団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by osamukunn at 09:38
こんにちは、 武田先生..
by princesscraft at 14:44
kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 06:14
12項目のデータがありま..
by kaita at 23:15
ミケさん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 14:19

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

ミラノ・スカラ座2012/2013シーズン開幕公演「ローエングリン」

ミラノ・スカラ座2012/13シーズン開幕公演のワーグナー作曲「ローエングリン」を観ました。

ドイツ国王ハインリヒ:ルネ・パーペ
ローエングリン:ヨナス・カウフマン
エルザ・フォン・ブラバント:アンネッテ・ダッシュ
テルラムント:トマス・トマソン
オルトルート:エヴェリン・ヘルリツィウス
ミラノ・スカラ座合唱団、管弦楽団
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:クラウス・グート
2012年12月7日 ミラノ・スカラ座のライブ映像
b0177792_15565581.jpg


バレンボイムの得意なワーグナーだけあって超一級の公演を観たという印象です。

昨年の開幕公演の「ドン・ジョバンニ」にはガッカリさせられましたが
バレンボイムが音楽監督に就任し1年を経て、オケを完全に掌握したという印象が強く、
特に低弦の雄弁さや弱音部の美しさは特筆すべきものがありました。

第2幕の終幕近くでローエングリンが「安心しなさい さあ神前におもむこう」と歌う場面は、
カウフマン独特の弱高音の歌声(ファルセット?)とオルガンを含むオーケストラの演奏があいまって、
思わず身構えてしまいました。
「ローエングリン」は何回も観たり聴いたりしていますが、こんな印象を持ったのは初めてです。
また、第3幕の前奏曲も素晴らしかったですね。

歌手陣ではタイトルロールを歌ったヨナス・カウフマンですが、
やや暗い声質でワーグナーのヘルデン・テノールには合わないという印象を持っていたのですが、
影のあるローエングリン役にはフィットしていたと思います。
3幕で自分の素性を語る場面はローエングリン役の聴かせ所ですが、
第1幕の前奏曲を伴奏にしたカウフマン独特のファルセットの歌声は本当に素晴らしかったです。

続いてエルザ・フォン・ブラバント役のアンネッテ・ダッシュは、
決まっていた歌手がインフルエンザにかかり、急遽の代役だったそうです。
しかも本番前日に現地入りしたとか。
彼女は昨年のバイロイトの生中継でもこの役を歌っていましたので、
スカラ座でも歌うことになったのかと思っていたのですが代役だったとは。
ローエングリンに対する愛の深さ、それゆえに失いたくないという恐怖、
やがて彼に対する疑念へと発展していく様を、見事に表現しきっていたと思います。
歌声も素晴らしかったです。
今後ワーグナー歌手として大いに注目したいですね。
「タンホイザー」のエリーザベト、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」のエファ、
「ワリキューレ」のジークリンデなどを、聴いてみたいですね。

オルトルートのエヴェリン・ヘルリツィウス、テルラムントのトマス・トマソンも良かったですね。
「ローエングリン」では、この二人の悪役の出来が重要ですが、二人とも見事に演じて歌っていました。
特に、第2幕の二重唱は強く印象に残りました。

他では、ハインリヒ国王のルネ・パーペは、さすがの貫録でしたね。

最後にクラウス・グートの演出について少しだけ。
先に述べた昨年のバイロイトよりはまともな演出でしたが、随所に意味不明な場面がありました。
全幕を通して置かれたピアノは何を意味するのでしょうか?
ローエングリンやエルザが腕を掻く意味は?
舞台後方の複数の部屋はホテル?刑務所?

最後に演出の不満を少し述べましたが、
とにかく、素晴らしいバレンボイムの「ローエングリン」でした。

なお、各幕の冒頭に「お見苦しい部分がありますが…」という字幕が出ていたのですが、
私には、どの部分のことなのかよく解りませんでした。
by osamukunn | 2012-12-30 15:57 | クラシック音楽 | Comments(2)
Commented by desire_san at 2013-02-03 11:29
こんにちは。

ミラノスカラ座の「ローエングリン」は私も行きたかったので、詳しいご説明と感想をよませていただき、感動が伝わってきて、うれしい気持ちで読ませていただきました。
「ローエングリン」は好きな絵ペラですが、やはり出演歌手が充実していると、また新たな感動がえられますね。

私はワーグナーの「タンホイザー」を聴いてきました。
ブログに感想などを書いてみましたのでよろしかったら見て頂けるとうれしいです。
ご意見、ご感想などコメントしてくださると感謝致します。
Commented by osamukunn at 2013-02-03 12:37
desire sanさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。

ミラノスカラ座の「ローエングリン」は現地で見たのではなくBS放送で観ました。
スカラ座の前には行ったことがありますが、中には入ったことがありません。

さきほどブログを覗きました。
クラシック音楽を、いろいろと楽しまれているようですね。

今後とも、よろしくお願いします。