<   2017年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

スプリンターズS(推理)

今年後半最初のGⅠレース、スプリンターズSが行われますが、
フランスで行われる凱旋門賞のサトノダイヤモンドの方にも注目が集まります。
海外レースも馬券が買えるようになりましたが私はパスする予定です。

昨年はデムーロ騎乗のレッドファルクスがG1初挑戦で勝利しました。

b0177792_16010909.jpg

昇り馬のレッドファルクスは軽視したので馬券はハズレでした


いつもの様に過去10年のデーターを分析します。

①【実績】
 優勝馬10頭中8頭が近3走以内にGI またはGII で連対した実績を持っていた

②【同年高松宮記念】
 同年の高松宮記念の出走馬の好走例多い。
 連対馬20頭中10頭は同年高松宮記念で3着内に好走していた

③【前走レース】 
 セントウルS4-4-4-50

  3着内12頭中7頭は3番人気以内。
  前走1着馬:0-2-1-6 2着馬:2-0-0-6 3着馬:0-0-0-2

  4着以下:2-1-3-36 3着内6頭中4頭はGⅠで3着内の実績あり


 キーンランドC2-3-5-30
  前走4着内:1-3-4-17
  3着内10頭中7頭は5番人気以下
 

 北九州記念:2-0-0-7

  近6年は3着以内馬がでていない


 前走G1(海外含む)は0-3-0-18と不振


④【前走着順】
 前走着順が6着以下の成績は4-2-2-63と好走例もあり

 前走着順はそれほど気にしなくても良さそう

⑤【前走人気】
 前走6番人気以下の成績は0-2-2-51と好走例少ない
 

⑥【前走距離】
 1200m出走:10-9-9-104

 残り2頭は1600


⑦【年齢】

 3歳:1-0-1-10
 4
歳:3-2-4-14
 5
歳:3-6-4-36
 6
歳:2-0-1-33

 7歳:1-2-0-24

 8歳以上:1-0-0-10


 7歳以上は2-2-0-34で2頭の勝ち馬は外国馬。
 2着馬は2010年のキンシャサノキセキ(3番人気)と2015年のサクラゴスペル
 3歳馬1-0-1-9で苦戦傾向

⑧【牡牝】
 牝馬は4-3-5-31と好走例多いが、当日4番人気以下は0-0-5-26
   
⑨【夏以降の出走】
 7月以降の出走回数が1回の馬の入着馬は8-2-4と好走例多い


⑩【休み明け】
 半年以上の休み明けは0-1-0-5

 昨年のミッキーアイルが高松宮記念以来で2着に好走した


⑪【当日人気】
 連対馬20頭中15頭は5番人気以内。

 しかし、10番人気以下が3頭と好走し3着馬10頭は全て5番人気以下


◎メラグラーナ

休み明けの前走は直線前が狭くなり仕掛けが遅れたが最速の上りで微差の4着と好走。

2、3走前の凡走は道悪が原因であることが明らかになった。

枠はもう少し外が欲しかったが、中山実績、戸崎騎乗で大きく狙ってみたい


〇レッドファルクス

昨年の勝ち馬でデムーロ騎乗なので本命にすべき馬だが4か月振りの休み明けが心配


▲ダンスディレクター

出遅れ癖のこの馬にとっては絶好の大外枠を引いた。

休み明け2走目、昨年のこのレース4番人気していた馬で浜中騎乗もプラス。

実力の割には人気していないので穴で大きく狙ってみたい


☆ワンスインナムーン

4歳牝馬の夏の昇り馬。中山2勝の実績も魅力で人気も無いので、

この馬も穴で大きく狙ってみたい


△1ファインニードル

前走は完勝だった。デムーロから内田への乗り替りで人気を落としているが、

内田が強引なレースをしなければ入着の可能性あり


△2レッツゴードンキ

4か月の休み明けで人気を落としているが高松宮記念2着の実力馬。

4か月の休み明けが気になるが、

岩田が内で我慢させ、直線上手く前が空けば好走の可能性あり


×セイウンコウセイ

高松宮記念の勝ち馬だが、この馬にはパンパンの馬場は会わないような気がする。

人気もすると思われるので、買っても押さえまでにしたい


×ダイアナヘイロー

4連勝している昇り馬で武豊騎乗で人気するが、初のGⅠ挑戦、夏使い過ぎのため

凡走の可能性大。買っても押さえまで


3歳のモンドキャンノ、前残りのフィドゥーシアも気になるが印は以上とした。

今年はどの馬が好走してもおかしくない大混戦レースレースですので

馬券は手広く買いたい。



今年前半のGⅠでは馬連の多点買が成功したので、このレースも馬連を買います。

今の所、◎〇▲☆△1の5頭BOXを主力に、

この5頭から他の馬へも豆券で押さえてみようと思っています。


by osamukunn | 2017-09-30 16:16 | 競馬 | Comments(2)

政権選択選挙

昨日衆議院が解散され来月22日の投開票に向けて選挙戦が始まりました。

安倍首相は、民進党の山尾前政調会長のスキャンダルなどによる弱体化や、
小池新党はまだ準備段階にあると判断し解散に踏み切りましたが、
小池都知事の希望の党代表就任、民進党の希望の党への実質的合流という動きを受けて、
今回の総選挙は自民・公明の現・連立政権を選ぶか、
希望の党を中心とした新しい政権を選ぶかの選挙になりました。

b0177792_10190475.jpg
このようなブログで政治の話をしたくありませんが、
私は、自民・公明の数の力による強引な政治手法、安倍首相の政治の私物化などを
決して忘れていません。

過去2回の総選挙は政権選択ではありませんでしたが今回は違います。
選挙結果によっては、安倍恐怖政治を終焉させることが可能になります。

さきほど小池・前原会談が終わったようで、
今後、希望の党の立候補者、推薦者の全容が明らかになるでしょう。

選挙戦は、
東京、大阪を除く小選挙区においては自民対旧民進を中心とする希望の対決、
東京選挙区では都議会選挙にように自民対希望の対決、
大阪選挙区では自民対(希望の推薦を受けた)維新の対決、
そして、各比例ブロックでは自公対希望の対決、
という図式になるでしょう。
また、小池都知事の出馬が取りざたされていますが、
彼女は自分の後継者を指名した上で出馬することになると思います。

とにかく、来月22日の投開票日に向けた動きを注視したいです。


by osamukunn | 2017-09-29 10:47 | 日常 | Comments(0)

バイエルン国立歌劇場来日公演「タンホイザー」

2017925日(月) NHKホール 15002000


リヒャルト・ワーグナー作曲 歌劇「タンホイザー」全3


指揮:キリル・ペテレンコ

演出・美術・衣装・照明:ロメオ・カステルッチ


領主ヘルマン:ゲオルク・ツェッペンフェルト

タンホイザー:クラウス・フロリアン・フォークト

ヴォルフラム:マティアス・ゲルネ

エリーザベト、領主の姪:アンネッテ・ダッシュ

ヴェーヌス:エレーナ・パンクラトヴァ

バイエルン国立管弦楽団

バイエルン国立歌劇場合唱団


b0177792_08130594.jpg

昨年のウイーン国立歌劇場の「ワルキューレ」に続いて

バイエルン国立歌劇場の引っ越し公演を観に行くことにした。

安いE、F席をネット発売日に取ろうとしたが今期もダメで

仕方なくD席(32,000円)を確保した。

E,F席をゲットするのにはどうしたら良いのだろうか?

今年も東京にはフリッカと二人で車で行くことにして

義姉のマンションに二晩お世話になった。


会場のNHKホールは初めてで、席は3階C9列41番。

b0177792_08132827.jpg
NHKホールは公演が始まっていなくても何故か撮影禁止。
あわてて写真を撮ったのでピンボケになってしまった


総座席数約3,500の巨大ホールの最上階で、しかも後ろから5列目という席。

舞台は全部見えたが、オーケストラ・ピットは半分ほどしか見えず、

ペトレンコの指揮は全く見えず。

しかも前に大男が座ったので舞台が一部隠れてしまった。

ただし、舞台をずっと観ていなければならないような演出では無かったので、

途中から音楽に集中できて気にならなくなった。


今回の公演を観に行こうと思ったのは次期ベルリン・フィルの音楽監督になる

ペトレンコの指揮する音楽を聴いてみたかったから。

一言で感想を述べるなら極めてオーソドックスな演奏で、

悪く言うと平凡でワーグナー独特の重厚感を感じる場面も少なかった。

これには、NHKホールという巨大なホールが影響して

オーケストラの音がどうしても弱くなるのが影響しているのかもしれない・・・


バイエルン国立歌劇場管弦楽団は、特に大きなミスも無く無難な演奏をしていた。

木管のバランスが良く心地よい響きを楽しむことができた。


次に演出について。

イタリア人演出家ロメオ・カステルッチによる演出はシンプルで絵画的だが

オペラのストーリーとの関係性が全く分からず、

読み替え演出でもないようだった。

また歌手の動きはほとんど無く、一昔前のオペラを観ているような感じ。

序曲が始まると弓矢を持ったトップレスの女性が多く表れ

中央上部の人間の顔に向かって矢を放つ。

一体どんな意味があるの?

2幕では中央に四角い箱が置かれていて、この箱に字のようなものが現れたり、

最後はグロテスクなタコのような物体が浮かび上がる。

全く意味不明。

さらに3幕では、

タンホイザーとエリーザベトの御棺のような物が置かれているが、

そこには「クラウス」と「アンネッテ」と書かれていた。

歌手の名前とはどういう事?

とにかく最近のオペラは意味不明な演出が多く音楽に集中できない。

困ったものだ。


最後に歌手について。

タンホイザーのクラウス・フロリアン・フォークトはさすがの美声であるが、

彼にはこの役には向いていないのでは?

もっともクラウスの「ローエングリン」のタイトルロールが

本当に素晴らしいからかもしれない。

エリーザベトのアンネッテ・ダッシュも

「ローエングリン」のエルダの印象が強く私には何か物足りなかった。

「タンホインザー」の主役とも言えるヴォルフラムのマティアス・ゲルネには

少しガッカリさせられた。声が不調だったかも?

聞かせ所の3幕の「夕星の歌」では歌声が小さく感動できなかった。


良かったのはバイエルン国立歌劇場の合唱団。

舞台裏からのppによる合唱を聞いていて鳥肌が立ってきた。

またクライマックスの「巡礼の合唱」は本当に力強く、

NHKホールという巨大なホールでも男性合唱が朗々と響いていた。


ペトレンコの「タンホイザー」、期待していたほどの感動は得られなかったが、

素晴らしい合唱を生で聴けて、

わざわざ東京まで聴きに行った甲斐があった思った。



by osamukunn | 2017-09-27 08:18 | クラシック音楽 | Comments(2)

昨日から東京にきています

今日、バイエルン国立歌劇場の来日公演のタンホイザーを観にいきます。
初来日のペトレンコの指揮が楽しみです。
ただし会場が音響が悪いと言われているNHKホールなのが心配。

b0177792_08491916.jpg

by osamukunn | 2017-09-25 08:40 | 日常 | Comments(0)

宮古島旅行記ー4

<4日目>(9月14日)
一夜明けて風雨は大分治まったがまだ暴風雨警報が出されていた。
羽田行の臨時便は12:35発であったが、
那覇便がキャンセンル待ちで搭乗できるかもしれないとのことで
7:50ホテル出発になった。

通常であればバスが迎えにくるが、暴風雨警報が出ている時にはバスを運行できないようで、
各人タクシーの乗り合わせで空港に向かうことになった。
b0177792_07373327.jpg
費用は当然各人で支払うことになった。


空港に向かう途中、信号機が動作しておらず街全体が停電していることを初めて知った。
ホテルには自家発電装置が備えられていたので停電していることが分からなかった。
写真を撮れなかったが、車が横転していたり街路樹が倒れている風景を見て、
改めて台風18号が宮古島を直撃したことを実感した。



More
by osamukunn | 2017-09-23 08:20 | 旅行 | Comments(0)

宮古島旅行記ー3

<3日目>(9月13日)
本来の日程では、この日も観光し
17:35のフライトで那覇経由でセントレアに帰る予定であった。

しかし、この日の宮古発のフライトは台風18号の影響で全て欠航になってしまった。
私はスマホでフライト欠航のことを知っていたが、
ツアー客のほとんどは朝食時に添乗員から知らされ驚いていた。
そして、添乗員は空港に明日のフライトの空席待ちの順番を取りに行くとになった。

ホテルは延泊になり、料金は朝食込みで一人6,480円とのこと。
夕食を付けるとプラス1200円ぐらいだったが、
私達は、前日、前々日の夕食から夕食なしにした。

朝食後、まだ風雨がほとんど無かったので近所のコンビニに
飲み物や食べ物の買い出しに出かけた。
b0177792_07511900.jpg
昼ごろから風雨が激しくなってきた。
b0177792_07521275.jpg
写真では分かりずらいので動画を。

風雨はますます激しくなり、この日は一日ホテルにカンズメになった。


空港から帰ってきた添乗員に聞くと、明日の空席待ちは40番から40人取ったとのこと。
我々ツアー客の順番は阪急交通社の指示で申し込み順にするとのことで、
我々は11,12番目だった。
しかも、明日の宮古ー那覇便に乗れても那覇からセントレア便に乗れる保証もない。

このような状況では乗継便の確保は難しいと考え、
ANAの宮古ーセントレアの直行便の状況を問い合わせてみたら、
明日は満席だが明後日は空席があることが分かった。

国内便の場合、予約をし出発20分前までに料金の支払いが無い場合は、
手数料無しで自動的にキャンセルになることを知り、
とりあえず明後日のANA直行便を押さえることにした。
私がANAに電話をしている時に側に居たツアー客も席を確保して欲しいとのことで、
8名分の予約を入れた。

夕方、ホテルの部屋に添乗員から電話があり、
明日の宮古ー羽田の臨時便に40名の席が確保出来た。
東京からは自費で帰る必要があるが、どうしますか?との事であった。
私が「ツアー客の他の人には連絡をしたのか?」と聞いたら、
まず私に電話したとのこと。
私は添乗員に、一人一人電話するのではなくツアー客全員を集め、
臨時便が確保できたが東京からは自費になることを説明した方が良いとアドバイスした。
全員集まった結果は、ツアー客全員が臨時便で帰ることになった。

部屋には電子レンジもあり、
コンビニで買ったフライドチキンをビールと共に食べたが妙に美味しかった。
b0177792_08132158.jpg

夜には台風の影響で猛烈な暴風雨になり、ビルが風で揺れるという貴重な経験をした。


by osamukunn | 2017-09-22 08:15 | 旅行 | Comments(0)

宮古島旅行記ー2

<2日目>(9月12日)
9時にホテルを出発して宮古島観光が始まった。
添乗員から「会社の方から台風が近づいているので
明日の分も出来るだけ廻るようにとの連絡があった」との説明があった。
今日、慌てて廻るよりも昨日少しでも観光しておいた方が良かったのにと思ったが
仕方がない。

最初は伊良部島に向かい伊良部大橋を渡る。
b0177792_08591334.jpg
左側に橋の一部が見える。


b0177792_09000264.jpg
その部分を拡大してみた。


伊良部大橋の全景が見える場所には案内されなかったのでネットで全景写真を入手。
b0177792_09040612.jpg
この橋の最も高い所で恋人にプロポーズした若い男性が落下して死亡したのは、
記憶に新しいところ。
その場所には花束が添えられていた。



More
by osamukunn | 2017-09-21 09:55 | 旅行 | Comments(0)

宮古島旅行記ー1

今回の基礎データー。

訪問国:日本、宮古島
期間:17.9.11-14(4日間、台風で1日延長)
ツアー会社:阪急交通社
ツアー料金:50,000円(観光、朝夕食付)+620円(空港利用税)

<1日目>(9月11日)
阪急から送られてきた旅行案内を見ると、海が綺麗な観光地が多く、
料金も5万円と安かったのでネットで申し込んだ。

宮古島へは那覇経由のJTA便になっていて出発時間は8:45。
集合は国内旅行のため1時間前の7:45であったが、
カードラウンジが開く7:20前ぐらいに空港に着いた。

b0177792_09161750.jpg
セントレアにはカードラウンジが2つあるがUCSが使える方は7:20しかOPENしない。
もう一つのラウンジのように7時からOPENして欲しい。




More
by osamukunn | 2017-09-20 09:23 | 旅行 | Comments(0)

懸賞バス旅行

懸賞日帰りバス旅行の途中ですが、小牧のビーナスという宝石店で90分カンズメになりました。
1人3900円の特別価格ということで二人で参加したのですが、
無料という人もいました。
今から彦根に向かいます。
なお、ビーナスで何人かが騙されて?宝石を買っていました。
b0177792_11311747.jpg

by osamukunn | 2017-09-19 11:22 | 旅行 | Comments(0)

スキン画像:トルコ・エジプト㉕:カッパドキアの犬

宮古島で遭遇した台風18号に再会することになりました。
まだ風雨とも全くありませんが夜の台風接近に備えて自転車を縛るなどの準備をしました。


次のスキン画像も2013年3月のトルコ・エジプト旅行から25枚目。
b0177792_16130380.jpg
トルコでは多くの野良犬や野良猫を見かけました。
ひょっとしたら首輪が付いてないだけで飼い犬だったかも?


by osamukunn | 2017-09-17 16:14 | スキン画像シリーズ | Comments(0)


団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

セントレアのカードラウン..
by osamukunn at 07:59
今、投票しました。 シ..
by osamukunn at 08:35
雨が結構降っているので競..
by osamukunn at 08:47
明日中止になるか分かりま..
by osamukunn at 20:41
秀さん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 13:51

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧