団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by osamukunn at 09:38
こんにちは、 武田先生..
by princesscraft at 14:44
kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

うるう秒

ギリシャは国際通貨基金(IMF)への約15億ユーロ(約2000億円)が返済できずに、
先進国でIMFへの支払いを延滞した初のケースとなりました。
しかし、現時点では本格的なデフォルトにはなっていなく、
5日の国民投票結果後のEUとの話し合いが注目されます。


今日の午前9時前に2012年以来3年ぶりに「うるう秒」が挿入されました。
具体的には、午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「59分60秒」が挿入されました。

b0177792_15471449.jpg


3年前には様々な不具合が発生したようですが、今日は大きな問題は起こらなかったようです。

1秒が重要な現代の情報化社会では、うるう秒の挿入には多大な労力が必要とされるようです。
そのため、米国や日本はうるう秒の廃止を提案しており、
今年11月の国際会議で最終決定される見込みで、
中国は廃止賛成の立場に変わり、仏、豪州、韓国も積極的な姿勢。
ただし、英国やロシアなどは反対を主張しているようです。

廃止が決まると、最速でうるう秒がなくなるのは2022年。
1秒長い1日を楽しめる?機会は、あとわずかかもしれませんね。
by osamukunn | 2015-07-01 15:50 | 日常 | Comments(0)