団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

5-13-2で入線しまし..
by osamukunn at 18:40
メグさん、コメントありが..
by osamukunn at 11:12
こんにちは! 香港の景..
by メグ at 13:25
おはようございます。昨日..
by osamukunn at 06:04
タニタニさん、おはようご..
by osamukunn at 07:47

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

統計学的馬券術の考察

昨年暮れから正月にかけて競馬に関するデーターをいろいろと調べ、
統計学的な馬券術を考えてみました。

1.合成オッズ

 例えば、6.8倍と4.6倍のオッズの買い目2点を買おうとする場合、

 まずそれぞれの逆数を調べます。

 1÷6.80.147
 1
÷4.60.217

 次にこの二つの数字を足します。

 0.147+0.2170.364

 最後にこの数字を1で割ります。

 1÷0.3642.7

 つまり、この2点買いは2.7倍の価値があるということになり、

 オッズ2.7倍の馬券を買ったことになります。

 これを合成オッズと呼んでいます。

 つまり、合成オッズとは、複数の買い目をひとつの買い目とみなした場合の

 オッズのことです。


2.的中率と合成オッズ

 例えば、的中率が30%だとすると、10回中3回的中する計算になりますので、

 合成オッズが3.4倍以上の馬券を買わないと

 トータルでプラスにはならないということになります。

 当然ながら複数の点数を馬券購入する場合は、

 当然それぞれのオッズは3.4倍以上でないと採算がとれません。

 では実オッズとしてはどのくらいの範囲を狙えば良いのか?

 その答えは次の式で求めることができます。

 1÷3.40.294

 仮に3点買いをすると、少々アバウトになりますが、

 0.294÷30.098
 1
÷0.09810.2

 つまり、的中率30%くらいの人は、最低でも10倍のオッズを狙わないと

 採算に見合わないわけです。

 言い換えれば、オッズ10倍以下の馬券を買っていてはトリガミになってしまいます。


3.購入馬券の種類

 購入馬券として馬連を考えてみます。

 馬連の平均配当は約6000円とされていますが、

 中央値は1910円ですので、オッズ20倍近くの馬券を

 何点買ったら合成オッズ3.4倍になるかを計算してみます。

 6点買い 20.4

 7点買い 21.2

 8点買い 27.2倍

 9点買い 30.7倍

 10点買い 34,0倍

 例えば、6点買の場合は約20倍以上の馬券を買う必要があることが分かります。


4.レースの選択

 次は馬連で2000円以上の配当が見込めるレースの見分け方です。

 2000円以上の配当になるということは、順当な結果では無く

 中波乱の結果になるということです。

 ネット情報でKEIBARSという会社?が、

 単勝人気と馬連の人気でレースの荒れ具合を見分けるという考え方を公開しています。

 単勝1番人気のオッズで分類すると

   1.01.4   順当

   1.51.8   小波乱(中庸)

   1.92.9   中波乱(中庸)

   3.0以上   大波乱

 馬連1番人気のオッズで分類すると

   3.9以下  順当

   4.05.9  小波乱(中庸)

   6.09.9  中波乱(中庸)

   10.0~   大波乱

 単勝オッズで分類すると、

  <順当> 10倍未満3頭以下

       30倍未満6頭以下

  <波乱> 10倍未満5頭以上

       30倍未満10頭以上

 整理すると、

 単勝1番人気が2倍以上、馬連1番人気が6倍以上、

 単勝10倍以下が5頭以上、30倍未満が10頭以上の

 レースを狙うことになります。

5.馬券の買い方

 いよいよ馬券の買い方です。

 単勝人気別の連対率は

 1番人気:46.9

  2番人気:34.2

  3番人気:28.3

 ですので、1,2,3番人気が3頭とも連対しない確率は4.5%となりますので、

 少なくとも1頭は1,2,3番人気の馬が連対する馬券が効率的です。

 (間違っていました)

 1,2,3番人気が3頭とも連対しない確率は約15%もあります。

 従って、購入馬券としては、

 1,2,3・・7番人気の馬をA,B,C・・Gとして、

 ABC=DEFGのフォーメーションとDEFGのBOXから

 6点買う場合は20倍以上、10点買う場合は34倍以上の馬券を買う必要があります。

 なお、単勝30倍以上の馬の連対率は僅か5%ですので除外します。


b0177792_15203685.jpg

6.検証

 最後に検討した買い方で昨年の上半期のGレースで検証してみました。

 結果は購入条件に合うレースが10レースありましたが的中は0でした。

 ただし惜しいレースが2レースあり、一つは配当が1940円だったこと、

 もう一つは買い目が7点に入らず9番目の配当であったことです。

 検証結果は的中率0でしたが、新たな発見がありました。

 それは単勝30倍以下の馬が10頭以上では無く9頭以上に広げれば

 的中しているレースがあったことです。

 

7.結論

 単勝1番人気が2倍以上、馬連1番人気が6倍以上、

 単勝10倍以下が4頭以上、30倍未満が9頭以上のレースに狙いを絞り、

 単勝1,2,3・・7番人気の馬をA,B,C・・Gとして、

 ABC=DEFGのフォーメーションとDEFGのBOXから、

 6点~10点買いの場合は20倍~34倍以上の馬券を買う


以上の検討結果にもとずいて、しばらくGレースの馬券を買ってみようと思っています。



by osamukunn | 2019-01-02 15:21 | 競馬 | Comments(0)