団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 08:59
こんばんは、kaita ..
by kaita at 20:06
おはようございます。2,..
by osamukunn at 06:01
月曜日に手術をして土曜日..
by osamukunn at 16:23
モリクリさん今晩は。 ..
by osamukunn at 18:48

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

安田記念(推理)

今週はディープインパクト産駒が日英仏のダービー制覇なるかという
極めて注目される週になりました。

日本競馬は先週のダービーで頂点を迎えたのですが、
今週も古馬マイル戦のGⅠ安田記念が開催されます。
ダービーが終わった翌週のGⅠ開催、見直して欲しいですね。

昨年は7番人気のサトノアラジンが直線追い込んで見事に勝利しました。
2着は逃げ粘った昨年の勝ち馬ロゴタイプ。

b0177792_1633668.jpg


馬券はサトノアラジンを穴で狙っていたのですがロゴタイプを軽視し、
馬連豆券2枚のみの的中でチョイ浮きだったようです。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ成績】
 5走前までにGⅠレースで3着までに好走した馬は過去10年毎年連対している

②【GⅠ、GⅡ実績】
 3着内30頭中29頭は牝馬限定を除くGⅠ、GⅡで4着以内の実績があった。
 唯一の例外は008年2着のアルマダ(外国馬)

③【Gレース実績】
 連対20頭中香港馬を含めた18頭は芝1200~2000のGⅠで連対か
 その年の芝1400~1600のGレースを勝っていた

④【東京芝マイルGレース実績】
 過去6年の入着馬18頭中11頭は東京芝マイルGレースの好走実績があった

⑤【ディープ産駒】
 出走するようになって7年、そのうち5年で馬券になり2勝。
 馬券に絡むのは1年1頭だがその人気は⑨⑫③⑥⑦で、
 人気薄のディープ産駒に注意必要

⑥【年齢】
 3歳 (1-0-0-2)
 4歳 (2-2-1-28)  2番人気以上:2-1-0-6
 5歳 (3-4-3-46)
 6歳 (4-2-5-37)
 7歳 (0-3-1-20) 
 8歳以上(0-0-0-12) 

⑦【牝馬】
 2-0-0-13と2勝しているが、共にフォッカで1,2番人気だった

⑧【2年連続好走】
 アサクサデンエン 05①→06②
 ダイワメジャー  06④→07①
 ウオッカ     08①→09①
 スマイルジャック 10③→11③
 ストロングリターン11②→12①
 ショウナンマイティ13②→14③
 ダノンシャーク  13③→14④
 モーリス     15①→16②
 フィエロ     15④→16③
 サトノアラジン  16④→17①
 ロゴタイプ    16①→17②
 レッドファルクス 17③→18?

⑨【外国馬】
 08年2着のアマルダ以降入着馬がでていない。
 06年も入れると外国馬は3頭が入着しているが、
 全て香港のマイルチャンピオンで3着以内に好走していた

⑩【馬体重】
 500K以上は8-8-4-60と好走例多い。
 500~519Kの馬は2012~16の5年は2頭ずつ3着内に入っており、
 昨年は528Kのサトノアラジンが1着となった

⑪【前走レース】
 ■外国:1-0-0-2
 ■香港:0-2-0-18
 ■ヴィクトリアM:2-0-0-12  勝った2頭はいずれもウオッカ
 ■京王杯SC:2-3-2-32  入着馬7頭は全て上がり2位以内
              3着内7頭中5頭は4着以内
 ■高松宮記念(1-0-0-5)  13年のロードカナリアが1着
 ■ダービー卿CT(2-0-0-4) 15年のモーリス、16年のロゴタイプと連勝
 ■NHKマイルC(1-0-0-2) 11年のリアルインパクトが1着
 ■マイラーズC(0-1-7-34) 過去8年、14年、昨年を除き毎年入着。
              入着馬8頭中7頭はGレース勝利(6頭はマイルGレース)
 ■産経大阪杯(0-2-1-6) 2着馬2頭はいずれも、そのレースの2着。
            3着馬は14年のショウナンマイティで5着だった
 ■OP特別(1-0-0-13)  10年のショウワモダンが1着
 ■1600万下(0-0-0-1)

⑫【前走着順】
 連対馬20頭中15頭(外国馬1頭含む)は前走で3着以内に好走していた。
 4着以下だった5頭中4頭はGⅠレースの連対実績があった。

⑬【枠順】
過去4年のデーター
1枠:0-0-0-7 2枠:0-0-0-7 3枠:1-0-1-5 4枠:0-0-0-7
5枠:2-0-0-6 6枠:0-2-2-4 7枠:1-1-1-6 8枠:0-1-0-10
5枠から7枠集中。
3枠の入着馬は1番人気と3番人気、8枠の2着馬は昨年のロゴタイプ(8番人気)

⑭【当日人気】
 13年連続で8番人気以下が入着している穴レース。
 ここ6年連続に限ると、5番人気以内は18頭中8頭しか入着しておらず、
2ケタ人気の馬が5頭も激走している穴レース。
 連対馬に限ると、20頭中1~5番人気だった馬は16頭、6~9番人気が4頭


1番人気確実なスワーヴリチャードが①番枠を引いたため、
どの馬からも狙える大混戦レースになったと推理します。

◎ペルシアンナイト
 東京マイルの実績は無いが昨秋のGⅠマイルCSの勝ち馬で東京コースも問題無いだろう。
 ただし、成績が安定しない馬で思わぬ惨敗も考えておきたい

〇リアルスティール
 このレースは5歳、6歳の好走例が多く6歳馬のこの馬を狙ってみたい。
 今年のGⅠは“初”がキーワードで、国内初GⅠ勝利となるか

▲スワーヴリチャード
 デムーロの進言で梅雨シーズンの宝塚記念を嫌ってこのレースに出走してきたが、
 痛恨の①番枠を引いてしまった。
 出遅れ癖のある人馬にとって①番枠での出遅れは致命傷になる可能性大で過信禁物

☆サングレーザー
 昨秋のGⅠマイルCS3着馬が東京マイルに使ってきたがコース的には問題無いだろう。
 ディープ産駒、ダービーを勝った福永佑一もプラスだが久々の関東遠征は不安材料

△サトノアレス
 東京マイル実績、ディープ産駒、上がり2位以内の京王杯SC組と買い材料多い。
 ただし、この馬にとってはもう少し外側の枠が欲しかった

△アエロリット
 2頭出走の4歳牝馬では、こちらを上位に評価したい。
 前走の4着はスタート直後に落鉄したようで、
 展開恵まれれば逃げ残りがあるかもしれない

△キャンベルジュニア
 東京実績、マイル実績、6歳馬、このレースに強い堀厩舎、最近好調な石橋騎手と
 買い材料多く穴で押さえておきたい

×レッドファルクス
 昨年3着の唯一のリピーター組であるが、7歳になって馬力が落ちている可能性が高く、
 豆券押さえまでの評価とした

×リスグラシュー
 ここ3戦の成績や武豊騎乗で人気になるが、目標は前走であったことや、
 2走連続の長距離輸送はマイナスで買っても豆券押さえまでとしたい


馬券は難しい。
確たる軸馬が居なく上位評価の馬達に力差が無いと思うので、
◎〇▲☆△△△7頭の馬連BOX21点を均等買いしてもようかと思っています。
by osamukunn | 2018-06-02 16:06 | 競馬 | Comments(0)