団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

kaitaさん、おはよう..
by osamukunn at 08:59
こんばんは、kaita ..
by kaita at 20:06
おはようございます。2,..
by osamukunn at 06:01
月曜日に手術をして土曜日..
by osamukunn at 16:23
モリクリさん今晩は。 ..
by osamukunn at 18:48

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

腿膝(ももひざ)三年尻八年

少し前のBSハイビジョンで井上陽水の特集番組を放映していました。
陽水の声は楽器だと言われていますが、本当にいつになっても素晴らしい歌声ですね。感動しました。来月早々に再放送がありますよ。

陽水は若い頃に作家の吉行淳之介や阿佐田哲也(色川武大)とよく遊んでいたそうで、彼らから大人の生き方について、いろいろと学んだそうです。タイトルの「腿膝三年尻八年」は吉行淳之介が創作した表現で、陽水は、この表現を聞いて大いに感心したそうです。

「桃栗三年柿八年」は昔からの諺で、種を植えてから実がなるまでに、桃と栗は三年かかり、柿は八年かかると言われています。吉行淳之介は、これをもじって「腿膝三年尻八年」という表現を創作したのですが、その意味は、酒場の女性への接し方の修業年月を表しているそうです。女性の身体の背中であれ、どこであれ、嫌味なく、触れるようになるには、修業に年月がかかるということらしいです。粋な夜の遊びの達人と言われていた吉行淳之介らしい逸話だと思います。

しかし、「腿膝三年尻八年」という表現、何か違和感がありませんか?
そう思った人は、それなりの遊び人だと思います。



酒場、クラブやスナックにおいて女性の体に触ることはあっても、腿は下品だとは思いませんか?
吉行淳之介も、最初は「背中三年尻八年」と言っていたそうですが、本来の諺に合わせて、「腿膝三年尻八年」に改めたそうです。

クラブや高級スナクが懐かしいです。リタイアした身分では、もう二度と行けないのでしょうか?寂しいですね。
by osamukunn | 2010-02-17 19:31 | 日常 | Comments(0)