニさん、おはようご..
by osamukunn at 07:47
私も11月に同じツアーに..
by タニタニ at 15:41
マコチュウさんこんにちは..
by osamukunn at 13:30
泣き虫しょったんの奇跡と..
by マコト at 12:42

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:旅行( 567 )

ドナウ川クルーズ旅行記ー10(終)

<8,9日目>(10月21日、22日)
b0177792_10405509.jpg
ザルツブルクのホテル出発は6時半。
こんなに早い出発にもかかわらず普通に朝食を食べれたのは良かった。
阪急交通社がホテルに交渉したのだろう。




More
by osamukunn | 2018-11-07 11:15 | 旅行 | Comments(0)

ドナウ川クルーズ旅行記ー9

<7日目>(10月20日)【午後:ザルツブルク観光】
ツアーも終わりに近づき本日午後のザルツブルク観光が最後で、
明日はザルツブルクのホテルを早朝に出発し、
ミュンヘン空港からフランクフルト経由で名古屋に戻るという日程であった。

この日の朝9時にクルーズ船マキシマに乗船したパッサウに着く予定であったが、
各船が水門(ロック)を通過するのに時間がかかり大渋滞になっているとのことで、
パッサウの手前33kmのヴェセンウーファーという港に停泊することになった。

パッサウからザルツブルクまでの距離と
ヴェセンウーファーからザルツブルクまでの距離はほぼ同じということで、
急遽変更したとのこと。

b0177792_11535609.jpg
マキシム号を下船し、大型バスでザルツブルクに向かう。
大型バスに乗客は17名なのでゆったりと過ごすことができた。



More
by osamukunn | 2018-11-06 12:03 | 旅行 | Comments(0)

ドナウ川クルーズ旅行記ー8

<6日目>(10月19日)【午前:バッハウ渓谷】【午後:メルク観光】
朝目が覚めるとクルーズ船はバッハウ渓谷の前で停泊していた。
バッハウ渓谷を観光するために時間調整していたようで、
船内案内では8時半にバッハウ渓谷通過となっていた。

b0177792_08460588.jpg
朝食は7時からで朝食前にアッパーデッキに上がり日の出を撮影した。



b0177792_08461837.jpg
日本で事前に用意したバッハウ渓谷の地図。
短時間で朝食を済ませ、ダウンジャケットで防寒対策をしてアッパーデッキに出て、
この地図を頼りにバッハウ渓谷の景観を楽しむことにした。




More
by osamukunn | 2018-11-05 08:54 | 旅行 | Comments(0)

ドナウ川クルーズ旅行記ー7

<5日目>(10月18日)【午後:ブラスチラバ観光】
この日の午後はスロバキアの首都ブラスチラバの観光。
13時にバスで出発した。


b0177792_09073810.jpg
直ぐにkorneuburg(コルノイブルグ)の市庁舎が見えた。
ウイーンの郊外にもこんな趣のある建物があり驚いた。



More
by osamukunn | 2018-11-02 09:16 | 旅行 | Comments(0)

ドナウ川クルーズ旅行記ー6

<5日目>(10月18日)【午前:ウイーン市内観光】
この日は午後からスロバキアのブラスチラバ観光の予定だったが、
ブダペストまでクルーズ船が行けないという事で
阪急交通社が午前中に次の3つのオプションを用意してくれた。
 ①クルーズ船でゆっくりと過ごす
 ②船が停泊しているkorneuburg(コルノイブルグ)の街の散策とスーパーでの買い物
 ③電車でウイーン中心部に出て国立歌劇場他の観光

昨晩の帰りは23時半と大変遅かったが、私の希望で③のコースを選んだ。

b0177792_07252185.jpg
出発は8時15分。20名ほどの参加がった。
往復の列車代として€10支払う。




More
by osamukunn | 2018-11-01 07:32 | 旅行 | Comments(0)

ドナウ川クルーズ旅行記ー5


<4日目>(10月17日)【ブダペスト観光】
本来であれば昨晩ウイーンを出港しこの日の午後にブダペストの港に着岸し、
ブダペストの観光をする予定だった。
しかし、ドナウ川の水量が少ない為、ウイーンから先には行けないとの事で、
バスでウイーンから片道3時間半かけてブダペスト観光をすることになった。


b0177792_07124081.jpg
朝食のビュッフェ。
117名が食事するには食べ物が置いてある所が狭いためにいつも行列が出来るうえに
種類も少なかった。




More
by osamukunn | 2018-10-31 07:23 | 旅行 | Comments(0)

ドナウ川クルーズ旅行記ー4

<3日目>(10月16日)
この日は午後からウイーン市内観光。
朝食は7時半からなので20分前ぐらいにアッパー・デッキに行ってみた。
b0177792_07115629.jpg
結構寒かったが秋らしい景色を見る事ができた。



b0177792_07122419.jpg
朝食の30分前からコーヒー、ジュース、パンなどがレストラン前にサーブされる。



More
by osamukunn | 2018-10-30 07:22 | 旅行 | Comments(0)

ドナウ川クルーズ旅行記ー3

<2日目>(10月15日)【MSマキシマに乗船】
15時ごろにパッサウ港からnickoの「MS MAXIMA」に乗船。
b0177792_07483679.jpg
定員180名、3階建のリバー・クルーズ船。
建造年は2003年と古いのでツアー料金を安く設定できたのだろう。


b0177792_07485629.jpg
我々の部屋は一番下の316号室。
この部屋はツアー料金が35万円(実際は早期申込みで1万円引きの34万円)だが、
一つ上のミドル・デッキは40万円に設定されていた。
ミドル・デッキの人に聞いてみたら、
安いメイン・デッキが一杯で仕方なくミドル・デッキにしたという人が多かった。
なお、アッパー・デッキの人も居たが、そのツアー料金は聞かなかった。




MSマキシマが映っている動画を見つけたので紹介しておく。



More
by osamukunn | 2018-10-29 07:58 | 旅行 | Comments(0)

ドナウ川クルーズ旅行記ー2


<2日目>(10月15日)【ミュンヘン市内観光から乗船まで】
この日の行程はミュンヘン市内観光をしてパッサウという港から
クルーズ船に乗船するというものであった。

b0177792_13394547.jpg
時差で早く起きたのでホテルの周りを散策。
7時頃であったと思うがホテル前の道路は閑散としていた。



b0177792_13400499.jpg
直ぐ近くのミュンヘン駅周辺では、さすがに人を見かけた。



b0177792_13423949.jpg
何と朝食にスパークリング・ワインが出されていた。
当然、一杯飲んだ。



More
by osamukunn | 2018-10-26 13:53 | 旅行 | Comments(0)

ドナウ川クルーズ旅行記ー1

訪問国:ドイツ、オーストリア、ハンガリー、スロバキア
期間:10.14-22(9日間)
ツアー会社:阪急交通社
ツアー名:リバークルーズチャーター企画 ドナウ川クルーズとザルツブルグ9日間
ツアー料金:340,000円/人(早期申込みで1万円引き)
燃料サーチャージ:31,200円
国内・海外空港諸税他:23,820円
船内チップ:€35
プレミアムエコノミー・アップグレード【フランクフルトー名古屋】:€400(52,800円)


春先に阪急交通社から77周年記念としてドナウ川クルーズのツアーが発売されたので、
さっそくネットで申し込んだ。
理由は、
①ザルツブルグ他の行ったことが無い国を訪れる
②リバークルーズ:荷物の整理が不要
③料金が安い。ちなみに来年の類似のツアーは469,900円
④ビール、ワイン、ソフトドリンクが無料

b0177792_09190180.jpg
b0177792_09192718.jpg


<出発前日>(10月13日)
午後8時半ごろに阪急交通社から電話があった。
ドナウ川の水量が少なくウイーンから先のブダペストに行けない可能性がある。
今、キャンセルすれば料金は100%返金するという内容だった。
荷作りも済んでおり「直前に何をいまさら・・・」という感でキャンセルする気は無く、
ツアーに参加することにした。




More
by osamukunn | 2018-10-25 09:20 | 旅行 | Comments(0)