団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

5-13-2で入線しまし..
by osamukunn at 18:40
メグさん、コメントありが..
by osamukunn at 11:12
こんにちは! 香港の景..
by メグ at 13:25
おはようございます。昨日..
by osamukunn at 06:04
タニタニさん、おはようご..
by osamukunn at 07:47

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

有馬記念(推理)

やっとGⅠが当たりましたがほぼトントンで太い配当とはご無沙汰です。

今年最後では無くなったGⅠレース有馬記念の推理(予想)をします。
それにしても有馬の後にGⅠがあるのはシックリしません。
有馬記念は時に大荒れになり「あれまあ記念」と揶揄されるレースですので、
穴馬探しに力を入れたいですね。

昨年はキタサンブラックが見事に引退レースを勝利しました。
2着はルメール騎乗の8人気クインーズリングで馬連は3,170円の中穴でした。

b0177792_1674160.jpg

馬券は500円的中したようですが取りガミに終わったようです。
       

今年最後の大レースですのでいつもより気合を入れて過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ実績】
 勝ち馬10頭中9頭は2000以上のGⅠ勝ちの実績があった。
 また、6頭は、同年にGⅠレースを勝っていた

②【右回りのGⅠ・JpnⅠで好走経験】
 30着内30頭中26頭は前年以降の右回りのGⅠ・JpnⅠで3着内の経験があった
 
③【同年GⅠ・GⅡ実績】
 入着馬30頭29頭は同年のJRA1800~2500mのGI またはGII で
 3着以内入った経験がある馬だった。
 例外は昨年2着のクイーンズリング
 
④【中山長距離実績】
 6番人気以下で入着した9頭中6頭は
 中山の2200、2500のGレースで3着内の経験があった
 
⑤【乗り替り】
 12年、16年を除いて騎手が乗り替わった馬が毎年入着している

⑥【前々走人気】
 連対馬20頭中19頭は前々走で1~5人気だった。
 前走で惨敗し、近3走Gレース勝ちが無く、当日人気を落としていても、
 前々走で5番人気以内と人気していれば好走する可能性がある
 
⑦【外人騎手】
 今年は10週連続で外人騎手が勝利。
 10年以降外人騎手騎乗の6番人気以下の馬は0-5-1-12
 
⑧【年齢】
 3歳 (4-2-2-23)
 4歳 (2-5-2-31)
 5歳 (4-2-4-37)
 6歳 (0-0-0-17)
 7歳 (0-1-1-10)
 8歳以上(0-0-1-6)

 3歳馬は08年、13年(未出走)、17年を除いて3着内に入着している。
 連対した6頭中5頭は全てGⅠ勝ちの馬であり、
 14年2着のトゥザワールドは皐月賞2着だった。
 
 6歳以上は以下の3頭が入着。
  2009年3着エアシェイディ  (11番人気)
  2008年2着アドマイヤモナーク(14番人気)
  2008年3着エアシェイディ  (10番人気)
  いずれも中山芝のG1かG2で3着以内の実績のある馬
    
⑨【牝馬】
 2-3-0-17 入着5頭は全てGⅠ勝ち
  
⑩【枠順】
 連対馬20頭中12頭は①~⑦番枠だった。
 外枠、特に15,16番枠は0-0-0-18と苦戦
 
⑪【所属】
 美浦1-0-3-30 と関西馬が圧倒的に好走例多い

⑭【展開】
 中山が路盤改修された14年以降の連対馬8頭中7頭は、
 前走で4コーナーで5番手以内だった

⑮【前走レース】
 3着内30頭のうち26頭はGⅠレース。
 例外は、10年3着トゥザグローリー、12年2着のオーシャンブルー、
 14年2着のウインバリアシオン、15年1着のゴールドアクターの4頭。
 この内、ウインバリアシオン以外はGレースを勝っていた

 G1(9-8-9-80)
  ジャパンC(3-5-6-48)
    14頭中11頭は休み明け3戦目が有馬記念だった
    またこの11中10頭は5番人気以内であった
  天皇賞秋(2-0-1-8) 10年以降入着馬がでていない
  菊花賞(3-1-1-5)
  凱旋門賞(1-0-1-1)
  マイルCS(0-0-1-1)
  エリザベス女王杯(0-2-0-9) 

 G2(1-2-0-30)
  アルゼンチン共和国杯(1-0-0-6)
  ステイヤーズS(0-0-0-12)
  2着2回は開催時期が変わった金鯱賞

 G3(0-0-1-10)
10年3着のトゥザグローリーが中日新聞杯から参戦

⑯【前走着順】
 前走5着以下からの巻き返しも多い。ただし、GⅠに限る


⑰【当日人気】
 1番人気 (6-2-1-1)
 2番人気 (2-1-2-5)
 3番人気 (0-0-2-8)
 4番人気 (1-1-1-7)
 5番人気 (0-1-0-9)
 6番人気 (0-0-0-10)
 7~9人 (1-3-1-25)
 10人以下(0-2-3-59)

 1番人気は好成績だが6番人気以下の激走例も多い。
 10番人気以下で入着した5頭中3頭は7歳以上で、
 中山長距離Gレース好走実績があった。残り2頭は外人騎手騎乗であった。
 また、単勝10倍以上の馬が、7頭連対、12頭が入着という穴レース


◎モズカッチャン
 前走GⅠ3着内3頭中の一頭。好枠を引いたのでミルコがいつもよりも前々でレースを
 進めるだろう。GⅠ勝ちの牝馬であることも心強い。
 ただし、成績にムラがあるタイプで惨敗の可能性あり

〇サトノダイヤモンド
 引退レースでピークアウトした感があるが、好枠を引き豪州騎手に変わったことで
 前々でレースを進めれば入着があるかもしれない。
 中山2500は一昨年の有馬で勝利している

▲ミッキーロケット
 先行確実な馬で中山2500は向きそうで、JCをパスしたローテは好感が持てる。
 マーフィーへの乗り替りも魅力で宝塚に続くグランプリ連覇も十分。
 穴で狙ってみたい

☆レオデオロ
 GⅡ、GⅠの連勝で1番人気確実だが、枠が外よりになったこと、
 中山コースの皐月賞大敗、関東馬、位置取りが悪くなると差し届かずの可能性もあり
 人気ほど信頼できない

△クリンチャー
 絶好の2番枠を引いた。欧州遠征はサッパリだったが、
 その前の成績はこのメンバーと遜色なく、上手く先行できれば入着も十分

△ミッキースワロー
 数少ない中山2200,2500のGレース3着内実績の馬。
 差し追い込みのレースになった場合に注意が必要で押さえておきたい

△キセキ
 何と言ってもGⅠ連戦の激走が大きなマイナス。
 普通は消しの馬だが、ドロドロの菊花賞を勝った馬なので驚異のスタミナで
 このレースも好走するかもしれない

×シュヴァルグラン
 痛恨の外枠になってしまった。実力は認めても買っても豆券押さえまで

×ブラストワンピース
 ただ1頭の3歳馬だがGⅠを勝っていなく、脚質的にも有馬は前々で決まるレースなので
 この馬も買っても豆券押さえまで

×パフォーマプロミス
 アルゼンチン共和国杯からのローテが大きなマイナス。GⅠの実績も無く
 穴人気しているが、この馬も買っても豆券押さえまで

大穴サウンズオブアース、サクラアンプール
 有馬で穴を演出する中山2200、2500のGレース3着内馬、6歳以上馬であり、
 大穴で豆券押さえておきたい。
(サクラアンプールが内枠を引いたら大きく狙っていたのに・・・)


馬券は極めて難しい。
◎〇▲☆の馬連BOXを主力に(特に◎〇▲の馬連3点が魅力)、
この4頭から△以下の馬にも手広く馬連を流してみようと思っています。
by osamukunn | 2018-12-22 16:10 | 競馬 | Comments(0)