<   2016年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

オリンピック返上

面白い記事を見つけました。

 【「東京オリンピック返上」という選択を真面目に考えてみる】(現代ビジネス)

b0177792_1492494.jpg


一般企業において、大きな費用削減のためには思い切った改革が必要なことは自明の理です。

小池東京都知事は、オリンピック費用削減のために3会場の変更を提案したのですが、
IOC、組織委員会の「一度決まった事は変更しない。変更したくない」という
役所的発想を打ち破ることが難しくなってきました。

都政改革本部・顧問の上山慶応大学教授は、
以前から「こんな事ではオリンピックを開催しようという都市は無くなってしまう」 と、
IOC、及びオリンピック組織員会の態度を批判しています。

こうなったら、小池さんは、この記事のような”ちゃぶ台返し”の検討をしたらどうでしょうか。
by osamukunn | 2016-11-30 14:11 | 日常 | Comments(0)

オリンピック4者協議

午後2時からインターネット及びTVのワイドショーでオリンピック4者協議を見ていました。
コーツIOC副会長、デュビ・エグゼクティブディレクターは英語で話しましたので、
同時通訳が無いため理解できなかった人が多かったと思います。
私も1/3ぐらいしか理解できませんでした。

b0177792_162432.jpg


会議の最後にコーツ氏が「またクリスマスにお会いしましょう。Bye!」と言ったにもかかわらず、
”ゴゴスマ”の司会者石井アナが「休憩に入ったのですかね」と話しても、
もう終わったと指摘する人は誰も居ませんでした。
あんな簡単な英語も理解できないのでしょうか・・・

会場に関しては、バレーボール会場が結論持ち越しになり、
クリスマスまでに決めることになりました。

横浜アリーナは周辺の道路アクセスなどに問題ありそうで、果たしてどうなるのか?
バレーボールは国立代々木競技場にして、代々木で開催予定のハンドボールを他の会場、
例えば幕張メッセに移す案が良さそうです。
しかし、1か月でハンドボール協会の了解を得るのは難しそうですね。

小池さんとしては、3敗では無く何とか1勝2負に持ち込みたいでしょうね。

それにしても森組織委員会会長は老害ですね。
「横浜市は迷惑と思っている」とか「3兆円という数字が一人歩きするのは迷惑だ」など、
場をわきまえない発言が目立ちました。
by osamukunn | 2016-11-29 15:58 | 日常 | Comments(0)

スキン画像:九寨溝・黄龍・西安㉑:兵馬俑坑④

ジャパンカップはキタサンブラクが楽勝しました。
2,3着には差し馬が入着していますので勝ち馬の力が抜けていたということでしょう。

馬券は、キタサンブラックだけは来て欲しくないとと思っていたら見事に1着で惨敗です。


次のスキン画像も2012年9月の九寨溝・黄龍・西安旅行からの21枚目。
b0177792_16514100.jpg

by osamukunn | 2016-11-27 16:08 | スキン画像シリーズ | Comments(0)

ジャパンカップ(推理)

もういいかげん国際招待レースの看板をおろしたらどうか。
この時期、外国の超一流馬は日本のジャパンカップでは無く
来月の香港のレースに出走するのが当たり前になってしまった。
日本には超一流の騎手は来ても馬は来なくなった。

昨年は牝馬のショウナンパンドラが見事な差し足を発揮し優勝した。
b0177792_17352749.jpg

           目に着いたのはムーア騎手の上手さ
        7番人気のラストインパクトをクビ差の2着に持ってきた
             馬券はカスリもしなかった


いつものように過去10年のデーターを分析する。

①【外国馬】
 外国馬の好走は極めて少なくなっており、ここ10年で入着したのは、
 06年3着のウイジャーボードただ1頭
   
②【外国人騎手】
 2-4-4-48 デムーロ、ルメールは除く。
 デムーロ、ルメールも加えると毎年3着内に外人騎手騎乗の馬が入着 。
 特に日本馬に騎乗すると6-6-6-24(00年以降)の好成績
 →外人騎手+日本馬は馬券対象から外せない
 →サウンズオブアース、リアルスティール、レインボーライン
 
③【関東所属騎手】
 0-1-1-40 入着は09年2着オウケンブルースリ内田騎手(ただし馬は関西馬)と
       昨年3着のスピルバーグ北村宏騎手のみ
 →ゴールドアクター、ディーマジェスティ、フェイムゲーム、ルージュバック
 
④【09~15年の勝ち馬】
 優勝馬6頭は、いずれも前年以降に東京競馬場で行われたGI で連対経験があり、
 なおかつ5歳以下の馬だった。
 また、この6頭は前走が同年10月以降に行われたGI(秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋))だった点や、
 前走で6着以内だった点、前走の単勝人気が4番人気以内だった点も共通している。
 昨年の勝ち馬ショウナンパンドラは東京競馬場でのGⅠ連対経験は無かったが、
 前年でGⅠを勝っている。前走は天皇賞・秋で4着、5番人気であった
 →ルージュバック

⑤【東京GⅠ実績】
 3着以内に入った日本馬延べ28頭中25頭は
 前年以降に東京競馬場で行われたGI で4着以内に入った経験があった。
 →ディーマジェスティ、ビッシュ、ラストインパクト、リアルスティール、ルージュバック

⑥【GⅠ勝利】
 G1未勝利馬は5頭しか入着していないが、
 5頭中3頭は、その年のGⅠで3着以内に好走していた
 →サウンズオブアース、トーセンバジル、ヒットザターゲット、ラストインパクト
  ルージュバック、ワンアンドオンリー


⑦【GⅠの人気】
 4走前までにGI で単勝3番人気以内に支持されたものの4着以下に敗れていたという経歴をもつ馬が、
 過去10年のうち2006年と2008年を除いたすべての年で連対している。
 なお、昨年2着のラストインパクトがGⅡで3番人気で6着に敗退
 →ゴールドアクター、ディーマジェスティ、ビッシュ、ルージュバック
  
⑧【年齢】
 3歳 (2-3-2-24)
 4歳 (6-3-2-36)
 5歳 (2-3-4-36)
 6歳 (0-1-0-22)
 7歳上(0-0-2-20)
 →ヒットザターゲット、フェイムゲーム、ラストインパク
   
⑨【牝馬】
 牝馬は5-2-3-15と好走例多い。
 ただし、エリザベス女王杯組は0-1-0-5と不振
 →ビッシュ、ルージュバック
  
⑩【前走レース】
 天皇賞・秋 6-6-7-44 06以外毎年3着以内に入着している。
            入着した19頭中16頭は5番人気以上
 菊花賞 1-1-0-9 入着した2頭は2着以内だった
 秋華賞 1-0-1-1 入着2頭は秋華賞の勝ち馬
 凱旋門賞 1-2-1-10 入着4頭はいずれも日本馬
 エリザベス女王杯 0-1-0-5 
 アルゼンチン共和国 1-0-0-9
 京都大賞典 0-0-0-9
 オールカマー 0-0-0-1

他の3着内馬は、
06年の3着ウィジャボード(外国馬)と08年の1着スクリーンヒーロー(前走アルゼンチン共和国杯)
→前走レースで買えるのは、
 リアルスティール、ルージュバック、レインボーラインの僅か3頭
 
⑪【前走着順、人気、着差】
 前走7着以下で3着内に好走したのは僅か3頭(凱旋門賞除く)
 前走6番人気以下は0-2-2-45 着差1秒以上は0-0-2-39
 →ヒットザターゲット、フェイムゲーム、ラストインパクト、ワンアンドオンリー

⑫【7月以降の出走回数】
 0回:0-0-0-5 1回:5-2-2-29 2回:4-7-7-48 3回;0-1-0-32 4回以上:1-0-1-24
 1回もしくは2回の馬が好走
 →トーセンバジル
 
⑪【当日人気】
 連対馬20頭中16頭はⅠ~5番人気 残り4頭は6~9番人気

データー分析からのプラス馬を赤文字、マイナス馬を青文字で表した。


◎リアルスティール
 ②⑤⑩のプラス要因がありマイナスは無い。
 ムーア騎乗が魅力で外差しの馬場になりそうで8枠もプラス。
 以前のような引っ掛かり癖も無くなり直線外から確実に差してくるだろう

〇ルージュバック
 ④⑤⑦⑨⑩と最もプラス要因が多い馬。ただし、③⑥とマイナス要因もある。
 前走の敗退で人気も下がると思われるので外差しが決まる展開も期待して主力で狙ってみたい。
 また戸崎騎手は今日6勝しており一時の不調も完全に脱した感があり、
 ルージュバックに悲願のGⅠを獲らせて欲しい

▲レインボーライン
 古馬一線級とは初対戦になるが②⑩のデーター面のプラスが魅力で主力で狙ってみたい。
 ただし、現状では力不足の可能性もあり惨敗も考慮しておきたい

☆ディーマジェスティ
 ⑤⑦のプラス要因はあるが、③(関東騎手)
 ⑩菊花賞組の好走条件に当てはまらないというデーターがマイナスで4番手評価とした。
 東京2400ではレインボーラインより力を出せる可能性があり、これ以上印は落とせない

△1シュヴァルグラン
 データー分析からのプラス要因無し。⑩アルゼンチン共和国杯からの参戦もマイナス。
 前走の快勝で力を付けてきている所を見せたのでGⅠでも好走できるかもしれない。
 押さえは必要

△2ゴールドアクター
 プラス要因は⑦だけであり、③(関東騎手) ⑩オールカマー組みというデーターがマイナスで
 人気もするのであくまで押さえまでの評価とした。
 この馬の狙いは次の有馬か?

△3サンズオブアース
 ②は魅力だが⑥がマイナス要因で⑩京都大賞典組のため買っても押さえまで

×ビッシュ
 ⑤⑦⑨のプラス要因は魅力だが、⑩秋華賞組の好走条件には当てはまらない、
 騎手幸は大きなマイナス要因で買っても豆券押さえまで

×キタサンブラック
 シュヴァルグランと同じようにデーター分析からのプラス要因無し。⑩京都大賞典組、
 1番枠を引いて逃げなければならない展開面も大きなマイナスで危険な人気馬

注イラプト
 ①より外国馬は不要と思われるが、この馬は2年連続出走、
 好位付け可能、フランスディーリングのブドーが魅力で、豆券押さえておきたい

他の7頭はデーター面、成績面から買い目無し。


馬券は悩ましい。
先週のマイルCSのようにリアルスティールからの馬連と3連複を買おうと思っていますが、
先週のイスラボニータほどの自信が無い。
人気を落とした戸崎ルージュバックからも流そうか、
上位評価の馬連BOXでも高配当が期待できるのでBOX馬券にするのか悩ましい。
by osamukunn | 2016-11-26 17:41 | 競馬 | Comments(0)

トランプ・ラリー

今日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸し、
終値は、前営業日比170円47銭(0.94%)高の1万8333円41銭と1月5日以来の高値で引けました。

アメリカ大統領選でトランプ氏が勝利して以来、
アメリカの景気上昇→アメリカ金利上昇→ドル高(円安)→日本株式上昇という流れになっています。

b0177792_1543333.gif

              日経平均株価の日足チャート


日足チャートを見ると、かなり過熱感が出ていますので一旦調整局面入りする可能性がありますが、
中長期的には大きな相場がスタートしたと考えられます。

個人的には、このトランプ・ラリーで持ち株の評価額も上昇していますが、
ポートフォリオを為替に影響されない銘柄にシフトしていたこともあって、
日経平均ほどのパフォーマンスを得られていません。

年末も近くなっていますので、年間損益の確定、銘柄の入れ替えなど、
しばらく株式相場から目が離せなくなってきました。
by osamukunn | 2016-11-24 15:41 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

11月度男爵クラブ

早朝東北地方で地震があり津波も発生したのですが大きな被害は出てないようで良かったです。
今年から神社の祭事長は卒業し防災指導員になったので今月2回ほど訓練があったのですが、
いざ災害の時に訓練通りに動けるかというと疑問ですね。

昨日11月の男爵クラブがありました。

作ったのは以下の4品。

■炒飯
■三つ葉のワサビ和え
■冬瓜汁
■スイートポテト
b0177792_1594689.jpg

        スイートポテトを担当したのですが、さつまいもの皮むきが大変でした
         皮が硬いので手を切るといけないので、皮を切り落としました
          また、裏ごしも一人では大変なので手伝ってもらいました
             苦労したせいか4品の中では一番の味でした


b0177792_151397.jpg

b0177792_15132664.jpg

by osamukunn | 2016-11-22 15:13 | 日常 | Comments(0)

ハワイ旅行記―最終

<14,15日目>(10月18,19日・火―水)
ハワイ旅行もいよいよ帰国日になった。

借りていたコンドニニアムの冷蔵庫を空にする必要があるので最終日の朝食は初めて外食にした。
行ったレストランはコンド近くの「シーサイド バー & グリル」。
ハワイに来ると毎回夕食で訪れる店。
b0177792_12221559.jpg

          食べたのは$4.95のブレックファースト・スペシャル
         コーヒーを入れると二人でチップ込みで$17.83だった
               やはり外食は高い
          (カメラを忘れたのでネット記事から写真を引用した)

More
by osamukunn | 2016-11-21 12:44 | 旅行 | Comments(0)

スキン画像:九寨溝・黄龍・西安⑳:兵馬俑坑③

JRAはGⅠマイルCSで今後大きな問題になる審議の裁定を行いました。

マイルCSの直線で浜中・ミッキーアイルが苦しくなって外側にヨレ、
その影響でムーア・ネオリアリズムが外に脹れ、
ネオリアリズムとイスラボニータの間を狙っていた
川田・サトノアラジンと豊・ディサイファが大きな不利を受けました。
JRAの裁定は「この事象が無くても順位が変更することが無い」ということで、
到着順位通りに確定しました。
不利が無かった場合、確かにネオリアリズムはミッキーアイルに先着する脚は残っていなかったが、
サトノアラジンとディサイファがミッキーアイルに先着していた可能性はあります。
以前のJRAの裁定では1着になったミッキーアイルがディサイファの後ろに降着になり、
そうなると4着のダノンシャークが3着に繰り上がり、16万の3連複が的中していました。涙。007.gif

とにかくJRAは大きな誤裁定をしたと考えます。
明日以降のマスコミの対応に注目します。

なお、馬券の方は馬連、3連複が的中して、掛け金が約倍になりました。


次のスキン画像も2012年9月の九寨溝・黄龍・西安旅行からの20枚目。
b0177792_16222085.jpg

by osamukunn | 2016-11-20 16:22 | スキン画像シリーズ | Comments(0)

マイルチャンピオンS(推理)

今年の秋はハワイ旅行などでGⅠ推理を書けないことが多く競馬フアンの方には
申し訳ないと思っています。

昨年のマイルチャンピオンSはムーア騎乗のモーリスが半年ぶりのレースにもかかわらず
見事に1着となりました。
b0177792_1614669.jpg

        ブログを見ると馬券は得意?の取りガミだったようです


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【ディープ産駒】
 ディープインパクト産駒が出走しだした2011以降の5年間の入着馬15頭中6頭が
 ディープ産駒で、12年以降、毎年1頭は入着している。
 京都マイルの馬券はディープ産駒を狙うのが鉄則

②【GⅠ実績】
 3着までの入着馬28頭中(外国馬除く)27頭はGⅠレースの経験有り。
 また、28頭中21頭は、GIにおいて3着以内に入った経験があった

③【同年安田記念から巻き返し】
 同年の安田記念で4着以下に敗れていた馬が、2011年を除いたすべての年で連対している

④【Gレース実績】
 3着までの入着馬28頭は昨年2着、一昨年2着のフィエロを除いてGレースの勝ち馬。
 また、同年の春と秋に芝1400~1800mのGII に出走していたという馬が
 2011年を除いて連対している

⑤【前走GⅠ、GⅡ実績】
 日本馬28頭中21頭は、前走でGIまたはGIIに出走していた。
 前走がGIまたはGII以外のレースだった日本馬で、
 そのレースで2着以下に敗れていた馬は1-1-0-46

⑥【年齢】
 3歳 (0-0-1-35)
 4歳 (3-5-4-25)
 5歳 (4-4-4-42)
 6歳 (2-1-1-31)
 7歳上(1-0-0-16)
 3歳、6歳、7歳以上は苦戦。
 6歳ダイワメジャー、8歳カンパニーは1番人気であった。
 一昨年は8人気の6歳馬ダンシャークが穴を演出した

⑦【前走レース】
 天皇賞・秋4-1-1-14     入着した6頭全てがG1で連対経験があった
 富士S2-2-1-45      3着内5頭中3頭は同レースの勝ち馬
               残り2頭は2走前に芝1600戦で連対していた
 スワンS1-5-2-33      3着内8頭中5頭は同レースで連対。もう1頭も3着だった。
               例外2頭は高松宮記念3着以内の実績があった
 スプリンターズS 0-1-1-5  3着内2頭は全てGⅠで連対
 毎日王冠0-1-1-11     2着馬はGⅠで連対。3着は昨年のグランデッツァで
               GⅠ皐月賞で5着の成績があった
 なお、穴馬はスワンS、富士Sからのローテに多い
 ☆前走富士S
  2014年1着ダノンシャーク (8番人気)
  2011年1着エイシンアポロン(5番人気)
  2009年2着マイネルファルケ(14番人気)
 ☆前走スワンS
  2010年1着エーシンフォワード(13番人気)
  2008年3着ファイングレイン (10番人気)
  2006年3着シンボリグラン  (8番人気)

⑧【前走着順着差】
 1着 (5-4-4-19)
 2着 (0-2-1-14)
 3着 (1-1-2-15)
 4着 (0-0-0-15)
 5着 (0-0-2-10)
 6~9着(4-3-1-37)
 10着以下(0-0-0-39)
 1着、6~9着は好走例多いが、4、10着以下は1頭も入着していない。
 また、6~9着からの巻き返しは天皇賞(秋)やスプリンターズS組が多い
 
⑨【前走人気】
 前走10番人気以下且つ当日5番人気以下:0-0-0-34

⑩【間隔】
 3着までの入着馬28頭の間隔は、昨年1着モーリス以外全て中2週~中9週。
 
⑪【人気】
 連対馬20頭中16頭は5番人気以内。
 ただし、1番人気馬は過去6年で未勝利の上、ここ3年は連対すら果たしていない。
 単勝オッズ3.9倍以下は7頭出走し全て入着、2.9倍以下は3頭出走し全て連対している。
 6番人気以下で連対した馬は、一昨年8番人気で1着になったダノンシャーク、
 残り3頭は全て二桁人気馬で09,10,11年と3年連続した


◎イスラボニータ(2番人気)
 このところ勝ちには見放されているが今回はマイルGⅠ勝利の最大のチャンスを迎えた。
 昨年は天皇賞・秋からの参戦で、しかもレースで出遅れたにもかかわらず追い込んでの微差3着。
 今年は富士Sからの参戦で明らかにローテーションは楽。
 ルメールへの乗り替りも心強く主力で狙ってみたい

〇フィエロ(8番人気)
 ディープ産駒の7歳馬。この馬にとっては最後のマイルGⅠ勝利のチャンス。
 前走の敗退で人気を落とすのはラッキーで狙い目充分。
 心配は7歳という年齢だけ。勝つのは難しいとしても、2,3着なら充分の実力馬

▲サトノアラジン(1番人気)
 ディープ産駒の5歳馬。前走の快勝で人気するだろう。
 春の安田記念でも4着に好走しているのでGⅠを好走するだけの実力がついているか?
 しかし、トライアル勝ちの人気馬、追い込み馬の内枠という心配材料もあり軸では狙い辛い

☆ディサイファ(11番人気)
 ディープ産駒の7歳馬。マイルの印象薄いが、GⅡ勝ちの実績がありこのメンバーなら
 豊が内々をついて好走する可能性があり穴で是非とも狙ってみたい

△ガリバルディ(9番人気)
 ディープ産駒の5歳馬。まだGⅠ舞台は敷居が高い気がするが、
 フィエロと同厩、京都実績、福永と買い材料ありこの馬も穴で狙ってみたい

△ミッキーアイル(4番人気)
 ディープ産駒の5歳馬。スプリンターズSからの参戦がイヤ気。
 マイルで5勝しているので無視は出来ないが、あくまで押さえまでの評価

×マジックタイム(7番人気)
 距離適性から先週のエリザベスでは無く牡馬混合のGⅠに挑戦してきた。
 牡馬混合のGⅢ勝ちの実績あるが、このメンバーに入ると押さえまでの評価

×サトノルパン(10番人気)
 ディープ産駒の5歳馬。明らかに実力不足であるがデムーロが怖いので豆券押さえ必要か?

穴ダノンシャーク(14番人気)
 ディープ産駒の8歳馬。①②③④⑤を満足するのはこの馬だけ。8歳馬の為、用無しと思われるが、
 内々を廻って展開恵まれれば入着あるかもしてない

穴クラレント(15番人気)
 天皇賞・秋からの参戦が不気味。この馬も7歳馬のため評価を下げたいが、
 ②③④⑤を満足しており、久々に岩田の一発があるかもしてない

その他の人気馬
ヤングマンパワー(3番人気) 3連勝してGⅠに挑戦してきたが、
             この手の馬は人気先行して凡走のパターンがほとんど
ロードクエスト(5人気) 3歳馬、京都馬場が合おうとも思えず危険な人気馬で買い気なし
ネオリアリズム(6人気) ムーアで人気しているが何故このレースを使ってきたか理解できず


馬券はイスラボニータから強弱を付けて馬連を流したい。
また3連複を押さえたいが、消せる馬が多いので1頭軸で買おうかと思っています。
また、穴のディサイファ、ガルバリディからの3連複も豆券買おうと思っています。
by osamukunn | 2016-11-19 16:16 | 競馬 | Comments(0)

ハワイ旅行記ー13

<13日目>(10月17日・月)
明日は移動日なのでハワイも残り1日となった。
以前いつも行っていたクレージーシャツのアウトレット店に最近ごぶさたしているので行くことにした。

ワードセンターまでは当然TheBUS。
b0177792_954241.jpg

              日本人は我々だけだった

More
by osamukunn | 2016-11-18 10:04 | 旅行 | Comments(0)


団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

pyonpyonさん、お..
by osamukunn at 06:14
伊良湖ビューホテルに泊ま..
by pyonpyon at 00:03
町内の有志の集まり大門ク..
by osamukunn at 09:37
将棋を教えるのはもう少し..
by osamukunn at 09:34
そうですね。藤井四段は5..
by pyonpyon at 00:39

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧