団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by osamukunn at 09:38
こんにちは、 武田先生..
by princesscraft at 14:44
kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

「エリア51」は存在していた!

SFフアンとしては、この話題を取り上げなければならないでしょう。

米政府は、今まで存在を否定していた「エリア51」について、
米CIAが公開した資料で、ついにその存在を認めました。
「エリア51」とは、ラスベガスの北西約130キロにあるアメリカ空軍の管理地区。
この地の周辺では古くから頻繁にUFOが目撃されており、それに加えて立ち入り禁止で撮影禁止、
厳重な警備体制が敷かれていることから、
「UFOの発着所」や「宇宙人がいる」、「米軍と宇宙人が共同研究を行っている」などの
噂が絶えない場所です。
b0177792_153504.jpg

左下に空軍基地、その北東に滑走路とグルーム乾燥湖が見える


「インディペンデンスデイ」や「X-ファイル」といった映画に登場していますので、
ご存知の方も多いと思います。

今回公開された資料では、冷戦時代にU2偵察機を極秘にテストするために使った施設として
「エリア51」が何度も言及されていますが、UFOや宇宙人についての記載はなかったようです。
政府がエリア51の存在を認めたことで、「次は宇宙人の存在が証明される番だ」と、
UFOマニアの期待が一気に高まっているようです。

私は宇宙人の存在については否定しませんが、地球人が過去に宇宙人と遭遇していたことは無く、
今後も遭遇することは無いと考えています。

その理由については、今年の2月23日に「フェルミパラドックス」という題目で書いていますので、
興味ある人は読んでみてください。

なお、「フェルミパラドックス」とは、“地球外文明の存在の可能性があるのにもかかわらず、
そのような文明との接触の証拠が未だに皆無である事実の間にある矛盾”のことです。
by osamukunn | 2013-08-19 15:37 | 日常 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2013-08-19 21:32
アニー・ジェイコブセン「エリア51」が面白いですよ。http://pinhukuro.exblog.jp/19337411
Commented by osamukunn at 2013-08-20 06:24
おはようございます。
ジェイコブセンが書いていたことは真実だったということなのでしょうか?
いずれにしても、「エリア51」に関する今後の展開に注目します。