団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

おはようございます。昨日..
by osamukunn at 06:04
タニタニさん、おはようご..
by osamukunn at 07:47
私も11月に同じツアーに..
by タニタニ at 15:41
マコチュウさんこんにちは..
by osamukunn at 13:30
泣き虫しょったんの奇跡と..
by マコト at 12:42

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

ドナウ川クルーズ旅行記ー3

<2日目>(10月15日)【MSマキシマに乗船】
15時ごろにパッサウ港からnickoの「MS MAXIMA」に乗船。
b0177792_07483679.jpg
定員180名、3階建のリバー・クルーズ船。
建造年は2003年と古いのでツアー料金を安く設定できたのだろう。


b0177792_07485629.jpg
我々の部屋は一番下の316号室。
この部屋はツアー料金が35万円(実際は早期申込みで1万円引きの34万円)だが、
一つ上のミドル・デッキは40万円に設定されていた。
ミドル・デッキの人に聞いてみたら、
安いメイン・デッキが一杯で仕方なくミドル・デッキにしたという人が多かった。
なお、アッパー・デッキの人も居たが、そのツアー料金は聞かなかった。




MSマキシマが映っている動画を見つけたので紹介しておく。






b0177792_07492204.jpg
メイン・デッキの通路。



b0177792_07494222.jpg
さすがに部屋は狭い。
左側にはクローゼット、右側にトイレがある。



b0177792_07501056.jpg
ベッドは病院のベッドのよう。
横幅が狭く落下する危険性があるので2つのベッドをくっつけることにした。



b0177792_07502897.jpg
当然バスタブは無くシャワーのみ。



b0177792_08161774.jpg
メイン・デッキの床は水面より下になるので窓からの眺めはこんな感じ。
目の高さが丁度水面ぐらいになっている。




b0177792_07505686.jpg
ミドル・デッキ中央のエントランス。



b0177792_07511776.jpg
エントランスにあるレセプション・デスク。


b0177792_08264219.jpg
上がキャビンのカギになるカードで下が下船カード。
下船する時にレセプション・デスクで貰い戻ったら返す。
船は全ての下船カードが有ることを確認して出港するようになっている。



b0177792_07514450.jpg
ミドル・デッキ先頭にあるジャグジー。
小さく温度も低いようだったので入るのは止めた。



b0177792_07520743.jpg
シャグジー横にあるトレーニング器具。



b0177792_07522959.jpg
アッパー・デッキの中央部。



b0177792_07525192.jpg
レストラン。



b0177792_07531311.jpg
バーとラウンジ。
ここで何時でもビールやワインが無料で飲める。


マキシマは16時ごろにウイーンに向けて出港した。

b0177792_07540187.jpg
アッパー・デッキの先頭。



b0177792_07533219.jpg
中央部。



b0177792_07542968.jpg
後部は進入禁止になっていた。


b0177792_08350551.jpg
16時半から乗船説明会。
今回のリバー・クルーズは阪急交通社の貸切で、
東京:バス2台、大阪、福岡、名古屋:バス各1台、合計117名が参加しているとのこと。
ブダペストまで行けない可能性があるとのことで多くのキャンセルが出たそうだ。
しかし、名古屋は16名で大型バスを使うことが出来て、ある意味ではラッキーだった。


クルーズ最初の夕食。
この日は席に付いてからメニューを選んだが、
このクルーズでは朝食時に昼と夜のメニューを選ぶシステムになっており、
疲れていても朝食時にレストランに行かなければならないのが難点だ。

b0177792_07545539.jpg
前菜:バイエルン風チーズディップ



b0177792_07551792.jpg
スープ:セロルのクリームスープ トリュフのムース
    やたら塩辛かった



b0177792_07553387.jpg
メイン:シーザーサラダ
    七面鶏の胸肉は美味しかった



b0177792_07554819.jpg
メイン:鱈のフライ
    この料理も塩辛かった



b0177792_07560592.jpg
デザート:ダークチョコレートのムース
     冷えて美味しかった



b0177792_07562114.jpg
デザート:フレッシュフルーツサラダ



b0177792_07564036.jpg
夕食の後、多くの人はキャビンに帰ったが我々はラウンジで暫く過ごした。
踊っている人の左端はフリッカ。

かくして、ツアー二日目が終わった。


by osamukunn | 2018-10-29 07:58 | 旅行 | Comments(0)