団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by osamukunn at 09:38
こんにちは、 武田先生..
by princesscraft at 14:44
kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

「マスカレード・ホテル」(原作の大事なストーリーのオチを描かず!)

封切後第1回目の上映を観てきました。

b0177792_12561751.jpg



この映画は1か月前ぐらいに原作を読んで観に行きました。
今まで東野圭吾原作の映画を何本も観ていますが
原作を読んでから観に行った事は無かったと思います。

推理物の映画を原作を読んでから観に行くのはダメですね。
ストーリーが事前に全て分かっているので
映画を観ながらの謎解きができなくなり面白みが少なくなってしまいます。
これからは、推理物の映画は原作を読まずに観に行くことにします。

それよりも大きな問題は、
この事件で新田と尚美の関係が本物になったという大事なストーリのオチを描いていないということです。

以下はネタバレになりますのでMoreに。





ラスト近くになって犯人の狙いは山岸尚美であることが分かります。
そして、ある人物がチェックインし、尚美がその客を部屋に案内します。
尚美がお客を部屋に案内していることを知った新田刑事は尚美と客を追います。
尚美が事前に用意していた部屋は5つあり、どの部屋に案内したのかは分かりません。
新田は順番に部屋をチェックしていきます。
犯人と尚美は浴室にいて尚美は犯人から毒物を注射されそうになっていました。
その時、部屋のドアが開き誰かが入ってきましたが
直ぐにドアを閉めて出て行ってしまいました。
尚美は新田刑事では無かったと絶望するのですが、
その時新田刑事が浴室に飛び込んできて犯人を取り押さえます。

尚美は何故私と犯人が浴室に居るのが分かったのかと新田に聞きます。
新田は部屋に入った瞬間に尚美が部屋に居るのが分かったので、
ドアを閉めて出て行ったと装い浴室の外で様子を伺っていたと答えます。
尚美はなぜ私がここにいると分かったのかと聞くと、
新田は「あなたの匂いですよ。化粧は決して濃くないが、かすかに匂いますよ。
 しかもいい匂いがね」と答えます。
尚美が「私の匂いがわかるんですか」と聞くと
新田は「それはもう。だって我々はずっと一緒にいたじゃないですか」

私は原作を読んでいてナルホドと納得し、
東野圭吾のストーリー展開に感心させられました。

所が、映画では尚美が新田に私が部屋にいるのがどうして分かったかと質問する場面は無く、
当然、新田がその質問に答える場面もありません。

何故、映画ではこの場面を描かなかったのでしょうか?
私は制作サイドが、
女性の匂いについて扱うとセクハラだと指摘されることを恐れたのではないかと
推測しました。
考えすぎでしょうか?

もし私の推測通りだったら、
そんな事ぐらいで原作の大事なストーリーのオチをカットするな!と言いたいですね。


by osamukunn | 2019-01-18 13:49 | 映画 | Comments(2)
Commented by ミケ at 2019-01-21 19:46 x
もしかして映画ではこのシーン描かれてないんですか?

「なぜ気づいたんですか」
「ベッドの乱れに気づかないほど鈍感じゃありません。それになにより、入った瞬間にあなたの気配を感じました」
「私の気配って?」
「それはまあ、はっきりいうと匂いです。あなたは決して化粧は濃くないが、それでもかすかに匂いはします。いい匂いがね」
「私の匂いがわかるんですか」
「それはもう」
「だって我々は、ずっと一緒にいたじゃないですか」

マスカレードホテルは、このセリフのために読む話でしょう?
私は男性ですが、このシーンが本当に好きです。
これでセクハラとか言われたら、文学が成り立たないし。
普段こんなことばかり言ってる私も生きていけない・・・
Commented by osamukunn at 2019-01-22 14:19
ミケさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

正にこの部分が描かれていませんでした。
私はエンドロールの後で出てくるのかと思って最後まで注目していたのですが無しでした。

セクハラというのは私の想像ですが、
ミケさんがおっしゃる様にこんな大事な部分がカットされるのが理解できません。
製作サイドの見解が知りたいですね。
それと東野圭吾氏の見解も知りたいです。