団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

おはようございます。昨日..
by osamukunn at 06:04
タニタニさん、おはようご..
by osamukunn at 07:47
私も11月に同じツアーに..
by タニタニ at 15:41
マコチュウさんこんにちは..
by osamukunn at 13:30
泣き虫しょったんの奇跡と..
by マコト at 12:42

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:競馬( 289 )

エリザベス女王杯(推理)

例年であれば菊花賞の時に京都競馬場弾丸ツアーがあるのですが、
今年は私が海外旅行を設定してしまいましたので、
他の二人のご厚意で弾丸ツアーは今週土日になりました。

昨年のエイザベス女王杯はM・デムーロ騎乗の3歳馬モズカッチャンが
5番人気でしたが見事に勝利しました。
2着は9番人気のクロコスミアが入線し馬連8,000円と荒れレースになりました。

b0177792_1231039.jpg


馬券はムーア騎乗のルージュバックとC・デムーロ騎乗のクイーンズリングを
狙いましたので外れてしまいました。
今年も4人の外人騎手が騎乗しますが、
どの馬から狙うかが馬券的中のポイントになりそうです。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【同年GⅠで苦戦】
「同年のGⅠで6着以下に敗れていた」という経験があった馬が
 2011年、昨年を除いて毎年1頭だけ連対している

②【牡馬混合戦実績】
 牡馬混合GⅡから参戦した馬は3-3-0-13
 ここ2年途絶えたが、5走前までに牡馬混合Gレースで3着以内、
 または特別レースを勝った馬が毎年連対していた

③【距離実績】
 全ての勝ち馬は2200m以上を経験していた

④【年齢】
 3歳 (4-4-3-37)
 4歳 (4-3-6-42)
 5歳 (2-2-1-47)
 6歳 (0-1-0-11)
 7歳上(0-0-0-7)

⑤【リピーター】
 アパパネ      10年3着 11年3着
 メイショウベルーガ 10年2着 09年5着
 ラキシス      11年2着 12年1着
 ディアデラマドレ  13年9着 14年3着
 ヌーヴォレコルト  14年2着 15年2着
 クイーンズリング  15年8着 16年1着
 ミッキークイーン  16年3着 17年3着

⑥【前走レース】
 秋華賞(3-3-3-26) 16年以外毎年1頭は3着内に好走している。
           3着内9頭中7頭は3着以内、
           4着以下から巻き返した2頭は上がり2位以内0.3秒差だった。
 府中牝馬S(G2)(2-2-3-38)
          入着した7頭中4頭は4着以下から巻き返しており、
          内3頭はGⅠ5着以内の実績あり
 オールカマー(2-1-0-3)
 京都大賞典(1-2-0-1)
 宝塚記念(0-0-1-2)
 海外重賞(2-0-0-5)  2頭は外国馬
 OP特別(0-0-0-7)
 条件戦(0-1-1-25)  2頭は2200m以上の牡馬混合戦で勝利

⑦【前走牝馬限定戦】
 前走牝馬限定10着以下で当日5番人気以下(0-0-0-28)
 と全く勝負にならず
 
⑧【レース間隔】
 9週以上は3着以内が2頭いるだけで連対馬がいない

⑨【当日人気】
 1番人気 (1-4-2-3)
 2番人気 (1-2-2-5)
 3番人気 (2-0-1-7)
 4番人気 (2-0-2-6)
 5番人気 (1-0-2-7)
 6番人気 (1-1-1-7)
 7~9人 (1-1-0-28)
 10人以下(1-2-0-81)
 
 連対馬20頭中7頭は6番人気以下という荒れレース


◎カンタービレ
 このレースは3歳馬を狙いたいレースでルメールのノームコアよりも、
 こちらに注目したい。
 前走の秋華賞は内枠2番のため位置取りが悪くなり、
 直線、勝ったアーモンドアイと遜色が無い追い込みで3着に入線。
 武豊からC・デムーロへの乗り替りもプラスで主力として狙ってみたい

〇レッドジェノヴァ
 前走牡馬混合GⅡ京都大賞典2着からの参戦が魅力。
 直線を向いた時に少し行き場を無くしたが、それでも良い末脚で2着に入線した。
 関東馬であるが前走に続いて栗東で調整しているのも魅力。
 心配は前走が初のGレースであった点で、GⅠではまだ力不足かもしれない

▲リスグラシュー
 オークス、昨年のエリザベスの惨敗で距離を懸念されているが、
 ハーツクライ産駒で2200mは問題無いだろう。
 リピート組でモレイラへの乗り替りもプラス

☆モズカッチャン
 昨年の勝ち馬で1番人気はこの馬か?勝ち身に遅く、成績にムラがあり、2か月の休養明け、
 最近不調のM・デムーロとマイナス要素も多く人気ほど信頼できない

△アドマイヤリード
 このところの凡走続きで人気を落としているが、昨年のGⅠビクトリア・マイルの勝ち馬。
 ①⑥を満足しており、末脚が決まる展開になれば入着があるかもしれない。
 京都コースも2-2-0-1と得意。
 穴で狙ってみたい

△ミスパンテール
 前走9着で人気を落としているが、春のGⅠビクトリアマイルは0・3秒差の5着であり、
 その前はGレースを3連勝していた馬。
 横典も魅力でこの馬も穴で狙ってみたい

×ノームコア
 ルメール騎乗で人気するが、関西への初輸送、GⅠ初挑戦とマイナス材料多く、
 主力としては狙い辛く、ルメールでなければ消しの馬

×エテルナミノル
 リピーター組で①③を満足しており、前々走で牡馬混合GⅢで3着に好走しているのが魅力。
 京都コースも3-1-0-2と得意。
 上手く先行できれば入着があるかもしれないが、良馬場では苦しいか?


馬券はカンタービレ流しの馬連で勝負したい。
また、〇▲からの馬連も押さえようと思っています。

レースまで間が有るので、
日曜日の朝にコメント欄に最終見解を書きますので参考にしてください。
by osamukunn | 2018-11-09 12:06 | 競馬 | Comments(1)

天皇賞・秋(推理)

先週の菊花賞は馬連多点買いしていれば取れるレースでしたが、
海外旅行中で生でレースを見れなかったので馬券は買いませんでした。
スプリンターズS、秋華賞と馬券が的中していませんので何とか当てたいですね。

昨年はドロンコ馬場になりましたがキタサンブラックがサトノクラウンを振り切って勝利しました。

b0177792_1632736.jpg

馬券は穴で狙ったシャケトラとヤマカツエースが凡走し、
1-2番人気で決着したため外れたようです。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【格】
 3着内30頭中25頭は、GⅠ、GⅡを勝利。残り5頭は3着内経験があった

②【G1 連対実績】
 前年以降のGⅠ連対実績:6-7-9-47
 残り10頭中8頭は毎日王冠7着以内か札幌記念1着

③【東京G1 、GⅡ実績】
 東京コースのGⅠ、GⅡで3着内の実績が無い馬は0-3-1-72
  
④【年齢】
 3歳:0-2-2-11 4歳:3-5-3-32 5歳:6-3-4-31
 6歳:0-0-1-30 7歳以上:1-0-0-41 

⑤【宝塚記念勝ち馬】
 2008年 エイシンデピュティ→9着
 2009年 ドリームジャーニー→6着
 2011年 アーネストリー→14着
 2015年 ラブリ-デイ→1着

 宝塚記念勝ちから直行して勝ったのは88年のタマモクロスが最後


⑥【外人騎手】
 2010年以降15年を除く7回で少なくとも1回は入着している。
 特にM・デムーロは1-2-1-1の好成績

⑦【牝馬】
 牝馬の成績は2-3-1-7で約半数が入着している

⑧【枠】
 8枠からの連対馬は1頭もいなく、⑬番枠から外の馬が入着したのは僅か5頭。
 連対したのは15年2着のステファノス(⑭版枠)ただ1頭
   
⑨【前走】
 宝塚記念:2-4-2-13  
  08年、15年、16年除く7年で同年の宝塚記念を負けた馬が毎年連対している。
  昨年は1,2,3着を独占した。
  入着馬8頭中7頭はGⅠ勝ちの実績、入着馬8頭中4頭は3着以内
 
 札幌記念:2-0-1-14    
  3着内3頭の内2頭が勝ち馬で残り1頭は2着馬
  
 毎日王冠:5-3-4-48   
  入着の12頭中10頭は5着以内だった。
  また入着の12頭中10頭は1600~2000のGレース勝利
 
 京都大賞典:1-0-0-14 
  15年のラブリーデイは例外か?
 
 安田記念:0-1-0-2
  昨年リアルスティールが2着に入線
 
 オールカマー:0-0-0-27 
  人気のレイデオロにとってはイヤなデーター
 
  
⑩【前走着順】
 連対馬20頭中15頭が前走5着以内。
 例外は12年エイシンフラッシュ(9着)14年ジェンティルドンナ(9着)
 15年イスラボニータ(8着) 15年リアルスティール(11着)
 17年キタサンブラック(9着)
  
⑪【前走人気】
 8番人気以下:0-0-0-30

⑫【レース間隔】
 半年以上:0-1-1-8 と休み明けでも好走例がある

⑪【人気】
 1番人気 (5-2-2-1)
 2番人気 (0-4-2-4)
 3番人気 (0-0-2-8)
 4番人気 (0-1-0-9)
 5番人気 (4-0-0-6)
 6番人気 (0-0-3-7)
 7~9人 (1-2-0-27)
 10人以下(0-1-1-83)


◎スワーヴリチャード
 左回りの鬼で休み明けは3戦3勝。そろそろデムーロが勝つ順番か?
 ただし、安田記念からの参戦と、狙いは次のJCの可能性もあり絶対視は避けたい

〇レオデオロ
 絶好調ルメールのGⅠ3連勝なるか?
 しかし、何と言ってもオールカマーからの参戦が大きなマイナス

▲ヴィブロス
 マイナス材料が無く、唯一の牝馬、宝塚からのローテが魅力で牝馬に強い福永もプラス。
 穴として主力で狙ってみたい

☆サングレーザー
 東京実績、距離は心配だが、モレイラは魅力。適度に人気を落としているので、
 馬券対象からは外せない

△アルアイン
 東京実績は無いが2000はベストの距離。展開有利でこの馬も馬券からは外せない

×ステファノス
 7歳の年齢と近走の成績からは買えない馬だが東京コースは得意で、
 外人騎手に乗り替わったので豆券押さえは必要

×キセキ
 前走で復活したか?良のキレ勝負になるとイマイチ足りない可能性あり

×マカヒキ
 武豊への乗り替りと前走2着で人気しているが本来の力には戻っていない感があり、
 買っても豆券押さえまで


馬券は難しい。
◎〇▲☆△の馬連5頭BOXを買うが、◎〇の1番人気は元返しレベルにして、
▲のヴィブロス絡みを厚く買おうと思っています。

by osamukunn | 2018-10-27 16:05 | 競馬 | Comments(0)

秋華賞(推理)

今週から年末までGⅠレースが連続します。
最初は3歳牝馬3冠ラストレースの秋華賞ですが、
明日から欧州のドナウ川クルーズに出かけますので、
残念ながら今週の秋華賞、来週の菊花賞も生でレースを見れません。


昨年はルメール騎乗のディアドラが勝利し2着は豊のリスグラシューでした。

b0177792_1644106.jpg

   馬券はリスグラシューを軽視し大トリガミだったようです。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ実績】
 GⅠレースで4着以内、かつ4番人気以内の実績を持つ馬が7頭優勝している。
 例外は14年のショウナンパンドラ、16年のヴィブロス、昨年のディアドラ。
 ただし、ディアドラはオークスで4着(9人気)だった。

②【Gレース実績】
 勝ち馬10頭中9頭、連対馬20頭中18頭は、
 同年5月以降の芝の重賞で5着以内に入った実績を有していた。
 なお、連対馬18頭中16頭は3着以内だった

③【Gレース、OPで4,5着】
 4走前までに重賞またはオープン特別で4着か5着があったという馬が
 毎年連対している。

④【ディープ産駒】
 2011年から7年間で4勝2着2買回。

⑤【枠順】
 内枠の馬の好走例多い

⑥【東西】
 関東馬:2-2-3-67 と苦戦


⑥【前走レース】
 オークス:0-0-0-10 全て6着以下に敗れている
 ローズS:6-8-5-61 6着以下から3着に入着したのは僅か3頭
            2017年3着モズカッチャン(前走ローズS・7着)
            2013年3着リラコサージュ (前走ローズS・18着)
            2008年1着ブラックエンブレム(前走ローズS・15着)
            3頭とも重賞またはOP特別勝ち実績のある馬
 
 紫苑S:2-1-0-9  2016年から重賞に昇格し、2年連続勝ち馬を出し
           2016年は1、2着とワンツー決着。
           14年の勝ち馬も紫苑S(OP特別)組だった
 クイーンS:1-0-1-6  入着馬2頭はいずれも勝ち馬だった

 条件戦:0-1-2-24 入着した3頭は条件戦で古馬相手に勝利した経験があった

⑦【前走成績】
 連対馬20頭中19頭は前走で5着以内と好走していた

⑧【当日人気】
 1番人気 (3-1-2-4)
 2番人気 (2-2-1-5)
 3番人気 (4-1-0-5)
 4番人気 (0-2-1-7)
 5番人気 (0-1-1-8)
 6番人気 (0-1-1-8)
 7~9人 (0-2-2-26)
 10人以下(1-0-2-86)
 →人気馬が連対するレースであるが、
  2008年は⑪⑧⑯人気馬が入着するという超大穴レースとなった


◎サラキア
 前走ローズSでの末脚が光った。モレイラ騎乗停止で池添に戻ったが、
 モレイラへの乗り合わりは馬主サイドの要望と思われ池添の意地の騎乗を期待したい

〇パイオニアバイオ
 紫苑S組からは、まずこの馬を取り上げたい。
 春はフローラS、オークスともに善戦しておりベテラン柴田善の内枠を生かした騎乗が怖い

▲アーモンドアイ
 オークス以来のローテが最大のマイナス材料。実績面から勝たれてもしかたがないが、
 データー重視派の穴狙いの私としてはこの馬の惨敗も想定しておきたい

☆ハーレムライン
 前走の紫苑Sは桜花賞以来+26Kの馬体増で出走し4着と好走。
 好位でレースを進め4コーナーで大外に脹れたが直線ばてずに掲示板を確保。
 桜花賞前は3連勝していた馬で、騎手大野も最近好調。
 全く人気が無いので大穴で大きく狙ってみたい

△カンタービレ
 ローズSの勝ち馬でこれ以上印は落とせないが内枠、武豊騎乗はマイナスで、
 あくまで押さえまでの評価としたい

△プリモシーン
 前走のGⅢ勝利は立派。もともと期待されていた馬で、ここでの好走があっても驚かない。
 2000の距離を心配して人気を落とすなら積極的に買ってみたい

×ラッキーライラック
 トライアルを使っていれば評価を上げたが、オークス以来のローテは大きなマイナスで、
 人気もすると思われるので買っても豆券押さえまで

×ランドネ
 紫苑Sでは逃げて3着に入線。戸崎に乗り替わってそこそこ人気すると思われるが、
 逃げ・先行馬には厳しいレースになりそうで、この馬も買っても豆券押さえまで


3連勝の条件上がりのミッキーチャーム、デムーロ騎乗の500万勝ちのダンサールは、
共に先行馬で実力以上に人気しているので買う気は無く無印とした。


馬券は生でレースを見れないので少しだけ買おうかなと思っています。
ハーレムラインとアーモンドアイの2頭軸の3連複流しと、
アーモンドアイ以外の上位馬の馬連BOXを豆券買ってみようかな。
by osamukunn | 2018-10-13 16:46 | 競馬 | Comments(0)

スプリンターズS(推理)

今年後半最初のGⅠレース、スプリンターズSを推理します。
前半は買うレースをGⅠに絞って114%の回収率でしたので、
後半も100%超えを目指したいですね。

昨年はデムーロ騎乗のレッドファルクスが勝利しスプリンターズS2連覇となりました。
b0177792_1624761.jpg

馬券は1-5番人気と固く収まったのでトリガミになりました。


いつもの様に過去10年のデーターを分析します。

①【実績】
 優勝馬10頭中8頭が近3走以内にGI またはGII で連対した実績を持っていた

②【同年高松宮記念】
 同年の高松宮記念の出走馬の好走例多い。
 連対馬20頭中12頭は同年高松宮記念で3着内に好走していた

③【先行タイプ】
 前走で4コーナー2番手以内の馬は0-0-1-13と苦戦

④【年齢】
 3歳:0-0-1-10
 4歳:3-2-5-16
 5歳:3-6-3-35
 6歳:3-0-1-32
 7歳以上:1-2-0-24
 
 7歳以上の勝利は香港馬のウルトラファンタジーで8歳。
 今年は4歳馬の出走無し

⑤【牝馬】
 牝馬は3-3-6-31と好走例多い。近4年は1-2-4-15と好走率高い。
 ただし、当日6番人気以下は0-0-5-22と連対無し
   
⑥【乗り替り】
 騎手が乗り替わった馬は0-0-5-57と連対していない

⑦【前走レース】 
 セントウルS:4-3-3-53
  3着内10頭中6頭は3番人気以内。
  前走1着馬:0-1-1-7 2着馬:2-0-0-7 3着馬:0-0-0-3
  4着以下:2-1-2-36 4着以下から入着した5頭中3頭はGⅠで3着内の実績あり
 キーンランドC:2-3-5-32
  3着内:1-3-3-12
  3着内10頭中7頭は5番人気以下
 北九州記念:1-0-0-8
  10年前にスリープレスナイトが勝ったのみ
 安田記念:1-1-0-6
 海外馬:1-0-0-10
  2010年にウルトラファンタジーが10番人気で勝利

⑧【前走着順】
 前走着順が6着以下の成績は3-3-2-62と好走例もあり
 前走着順はそれほど気にしなくても良さそう

⑨【前走人気】
 前走5番人気以下の成績は0-1-2-59と好走例極めて少ない
 
⑩【前走距離】
 1200m出走:9-8-8-109
 残り5頭は1400mと1600m

⑩【休み明け】
 半年以上の休み明けは0-1-0-5で
 2016年にミッキーアイルが高松宮記念以来で2着に好走した

⑪【当日人気】
 連対馬20頭中15頭は5番人気以内。
 しかし、10番人気以下が3頭と好走し3着馬10頭は全て5番人気以下


◎ファインニードル
 前走が58Kで強い勝ち方。昨年のこのレースで大敗しているが、
 その後国内のGレースを3連勝。人気馬では一番信頼できる

〇ムーンクエイク
 前走キーランドCは休み明けで大敗しているが今度は叩き2走目。
 何と言ってもルメールが魅力で重も大丈夫。
 主力で狙ってみたい

▲ラッキーバブルズ
 7歳の香港馬。馬場が悪くなりそうなのが最大の買材料。
 穴の主力で狙ってみたい

☆ナックビーナス
 モレイラ騎乗で人気しているが逃げ馬が多く展開苦しそう。
 土曜日のモレイラ騎乗を見ていると、これ以上印を落とせない

△セイウンコウセイ
 昨年の高松宮記念の勝ち馬で重になれば好走の可能性あり。
 人気も落としているので穴で狙ってみたい

△キャンベルジュニア
 穴を演出するキーランドC組で中山2-3-0-1の成績。
 騎手田辺も魅力で是非とも買っておきたい馬。
 ただし、重着外2回は心配材料

△ワンスインザムーン
 昨年の3着馬で逃げ馬が絶好の内枠を引いた。
 ただし、展開面は苦しく、あくまで押さえまでの評価

×レッツゴードンキ
 成績面から人気するが、6歳牝馬、枠も中途半端で豆券押さえまでの評価

レッドファルクスは7歳馬、直前の乗り替り、末脚が殺される馬場、
GⅠ3連覇は無しとマイナス材料多く無印にした。


馬券はファインニードルからの馬連を強弱を付けて買います。
また〇以下の馬連BOXも配当を見ながら押さえようと思っています。
by osamukunn | 2018-09-29 16:11 | 競馬 | Comments(0)

2018年前半 勝ち馬投票成績

先週で今年前半の競馬が終了しましたのでその成績をまとめておきます。

b0177792_09500634.jpg

     2018前半(2017

購入日  13(35)日
購入R数 13(39)R
的中R数 11(17)R
的中率  85(44)%
購入額  208,000419,300)円
払戻額  237,970317,790)円
回収率  114(76)%
1日最高払戻額 61.35051,000)円
万馬券的中回数 1(3)回
最高払戻し単価 12,88017,000)円


今年になってから馬券を買うのはGⅠレースのみとしましたので、

昨年に較べて購入Rが激減しているのが特徴です。

(13R購入していますのでGⅠ以外も買っていますが何のレースか全く覚えていません

いっぽう購入金額は昨年の半分ほどですので1レース当たりの購入金額が増えています。


肝心の的中率が85%で回収率も114%となっているのは誇れる数字です。

取りガミもありますが、馬連多点買いが成功している結果だと思います。


後半もGⅠに集中して馬券を買おうと思っていますが、

馬券の買い方として、馬連多点買いに加えて、

2頭軸3連複の総流しにも挑戦して太い配当ゲットを狙いたい。



by osamukunn | 2018-06-30 10:00 | 競馬 | Comments(0)

宝塚記念(推理)

台北旅行記は来週まとめて書きます。

昨日、将棋の王座戦準々決勝が行われ藤井聡太七段が深浦九段に勝利し、
最年少タイトル挑戦まであと2勝としました。
今の藤井君なら王座タイトルも夢ではありませんので是非とも頑張って欲しいものです。

本題です。
今年上半期最後のGⅠレースの宝塚記念を推理(予想)します。

昨年は単勝1.4倍のキタサンブラックが9着に惨敗し、
3番人気のサトノクラウンが見事な勝利を飾りました。

b0177792_1614522.jpg


馬券はGⅠ3戦目のキタサンブラックが消える事も想定して買いましたので、
若干のプラスになったようです。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【Gレース実績】
 連対馬20頭は、いずれも芝2000~2200mのGⅠまたはGⅡで優勝経験のある馬だった。
 上記条件を満足しない馬3頭が3着になっているが、
 いずれも前年12月以降のJRAのGIで連対経験がある馬だった

②【近4走成績】
 連対馬20頭中15頭は近4走以内のGⅠ・GⅡ芝2000m以上のレースにおいて
 勝利していた。
 また残り5頭中3頭は同レースにおいて2着と好走していた。
 例外は14年2着のカレンミロティックの4着と昨年2着のゴールドアクターの3着

③【近走のGⅠ、GⅡ】
 2,3走前のGⅡレースで2着以内の馬が毎年連対している。
 また、直近のGⅠで4着以下になり4走前までのGⅠ、GⅡで買っていた馬が、
 2012年以降6連勝している

④【同年1,2月のGレース連対】
 2011年と2014年を除いて同年1,2月のGレースで連対していた馬が連対している

⑤【天皇賞・春の優勝馬】
 天皇賞・春の優勝馬:0-1-1-6
 
⑥【血統】
 ステイゴールド産駒は過去5勝。
 ディープインパクト産駒は過去5年連続で馬券になっているが、
 入着した7頭中6頭は牝馬で、4頭は8番人気以下の穴馬

⑦【年齢】
 3歳 (0-0-0-1) 
 4歳 (3-2-6-38)
 5歳 (5-5-3-29)
 6歳 (2-3-1-20)
 7歳上(0-0-0-26)
 
 7歳以上は入着なし

⑧【牝馬】
 牝馬は1-3-4-9と8頭が3着内に好走しているが、
 この内7頭全てがGⅠで連対していた。
 また牡馬混合GⅠで好走実績もあった

⑨【前走レース】
 天皇賞春(4-3-2-34) 連対7頭中5頭は5着以下からの巻き返し
           3着内9頭は全てGⅠで連対実績
 海外G1(0-2-1-9)   入着3頭は連対
 大阪杯(1-0-0-1)  昨年サトノクラウンが優勝
 鳴尾記念(1-2-1-10) 入着馬4頭は5番人気以内、4着以内
 ヴィクトリアマイル(0-2-3-5) 入着5頭は全て4・5歳馬で
                牝馬3冠で連対した経験があった
 目黒記念(1-0-0-16)  
 OP特別(1-0-0-2)
 条件戦(0-0-0-3)

⑩【前走着順】
 連対馬20頭中13頭は前走3着以内だった。
 6着以下は(3-2-3-48)
 このうち、前走G1を除くと(0-0-1-24)と連対はなく
 08年3着のインティライミが唯一金鯱賞7着から巻き返した

⑪【前走人気】
 6番人気以下で入着したのは僅か3頭で全て牝馬
 
⑫【レース間隔】
 10週以上(1-1-1-18)  3着以内の2頭は当日1番人気
 半年以上(0-0-0-3) 

⑬【当日人気】
 1番人気 (2-4-2-2)
 2番人気 (2-1-1-6)
 3番人気 (1-1-2-6)
 4番人気 (0-0-1-9)
 5番人気 (1-2-0-7)
 6番人気 (2-0-1-7)
 7~9人 (2-1-1-26)
 10人以下(0-1-2-51)

 10番人気以下で入着したのは以下の3頭
 2015年2着デニムアンドルビー(10番人気)
 2015年3着ショウナンパンドラ(11番人気)
 2008年3着インティライミ  (11番人気)
 G1連対やG2・2勝などの実績馬


今年はどの馬が1番人気になるかも分からない大混戦レースになりました。

◎パフォーマプロミス
 好走データーが最も多かった(②③④⑥)のはこの馬。
 ①の条件には満足しないが2500のGⅡを勝っているのでマイナスとは言えない。
 穴人気しているが、今年GⅠで好調な戸崎、藤原厩舎、先行脚質とプラス材料も多く、
 主力で狙ってみたい

〇ヴィブロス
 GⅠ勝利の牝馬でディープ産駒、前走海外GⅠで連対と好走条件の3つを満足。
 2200の距離は心配だが、今年のメンバーなら入着は充分可能性あり

▲ダンビュライト
 ここ2走の敗戦で人気を落としているが②③④の条件を満足。
 重馬場が得意な馬で道悪が残りそうで穴で是非とも買ってみたい
 
☆ワーザー
 21年ぶりの外国馬参戦。今年のメンバーなら勝機ありと判断しての遠征か?
 道悪競馬、ボウマンも魅力で馬券からは外せない

△サトノクラウン
 昨年の覇者。昨年のJCより凡走が続いており6歳になって馬力低下しているか?
 ただし道悪は得意な馬で人気も落としているので押さえてみたい

×キセキ
 昨年末の香港、日経賞の惨敗はイヤ気。日経賞以来のローテもマイナスで、
 デムーロ騎乗で人気しているが危険な人気馬と判断。
 買っても豆券押さえまで

×ストロングタイタン
 前走鳴尾記念の勝利で穴人気しているが、①②の条件を満足せず買っても豆券押さえまで

人気すると思われるサトノダイヤモンドは欧州遠征後の成績、
さらに①②の条件を満足していなく他の好走条件も無いので無印とした。


軸馬不在のため◎〇▲☆△の馬連BOX10点が勝負馬券。
後は×2頭、他の穴馬を見つかれば上記5頭に豆券流しておきたい
by osamukunn | 2018-06-23 16:17 | 競馬 | Comments(0)

安田記念(推理)

今週はディープインパクト産駒が日英仏のダービー制覇なるかという
極めて注目される週になりました。

日本競馬は先週のダービーで頂点を迎えたのですが、
今週も古馬マイル戦のGⅠ安田記念が開催されます。
ダービーが終わった翌週のGⅠ開催、見直して欲しいですね。

昨年は7番人気のサトノアラジンが直線追い込んで見事に勝利しました。
2着は逃げ粘った昨年の勝ち馬ロゴタイプ。

b0177792_1633668.jpg


馬券はサトノアラジンを穴で狙っていたのですがロゴタイプを軽視し、
馬連豆券2枚のみの的中でチョイ浮きだったようです。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ成績】
 5走前までにGⅠレースで3着までに好走した馬は過去10年毎年連対している

②【GⅠ、GⅡ実績】
 3着内30頭中29頭は牝馬限定を除くGⅠ、GⅡで4着以内の実績があった。
 唯一の例外は008年2着のアルマダ(外国馬)

③【Gレース実績】
 連対20頭中香港馬を含めた18頭は芝1200~2000のGⅠで連対か
 その年の芝1400~1600のGレースを勝っていた

④【東京芝マイルGレース実績】
 過去6年の入着馬18頭中11頭は東京芝マイルGレースの好走実績があった

⑤【ディープ産駒】
 出走するようになって7年、そのうち5年で馬券になり2勝。
 馬券に絡むのは1年1頭だがその人気は⑨⑫③⑥⑦で、
 人気薄のディープ産駒に注意必要

⑥【年齢】
 3歳 (1-0-0-2)
 4歳 (2-2-1-28)  2番人気以上:2-1-0-6
 5歳 (3-4-3-46)
 6歳 (4-2-5-37)
 7歳 (0-3-1-20) 
 8歳以上(0-0-0-12) 

⑦【牝馬】
 2-0-0-13と2勝しているが、共にフォッカで1,2番人気だった

⑧【2年連続好走】
 アサクサデンエン 05①→06②
 ダイワメジャー  06④→07①
 ウオッカ     08①→09①
 スマイルジャック 10③→11③
 ストロングリターン11②→12①
 ショウナンマイティ13②→14③
 ダノンシャーク  13③→14④
 モーリス     15①→16②
 フィエロ     15④→16③
 サトノアラジン  16④→17①
 ロゴタイプ    16①→17②
 レッドファルクス 17③→18?

⑨【外国馬】
 08年2着のアマルダ以降入着馬がでていない。
 06年も入れると外国馬は3頭が入着しているが、
 全て香港のマイルチャンピオンで3着以内に好走していた

⑩【馬体重】
 500K以上は8-8-4-60と好走例多い。
 500~519Kの馬は2012~16の5年は2頭ずつ3着内に入っており、
 昨年は528Kのサトノアラジンが1着となった

⑪【前走レース】
 ■外国:1-0-0-2
 ■香港:0-2-0-18
 ■ヴィクトリアM:2-0-0-12  勝った2頭はいずれもウオッカ
 ■京王杯SC:2-3-2-32  入着馬7頭は全て上がり2位以内
              3着内7頭中5頭は4着以内
 ■高松宮記念(1-0-0-5)  13年のロードカナリアが1着
 ■ダービー卿CT(2-0-0-4) 15年のモーリス、16年のロゴタイプと連勝
 ■NHKマイルC(1-0-0-2) 11年のリアルインパクトが1着
 ■マイラーズC(0-1-7-34) 過去8年、14年、昨年を除き毎年入着。
              入着馬8頭中7頭はGレース勝利(6頭はマイルGレース)
 ■産経大阪杯(0-2-1-6) 2着馬2頭はいずれも、そのレースの2着。
            3着馬は14年のショウナンマイティで5着だった
 ■OP特別(1-0-0-13)  10年のショウワモダンが1着
 ■1600万下(0-0-0-1)

⑫【前走着順】
 連対馬20頭中15頭(外国馬1頭含む)は前走で3着以内に好走していた。
 4着以下だった5頭中4頭はGⅠレースの連対実績があった。

⑬【枠順】
過去4年のデーター
1枠:0-0-0-7 2枠:0-0-0-7 3枠:1-0-1-5 4枠:0-0-0-7
5枠:2-0-0-6 6枠:0-2-2-4 7枠:1-1-1-6 8枠:0-1-0-10
5枠から7枠集中。
3枠の入着馬は1番人気と3番人気、8枠の2着馬は昨年のロゴタイプ(8番人気)

⑭【当日人気】
 13年連続で8番人気以下が入着している穴レース。
 ここ6年連続に限ると、5番人気以内は18頭中8頭しか入着しておらず、
2ケタ人気の馬が5頭も激走している穴レース。
 連対馬に限ると、20頭中1~5番人気だった馬は16頭、6~9番人気が4頭


1番人気確実なスワーヴリチャードが①番枠を引いたため、
どの馬からも狙える大混戦レースになったと推理します。

◎ペルシアンナイト
 東京マイルの実績は無いが昨秋のGⅠマイルCSの勝ち馬で東京コースも問題無いだろう。
 ただし、成績が安定しない馬で思わぬ惨敗も考えておきたい

〇リアルスティール
 このレースは5歳、6歳の好走例が多く6歳馬のこの馬を狙ってみたい。
 今年のGⅠは“初”がキーワードで、国内初GⅠ勝利となるか

▲スワーヴリチャード
 デムーロの進言で梅雨シーズンの宝塚記念を嫌ってこのレースに出走してきたが、
 痛恨の①番枠を引いてしまった。
 出遅れ癖のある人馬にとって①番枠での出遅れは致命傷になる可能性大で過信禁物

☆サングレーザー
 昨秋のGⅠマイルCS3着馬が東京マイルに使ってきたがコース的には問題無いだろう。
 ディープ産駒、ダービーを勝った福永佑一もプラスだが久々の関東遠征は不安材料

△サトノアレス
 東京マイル実績、ディープ産駒、上がり2位以内の京王杯SC組と買い材料多い。
 ただし、この馬にとってはもう少し外側の枠が欲しかった

△アエロリット
 2頭出走の4歳牝馬では、こちらを上位に評価したい。
 前走の4着はスタート直後に落鉄したようで、
 展開恵まれれば逃げ残りがあるかもしれない

△キャンベルジュニア
 東京実績、マイル実績、6歳馬、このレースに強い堀厩舎、最近好調な石橋騎手と
 買い材料多く穴で押さえておきたい

×レッドファルクス
 昨年3着の唯一のリピーター組であるが、7歳になって馬力が落ちている可能性が高く、
 豆券押さえまでの評価とした

×リスグラシュー
 ここ3戦の成績や武豊騎乗で人気になるが、目標は前走であったことや、
 2走連続の長距離輸送はマイナスで買っても豆券押さえまでとしたい


馬券は難しい。
確たる軸馬が居なく上位評価の馬達に力差が無いと思うので、
◎〇▲☆△△△7頭の馬連BOX21点を均等買いしてもようかと思っています。
by osamukunn | 2018-06-02 16:06 | 競馬 | Comments(0)

関西スポニチ井上さん ダービー大的中

昨日も書きましたがスポーツニッポン関西版のダービー馬券プレゼント企画で、
井上記者が馬連2,000円、3連複500円を的中させ、

b0177792_08191038.jpg
今日の関西スポニチの終面です。

4番人気と5番人気の7,950円の馬連2,000円的中には驚きませんが、
16番人気が3着になった521,600円の3連複500円の的中には驚愕させられました。

記事の中で井上記者は、
「大穴はみんながみんな、自分も含めて、コレはいらんという馬が2着や3着に絡むから
 成立します。そんな悔しい思いを何度もしてきました。だから一見ムダ打ちに見える
 総流し馬券にたどりついたのです」
と語っています。

私は、最近、馬連の多点買いをしていますが、
荒れそうなレースは馬連の点数を増やすのではなく逆に絞って、
その代わりに2頭軸3連複総流しの馬券を買ってみようかなと思っています。


by osamukunn | 2018-05-28 08:32 | 競馬 | Comments(0)

ダービー(推理)

いよいよ競馬の祭典ダービーの週となりました。気合を入れて推理します。

昨年は2番人気のレイデオロが向正面から一気に位置取りを上げるという、
ルメールの好騎乗によって皐月賞3着から見事に巻き返し優勝しました。
2着は3番人気のスワーヴリチャード、3着は1番人気のアドミラブルという
固い決着でした。

b0177792_16165690.jpg


推理の〇―◎―☆の順で入線したのですが、土曜日のBS11でマイネルの岡田氏が
レイデオロの評価を下げていたので主力からヒモに変更したため、
チョイ浮きで終わってしまいました。

いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【重賞実績】
 連対馬20頭は全てGレースを勝っており、
 4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われた芝1800m以上の重賞で優勝経験があった
 →人気馬ではキタノコマンドール、サンリヴァル該当せず

②【近3走重賞勝利】
 連対馬20頭中19頭は近3走以内に出走した芝の重賞レースで勝利していた。
 唯一の例外は12年のディープブリランテで、3←2←2着であった。
 →①に加えてタイムフライヤー、ジャンダルム該当せず

③【芝2000以上の重賞成績】
 1着馬は8-5-5-26と好成績。連対馬20頭中17頭は4着以内
 →ブラストワンピース、オーケンムーン、ステルヴィア該当せず

④【前々走の人気と着順】
 09年以降の勝ち馬9頭は前々走で4番人気以内、2着以上だった。
 なお、2003年のネオユニヴァース以降15年連続で前々走で2着以上の馬が勝っている
 →タイムフライヤー、ゴーフォザサミット、ステイフーリッシュ、グレイル、
  サンリヴァル該当せず


⑤【勝ち鞍】
 連対馬20頭中16頭は芝のレースで3勝以上していた。
 残り4頭は2勝馬で、1勝馬は連対実績が無い
 →1勝馬のエタリオウは消し

⑥【キャリア】
 4戦以下の馬は1-1-2-22と苦戦。3戦は0-0-0-3と入着なし。
 過去20年では、00年は4戦アグネスフライト、96年は2戦のフサイチコンドルが優勝。
 03年は4戦ゼンノロブロイが2着。
 ただし、近年は15年3着サトノクラウン、16年2着サトノダイヤモンド、
 昨年は1着レイデオロ、3着アドミラブルと好走馬が目立つがキャリア4戦だった
 →3戦のキタノコマンドール、ブラストワンピースは消しか?

⑦【皐月賞上がり3F】
 過去4年、皐月賞上がり3Fが3位以内の馬は3-3-2-4。
 2014年以降、皐月賞の上がり3F最速馬が出てくるとすべて勝利している
 →キタノコマンドール、グレイル、ステルヴィオが1位タイ

⑧【乗り替り】
 乗り替りで勝利したのは85年のシリウスシンボルが最後。
 それ以降の全32回で乗り替りは0-9-8-160
 →ステイフーリッシュ、サンリヴァル該当

⑨【東西厩舎】
 美浦(3-3-4-45) 5.5% 10.9% 18.2%
 栗東(7-7-6-103) 5.7% 11.4% 16.3%

⑩【前走レース】
 ■皐月賞(8-7-4-63) 馬券に絡んだ18頭は全て4着以内か5番人気以内であった。
     また3着内19頭中18頭は1800から2000mのGレースを勝利しており、
     例外1頭も2着になっている。

  皐月賞で惨敗していた馬の巻き返しにも注意。
   2017年2着スワーヴリチャード (皐月賞2番人気・6着)
   2015年3着サトノクラウン  (皐月賞1番人気・6着)
   2011年3着ベルシャザール (皐月賞3番人気・11着)
   2009年1着ロジユニヴァース (皐月賞1番人気・14着)
   2009年2着リーチザクラウン (皐月賞2番人気・13着)
   2008年2着スマイルジャック (皐月賞4番人気・9着)
  →キタノコマンドール、グレイル該当せず
    
 ■NHKマイルC(1-0-1-28) 3着内2頭全て1800~2000のGレースでの
              連対実績があり2走前は毎日杯か皐月賞だった。
              ただし、09年以降24頭が出走し全て6着以下に敗れている
 ■京都新聞杯(1-1-1-18) 3着内3頭は全て1着馬
 ■青葉賞(0-2-3-22) 3着内5頭中4頭は連対、残り1頭は3番人気6着
           11年から14年まで連続して入着しており、昨年も3着入着
 ■プリンシパルS(0-0-1-12) 唯一09年にアントニオバローズが3着に入着
               当該レースは1番人気で2着だった
  →コズミックホース消し

⑪【枠順】
 1枠(5-2-1-12)
 2枠(1-1-3-15)
 3枠(1-0-0-19)
 4枠(0-3-2-14)
 5枠(1-1-1-17)
 6枠(1-2-1-16)
 7枠(1-1-1-27)
 8枠(0-0-1-28)
 1~3枠が好成績で、特に1枠から5頭の勝ち馬が出ている。
 特に1番から3番枠は6-2-4-18という好成績。
 優勝馬は10頭中7頭が「1~3枠」に集中している。
 逆に8枠は昨年アドミラブル(1番人気)が3着になったのみ
 →ジェネラルウーノ、ワグネリアン、サンリヴァル消し? 

⑫【当日人気】
 1番人気 (4-1-3-2)
 2番人気 (2-1-0-7)
 3番人気 (3-2-1-4)
 4番人気 (0-0-0-10)
 5番人気 (0-4-0-6)
 6番人気 (0-0-1-9)
 7~9人 (1-0-4-25)
 10人以下(0-2-1-85)
 
 人気薄で好走するのは、前走で道中5番手以内の馬
  2014年マイネルフロスト ・12番人気(4角3番手)
  2013年アポロソニック  ・8番人気(4角1番手)
  2012年トーセンホマレボシ・7番人気(4角2番手)
  2011年ベルシャザール  ・8番人気(4角5番手)
  2009年アントニオバローズ・8番人気(4角5番手)
  2008年スマイルジャック ・12番人気(4角3番手)
  2007年アサクサキングス ・14番人気(4角1番手)
 
 なお、6番人気以下で連対した4頭は以下の通りで、
 2,3走前にGレースで連対という実績があった。

  ■11年10人気2着 ウインバリアシオン
   青葉賞1着(6番人気)←弥生賞7着←きさらぎ賞4着
  ■10年7番人気1着 エイシンフラッシュ
   皐月賞3着(11番人気)←京成杯1着←エリカ賞1着
  ■08年12番人気2着 スマイルジャック
   皐月賞9着(4番人気)←スプリングS1着←きさらぎ賞2着
  ■07年14番人気2着 アサクサキングス
   NHKマイル11着(3番人気)←皐月賞7着←きさらぎ賞1着


データー分析でマイナスが無かったのはダノンプレミアムとエポカロードの2頭のみ。

◎ダノンプレミアム
 直前のアクシデントで皐月賞を取り消したが無敗のダービー馬となるか?
 先行脚質のこの馬にとって絶好の1番枠になった。
 川田が前々で上手くレースを進めるだろう。
 唯一の心配は久々のレースとなるローテーション。思わぬ惨敗も考えておきたい

〇エポカロード
 データー分析結果から主力にせざるを得ないだろう。
 皐月賞勝利は馬場と展開に恵まれたからということで人気を落としているのはプラス。
 ただし、直線のキレ勝負になった時にはキレ負けする可能性あり

▲ブラストワンピース
 ダービー一本に狙ったローテが魅力。長距離Gレースの実績が無いが、
 東京2400の特別レースを楽勝しているので問題無いだろう。
 心配は3戦というキャリアの浅さ

☆ステルヴィオ
 直線上がり勝負になった時にはこの馬に最も魅力を感じる。
 しかし、15番枠は大きなマイナスで、ロードカナロアの血も心配。
 ルメールがどこまでカーバーするのか?

△オーケンムーン
 皐月賞では12着に大敗しているが5番人気であったため巻き返しの条件は満足。
 前々走では東京のGⅢを勝っており人気も落としているので穴で押さえてみたい

△ステイフーリッシュ
 京都新聞杯の好時計勝ちが魅力。前々走で大敗しているが2番人気していた。
 直前乗り替りはマイナスだがベテラン横典なら何とかなるだろう。
 この馬も穴で押さえてみたい

△ジェネラルウーノ
 皐月賞で先行した3頭の中でこの馬だけ3着に粘る。
 8枠になって人気を落としているが、先行脚質だけに穴で押さえておきたい

×キタノコマンドール
 デムーロ騎乗、皐月5着、話題の馬主で人気しているが、データー分析からは消しの馬。
 買っても豆券押さえまで

×ゴーフォザサミット
 青葉賞の勝利でそこそこ人気しているが、2,3走前のGレースの成績がイヤ気で、
 買っても豆券押さえまで

大穴タイムフライヤー
 内枠の穴馬を探すとこの馬しか見当たらない。
 ここ2走は凡走が続いているが昨年暮れのGⅠホープルSの勝ち馬で、
 広い東京コースに変わって一変があるかもしれない。
 大穴で豆券を押さえておきたい


馬券は難しい。
ダノンプレミアムからの馬連を主力に買ってみたい。
ただし、絶対視は禁物で〇▲☆△△△の馬連BOXも押さえようと思っています。

3年連続で5番人気以内の馬で決まっているので、そろそろ荒れるニオイがします。
by osamukunn | 2018-05-26 16:21 | 競馬 | Comments(0)

オークス(推理)

3歳牝馬クラシック第2弾オークスの推理をします。
今年のGⅠ推理は好調ですのでオークスも期待して下さい。

昨年は桜花賞で人気を裏切ったソウルスターリングが見事に人気に応えて勝利しました。

b0177792_1625939.jpg


馬券は2着のモズカッチャンを軽視したため
豆券1枚のみの的中で大トリガミだったようです。 

いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【ディープ産駒】
 12年以降17頭が3-3-3-10、6番人気以上なら3-3-3-3という好成績。

②【桜花賞トライアル未出走】
 14年を除いて桜花賞トライアル(「チューリップ賞」・「アネモネS」・
 「フィリーズレビュー」)に出走していない馬が毎年連対している。
 これらの馬は、桜花賞以前にGレースで3着以内またはオープン特別勝ちの実績があった
 
③【Gレース、オープン勝利】
 過去3走以内にGレース、オープン勝ち 連対馬20頭中16頭

④【Gレース実績】
 入着馬30頭中26頭は、年明け以降に出走したGレースで2着以内の実績があった。
 さらに3着以内馬30頭中28頭は、年明け以降に出走したGレースで
 単勝4番人気以内となった経験があった

⑤【長距離実績】
 連対馬20頭中14頭は1800m以上で3着以上(12頭は2着以上)に好走していた

⑥【前年秋に勝利】
 前年の10月または11月に勝利を挙げていた馬が、2012年を除いて1頭ずつ連対している

⑦【東西所属】
 美浦(4-5-4-72) 4.7% 10.6% 15.3%
 栗東(7-4-6-76) 7.5% 11.8% 18.3%

 関西馬の方が好走例多いが、関東馬は2010年以降は毎年3着内に入着しており
 24頭中11頭と5分の成績を残している
  
⑧【前走レース】
 ■桜花賞(8-5-4-65) 入着馬17頭中13頭は3着以内
           6着以下に負けた馬の巻き返しは以下の4頭
           2017年3着アドマイヤミヤビ
           2015年2着ルージュバック
           2013年1着メイショウマンボ
           2008年1着トールポピー
           この4頭は桜花賞前に重賞3着以内の経験があり
           桜花賞で5番人気以内だった

   ここ5年中4回は桜花賞からの巻き返しの馬が勝っている。
   1番人気の馬は4-2-1-1で勝った4頭は阪神JFを勝っていた

 ■フローラS(1-4-4-33) 入着馬9頭中7頭は連対しており残り2頭は3着と5着。
             この2頭は3番人気以内
 ■忘れな草賞(2-0-0-9) 2頭は共に勝ち馬で1、2番人気
 ■皐月賞(0-0-1-0) 14年3着のバウンスシャッセ フラワーCで1着
 ■スイートピーS(0-0-0-23) 
 ■フラワーC(0-0-0-4)
 ■500万下・未勝利(0-0-0-12)

⑨【前走着順】
 <G1>
 1着  (3-1-1-4)
 2着  (1-3-2-3)
 3着  (2-0-1-6)
 4着  (0-0-0-5)
 5着  (0-0-0-6)
 6~9着(1-1-0-17)
 10以下(1-0-2-25)

 桜花賞6着以下に負けていた馬の巻き返しは…
 2017年3着アドマイヤミヤビ
 2015年2着ルージュバック
 2013年1着メイショウマンボ
 2008年1着トールポピー
 この4頭は前々走で重賞連対馬。

 <前走G2・G3>
 6着以下は入着なし
 1着  (1-2-1-8)
 2着  (0-1-2-6)
 3着  (0-1-0-8)
 4着  (0-0-0-3)
 5着  (0-0-1-3)
 6~9着(0-0-0-6)
 10以下(0-0-0-4)

 <前走OP特別>
 1着馬のみ入着
 1着  (2-0-0-17)
 2着  (0-0-0-9)
 3着  (0-0-0-0)
 4着  (0-0-0-1)
 5着  (0-0-0-1)
 6~9着(0-0-0-2)
 10以下(0-0-0-2)

⑩【前走人気】
 昨年までは、前走G2、G3、OPの入着馬は全て3番人気以内であったが、
 昨年フローラS(G2)12番人気1着のモズカッチャンが2着になった。
 前走人気薄からの巻き返しは、
 2015年3着クルミナル(桜花賞7番人気2着)
 2008年2着エフティマイア(桜花賞15番人気2着)
 2007年1着ローブデコルテ(桜花賞9番人気4着)

⑪【当日人気】
 1番人気 (4-2-1-3)
 2番人気 (1-3-2-4)
 3番人気 (2-0-1-7)
 4番人気 (1-0-1-8)
 5番人気 (1-1-2-6)
 6番人気 (0-1-1-8)
 7~9人 (2-1-2-25)
 10人以下(0-1-0-87)
 10番人気以下で馬券になったのは2008年エフティマイアただ1頭。
 エフティマイアは前走桜花賞2着馬であった


◎ラッキーライラック
 近年勝ち馬が多く出ている桜花賞1番人気の巻き返し組。
 1番人気になると思われるアーモンドアイよりは2400の距離適性有り。
 サンデーレーシングではこの馬のみ凱旋門賞に登録。
 心配は2番枠を引いたため、若い石橋がインに閉じ込められるのを恐れて先行させ、
 末脚を無くすこと。絶対視は避けたい

〇サトノワルキューレ
 デムーロはこちらを選択。末脚確実なディープ産駒で好走例の多いフローラSの勝ち馬。
 直線外から追い込んで頭まである可能性十分。
 心配はデムーロの出遅れと、連続長距離輸送による馬体減

☆アーモンドアイ
 前走の快勝で1番人気確実。何と言ってもロードカナリア産駒の2400が心配。
 蹄鉄に不安があるとの説もある。
 思わぬ大敗も考えておきたい

△パイオニアバイオ
 好走例が多いフローラS2着馬で、東京コース0-4-1-0という実績が魅力。
 北村宏への乗り替りになるが、けっしてマイナスでは無い。
 人気も無いので穴で狙ってみたい

△マウレア
 桜花賞の5着で上位馬との勝負付けが終わったように見えるが、
 ディープ/ストームキャットの黄金配合で2400での巻き返しがあるかもしれない。
 武豊も魅力で穴で押さえておきたい

×リリーノーブル
 善戦タイプで常に人気するが2400での勝ち負けのイメージが湧かない。
 1番枠を引いて川田が先行させ直線末脚を無くす可能性高い。
 買っても豆券押さえまで

×オールフォーラヴ
 忘れな草賞勝ち、ディープ産駒で人気しているが、前走はやっと勝ったレースで、
 人気ほど信用できない。
 この馬も買っても豆券押さえまで

×カンタービレ
 入着例が無いフラワーC組で、デムーロはサトノワルキューレを選択した。
 フラワーCでの脚色は外のトーセンブレスの方が勝っており、
 この馬も豆券押さえまで

▲候補で考えていたトーセンブレスが残念ながら出走取消。
印は▲無しとした。


馬券的にはある程度絞れるレースだと思います。
まずはラッキーライラックから△までの馬連4点が勝負馬券。
そして、サトノワルキューレから△までの馬連3点が押さえです。
狙いの穴馬2頭△△からアーモンドアイへの馬連も少し押さえようと思っています。
by osamukunn | 2018-05-19 16:09 | 競馬 | Comments(0)