団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

月曜日に手術をして土曜日..
by osamukunn at 16:23
モリクリさん今晩は。 ..
by osamukunn at 18:48
面白く拝見しました。この..
by モリクリ at 08:47
今年最後の馬券もトリガミ..
by osamukunn at 18:54
旅人さん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 11:34

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:競馬( 276 )

皐月賞(推理)

クラシック第2弾の皐月賞を推理します。

昨年は9番人気のアルアイン、4番人気のペルシアンナイトと入線し、
3着にも12番人気のダンビュライトが入り、
3連単が100万を超える大穴レースになりました。

b0177792_1641785.jpg

馬券は勝ったアルアインを穴で狙ったので8,710円の馬連を豆券5枚ゲットできました。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【重賞実績】
 入着馬30頭中27頭は過去3走での芝の重賞で連対実績があった。
 例外以下の3頭。
 17年3着ダンビュライト(12番人気) 弥生賞3着←きさらぎ賞3着
 10年2着ヒルノダムール(6人気) 若葉S2着←若駒S2着←ラシオNIKKEI4着
 09年2着トライアンフマーチ(8人気) 若葉S2着←未勝利1着←未勝利4着
 
②【1800以上重賞勝利実績】
 過去2走以内における芝1800メートル以上の重賞での最高着順別に成績を調べると、
 連対馬20頭中14頭、3着以内馬30頭中19頭は最高着順が「1着」だった
 
③【血統】
 15年まではディープ産駒が0-2-2-12と勝利していないGⅠレースであったが、
 16はディープ産駒が1,2,3着と独占し、昨年も1着になった。
 しかし、キンカメやステイゴールドのようなパワー系の血統馬が好走しやすいレース

④【前走レース】
 11年から共同通信杯、スプリングSで連対した馬が勝っていたが、
 昨年は毎日杯を勝った馬が勝利した。

 共同通信杯:4-0-1-5  入着馬5頭中3頭は1番人気で残り1頭も2番人気だった
             入着馬5頭中4頭は2着以内、勝ち馬4頭は上がり2位以内
 スプリングS:3-1-2-42 入着馬は全て5番人気以内、連対馬4頭は2着以内
 弥生賞:2-5-4-33 入着馬11頭中9頭はGレース勝ちの実績がありうち8頭は2番人気以内
 毎日杯:1-0-0-12 昨年アルアインが1着
 若葉S:0-3-1-18 入着馬4頭は全て連対。入着馬4頭中3頭は1番人気
 アーリントンC:0-1-0-3 昨年ペルシアンナイトが2着 
 京成杯:0-0-1-3 10年にエイシンフラッシュが3着に入着したが1番人気で1着だった
 きさらぎ賞:0-0-1-8 16年サトノダイヤモンドが3着
 すみれS:0-0-0-7
  
⑤【前走着順】
 1着  (8-5-4-50)
 2着  (1-3-2-26)
 3着  (0-1-2-19)
 4着  (1-1-0-8)
 5着  (0-0-0-5)
 6~9着(0-0-2-23)
 10以下(0-0-0-16)

 前走1着2着がほとんどで好走の条件は4着まで。
 前走5着以下から巻き返して3着以内に入った2頭には、重賞を優勝した実績があった。
 
⑥【前走人気】
 入着馬30頭中28頭は5番人気以内。
 例外は、08年2着のタケミカヅチで前走弥生賞3着馬、
 16年1着のディーマジェスティで前走共同通信杯1着馬

⑦【前走1番人気1着馬】
 前走Gレース及び若葉Sで1番人気で1着になった馬が馬券に絡まなかったのは
 08年と15年と16年であるが、08年と15年は該当馬が出走していなかった。
 16年はGレースで2番人気で1着だった

⑧【無敗馬】
 無敗馬は0-1-3-4と勝ち馬がでていない。
 昨年もレイデオロとファンディーナが着外に敗れた

⑨【東西所属】
 栗東:6 9-8-92 美浦:4-1-2-55
 13年から16年まで関東馬が4連勝している

⑩【年明けレース数】
 過去5年、年明け3戦以上した馬は、
 12年2着ワールドエース15年3着キタサンブラック以外は入着できず

⑪【ローテーション】
 中10週~:0-0-3-16と連対馬がいない

⑫【当日人気】
 6番人気以下も3-3-4 と10頭も入着している穴レース。


中山競馬場のある船橋は今晩から明日の昼まで雨の予想で道悪競馬になりそうで、
馬場が悪くなる前提で予想した。

◎ステルヴィオ
 札幌の道悪で勝っており成績面、⑦を満足する2頭中も一頭、ルメール騎乗で本命とした。
 ただし、ロードカナロア産駒、外枠はマイナスで絶対視は禁物

〇グレイル
 前走の共同通信杯の7着で人気を落としているが1番人気していた馬。
 不良馬場の新馬を勝っており、ハーツ産駒、岩田も魅力で穴で狙ってみたい

▲エポカドーロ
 先行して粘り込む競馬が魅力で前走でGレースでも通用するところを見せた。
 戸崎騎乗で人気を落としている感があるので、逆に穴で買ってみたい

☆ジェネラーレウーノ
 ⑦を満足するもう一頭の馬。
 京成杯以来はマイナスだが、中山2000はこの馬に最も適した舞台で、
 先行脚質、大レースに強い田辺と買い材料も多く馬券からは外せない

△マイネルファンロン
 先行脚質、重実績、中山実績、ステイゴールド、人気薄と買い材料多く、
 大穴で是非とも押さえておきたい

△ジャンダルム
 Gレースで勝ち切れない競馬が続き人気が落ちると思われるが、
 父はサドラーズウエルズ系で道悪の中山の馬場が合うかもしれない。
 池江厩舎の人気薄馬、豊騎乗、内枠も魅力で、穴で押さえてみたい

×ワグネリアン
 1、2番人気必至の人気馬だが、この馬には②番枠はマイナスで、
 騎手の福永は今年中山で20戦未勝利のようで危険な人気馬と判断。
 勝っても豆券押さえまで

×タイムフライヤー
 この馬も最悪の①番枠になった。前走の大敗もイヤ気で、この馬も豆券押さえまで

×オーケンムーン
 共同通信杯勝ちで人気しているが、6人気での勝利、上がり2位以内でないことより、
 あくまで豆券押さえまでの評価とした

穴ケイティクレバー
 あきらかに力は一枚足りないと思うが、先行脚質、やや重で2勝、ハービンジャー産駒、
 このところマイナスイメージだがGⅠで信頼できる浜中とプラス材料多く、
 穴で豆券是非とも押さえてみたい

人気しているキタノコマンドールは、実績が無いすみれS組で、
しかも2戦2勝の無敗馬でGレースの経験も無いので、無印とした。


馬券は難しい。
◎〇▲☆△△の6頭の馬連BOXをメインに、例によって手広く買おうと思っています。

明日、明後日と京都で大学の同窓会がありますので、
競馬好きの同窓生二人と三人で京都競馬場で競馬を楽しんでから宿に入る予定です。
by osamukunn | 2018-04-14 16:11 | 競馬 | Comments(0)

桜花賞(推理)

いよいよクラシックシーズンの開幕です。
今週は牝馬限定のクラシック第1弾桜花賞を推理します。

b0177792_16365522.jpg

昨年は8番人気のレーヌミノルが勝利し
断然1番人気のソウルスターリングは3着に敗れました。
ソウルスターリングは絶対では無いと推理し、馬連の多点買をした結果、
17,000円の馬連を豆券3枚的中させることが出来ました。

                
過去10年のデーターを分析します。
なお、阪神コースは07年に改修されていますので、
全て今の外回りコースのデーターになります。

①【ディープインパクト産駒】
 11年よりディープインパクト産駒が出走するようになったが14年まで4連勝。
 15年は2,3着馬、16年は2着馬がディープ産駒であったが、
 昨年は一頭も入着しなかった
 

②【マイル実績】
 12年の3着馬、13年の1~3着馬、15年の3着馬、16年の3着馬、
 昨年の1着馬を除いてマイル以上の距離で勝っていた。
 ただし、この6頭はいずれもマイルの経験があった
 また、07年以降の勝ち馬は全て本番の阪神1600を経験していた

③【新馬、Gレース】
 過去5年の勝ち馬は新馬とGレースのみ出走していた馬だった

④【牡馬混合Gレース】
 ここ4年、牡馬混合Gレースで入着した馬が勝利している

⑤【早期デビュー】
 前年の10月末日までにデビューして、
 なおかつキャリア6戦以下で桜花賞に臨んだという馬が毎年1頭だけ連対している

⑥【3戦以上の無敗馬】
 7頭が出走したが2着が2頭、3着が1頭という成績。
 無敗馬の勝利は04年のダンスインザムード以来ない。
 なお、その前は91年のシスタートウショウ

⑦【単勝1倍台の人気】
 1-1-1-2 で2頭が着外に敗れている。その2頭は共に関東馬

⑧【前走レース】
 チューリップ賞:7-4-6-27 好走例多い。連対馬11中10頭は2番人気以内
 フィリーズレビュー:2-0-2-52 大苦戦。3着内4頭全ては2歳時に2勝していた。
                 また、いずれも阪神JFに出走していた
 クイーンC:0-3-0-14 3着内3頭中2頭は2番人気で1着
             08年2着のエフティマイアが例外であるが
             Gレースの連対実績があった
 フラワーC:0-1-1-11  3着内2頭は全て1着であった
 エルフィンS:1-1-0-2  連対2頭は全て1着
 アネモネS:0-0-1-22  全く不振

 チューリップ賞以外のレースで4着以下は、0-1-0-54.
 例外は14年2着の阪神JF以来のレッドリヴエールのみ

⑨【前走着順】
 連対馬20頭中16頭、1~3着馬30頭中23頭は前走3着以内だった。
 ただし、1着馬10頭中7頭は前走で負けた馬だった
 
⑩【前走人気】
 前走重賞で6番人気以下、OP特別で3番人気以下で唯一連対したのは
 08年のエフティマイア

⑪【枠順】
 3枠より内枠は1-1-1-56、また、5番以内は0-0-1-48と連対なし。
  
⑫【当日人気】
 1番人気 (3-1-1-5)
 2番人気 (2-4-0-4)
 3番人気 (1-2-1-6)
 4番人気 (0-1-1-8)
 5番人気 (1-0-3-6)
 6番人気 (0-0-1-9)
 7~9人 (2-1-1-26)
 10人以下(1-1-2-84)

 連対馬で20頭中6頭、入着馬で30頭中10頭は6番人気以下

⑬【休養明け】
 10週以上の休養明けの馬は-0-1-0-5と苦戦


◎マウレア
 6頭出走のディープ産駒の中では最も成績が良い馬。
 好調武豊騎乗、関東馬の栗東在住も魅力。
 ただし、軸としての絶対視はできない

〇トーセンブレス
 ディープ産駒、数少ない③を満足する馬で、2戦目には1番人気した馬。
 人気も落としているので是非とも穴で狙ってみたい

▲リリーノーブル
 ラッキーライラックには2連敗しているが、相手は最悪の1番枠になり、
 本番で逆転の可能性でてきた

☆ラッキーライラック
 痛恨の1番枠になってしまった。石橋が内枠で包まれるのを嫌って先行すると思われ、
 直線で末脚を無くす可能性あり。
 絶対視は禁物

△レッドサクヤ
 エルフィンS勝ちのディープ産駒。5番枠は少し内過ぎたが、
 若い松山も魅力で穴で押さえてみたい

△アーモンドアイ
 シンザン記念のレース振りやルメール騎乗で人気しているが、
 シンザン記念はメンバーに恵まれた勝利で人気ほどあてにならない

△プリモシーン
 ディープらしい末脚が魅力だが、久々、関西への初輸送、絶不調戸崎がマイナスで
 押さえまでの評価

△フィニフティ
 過去2戦の馬は、0-1-0-2で一応2着はあるが大きな心配点。
 ただし、ディープ産駒、牝馬に強い福永、好調藤原厩舎というプラス材料があり、
 押さえは必要

大穴コーディエライト
 ④を満足する3頭中の1頭。新潟2歳S2着馬で全く人気が無いが、
 大穴を演出したエフティマイアを彷彿とさせ大穴で押さえておきたい

大穴ツヅミモン
 ③④を満足する唯一の馬。前走の大敗は、勝ち目が無いと判断したデムーロが、
 直線途中で追うのを止めた結果なので度外視可能。
 藤岡厩舎3頭出しの一頭で大穴で押さえておきたい

阪神Fレビュー組ではディープ産駒のアンコールプリュを狙いたかったが、
4番枠を引いたので無印とした。


馬券は難しい。
ラッキーライラックが1番枠になり穴になりそうなので、
◎から△までの馬連BOXを多点買いし、
トーセンブレスからの3連複も買ってみようと思っています。

by osamukunn | 2018-04-07 16:40 | 競馬 | Comments(0)

大阪杯(推理)

ドバイも気になりますが、GⅠ昇格2年目の大阪杯を推理(予想)します。

b0177792_1661831.jpg

キタサンブラックが横綱相撲のレースで勝利しました。
馬券は、推理ではキタサン軸の3連単と書いていましたが、
本命にしたサトノクラウンから買って外れたようです。

GⅠ昇格後2年目のレースですが、サンケイ大阪杯も含めて過去10年のデーターを分析します。

①【前年秋以降のGⅠ、GⅡ成績】
 前年秋以降のGⅠまたはGⅡで4~6着となったことがある馬が、
 2008年と2013年を除く年で連対している

②【Gレースの単勝人気以上の好走】
 4走前までに重賞で単勝6、7番人気となり、
 単勝人気順よりも着順が上位だったことがあるという馬が、2009年以降毎年1頭連対している。

③【年齢】
 4歳:5-3-3-18 5歳:4-3-2-23 6歳:1-3-5-25 7歳以上:0-1-0-27
 
 4歳馬の活躍が多いレースで、特に今年は年明けから4歳馬がGレースを席巻している

④【所属】
 美浦:0-3-0-24 栗東:10-7-10-69

⑤【前走レース】
 有馬記念(3-1-3-9)
 中山記念(3-1-0-13)
 京都記念(1-2-2-8)
 ジャパンC(1-1-1-2)
 凱旋門賞(1-0-0-0)
 アメリカJCC(0-1-1-2)
 金鯱賞(0-1-1-4)
 中日新聞杯(0-1-0-10)
 小倉大賞典(0-0-0-5)
 中京記念(0-0-0-6)
 OP特別(1-0-0-15)
 条件戦(0-1-0-3)
 
 昨年から前哨戦として金鯱賞が設定され、この組みから2,3着馬が出た。
 今年も、このレースを使った馬は注目される

⑥【前走着順】
 1着  (0-2-4-11)
 2着  (7-1-0-12)
 3着  (1-3-2-9)
 4着  (1-0-2-8)
 5着  (0-2-1-3)
 6~9着(1-2-1-22)
 10以下(0-0-0-28)

 前走1着馬の勝利が無く、2着馬が7勝もしている

⑦【当日人気】
 1番人気 (4-3-2-1) 唯一の着外は3.0倍以上のオッズだった
 2番人気 (2-1-1-6)
 3番人気 (1-0-1-8)
 4番人気 (1-0-4-5)
 5番人気 (0-1-1-8)
 6番人気 (2-1-1-6)
 7~9人 (0-4-0-25)
 10人以下(0-0-0-34)
 
 1番人気の好走例多いが、6~9番人気の入着も多い


◎アルアイン
 中距離適性に優れた馬でこの馬にとってはベストなGⅠレース。
 大レースに強い川田も魅力。少し人気過ぎだが素直に主力で狙ってみたい

〇ヤマカツエース
 ①②を満足し、先行脚質の馬が絶好の内枠を引いた。
 この馬にも大阪杯はベストなGⅠレース。
 6歳は心配だが、人気も落としているので是非とも穴で狙ってみたい

▲スワーヴリチャード
 右回りと、折り合いの心配な馬の外枠はマイナス。デムーロが強引なレースをして、
 直線失速する心配もあり、人気ほど信用できない

△ウインブライト
 直線内回りなので先行可能な馬を狙ってみたい。
 阪神と類似のコースの中山Gレースで好走しているこの馬を穴で狙ってみたい。
 ただし、関東馬なのが心配

△サトノダイヤモンド
 前残りの前走で復活を思わせる差し足を見せた。勝負は次の春天と思われるが、
 このメンバーに入ると実力は抜けているので、馬券からは外せない。
 ただし、戸崎の内枠は心配で位置取りが後ろになると入着は難しい

×シュヴァルグラン
 明らかに狙いは次の天皇賞・春で、このレースは恵まれての入着までの評価

×ペルシアンナイト
 この馬のベストはマイル、また他のメンバーとは一枚力差があるように思え、
 テン乗り福永もマイナスで買っても豆券押さえまで

ミッキースワローは、狙いは次走の春天、関東馬、差し馬の最内枠とマイナス要素多く、
無印とした。


馬券は、アルアイン軸で組み立てて、穴でヤマカツエースも狙ってみたい。
by osamukunn | 2018-03-31 16:09 | 競馬 | Comments(0)

高松宮記念(推理)

今年2番目のGⅠレース、高松宮記念です。
例年ですとドバイワールドカップが同時に開催されるのですが、
カレンダーの都合で今年はドバイは一週間後になりました。
高松宮記念も少しは注目されるかな。

b0177792_165990.jpg


昨年は5番人気の昇り馬セイウンコウセイが見事に勝利しました。
2,3着は2番人気のレッツゴードンキ、1番人気のレッドファルクスでしたが、
馬券はセイウンコウセイを軽視したために外れました。


いつものように過去10年のデーター分析をもとにレースを推理します。

①【Gレース実績】
 入着馬30頭中29頭は前年10月以降の重賞で連対経験のある馬だった

②【近3走以内のGレース最高成績】
 入着馬30頭中29頭は1、または2着に好走していた。
 過去8年の3着内馬は全て1、または2着だった
 
③【前年12月のGレース】
 昨年を除き、中京競馬場改修後の2012年以降、
 昨年を除く優勝馬5頭はいずれも前年12月に「阪神C」か
 「香港スプリント」に出走していた。
 2着馬を見ても、6頭中3頭が前記の2レースに出走していた。
 昨年は前走がGレース初挑戦の昇り馬セイウンコウセイが勝利した

④【1400以上の実績】
 過去8年の連対馬16頭中11頭は1400m以上のGレースかオープン勝ちの実績があった

⑤【牝馬】
 1-2-2-33と苦戦。3着内5頭は全て3番人気以内だった

⑥【年齢】
 4歳馬:2-0-4-30 5歳馬:5-5-2-35 6歳馬:0-5-1-35 7歳馬以上:3-0-2-47

 7歳以上も好走例あるが全て前走で好走していた好調馬
  2016年1着エアロヴェロシティ(前走チェアマンズSP・2着)
  2011年1着キンシャサノキセキ(前走オーシャンS・2着)
  2011年3着アーバニティ   (前走シルクロードS・2着)
  2010年1着キンシャサノキセキ(前走オーシャンS・1着)
  2008年3着ソルジャーズソング(前走オーシャンS・4着)

⑦【人気して凡走】
 「3走前までに単勝1番人気で4着以下に敗れていた」、
 「単勝2番人気で7着以下に敗れていた」
 という経験を持っている馬が過去10年毎年連対していたが、
 昨年は過去3走全て連対していた馬が1,2着した
 
⑧【前走レース】
 Gレース以外の馬は一頭も入着していない。
 阪急杯:3-5-3-42 5番人気以下は0-0-0-25
 オーシャンS:3-2-3-59 3着内8頭全て過去3走以内に1200m~1400mのGレースで
              連対していた
 シルクロードS:3-1-3-17 入着馬7頭中6頭は全てこのレースで連対していて
              4頭は勝っていた

 なお、中京競馬場改修後の2012年以降過去6年は、
 外国馬を除くと、阪急杯、オーシャンS、シルクロードS組が3着内に入着していたが、
 昨年は京都牝馬S、香港スプリン組が入着した

⑨【前走着順】
 3着以内の30頭中26頭は前走で5着以内と好走していた。
 残り4頭中3頭はG1で3着以内に好走したことがあった

⑩【前走人気】
 連対馬20頭中17頭は3番人気以内であった

⑪【枠順】
 中京競馬場がリニューアルオープンした2012年以降は
 「5~8枠」の馬の好走例が多かったが、ここ2年は4枠以内の馬が入着している

⑫【間隔】
 10週以上の間隔は、0-1-1-13 と苦戦。
 
⑬【当日人気】
 連対馬20頭中17頭は5番人気以内


◎レッツゴードンキ
 一長一短の馬ばかりで確たる軸馬が見つからないので、
 入着の可能性が最も高いと思われるこの馬を本命にした。
 ②を満足していないのは心配だが③に当てはまる数少ない馬

〇ファインニードル
 前走が強い勝ち方。マイナスが少ない馬で人気するが馬券からは外せない。
 ただし、Gレースの経験が浅いので思わぬ大敗も考えておきたい

▲レッドファルクス
 実績、デムーロ騎乗で1番人気はこの馬か。
 ただし、デムーロ得意の出遅れ、7歳になっての馬力低下の可能性もあり絶対視はできない

☆ナックビーナス
 データー分析でのプラス要素が多く、特に⑩を満足する3頭の中の一頭。
 騎手三浦も魅力。人気も無いようなので是非とも穴で買ってみたい

△レーヌミノル
 近走は凡走が続くが③⑩を満足する唯一の馬で穴で押さえてみたい

△ブリザード
 香港からの遠征馬。3年前のエアロヴェロシティほどのインパクトは無いが、
 押さえは必要

×ダンスディレクター
 豊騎乗で人気するが、3か月ぶりのレース、7歳馬ということで
 買っても元返しまでの評価とする

×セイウンコウセイ
 昨年の勝ち馬。前走の2着で人気しているが、昨年の勝利は馬場に恵まれた感があり、
 その後の凡走続きがイヤ気で、この馬も買っても元返しまで


馬券は難しいが、◎〇▲☆の馬連4頭BOXを主力に、
△×も押さえて馬連を手広く買おうと思っています。

by osamukunn | 2018-03-24 16:07 | 競馬 | Comments(0)

フェブラリーS(推理)

昨日は藤井くんの将棋を観ていましたので恒例のGⅠ推理が一日遅れになりました。

競馬フアンの皆様、お待たせしました。
今年最初のGⅠレースのフェブラリーSを推理(予想)します。
ここ8年で7回馬券を的中させている得意のレースですので期待してください。

b0177792_83776.jpg

昨年は本命にしたゴールドドリームがデムーロの好騎乗に導かれて優勝しました。
馬券は的中したのですが狙いの穴馬が入着せず得意?の取りガミだったようです。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ優勝実績】
 優勝馬10頭中7頭はGⅠ、JpnⅠの勝ち馬だった。
 例外3頭中2頭はGⅠ、JpnⅠ初出走だった

②【Gレース好走】
 入着馬30頭中27頭は過去3走内直近GⅡ、GⅢ(地方交流含む)で3着内、
 3走共にGⅠ(地方交流含む)出走の馬だった

③【年明け後】
 勝ち馬10頭は年明け後1走で3着内か未出走だった。

④【ダート実績】
 過去6年の優勝馬6頭は、いずれも東京ダート1600mで行われたオープンクラスの
 レースにおいて3着以内に入った経験があった。
 また、過去6年の3着以内馬18頭は、いずれも前年以降にJRAのオープンクラスの
 ダート1600~1800mのレースで3着以内に入った経験がある馬だった

⑤【連覇】
 このレースがGⅠに昇格した97年以降連覇に挑戦した馬は1-1-2-8と不振。
 15年のコパノリッキーが初めて連覇した

⑥【前走レース】
 チャンピオンズC・JCダート:3-1-2-6 ここ4年毎年1頭が入着
              この内、近3年の入着馬はユニコーンSの勝ち馬だった
 川崎記念  :1-3-2-8 入着6頭中全て3着内
 東京大賞典 :1-2-3-9 入着6頭45頭はダートグレードGⅠ勝利
 根岸S   :2-2-2-51 入着6頭中4頭は1着。残り2頭は2着、3着
 東海S   :2-1-1-9 入着4頭中全て4着内
 OP特別  :1-0-0-10
 1600万下 :0-1-0-1
 
⑦【前走着順】
 3着以内馬30頭中25頭は、前走でも3着以内に入っていた。
 前走で4着以下から3着に入着した5頭中4頭はGⅠレースだった

⑧【前走人気】
 前走6番人気以下は0-0-1-39と連対実績無し

⑨【年齢】
 4歳:4-3-1-21 5歳:4-2-4-17 6歳:2-1-3-32
 7歳:0-2-2-30 8歳以上:0-2-0-16

⑩【牝馬】
 牝馬は0-0-0-9と馬券絡みなし

⑪【所属】
 美浦:0-2-1-23
 栗東:10-7-9-100
 関東馬は大苦戦

⑫【馬体重】
 3着内馬30頭中22頭は前走場体重が500Kg以上だった。
 500Kg以下で優勝を果たしたのは2007年のサンライズバッカスが最後で、
 ここ9年の優勝馬はいずれも前走時の馬体重が500kg以上だった

⑬【当日人気】
 1人気馬は4-1-3-2という好成績。
 また、連対馬20頭中15頭は1~5人気という人気馬が好走するレース。
 ただし、最近は6番人気以下の馬が連対している
 12年 7番人気1着テスタマッタ JpnⅠの優勝、GⅠで3着内の実績
 13年 9番人気2着エスポワールシチー GⅠ優勝の実力馬だが8歳で人気落ち
     7番人気3着ワンダーアキュート GⅠ、Jpn1好走例多いが7歳で人気落ち
 14年 16番人気1着コパノリッキー 最低人気での激走
 16年 7番人気3着アスカノロマン 東海Sの勝ち馬もGⅠ実績無し


◎サンライズノヴァ
 絶好の大外枠を引いた。東京1600はベストな舞台で4歳という年齢も魅力。
 戸崎が久々にGⅠを勝つか?
 かなりの確率で3着内に好走する可能性ありと推理

〇ノンコノユメ
 前走で長いトンネルを抜けたか?東京1600も得意な舞台で内田もこの馬に合いそう。
 ただし、前走は6番人気での激走で関東馬というのはマイナス

▲ゴールドドリーム
 ムーア騎乗で断然の1番人気になっている。ただし、気ムラな馬で連覇の好走例も少なく、
 思わぬ大敗も考えておきたい

☆アウオーディー
 8歳馬で買い目は薄いがスタート直後芝コースを走れるのはこの馬にとって
 有利になるか?
 東京大賞典をパスしたローテも魅力で穴で買ってみたい

△テイエムジンソク
 成績から人気になっているが、東京初コース、古川が東京1600の実績が無く、
 危険な人気馬の匂いがする。買っても押さえまで

×サウンドトゥルー
 前走の5着敗退で人気を落としているが差し馬の展開になれば入着があってもおかしくない。
 豆券で押さえておきたい

×インカンテーション
 この馬も8歳で買い目は無いが、東京1600でこのメンバーなら入着があるかもしれない


馬券はサンライズノヴァからの馬連を強弱を付けて流します。
サンライズノヴァが3着の場合を考慮して3連複も押さえようと思っています。
by osamukunn | 2018-02-18 08:38 | 競馬 | Comments(0)

2017年勝ち馬投票成績

競馬の話題が続いて申し訳ありませんが今年の馬券成績をお知らせします。

回収率が昨年よりは良くなりましたが76%と100%を上回ることが出来ませんでした。
PAT以外も春秋の京都競馬遠征、昨日の東京大賞典も得意?のトリガミでしたので、
トータルの回収率はさらに下がっていると思います。

b0177792_10262546.jpg


2017(2016:2015:2014:2013:2012:2011)年
購入日 35(49:68:77:77:78:64)日 
購入R数 39(66:114:125:134:105:114)R
的中R数 17(28:33:53:43:33:35)R
的中率 44(42;29:42:32:31:31)%
購入額 419,300(543,400:652,700:677,300:608,000:543,700:518,100)円
払戻額 317,790(295,460:498,150:696,220:787,300:383,920:518,760)円
回収率 76(54:76:103:129:71:100)%
1日最高払戻額 51,000(85,980:125,870:100,450:168,860:94,360:137,650)円
万馬券的中回数 3(3:5:7:7:6:5)回
最高払戻し単価 17,000(85,980:125,870:38,790:102,860:30,010:42,750)円


最近、年齢の影響で予想をするのが面倒になり、
以前のように馬柱をじっくり眺めることが少なくなりました。
後半は馬券を買ったのはGⅠレースのみで、
購入日、購入R数とも昨年よりさらに少なくなりました。
回収率は昨年より上昇して76%となりましたが、
以前として取りガミ(取って損)が多く、100%超えにはなりませんでした。
1日最高払い戻し額が51,000円と少ないのは、
多点買いのため的中馬券の購入金額が少なくなっているのが原因です。

従って来年は、もう少し点数を減らして一点当たりの購入額を増やしたいと思っています。
by osamukunn | 2017-12-30 10:26 | 競馬 | Comments(0)

東京大賞典

昨日で中央競馬は終了になりましたが、本日は大井競馬場で「東京大賞典」があります。

本題の前に昨日のホープフルSについて少し。
C・デムーロ騎乗のタイムフライヤーが見事な追込みで勝利しました。
2着は外枠で評価を落とした豊騎乗のジャンダルム。
3着は穴で狙ったステイフーリッシュ。
ステイフーリッシュは直線でジャンダルムとタイムフライヤーの間を狙ったのですが、
ジャンダルムが外側に少しふくれたためにスペースが無くなり、
立て直してタイムフライヤーの外から追い込んだものの首差の3着になってしまいました。
残念。
馬券は、ジャンダルムは消したために外れてしまいました。

今年の中央競馬は昨日で終り、
馬券回収率は75%ぐらいで10万円ぐらいのマイナスですので、
一発逆転を狙って東京大賞典を買います。

昨年は5番人気のアポロケンタッキーが勝利しました。

b0177792_10421459.jpg
サウンドトゥルーからの馬連を買ったが3着に敗れて馬券は外れたようです。

今年は一発逆転を狙って3連単を買います。
軸は悩んだ末に⑫ケイティブレイブとし、相手は手広く7頭に流します。

⑫-①②③⑤⑧⑩⑬の3連単マルチ(126点)

地方馬の②タービランスが大穴の期待馬です。


by osamukunn | 2017-12-29 10:53 | 競馬 | Comments(1)

ホープフルS(推理)

今年最後のGⅠレース、ホープフルSを推理します。
ホープフルSは暮れの中山で開催されており、以前はオープン特別でしたが、
2014からGⅡに昇格し、そして今年からGⅠに昇格しました。

昨年は1番人気のレイデオロが直線楽に抜け出し1着となりました。
b0177792_15228.jpg



オープン特別時代からの過去10年のデーター、特にGⅡに格上げになった2014年からの
3年間のデーターを重視して分析します。

①【距離】
 勝ち馬10頭中7頭は前走が2000mだった。
 6番人気以下で入着した9頭中8頭は前走が1800m以上で6頭が勝っていた。
 2014年以降の勝ち馬3頭は2000m、
 連対馬6頭中5頭が1800m以上で残り1頭は1600mの新潟2歳Sだった

②【外人騎手】
 ルメールは8回の騎乗で4-1-1-2の成績で、他の外人の活躍も目立つ。
 近2年の入着馬6頭中5頭は外人騎手

③【枠】
 過去10年、8枠は連対なし。
 1988年以降、⑫~⑰は1-0-3-45で連対馬はただ1頭

④【前走上がり】
 2014年以降3年の前走上がり最速馬は3-2-1-7

⑤【前走】
 新馬:6-0-2-11     16年1着・3着、15年1着、14年1着
 葉牡丹賞:3-1-1-17
 萩S:1-0-0-2
 未勝利:0-5-1-26    16年2着、14年3着
 ベゴニア賞:0-1-1-2
 黄菊賞:0-1-1-1     15年3着
 きんもく:0-1-0-2    14年2着
 新潟2歳S:0-1-0-1   15年2着
 東スポ杯2歳S:0-0-2-10
 京王杯2歳S:0-0-1-0

 新馬勝ちの好走例多く、未勝利勝ちが5頭2着に入線しているのが目に付く

⑤【前走着順】
 1着:8-8-5-49
 2着:1-1-1-10
 3着:1-0-3-6
 4着:0-0-0-3
 5着:0-0-1-6
 6~9着:0-1-0-21
 10着~:0-0-0-12

 4着以下から馬券になったのは僅か2頭


◎サンリヴァル
 前走で中山2000を勝っているのが魅力で上がりも最速だった。
 田辺はそろそろGⅠを勝っても良い頃で思い切って主力で狙ってみたい

〇タイムフライヤー
 人気馬の中ではこの馬を上位に評価したい。C・デムールもGⅠを勝つ順番で、
 前走は上がりNo2であった

▲トライン
 前走上がり最速で、新馬勝ち、ディープインパクト産駒。
 人気よりは好走する可能性高く穴で狙ってみたい

☆ステイフーリッシュ
 この馬も上がり最速の新馬勝ちの馬。枠の差でトラインの下の評価とした

△ルーカス
 調教中の放馬のアクシデントがあったが出走してきた。
 前走はワグネリアンに完敗だったが、デムーロの年間GⅠ7勝の新記録がかかっているので、
 これ以上評価を落とせない

×フラットレー
 ルメール騎乗で人気すると思われるが、前走5着敗退が大きなマイナス。
 人気馬では最も評価を落としたい

×シャルルマーニュ
 前走はルーカスとタイム差なしの3着、戸崎騎乗でそこそこ人気すると思われるが、
 そんなに強い馬とは思えず買っても豆券押さえまで

穴ウオーターパルフェ
 穴を演出するのは内枠と思われ、5戦4連対のこの馬を大穴で少し買ってみたい

武豊騎乗でジャンダルムも人気すると思われるが、痛恨の8枠、前走1600のため
無印とした。


馬券は難しい。
レース経験の少ない2歳馬で、過去のデーターも少ないので、
購入額は少なくして楽しみたい。
今の所、◎〇▲☆△の馬連5頭BOXを主力に買ってみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-27 15:04 | 競馬 | Comments(0)

有馬記念(推理)

今年最後では無くなったGⅠレース有馬記念の推理(予想)をします。
それにしても有馬の後にGⅠがあるのはシックリしません。

有馬記念は時に大荒れになり「あれまあ記念」と揶揄されるレースですので、
穴馬探しに力を入れたいですね。

昨年は3歳馬のサトノダイヤモンドが見事に優勝しました。

b0177792_1665340.jpg

穴を狙って3連単を306点も買ったのですが、1-2-3番人気と入線し大トリガミでした。
       

今年最後の大レースですのでいつもより気合を入れて過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ実績】
 勝ち馬10頭中8頭は2000以上のGⅠ勝ちの実績があった。
 また、6頭は、同年にGⅠレースを勝っていた
 
②【同年GⅠ・GⅡ実績】
 入着馬30頭全てが同年のJRA1800~2500mのGI またはGII で
 3着以内入った経験がある馬だった
 
③【中山長距離実績】
 6番人気以下で入着した11頭中7頭は
 中山の2200、2500のGレースで3着内の経験があった
 
④【直前2200以上の成績】
 勝ち馬9頭が直近で出走した芝2200m以上の国内外のGⅠまたはG2で3着以内に入っていた。
 例外は14年のジェンティルドンナでJC4着だった
 
⑤【乗り替り】
 12年、昨年を除いて騎手が乗り替わった馬が毎年入着している

⑥【前々走人気】
 連対馬20頭中19頭は前々走で1~5人気だった。
 前走で惨敗し、近3走Gレース勝ちが無く、当日人気を落としていても、
 前々走で5番人気以内と人気していれば好走する可能性がある
 
⑦【外人騎手】
 2-6-3-25の好成績、
 ここ7年の3着内21頭中10頭は外人騎手。
 内4頭は6番人気以下だった。
 
⑧【年齢】
 3歳:4-3-2-23 4歳:3-5-2-31 5歳:3-1-3-34 6歳:0-0-1-20 7歳以上:0-1-2-15
 
 3歳馬は08年、13年(未出走)を除いて3着内に入着している。
 連対した6頭中5頭は全てGⅠ勝ちの馬であり、
 14年2着のトゥザワールドは皐月賞2着だった。
 今年の3歳馬は古馬混合Gレースで過去10年トップの10勝をマーク。

 6歳以上は以下の4頭が入着。
  2009年3着エアシェイディ  (11番人気)
  2008年2着アドマイヤモナーク(14番人気)
  2008年3着エアシェイディ  (10番人気)
  2007年3着ダイワメジャー  (6番人気)
  いずれも中山芝のG1かG2で3着以内の実績のある馬
    
⑨【前走レース】
 3着内30頭のうち26頭はGⅠレース。
 例外は、10年3着トゥザグローリー、12年2着のオーシャンブルー、
 14年2着のウインバリアシオン、15年1着のゴールドアクターの4頭。
 この内、ウインバリアシオン以外はGレースを勝っていた

 G1(9-8-9-82)
  ジャパンC(2-5-5-51)
    12頭中9頭は休み明け3戦目が有馬記念だった。
    またこの9頭中8頭は5番人気以内であった
  天皇賞秋(3-0-1-7) 10年以降入着馬がでていない
  菊花賞(3-1-1-7)
  凱旋門賞(1-0-1-1)
  マイルCS(0-0-1-1)
  エリザベス女王杯(0-2-0-9) 入着2頭は3歳馬
 G2(1-2-0-30)
  アルゼンチン共和国杯(1-0-0-4)
  ステイヤーズS(0-0-0-12)
 G3(0-0-1-10)

⑩【前走着順】
 前走5着以下からの巻き返しも多い。ただし、GⅠに限る

⑪【牝馬】
 2-3-0-15 ただし、当日6番人気以下は0-0-0-13
 ここ2年入着していないが、15年は4着、16年は5着と好走している
 
⑫【枠順】
 連対馬20頭中13頭は①~⑦番枠だった。
 外枠、特に15,16番枠は0-0-0-16と苦戦
 
⑬【所属】
 美浦2-0-4-32 と関西馬が圧倒的に好走例多い

⑭【展開】
 逃げ(1-0-1-9)
 先行(5-3-3-25)
 差し(3-5-3-48)
 追込(0-1-2-39)
 マクリ(1-1-1-2)
 4角4番以内が馬券圏内の半数に好走しており、
  人気薄の先行馬、および早めに動ける馬に注意

⑬【当日人気】
 1番人気 (5-2-1-2)
 2番人気 (2-1-2-5)
 3番人気 (0-0-1-9)
 4番人気 (1-1-1-7)
 5番人気 (0-2-0-8)
 6番人気 (0-0-1-9)
 7~9人 (2-2-1-25)
 10人以下(0-2-3-58)
 1番人気は好成績だが6番人気以下の激走例も多い。
 10番人気以下で入着した5頭中3頭は7歳以上で、
 中山長距離Gレース好走実績があった。残り2頭は外人騎手騎乗であった
 また、単勝10倍以上の馬が、7頭連対、12頭が入着という穴レース


◎サトノクラウン
 前走JCの大敗で人気を落としているが、M・デムーロは直線勝ち目が無いと判断し
 追うのを止めているので10着は度外視したい。
 ⑥の条件にピッタリの馬でムーアの腕に期待して本線で狙ってみたい。
 ただし、調子落ちの大敗も考えておきたい

〇キタサンブラック
 絶好の2番枠を引いた。引退レースで過剰人気しているし、3戦目で調子が落ちるタイプ、
 直前調教の異常な軽さなど不安点が多いが、馬券からは外せないので2番手評価とした

▲シュヴァルグラン
 前走JCで念願のGⅠ勝ちで3番人気と人気上昇。ただし、JC、有馬の連勝は難しく、
 中山コースが向いているとは思えないが、自力で2,3着に入着する可能性は高く、
 この馬も軽視できないので3番手評価とした

☆シャケトラ
 中山長距離Gレース勝ちの数少ない一頭。秋天では◎、JCでは☆にした馬で、
 もう一度穴で狙ってみたい。先行脚質、⑦番枠も魅力

△1ルージュバック
 中山長距離Gレースの勝ち馬。好走例の多い牝馬で、差し追い込み馬のレースになった場合の
 連候補として穴で狙ってみたい

△2ミッキークイーン
 この馬も牝馬で前年の有馬で5着、宝塚で3着とGⅠで掲示板を確保している。
 ただし、5番人気とそこそこ人気しているのであくまで押さえまでの評価としたい

△3スワーヴリチャード
 3歳馬、M・デムーロ騎乗で人気しているが、GⅠを勝っていないのがマイナスで、
 小回り中山も向いているとは思えず、あくまでも押さえまでの評価とした。

×クイーンズリング
 全く人気が無いが、①⑤⑥⑦⑪のデーターに合致している。
 ルメールが内で上手く先行させ、2、3着に好走するかもしれない。
 穴で買ってみたい

×サトノクロニクル
 3歳馬で穴を演出するのはこの馬か?戸崎が内で上手くレースを進め、
 直線前が空けば馬券圏内に好走するかもしれない。
 この馬も穴で買ってみたい

大穴サクラアンプール
 3-1-1-0の中山コース実績、蛯名が魅力で大穴として豆券買ってみたい


馬券は難しい。
今の所、人気馬どうしの馬券はガミ覚悟の押さえ程度にし、
◎〇▲からシャケトラ、ルージュバック、クイーンズリング、サトノクロニクル、
サクラアンプールなどの穴馬への馬連で高配当を狙ってみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-23 16:10 | 競馬 | Comments(0)

朝日杯フューチュリティステークス(推理)

今年のGⅠレースも残り少なくなりました。
2歳牡馬牝馬混合GⅠレースの朝日杯フューチュリティステークスを推理します。

昨年は6番人気のアサトノアレスが直線見事な差し脚を発揮し勝利しました。
b0177792_1661226.jpg

サトノアレスは本命にしていたのですが、買っていない馬が2,3着になり、
馬券は惜しくも外れました。
              

2014年から阪神コースに変わって影響度が少なくなるデーターもありますが、
過去10年のデーターを分析します。

①【成績】
 6着以下の戦績が無い(連対20頭中18頭)

②【デビュー戦成績】
 新馬を単勝1番人気で優勝していた馬が、2009年を除いて毎年連対している

③【距離実績】
 1500以上で連対(20頭中14頭)、勝ち馬10頭全てが1500以上の勝ち鞍あり。
 阪神外回り1600のコースになった過3年の連対馬は
 昨年2着馬を除いて1600以上の距離を経験していた 

④【前走距離】
 1200m(0-0-0-18)
 1400m(1-6-3-53)
 1600m(6-2-6-33)
 1800m(2-2-1-27)
 2000m(1-0-0-2)

⑤【前走レース】
 前走はGレース(連対20頭中13頭):13頭中12頭はそのレースで4着以内だった
  東京スポーツ杯:2-2-1-14
         入着馬5頭中4頭は当日2番人気以内、残り1頭は5番人気
  京王杯2歳S:1-5-2-31
         入着馬6頭全て3着以内
  デイリー杯2歳S:0-2-2-15 
         入着馬4頭中3頭は連対
  サウジアラビア:0-0-0-1
         前身のいちょうSから14年にクラリティスカイが3着
 Gレース以外から参戦して連対した6頭は全てそのレースで1着だった。
  オープン特別:0-0-0-20
  東京500万:4-1-1-11
  京都・阪神500万:0-0-2-21
  中山・新潟・福島500万:1-0-1-3
  新馬・未勝利:1-0-0-10
        15年リオンディーズが新馬勝ちから1着

⑥【前走着順】
 前走4着以内(30頭中29頭)
 例外は11年2着マイネルロブスト:東スポ杯9着(5番人気)
  
⑦【外人騎手】
 5-3-1-16と好走例多い。
 3着以内9頭は
 12年の1着ロゴタイプ(7番人気)と16年の2着モンドキャンノ(7番人気)を除くと
 全て5番人気以内であり、外人騎乗の上位人気馬には注意が必要

⑧【枠順】
 阪神コースに変更になった近3年の5~8枠は2-2-2-22。
 特に、2勝は8枠

⑧【間隔】
 10週以上:1-0-1-9
 入着した2頭は、08年1着セイウンワンダー(2番人気)、
 14年3着クラリティスカイ(3番人気)

⑧【当日人気】
 1番人気 (3-2-1-4)
 2番人気 (2-1-1-6)
 3番人気 (1-0-2-7)
 4番人気 (1-2-1-6)
 5番人気 (1-1-2-6)
 6番人気 (1-1-0-8)
 7~9人 (1-1-1-27)
 10人以下(0-2-2-70)

 連対馬20頭中14頭が5番人気以内 10番人気以下の2頭が連対
  2007年2着レッツゴーキリシマ(10番人気)
  2014年2着アルマワイオリ  (14番人気)


◎ステルヴィオ
 前走サウジアラビアCは1番人気であったがスタートで出遅れ、
 最速の上りで2着まで追い込んだ。
 ルメールからC・デムーロに乗り替わるが全く問題無く、
 こんどは弟のGⅠ勝利が期待できる

〇ケイアイノーテック
 前走は久々のレースのため+22Kで出走し3着に粘り込んだ。
 叩き2走目、ディープ産駒、阪神マイル勝ちとプラス材料多く穴で狙ってみたい

▲タワーオブロンドン
 ルメールはこの馬を選んだが中央のマイル以上を経験していないのがマイナス。
 思わぬ大敗も考えておきたい

☆ダノンプレミアム
 前走サウジアラビアCのレコード勝ちで1番人気はこの馬か?
 差し追い込みが好走するレースで、先行脚質と1番枠は大きな不安材料。
 この馬も思わぬ大敗を考えておきたい

△フロンティア
 前走デイリー杯は久々のレースでジリジリとしか伸びず1番人気で3着に敗退。
 叩き2走目、内枠の岩田、同厩の人気薄馬と買い材料あり穴で押さえてみたい

△ファストアプローチ
 この馬も同厩の人気薄馬。オープン特別からのローテはマイナスだが、
 外人騎手騎乗、1800、2000からのローテはプラスで穴で押さえたい

×ダノンスマッシュ
 ある程度人気になると思われるが、オープン特別からのローテ、
 1600以上の経験が無く、買っても豆券押さえまで

×ダブルシャーク
 データー的には消しの馬だが、地方からの中央転厩馬で札幌で良い差し足を見せていた。
 穴で豆券押さえておきたい

穴ケイティクレバー
 逃げ・先行の脚質はイヤ気だが、今年の当たり種馬ハービンジャー産駒、
 8枠という買い材料もあり、大穴で少し買ってみたい


馬券は悩ましいが、
ステルヴィオからの馬連が本線で、
ケイアイノーテックからの3連複も穴で押さえてみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-16 16:09 | 競馬 | Comments(0)