団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

月曜日に手術をして土曜日..
by osamukunn at 16:23
モリクリさん今晩は。 ..
by osamukunn at 18:48
面白く拝見しました。この..
by モリクリ at 08:47
今年最後の馬券もトリガミ..
by osamukunn at 18:54
旅人さん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 11:34

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

北欧4ヶ国旅行記ー2

<2日目>(10月14日)
この日から観光が始まったのですが、午前中はストックホルム市内観光、
昼食後は自由行動というスケジュールになっていました。
9月まではオプショナルで世界遺産のドロットニングホルム宮殿観光が設定されていたのですが、
10月以降は上記宮殿が休館になるため、ヴァーサ号博物館とスカンセン野外博物館の見学が
同じ値段(15、800円/人)のオプショナルとして設定されていました。
希望者が少なかったせいか、全員が自由行動になっていました。
我々?当然オプショナルは頼みませんでした。

ホテルの部屋からの眺めです。
ストックホルムの中心部から少し離れていましたので高い建物は見当たりませんでした。
b0177792_14562136.jpg




まず最初に市庁舎を訪れました。
市庁舎の外観です。
b0177792_14582990.jpg


市庁舎の前には自転車専用道路があり、ここで人が自転車と接触すると人が悪いことになるそうです。
なお北欧では自転車に乗る人が凄く多いそうです。
b0177792_1534276.jpg


会議場とノーベルの肖像です。
b0177792_156821.jpg


ここでノーベル賞受賞者の晩餐会が開かれます。
b0177792_1574525.jpg


黄金の間です。トップシーズンには見物客が溢れるそうです。
b0177792_1595156.jpg


トップシーズンには、こんな写真は絶対に撮れないでしょうね。
b0177792_15115229.jpg


ストックホルム市内の風景です。
ヨーロッパ風の建物が多かったですね。
b0177792_1654180.jpg

b0177792_166387.jpg

b0177792_1662424.jpg

b0177792_1664246.jpg


フィアールガータン展望台からの眺めです。
旅行パンフレットには「自然豊かなコールゴーダン島の黄葉・紅葉をお楽しみ(9、10月出発)」と
ありましたが、大したことは無かったですね。
b0177792_16115899.jpg


続いて旧市街地のガムラスタンに向かいました。

王宮では衛兵の交代式を見学しましたが台湾のようなシャキッとした交代式ではありませんでした。
b0177792_16151660.jpg


大聖堂にも案内されましたが、入場料が必要なためかツアーでは中に入らず、
興味のある人は後の自由時間に入場してくださいとのこと。
JTBよ!こんな所でケチルな!!!
b0177792_16212592.jpg


昼食はスウェーデン風ミートボールでしたが、今までろくな食事をしていなかったので美味しかったです。
b0177792_16181411.jpg


昼食の後は自由時間になり各自勝手にホテルに帰ってくれということでした。
地下鉄の路線図、そして乗り方や切符の買い方の説明書を渡されても不安を訴える人が多かったです。
81歳と78歳のおばあちゃんの二人連れや高齢で英語がダメな夫婦にとっては無理ですよね。
そのため自分たちで帰るのが不安な人は午後5時にノーベル博物館の前に再集合し、
添乗員がホテルまで引率することになりました。

私たちは自力でホテルに帰れますが、皆さんと一緒に帰ることにしました。

ノーベル博物館前の広場です。
b0177792_16342195.jpg

ノーベル博物館には、ノーベル賞のメダルの型をしたチョコレートを売っており
私たちも10個買ってきました。
値段は100スウェーデンクローネですので1個119円(日本で両替した人は138円)でした。
ここだけで買えるスウエーデン土産だそうです。

外に席があるカフェが多かったのですが毛布が出されているのには驚きました。
毛布をかけてまで外でお茶する必要があるのでしょうか・・・
b0177792_16452769.jpg


旧市街地の様子です。道の両サイドには、いろいろな店が並んでいます。
骨董品を売る店が多かったですね。
b0177792_16405125.jpg


ガムラスタンで最も道幅が狭い通路です。
b0177792_16423720.jpg


いかにもヨーロッパという荘厳な建物の下が遊歩道になっていました。
b0177792_16481451.jpg

b0177792_16483736.jpg


午後5時にほとんどの人がノーベル博物館前に集まり添乗員に引率されて地下鉄でホテルに帰りました。

ここでストックホルムの地下鉄の情報を紹介します。

切符は地下鉄の改札口でも買えますが町のキオスクでも買え、そちらの方が安く買えます。
切符は予め買っておけということなのでしょう。
また、65歳以上は半額ぐらいで買えます。
しかし切符を買う時に65歳以上の証明書の提示は求められません。

最初に乗るときに切符にスタンプが押され1時間以内であれば、同じ切符で乗車することが出来ます。
従って、改札を出る時のチェックは何もありません。

ストックホルムの地下鉄のシステム、性善説をベースにしていますが、
海外にはこのような鉄道システムが多いですね。

地下鉄の様子です。
b0177792_1732563.jpg


ストックホルムの地下鉄の構内はアートになっていることで有名だそうです。
時間があれば、いろいろなアートを見たかったですね。
b0177792_1753855.jpg


この日の夕食は午後が自由行動のためツアーに付いていませんでしたので、
ホテル近くのレストランで食事しようと思っていたのですが、
添乗員さん曰く、ホテル近くには適当なレストランが無いとのことでした。
仕方が無いのでホテルに隣接するショッピングモール内の小さな店でタイ料理を食べました。
b0177792_1774339.jpg


北欧4ヶ国の旅行に来て、
最初の夜はホテルの部屋でのサンドウイッチ、
2日目の夕食もタイ料理。
情けなくなりますね。

JTBよ!何という日程を組むのか!!安いツアーと言っても限度があるぞ022.gif022.gif022.gif
by osamukunn | 2011-10-25 15:03 | 旅行 | Comments(0)