カテゴリ:競馬( 251 )

皐月賞(推理)

先週の桜花賞でやっと馬券を的中させることが出来ました。
今週は、クラシック第2弾の皐月賞を推理します。

昨年はリオンディーズ、サトノダイヤモンド、マカヒキの3強対決で盛り上がっていましたが、
勝ったのは蛯名の好騎乗に導かれた8番人気の関東馬ディーマジェスティ。

b0177792_1631399.jpg

          馬券は自信を持ってリオンディーズから買ったのですが
             デムーロの暴走でパーになりました

いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【重賞実績】
 入着馬30頭中28頭は過去3走での芝の重賞で連対実績があった。
 例外以下の2頭。
 10年2着ヒルノダムール(6人気) 若葉S2着←若駒S2着←ラシオNIKKEI4着
 09年2着トライアンフマーチ(8人気) 若葉S2着←未勝利1着←未勝利4着
 
②【重賞勝利実績】
 優勝馬10頭中7頭は同年の2月以降にJRAの芝1800m以上の重賞で
 優勝経験がある馬だった。
 例外は15年ドゥラメンテ、08年キャプテントゥーレ、07年ヴィクトリーの3頭だが、
 いずれもGレースの連対実績があった

③【血統】
 一昨年まではディープ産駒が0-2-2-12と勝利していないGⅠレースであったが、
 昨年はディープ産駒が1,2,3着と独占した。
 どちらかと言うと、キンカメやステイゴールドのようなパワー系の血統馬が好走しやすい

④【前走レース】
 11年から共同通信杯、スプリングSで連対した馬が勝っている。

 共同通信杯:4-0-2-4 3連勝中。
            入着馬6頭中4頭は1番人気で残り1頭も2番人気だった
            入着馬6頭中5頭は2着以内
            入着馬6頭中5頭は上がり2位以内
 スプリングS:3-2-2-42 入着馬は全て5番人気以内でGレース勝ちの実績あり
 弥生賞:2-5-3-35 入着馬10頭中9頭はGレース勝ちの実績があり、
          うち8頭は2番人気以内
 若葉S:1-3-1-18 入着馬5頭は全て連対。入着馬5頭中4頭は1番人気
 京成杯:0-0-1-3 10年にエイシンフラッシュが3着に入着したが、1番人気で1着だった
 きさらぎ賞:0-0-1-8 昨年サトノダイヤモンドが3着
 毎日杯:0-0-0-13 アーリントンC:0-0-0-4 と入着馬なし 
 
⑤【前走着順】
 1着  (8-4-5-47)
 2着  (1-3-2-28)
 3着  (0-1-1-21)
 4着  (1-1-0-7)
 5着  (0-0-0-4)
 6~9着(0-1-2-23)
 10以下(0-0-0-17)

 前走1着2着がほとんどで好走の条件は4着まで。
 前走5着以下から巻き返して3着以内に入った3頭には、重賞を優勝した実績があった。
 また、前走着差1.0秒以上負けの馬は0-0-0-25

⑥【前走人気】
 前走5番人気以下は0-1-0-47で大苦戦。
 連対したのは2008年2着タケミカヅチで前走弥生賞3着馬

⑦【無敗馬】
 無敗馬は0-1-3-4と勝ち馬がでていない

⑧【牝馬】
 0-0-0-1 14年にバウンスシャッセが出走したが12番人気で11着だった。
 ファンディーナが勝てば69年ぶりの牝馬優勝となる

⑨【東西所属】
 栗東:6 8-8-93 美浦:4-2-2-54
 ただし、近4年は関東馬が4連勝している

⑩【前走1番人気1着馬】
 前走Gレース及び若葉Sで1番人気で1着になった馬が馬券に絡まなかったのは
 08年と15年と16年であるが、08年と15年は該当馬が出走していなかった。
 16年はGレースで2番人気で1着だった

⑪【年明けレース数】
 過去5年、年明け3戦以上した馬は21頭いたが、
 12年2着ワールドエース15年3着キタサンブラック以外は入着できず

⑫【ローテーション】
 中10週~:0-0-4-13と連対馬がいない

⑧【当日人気】
 6番人気以下も3-4-3 と10頭も入着している穴レース。
 ただし、近5年の6番人気以下馬の入着は僅か2頭(15頭中)であるので、
 そろそろ複数の人気薄馬が激走するか?


◎アウトライヤーズ
 今年、最も本番に近い前哨戦はスプリングSだったと考える。
 そのレースの勝ち馬ウインブライトと比較すると、
 昨年暮れのひいらぎ賞ではこの馬が1番人気で勝利しており、
 その前の百日草特別でもカデナとハナ差のレースをしている。
 前走の2着で人気を落としているし、GⅠで穴を演出する今年好調の田辺も魅力。
 思い切って穴で大きく狙ってみたい

〇ウインブライト
 いかにも皐月賞が向きそうな馬で、
 前走と同じように3角途中から強気に大外をマクル競馬をするだろう。
 このメンバーでは勝ち切るまでは難しいとしても馬券からは外せない馬

▲アルアイン
 好走実績が無い毎日杯組であるが前走の時計が優秀であること、
 2走前のシンザン記念は直線で大きな不利があったレースで度外視できること、
 ディープ産駒も魅力で穴で狙ってみたい

☆サトノアレス
 ④の前走レースの入着条件を満足するのは、この馬とスワーヴリチャード、カデナの3頭のみ。
 GⅠ馬の叩き2走目、戸崎も魅力で、この馬も是非とも主力で買ってみたい

△カデナ
 前走の弥生賞はスローペースで決めて勝負になったレースで皐月賞には直結しないと推理した。
 牡馬クラシックに弱い福永、人気面から、あくまで押さえまでの評価としたい

△ペルシアンナイト
 好走実績が無いアーリントンC組で本来は消したい馬だが、
 GⅠの鬼デムーロが怖いので押さえは必要

×スワーヴリチャード
 最近好走が目立つ共同通信杯の勝ち馬で注目を集めているが、
 ここ2走は連続して出負けしており、
 出負けした場合の内枠、中山は初めて、人気面からも買っても豆券押さえまで

×レイデオロ
 昨年暮れ以来のローテーションが最大のマイナス材料。狙いは次のダービーか?
 前走の勝利は相手に恵まれた感もあり、この馬も買っても豆券押さえまで

大穴コマノインパレス
 前走は休み明けのレースで、しかもスローペースに溜めが効かず向正面から脚を使って
 直線イキ切れしてしまった。
 3走前の葉牡丹賞ではレイデオロの2着、その後京成杯のGレースを勝っており、
 このメンバーでも好走する可能性あり。弥生賞でも3番人気しており、
 大きく人気を落としているので是非とも大穴で狙ってみたい

牝馬の挑戦で話題になっているファンディーナは⑪のデーターもマイナスで、
危険な人気馬と推理し予想は無印にした。
(馬券は取りガミ覚悟で押さえるかもしれません)


馬券は難しい。
確たる軸馬がいないので◎〇▲☆△△大穴の7頭馬連BOXが勝負馬券です。
この7頭から、他の馬(プラチナボイス、ダンビュライト)への
馬連も豆券押さえるかもしれません。
とにかく、数点で馬券が当たるとは思えない大混戦レースと推理します。
by osamukunn | 2017-04-15 16:08 | 競馬 | Comments(1)

桜花賞(推理)

今年は馬券が本当に当たりません。
いよいよクラシックシーズンの開幕で今週は牝馬限定のクラシック第1弾桜花賞。
何とか悪い流れを断ち切りたいものです。

b0177792_16291052.jpg

        デムーロ騎乗のジュエラーがシンハライトにハナ差の勝利
         ブログを見ると3連単、馬連が的中したようです
        

いつもの様に阪神コースが改装された2007年以降の過去10年のデーターを分析します。
ソウルスターリングにとってイヤなデーターもありますが果たして結果は・・・。

①【ディープインパクト産駒】
 11年よりディープインパクト産駒が出走するようになったが14年まで4連勝。
 15年は2,3着馬、昨年は2着馬がディープ産駒であった。
 11年以来、連対馬12頭中8頭、3着内18頭中9頭がディープ産駒

②【マイル実績】
 12年の3着馬、13年の1~3着馬、15年の3着馬、昨年の3着馬を除いて
 マイル以上の距離で勝っていた。
 ただし、この6頭はいずれもマイルの経験があった
 また、07年以降の勝ち馬は全て本番の阪神1600を経験していた。
 
③【3戦以上の無敗馬】
 6頭が出走したが2着が2頭という成績。
 無敗馬の勝利は04年のダンスインザムード以来ない

④【早期デビュー】
 過去10年、前年の10月末日までにデビューして、
 なおかつキャリア6戦以下で桜花賞に臨んだという馬が毎年1頭だけ連対している

⑤【牡馬混合Gレース】
 ここ3年、牡馬混合Gレースで入着した馬が勝利している


⑥【前走レース】
 チューリップ賞:8-4-5-27 好走例多い。連対馬12中11頭は2番人気以内
 クイーンC:0-3-1-14 3着内4頭中3頭は2番人気以内または2着以内
             08年2着のエフティマイヤが例外であるが
             Gレースの連対実績があった
 フラワーC:0-1-1-11  3着内2頭は全て1着であった
 フィリーズレビュー:1-0-2-52 大苦戦。3着内3頭全ては2歳時に2勝していた
 エルフィンS:1-1-0-2 連対2頭は全て1着
 アネモネS:0-0-1-22 で全く不振

⑦【前走着順】
 連対馬20頭中16頭、1~3着馬30頭中23頭は前走3着以内だった
 
⑧【前走人気】
 前走重賞
 1番人気 (4-3-3-19)
 2番人気 (3-3-0-14)
 3番人気 (0-1-1-13)
 4番人気 (1-0-2-5)
 5番人気 (1-1-1-12)
 6~9人 (0-0-2-29)
 10人以下(0-1-0-24)

 前走OP特別
 1番人気 (0-1-0-6)
 2番人気 (1-0-1-7)
 3番人気 (0-0-0-5)
 4番人気 (0-0-0-2)
 5番人気 (0-0-0-1)
 6~9人 (0-0-0-5)
 10人以下(0-0-0-4)

 前走重賞で6番人気以下、OP特別で3番人気以下は割引

⑨【単勝1番人気で敗れた経験】
 単勝1番人気で敗れた経験のある馬が2011年以外毎年連対している

⑩【枠順】
 3枠より内枠は1-0-2-48、また、5番以内は0-0-2-48と不振。
 
⑪【単勝1倍台の人気】
 2-1-0-2 で2頭が着外に敗れている。その2頭は共に関東馬。
 ちなみに、単勝1倍台の馬が敗れた時の1着馬は、チューリップ賞の2,3着馬
 
⑫【当日人気】
 08年、15年は入着馬が全て5番人気以下であったが、
 13年のアユサンを除くと連対馬は全て4番人気以内。
 ただし3着馬は6番人気以下の馬が5頭(半数)も好走している

⑬【休養明け】
 10週以上の休養明けの馬は-0-1-0-7と苦戦


◎ソウルスターリング
 今までの戦歴を見ればこの馬が一枚抜けています。
 しかし、③⑪のデーターから、ソウルスターリングが飛んだ大穴馬券も買ってみたい

〇アドマイヤミヤビ
 勝ち馬が出ていないクイーンC組は気になるが長く良い脚を使えるタイプで、
 阪神マイルの経験もあり一着の可能性も充分

▲アエロリット
 ②④⑥⑦⑨と最もプラス要因が多い馬。特に⑨は他に3頭が該当するが、
 この馬が最も連対の可能性が高いと推理する

☆ウゼットジュリー
 ⑤の条件を完全には満たしていないが前走の牡馬混合Gレースの4着が光る。
 阪神マイルの経験もあり、牝馬に強い福永も魅力。
 穴で是非とも買ってみたい

△ジューヌエコール
 デビューから3連勝し、3戦目で牡馬混合Gレースを勝利した馬。
 ここ2走の凡走で人気を落としているが、道悪はOKで穴で押さえてみたい馬

△ミスパンテール
 前走の末脚は見所があり人気しているが、
 久々を激走した疲れが心配なのと⑧のデーターから好走しても2着までか?

×リスグラシュー
 チューリプ賞3着は買い材料であるが、⑩の枠順及び道悪はマイナス材料であり、
 買っても押さえまで

特注ミスエルテ
 痛恨の最内枠になってしまった。道悪もマイナスで、普通であれば消しの評価。
 ただし、牡馬混合GⅠ4着の成績は素晴らしく、川田が一旦最後方に下げ、
 内の悪い馬場を避けて外々を廻るレースをすれば大外一気の追い込みが決まるかもしてない


馬券は難しい。
素直にソウルスターリングから馬連を流して、
ソウルを外した馬連も大穴で買ってみようと思っています。
by osamukunn | 2017-04-08 16:32 | 競馬 | Comments(1)

大阪杯(推理)

今年からGⅠに昇格した大阪杯を推理(予想)します。
GⅠ昇格に伴いレース名も「産経大阪杯」から「大阪杯」に変更になりました。

b0177792_1651291.jpg

      一叩きされたアンビシャスが有馬記念以来のキタサンブラックを
             ゴール前でクビ差、差し切りました


過去10年の傾向をまとめておきます。

①【年齢】
 4歳:6-3-3-15 5歳:3-4-2-21 6歳:1-2-5-25 7歳以上:0-1-0-29
 4歳馬の活躍が多いレースで、かつ今年の明け4歳馬は8つのGレースを勝利している

②【所属】
 美浦:0-4-0-19 栗東:10-6-10-70

③【前走レース】
 中山記念:3-2-1-11
 有馬記念:3-1-3-10
 京都記念:1-2-2-5
 小倉大賞典:0-0-0-5
 海外G1:1-0-0-1
 OP特別:1-0-0-18 2012年のショウナンマイティ
 条件戦:0-1-0-3  2011年のダークシャドウ

 今年から前哨戦として金鯱賞が設定され、このレースを使った馬は注目される

④【前走着順】
 1着;0-2-3-10
 2着:6-1-0-12
 3着:1-3-2-6
 4着:1-1-2-7
 5着:1-2-1-4
 6~9着:1-1-1-23
 10着以下:0-0-1-28
 ちなみに1秒以上の着差は0-0-1-33

⑤【当日人気】
 1番人気 ;4-3-2-1
 2番人気 :2-2-1-5
 3番人気 :1-0-1-8
 4番人気 :1-0-3-6
 5番人気 :0-1-1-8
 6番人気:(2-1-1-6
 7~9人気:0-3-1-25
 10人気以下:0-0-0-31

◎サトノクラウン
 大器がやっと本格化した。渋めの馬場も好材料で国内GⅠ勝利なるか。
 心配はデムーロ得意の出遅れ

〇キタサンブラック
 有馬記念以来のレースで狙いは次の天皇賞・春と思われる。
 しかし休み明けも問題無く3着内ならこの馬が最も信頼ができる

▲マカヒキ
 強い4歳馬が3頭出走してきたが、昨年のダービー馬を最上位の評価をすべきか?
 ただし、緩い馬場と3歳がピークの早熟の可能性があり惨敗も考えておきたい

☆ミッキーロケット
 4歳馬。前走は出遅れが全てで、今ならマカヒキより強くなっている可能性あり

△マルターズアポジー
 先行馬の流れになれば、勝つのは無理でも2,3着に逃げ粘る可能性あり

△ステファノス
 前走4着で人気を落としているが天皇賞・秋で2,3着している実力馬で
 2,3着なら穴で狙いたい

×ヤマカツエース
 金鯱賞の優勝で人気しているが、このメンバーに入ると力が一枚落ちるか?
 買っても豆券押さえまで

×アンビシャス
 この馬の差し足が生きる展開にはならない可能性が高く緩い馬場も向いていなく、
 買っても豆券押さえまで


馬券は、キタサンブラックを1着、2着、3着にした3連単を買おうと思っています。
by osamukunn | 2017-04-01 16:53 | 競馬 | Comments(1)

高松宮記念(推理)

今週は今年GⅠ第2戦の高松宮記念がありますが、
多くの競馬フアンはドバイワールドカップの方に興味があるのではないでしょうか?
JRAは高松宮記念の開催日を変更することを考えるべきです。
(昨年の文章のコピーです)

b0177792_1633592.jpg

             昨年勝ったのは1番人気のビックアーサー
           2,3着にも2,3番人気が入線し馬券は大トリガミ


いつものように過去10年のデーター分析をもとにレースを推理します。

①【Gレース実績】
 3着以内の経験が無い馬は一頭も入着していない

②【近3走以内のGレース最高成績】
 入着馬30頭中28頭は1、または2着に好走していた。
 過去8年の3着内馬は全て1、または2着だった
 
③【前年12月のGレース】
 中京競馬場改修後の2012年以降過去5年、優勝馬5頭はいずれも前年12月に
 「阪神C」か「香港スプリント」に出走していた。
 2着馬を見ても、5頭中3頭が前記の2レースに出走している

④【1400以上の実績】
 過去7年の連対馬14頭中10頭は1400m以上のGレースかオープン勝ちの実績があった
 
⑤【前走着順】
 3着以内の30頭中27頭は前走で5着以内と好走していた。
 残り3頭中2頭はG1で3着以内に好走したことがあった

⑥【前走人気】
 連対馬20頭中17頭は3番人気以内であった。
 また、6年連続で「前走が年明け初戦で、単勝2番人気以内に支持されていた」という馬が
 優勝している

⑦【前走レース】
 Gレース以外の馬は一頭も入着していない。
 阪急杯:4-5-4-39 4番人気以下は0-0-0-24
 オーシャンS:3-2-3-59 3着内8頭全て過去3走以内に1200m~1400mのGレースで
              連対していた
 シルクロードS:2-1-3-17 ただし、入着馬6頭中5頭は全てこのレースで連対していて
               4頭は勝っていた
 中山記念、スプリンターズS、2着が1回づつあるが、
 これら2頭はG1 で3着内の実績があった。
 なお、中京競馬場改修後の2012年以降過去5年は、
 阪急杯、オーシャンS、シルクロードS組が全て馬券に絡んでいる

⑧【牝馬】
 1-1-2-33と苦戦。3着内4頭は全て3番人気以内だった

⑨【年齢】
 4歳馬:1-0-4-29 5歳馬:6-5-2-36 6歳馬:0-5-1-36 7歳馬以上:3-0-3-46 

⑩【人気して凡走】
 「3走前までに単勝1番人気で4着以下に敗れていた」、
 「単勝2番人気で7着以下に敗れていた」
 という経験を持っている馬が過去10年毎年連対を果たしている

⑪【枠順】
 中京競馬場がリニューアルオープンした2012年以降の3着以内馬15頭中9頭は
 「5~8枠」の馬だった。
 昨年は4枠より内の馬が3頭入着した

⑫【間隔】
 10週以上の間隔は、0-1-0-14 と苦戦。
 
⑫【当日人気】
 連対馬20頭中15頭は5番人気以内


◎レッツゴードンキ
 好走実績が無い京都牝馬Sからの参戦がイヤ気だが前走快勝のレース振りが魅力。
 岩田久々のGⅠ勝利になるか?

〇ヒルノデイバロー
 ⑦の条件を満足する数少ない馬。③も満足しており、人気も無いので穴で大きく狙ってみたい。
 四位の直線大外強襲に期待したい

▲ナックビーナス
 この馬も⑦を満足する人気薄馬。人気薄の4歳牝馬でデーター的には苦しいが、
 ②④⑤⑥と好走条件を満足しており、この馬も穴で大きく狙ってみたい

☆メラグラーナ
 前走の快勝、戸崎騎乗で人気すると思われるが、トライアル勝ち本番凡走の匂いがし、
 ④の条件も満足しないのがイヤ気。あくまで相手までの評価

△ソルヴェイグ
 昨秋GⅠスプリンターズSで3着に好走し、休み明けシルクロードSを叩いて参戦。
 前走6着に敗退しているのは好走条件から外れるが、人気薄のGⅠで怖い田辺が魅力で
 馬券からは外せない

△シュウジ
 前走8着の敗退がイヤ気だがGⅠで4着の実績があり、他のデーターは全て満足。
 一時は本命を考えたがキャプテンが本命にしていたので大きく評価を下げた

×レッドファルクス
 昨秋GⅠスプリンターズSの勝ち馬だが、昨年末の香港以来のローレが最大のマイナス要因。
 デムーロが怖いので馬券は外せないが、取りガミ覚悟の押さえまで

×セイウンコウセイ
 シルクロードS組の入着条件を満足する馬。近3走の成績から人気になっているのがイヤ気で、
 前走が初のGレースであるため、GⅠレースではまだ好走は無理か?
 あくまで豆券押さえまでの評価

注フィエロ
 ②③④を満足している実力馬だが、初の1200、8歳馬から、この馬も豆券押さえまで


馬券は難しい。
確たる軸馬がいないので穴馬をからませた馬券を手広く買おうと思っていますが、
買い目のイメージがまだ浮かんできません。
明日にコメント欄に追記します。
by osamukunn | 2017-03-25 16:39 | 競馬 | Comments(1)

フェブラリーS(推理)

競馬フアンの皆様、お待たせしました。
今年最初のGⅠレースのフェブラリーSを推理(予想)します。
ここ7年で5回馬券を的中させている得意のレースですので期待してください。
と言っても今年は11レース買って1レースしか的中していませんが・・・

b0177792_16172073.jpg

      昨年は昇り馬モーニンがデムーロの好騎乗に導かれて優勝しました
         予想は4着のベストウォーリアを本命にしましたが
        対抗のノンコノユメから馬連と3連複を買って的中した
           ただし、得意?の取りガミだったようです


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ優勝実績】
 優勝馬10頭中7頭はGⅠ、JpnⅠの勝ち馬だった。
 例外3頭中2頭はGⅠ、JpnⅠ初出走だった
 
②【ダート実績】
 過去5年の優勝馬5頭は、いずれも東京ダート1600mで行われたオープンクラスの
 レースにおいて3着以内に入った経験があった。
 また、過去5年の3着以内馬15頭は、いずれも前年以降にJRAのオープンクラスの
 ダート1600~1800mのレースで3着以内に入った経験がある馬だった

③【連覇】
 このレースがGⅠに昇格した97年以降連覇に挑戦した馬は1-1-2-7と不振。
 15年のコパノリッキーが初めて連覇した

④【前走レース】
 チャンピオンズC・JCダート:2-1-2-5 ここ3年1頭が入着
 川崎記念  :1-3-2-7 入着6頭中全て3着内
 東京大賞典 :1-3-3-8 入着7頭中5頭はダートグレードGⅠ勝利
 根岸S    :2-1-2-50 入着5頭中4頭は1着。残り1頭は3着
 東海S    :2-1-1-7 入着4頭中全て4着内
 OP特別  :1-0-0-11
 1600万下 :0-1-0-1
 
⑤【前走着順】
 3着以内馬30頭中26頭は、前走でも3着以内に入っていた。
 前走で4着以下から3着に入着した4頭中2頭の前走は東京大賞典であった。
 また、4頭中3頭は前年の南部杯の勝ち馬だった

⑥【前走人気】
 前走6番人気以下は0-0-2-40と連対実績無し

⑦【前走距離】
 3着内馬30頭中25頭は1800以上だった。
 例外5頭は根岸S組で4頭は勝ち馬、残り1頭は3着だった

⑧【年齢】
 4歳:3-3-1-29 5歳:5-2-3-15 6歳:2-1-4-34
 7歳:0-2-2-29 8歳以上:0-2-0-22

⑨【牝馬】
 牝馬は0-0-0-8と馬券絡みなし

⑩【所属】
 美浦:0-2-1-22
 栗東:10-7-9-100
 関東馬は大苦戦

⑪【馬体重】
 3着内馬30頭中23頭は前走場体重が500Kg以上だった。
 500Kg以下で優勝を果たしたのは2007年のサンライズバッカスが最後で、
 ここ9年の優勝馬はいずれも前走時の馬体重が500kg以上だった

⑫【枠】
 勝ち馬10頭中7頭、3着内30頭中13頭は6枠(⑪)より外の馬だった

⑬【前走芝レース】
 前走が芝の馬は0-0-0-15で3着に入着すら出来ない。
 またこのレースがGⅠに昇格した97年以降、
 ダート初だった馬は0-0-1-16と全く勝負にならない。
 ただ1頭の3着馬はトゥザヴィクトリーでデニムアンドルビーの伯母
 
⑭【当日人気】
 1人気馬は4-1-2-3という好成績。
 また、連対馬20頭中15頭は1~5人気という人気馬が好走するレース。
 ただし、最近は6番人気以下の馬が連対している
 12年 7番人気1着テスタマッタ JpnⅠの優勝、GⅠで3着内の実績
 13年 9番人気2着エスポワールシチー GⅠ優勝の実力馬だが8歳で人気落ち
     7番人気3着ワンダーアキュート GⅠ、Jpn1好走例多いが7歳で人気落ち
 14年 16番人気1着コパノリッキー 最低人気での激走
 16年 7番人気3着アスカノロマン 東海Sの勝ち馬もGⅠ実績無し


今年はGⅠ好走馬や前走3着内の馬が少なく確たる軸馬がいない混戦レースと推理します。

◎ゴールドドリーム
 前走GⅠチャンピオンズCは出遅れて好位を取りに行き末を無くして12着と
 初めて着外に敗れる。
 東京ダ1600は昨秋の武蔵野S2着からも力を発揮できる舞台であり、
 年明けGレースを席巻している4歳馬、GⅠの鬼デムーロとプラス材料多い。
 ただし、デムーロ得意?の出遅れが心配で堅軸では買いずらい

〇モーニン
 昨年の勝ち馬だが最近のレース振りは精彩を欠いている。
 ムーアへの乗り替りがプラスと出るか。
 先行馬が少ないメンバーなので前々でレースを進めれば入着の期待大。
 ただし、外から被されるとモロイ面があり凡走の可能性あり

▲ノンコノユメ
 昨年の2着でその後帝王賞でも2着に好走。
 ただし、その後去勢明けの3走は入着できていない。
 去勢がマイナスになった可能性あるが、得意のコースに代ってルメールの一発が怖い

☆アスカノロマン
 前走の大敗で人気を落としているが昨年の3着馬でチャンピオンズCも3着に好走。
 好枠を引き再度入着の可能性は十分で穴で是非とも買ってみたい

△ベストウォーリア
 近走のGⅠ成績ならばこの馬とサウンドトゥルーが双璧だが、
 7歳馬と1600の距離が少し長いのが心配材料。
 7歳になって馬力が落ちている可能性もあり買っても2,3着まで

△サウンドトゥルー
 近走GⅠの成績からは主力に狙っても良いが、中央でのレースが久々、直前の乗り替り、
 追い込み馬の1番枠と心配材料も多く、買っても押さえまでの評価とした

×カフジテイク
 前走の鮮やかな追込みで人気になっているが、
 2着ベストウォーリアとは2K差あったのが同斤、
 福永から津村への乗り替りと大きなマイナス材料が有り、人気もしているので、
 あくまでガミ覚悟の押さえまで評価

穴ケイティブレイブ
 前走川崎記念5着はイヤ気だが、4歳馬、先行馬が少ない組み合わせ、外枠、
 ダートレースに強い幸と魅力的なプラス材料があり、大穴で是非とも買ってみたい

穴ホワイトフーガ
 牝馬の入着がないレースであるが2年前のチャンピンズCで牝馬のサンビスタが勝利している。
 絶好枠で先行粘って蛯名が大穴を演出するかもしれない。
 サウンドトゥルーと同厩なのも買い材料


馬券は硬く治まりそうにないので3連単を手広く買いたい。
1着は◎〇▲の外人騎乗の3頭をマークして、大穴でもう一頭人気薄も買おうと思っているが
どの馬にしようかで悩んでいます。
by osamukunn | 2017-02-18 16:24 | 競馬 | Comments(0)

2016年勝ち馬投票成績

競馬の話題が続いて申し訳ありませんが今年の馬券成績をお知らせします。

今年は回収率が54%と100%を大きく下回ってしまいました。
PAT以外も春秋の京都競馬遠征、昨日の東京大賞典も負けていますので、
トータルの回収率はさらに下がっていると思います。

b0177792_125828.jpg


2016(2015:2014:2013:2012:2011)年
購入日 49(68:77:77:78:64)日 
購入R数 66(114:125:134:105:114)R
的中R数 28(33:53:43:33:35)R
的中率 42(29:42:32:31:31)%
購入額 543,400(652,700:677,300:608,000:543,700:518,100)円
払戻額 295,460(498,150:696,220:787,300:383,920:518,760)円
回収率 54(76:103:129:71:100)%
1日最高払戻額 85,980(125,870:100,450:168,860:94,360:137,650)円
万馬券的中回数 3(5:7:7:6:5)回
最高払戻し単価 85,980(125,870:38,790:102,860:30,010:42,750)円


最近、年齢の影響か予想をするのが面倒になり、
以前のように馬柱をじっくり眺めることが少なくなりました。
馬券を買ったのはGレースがほとんどで、
特別レースの穴馬券を的中することもほとんど無くなりました。

結果として購入日、購入R数とも昨年より大幅に少なくなりました。
しかし、的中率は42%と一昨年と同じ高い数値となったのですが、
回収率は過去数年で最低の54%という結果に終わってしまいました。
高配当馬券(万馬券)を的中することが少なかったことと、
取りガミ(取って損)が多かったことが原因だと思います。

来年は、的中率が多少下がっても取りガミを少なくすることに専念し、
高配当・高額払い戻しを狙い、年間回収率200%超えを目指すぞ!
by osamukunn | 2016-12-30 12:58 | 競馬 | Comments(0)

東京大賞典(予想)

中央競馬は有馬記念で今年の競馬は終了しましたが、
本日、大井競馬場で中央と地方の交流GⅠレース東京大賞典があります。

昨年は3番人気のサウンドトゥルーが1番人気のホッコータルマエをゴール前できっちり差して
見事に優勝しました。
b0177792_835753.jpg

          馬券はサウンドトゥルーを本線で買ったのですが
          3着の9歳馬ワンダーアキュートを切って外しました


今年のメンバーを見渡すと今月行われたGⅠチャンピオンズCの再戦と考えていいでしょう。

◎⑭サウンドトゥルー
 チャンピオンズCで悲願の中央GⅠを獲得し、このレースの連覇を狙って出走してきた。
 この馬にとって大井は中京よりは走りやすい馬場で、確実に差してくるだろう

〇⑧アウォーディー
 前走の2着でトップクラスの実力馬に成長したことを示した。
 ダートでは底を見せていないが、直線早めに先頭に立って3着以下に負けることも考えておきたい

▲⑤ノンコノユメ
 去勢明け3走目。絶好調ルメールの好騎乗で頭まで突き抜けるかもしれない

△⑪アポロケンタッキー
 チャンピオンズCでも直線追い込んで5着に入線。馬場が変わって入着まで好走するかもしれない。
 穴はこの馬

×②コパノリッキー
 戸崎への乗り替りはプラス。展開恵まれれば2,3着に粘るかもしれない


馬券は、⑭=⑤⑧⑪の馬連が本線で⑭=②が押さえ。
さらに、⑤=⑧⑪②の馬連も押さえようかと思っています。

⑤⑭と⑪⑭の馬連が勝負馬券です。
by osamukunn | 2016-12-29 08:57 | 競馬 | Comments(1)

有馬記念(推理)

今年最後のGⅠレース有馬記念の推理(予想)をします。
有馬記念は時に大荒れになり「あれまあ記念」と揶揄されるレースですが、
今年はキタサンブラックという確たる軸馬がいますので荒れても大荒れにはならないと思っています。


昨年は中山得意な登り馬のゴールドアクターが見事に優勝しました。
b0177792_17304238.jpg

       8番人気のゴールドアクターと7番人気のアルバートを軸に穴を狙い
            125,870円の3連単が的中しました
       

今回はいつもより気合を入れて過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ実績】
 勝ち馬10頭中8頭は2000以上のGⅠ勝ちの実績があった。
 また、6頭は、同年にGⅠレースを勝っていた
 
②【同年GⅠ・GⅡ実績】
 入着馬30頭全てが同年のJRA1800~2500mのGI またはGII で
 3着以内入った経験がある馬だった
 
③【中山長距離実績】
 6番人気以下で入着した12頭中7頭は中山の2200、2500のGレースで3着内の経験があった
 
④【直前2200以上の成績】
 勝ち馬9頭が直近で出走した芝2200m以上の国内外のGⅠまたはG2で3着以内に入っていた。
 残り1頭は昨年のジェンティルドンナでJC4着だった
 
⑤【乗り替り】
 12年を除いて騎手が乗り替わった馬が毎年入着している

⑥【前々走人気】
 連対馬20頭中19頭は前々走で1~5人気だった。
 前走で惨敗し、近3走Gレース勝ちが無く、当日人気を落としていても、
 前々走で5番人気以内と人気していれば好走する可能性がある。
 
⑦【外人騎手】
 1-7-3-22の好成績、
 ここ6年の3着内18頭中9頭は外人騎手。
 内4頭は6番人気以下だった。
 
⑧【年齢】
 3歳:3-3-2-27 4歳:4-4-2-28 5歳:3-2-3-35 6歳:0-0-1-18 7歳以上:0-1-2-13

 6歳馬で入着したのは07年3着のダイワメジャーで6人気馬。
 7歳以上の好走馬3頭は全て二桁人気馬で、この4頭は中山長距離Gレース実績があった。
 なお、3歳は過去5年で該当馬がいない13年を除いて毎年3着内に入着している。
 連対した6頭中5頭は全て春のGⅠ勝ちの馬であり、14年2着のトゥザワールドは皐月賞2着だった
   
⑨【前走レース】
 G1(9-8-9-83)
  ジャパンC(3-4-4-53)  ジャパンC組の入着馬11頭中8頭は休み明け3戦目が
             有馬記念だった。またこの8頭中7頭は5番人気以内であった。

  天皇賞秋(3-0-1-6) 10年以降入着馬がでていない
  菊花賞(2-1-1-7)
  凱旋門賞(1-0-1-1)
  マイルCS(0-0-2-1)
  エリザベス女王杯(0-2-0-8) 入着2頭は3歳馬

 G2(1-2-0-26)
  金鯱賞(0-2-0-9)
  アルゼンチン共和国杯(1-0-0-5)
  ステイヤーズS(0-0-0-10)

 G3(0-0-1-10)
  中日新聞杯(0-0-1-1)
  福島記念(0-0-0-3)

 3着内30頭のうち、前走がGⅠ以外だったのは10年3着トゥザグローリー、
 12年2着のオーシャンブルー、14年2着のウインバリアシオン、
 15年1着のゴールドアクターの4頭のみ
 
⑩【前走着順】
 前走5着以下からの巻き返しも多い。ただし、GⅠに限る

⑪【牝馬】
 2-3-0-13 ただし、当日6番人気以下は0-0-0-10
 
⑫【枠順】
 連対馬20頭中14頭は①~⑦番枠だった。
 外枠、特に15,16番枠は0-0-0-14と苦戦
 
⑬【所属】
 美浦2-0-4-30 と関西馬が圧倒的に好走例多い

⑭【展開】
 逃げ(1-0-1-9)
 先行(4-3-3-28)
 差し(4-5-3-46)
 追込(0-1-2-36)
 マクリ(1-1-1-2)

 4角4番以内が馬券圏内の半数に好走しており、
 人気薄の先行馬、および早めに動ける馬に注意

⑬【当日人気】
 1番人気 (5-2-1-2)
 2番人気 (2-0-2-6)
 3番人気 (0-0-1-9)
 4番人気 (1-1-1-7)
 5番人気 (0-2-0-8)
 6番人気 (0-1-1-8)
 7~9人 (2-2-1-25)
 10人以下(0-2-3-56)

 1番人気:5 -3-1-1 と好成績だが6番人気以下の激走例も多い。
 単勝20倍以上の馬が、1-5-4-99と10頭も入着している。
 10番人気以下で入着した5頭中3頭は7歳以上で、中山長距離Gレース好走実績があった。
 残り2頭は外人騎手騎乗であった


◎キタサンブラック
 前走JCでこの馬の強さを再認識させられた。
 中山2500はJCよりも適性があるコースで絶好の1番枠を引いた。
 よほどのことが無い限り着を外すことは無いだろう。
 確たる軸馬

〇サウンズオブアース
 勝ち切れない馬だが実力はトップクラス。昨年の有馬は2着に好走しており、
 展開恵まれれば待望のGⅠ初勝利も考えられる

▲ゴールドアクター
 調教師が弱気のようで評価を落としているが昨年の勝ち馬で中山2500はこの馬にとってベストの舞台。
 調教師の泣きは煙幕の可能性もあり2連覇まで考えておきたい

☆サトノダイヤモンド
 初の古馬との対戦が心配点。菊2着のレインボーラインがJCで6着に惨敗しており、
 古馬一線級とはまだ力差があると推理した。人気もしているので4番手まで評価を落とした

△アルバート
 外枠はこの馬にとってプラスかもしれない。
 中段に付けてロングスパートすれば2,3着があるかもしれない。
 騎手戸崎も魅力で穴で買ってみたい

△ミッキークイーン
 昨年JCの8着を除くと全て入着している確実な牝馬。
 JCでも0.3秒差のレースをしており一年経過し、
 こんどは牡馬混合GⅠでも好走するかもしれないので押さえは必要

△マリアライト
 この馬にとってまたしても痛恨の大外枠になってしまった。
 内枠を引けば大きく狙おうかと思ったが、この枠では押さえまでの評価

×シュヴァルグラン
 このところメキメキ実力を付けてきたが、
 この馬にとって中山2500は差し届かずのレースになる可能性があり、
 あくまで豆券押さえまでの評価とした。
 この馬が本格化するのは来年。
 病み上がりの福永もマイナス要因

穴アドマイヤゼウス
 内枠を引いたら穴で大きく狙おうと思っていた馬。
 人気薄で中山長距離Gレースに実績があるのはこの馬ただ一頭。外を廻っては着は厳しいと思うが、
 岩田が上手く内にもぐりこめば着があるかもしれない

大穴マルターズアポジー、サムソンズプライド
 穴を演出するのは人気薄の先行馬が多いため超大穴で豆券押さえてみたい


馬券は簡単です。
キタサンブラックが悪くても3着内に来ると思われるので、
この馬を軸にした3連単を手広く(印以外の馬も含めて)買おうと思っています。
狙った人気薄が入着する穴馬券を夢見て今年最後のGⅠレースを楽しみます。
by osamukunn | 2016-12-24 17:37 | 競馬 | Comments(1)

朝日杯フューチュリティS(推理)

今年のGⅠレースも残り2レースになりました。
先週は、馬券は的中したのですが人気通りに入線し大トリガミになってしまいました。

2014年から阪神1600にコースが変わった朝日杯FSを推理します。

昨年は新馬勝ち後2戦目のリオンディーズがデムーロの好騎乗もあって見事に優勝しました。

b0177792_16153017.jpg

           穴を狙って手広く買ったのでチョイ浮きだった
              

コースが変わって影響度が少なくなるデーターもありますが過去10年のデーターを分析します。

①【成績】
 6着以下の戦績が無い(20頭中18頭)

②【デビュー戦成績】
 1着:8-8-5-76 2着:2-0-1-14 3着:0-1-2-11 4着以下:0-1-2-30

③【距離実績】
 1500以上で連対(20頭中15頭)
 勝ち馬10頭全てが1500以上の勝ち鞍あり
 阪神外回り1600のコースになった過去2年の連対馬は全て1600以上の距離を経験していた 


④【前走距離】
 1200m:0-0-0-20
 1400m:1-5-3-53
 1600m:5-3-6-31
 1800m:3-2-1-25
 2000m:1-0-0-1

⑤【前走レース】
 前走はGレース(20頭中14頭)
 Gレースから参戦した14頭中13頭はそのレースで4着以内だった。
  東京スポーツ杯:3-2-1-14 入着馬6頭中5頭は当日2番人気以内、残り1頭は5番人気
  京王杯2歳S:1-4-2-34 入着馬6頭は3着以内
  デイリー杯2歳S:0-3-2-14 入着馬5頭中4頭は連対

 Gレース以外から参戦して連対した6頭は全てそのレースで1着だった。
 さらに、近5年は500万勝ちが4連勝後、新馬勝ち後が1着となった。
 未勝利・新馬からは7頭が出走し、昨年のリオンディーズ以外は全て着外

⑥【前走着順】
 前走3着以内(30頭中27頭)
  例外は、07年1着ゴスケンホーク:東スポ杯4着(1番人気)
  11年2着マイネルロブスト:東スポ杯9着(5番人気)
  14年2着アルママイオリ:デイリー杯4着(3番人気)

⑦【外人騎手】
 5-2-2-12と好走例多い。
 3着以内9頭は12年の1着ロゴタイプ(7番人気)を除くと
 全て5番人気以内であり、外人騎乗の上位人気馬には注意が必要

⑧【間隔】
 10週以上:1-0-1-8
 入着した2頭は、08年1着セイウンワンダー(2番人気)、14年3着クラリティスカイ(3番人気)

⑧【当日人気】
 連対馬20頭中15頭が5番人気以内 10番人気以下の2頭が連対
 2007年2着レッツゴーキリシマ(10番人気)
 2014年2着アルマワイオリ  (14番人気)

◎サトノアレス
 ①~⑥を全て満足する3頭中の1頭。ディープインパクト産駒で
 2頭の勝ち馬を出しているベゴニア賞の勝ち馬。
 関東の藤沢厩舎の2週連続の2歳GⅠ勝利なるか。
 超ベテラン四位の馬の力を信じた騎乗に期待したい。
 人気も無いようなので思い切って主力で狙ってみたい

〇ダンビュライト
 GⅢサウジアラビアRC2着からの2か月ぶりの参戦がマイナスだが
 絶好調ルメールなので馬券からは外せない。
 ただし、前走で内側に大きく斜行しており思わぬ大敗も考えておきたい

▲アメリカズカップ
 ①~⑥を満足する1頭。前走の阪神1800の勝利が魅力で、ダンビュライトと同厩の人気薄、
 若い松若騎乗で人気薄と買い材料あり、穴で大きく狙ってみたい

☆レッドアンシェル
 この馬も2連勝馬。1600以上の経験が無いのはマイナス材料であるが、
 1500を勝っていること、日本の競馬に慣れた上手いシュミノーと買い材料もあり、
 入着候補として馬券は外せない

△クリアザトラック
 ①~⑥から全て満足するディープ産駒とサトノアレスと同じ買い材料あるが、
 新馬勝ちからの参戦(昨年のリオンディーズは例外)、デムーロ人気、デムーロ得意?の出遅れと
 心配材多く押さえまでの評価とした

△ミスエルテ
 怪物フランケル産駒、前走のレース振りで人気になっているが、
 何と言っても牝馬であることが最大のマイナス材料。
 牡馬混合戦は初めてであり、再度の出遅れの心配もあり、
 あくまでも押さえまでの評価とした

×モンドキャンノ
 1400までの経験しかないのが最大のマイナス材料。
 成績面から人気すると思われるが恵まれての入着候補

大穴リンクスゼロ
 前走8着で大きく人気を下げているがダート・レースということで度外視すると、
 着を外していない馬。
 阪神1600外回りの経験もあり、シュタルケが内で上手くレースを進めれば、
 入着があるかもしれない

確たる軸馬がいないので馬券は難しい。
馬券は◎~☆の上位4頭を中心に3連単を買おうかと思っていますが、
どのように買い目を絞ろうか悩んでいます。
by osamukunn | 2016-12-17 16:21 | 競馬 | Comments(2)

阪神ジュベナイルF(推理)

香港のレースも気になりますが、
今年のGⅠも残り3レースになりましたので気合を入れて阪神JFを推理します。

昨年はルメール騎乗のメジャーエンブレムが圧倒的な強さで勝利しました。
b0177792_16251247.jpg

   本命で狙った10番人気のウインファビラスが見事に2着に好走してくれたのですが
    1着は1番人気のメジャーエンブレム、3着は3番人気のブランボヌールで
            大儲け出来なかったようです


いつものように2006年からの過去10年のデーターを分析します。
なお、2006年に阪神の外回りコースに変わっています。

①【牡馬混合戦】
 勝ち馬10頭は牡馬混合戦で入着の経験があった。
 さらに09年以降は、牡馬混合戦の勝ち馬と、その傾向が顕著になっている
 
②【距離実績】
 連対馬20頭中17頭がマイル以上を勝っている。
 また3着内30頭中24頭はマイル以上を走った経験があった。
 さらに1800の経験は有利。
 さらに勝ち馬10頭中8頭は、1400以下のレースを使わなかった。

③【着外経験】
 勝ち馬10頭すべてが4着以下の着外に負けた経験のない馬だった。
 また、3着以内馬で見ても30頭中26頭が着外に負けた経験がない馬

④【デビュー時期】
 7月末までにデビューした馬が05年と14年を除き連対している

⑤【デビュー2戦目】
 2009年を除いてデビュー2戦目を1番人気で勝利した馬が毎年連対している

⑥【出走回数】
 1戦:1-1-2-12 2戦:5-1-2-19 3戦:4-2-3-59 4戦:0-5-2-32
 5戦:0-1-1-13 6戦以上:0-0-0-15

⑦【馬体重】
 440kg未満は、ジュワドヴィーヴル、レッドリヴェールが1着となったが、凡走例が多い

⑧【関東馬】
 3-5-5-45と好走例多い。特に早めに栗東に輸送した馬は好走例多い
  
⑨【前走レース】
 ファンタジーS:1-3-3-40 入着した6頭は3着以内
 アルテミスS:1-2-1-10  GⅢに格上げになった14年、15年で4頭が入着している
 デイリー杯2歳S:1-0-0-2
 京王杯2歳S:0-1-1-4
 札幌・函館・新潟・小倉の2歳S:1-1-0-9
 OP特別:0-0-1-14
 京都・芝1800mの500万下特別:2-0-0-4
 京都・芝1600m以下の500万下特別:0-1-0-18
 関東圏の500万下特別:2-1-1-14
 500万下平場:0-0-1-9
 未勝利:1-0-0-12と苦戦  唯一の勝ち馬はブエアナビスタ
 新馬:1-1-2-12 

⑩【前走距離】
 1300m以下 0-0-0-19 
 1400m 2-5-6--70
 1600m 5-5-4-49 
 1800m以上 3-0-0-12

⑪【前走着順、着差】
 過去10年の3着以内馬30頭中26頭は、前走の着順が2着以内で
 残り4頭は5着以内だった。
 また0.6秒以上の着差負けは0-0-0-38
 
⑫【当日人気】
 連対馬20頭中16頭は1~5番人気、残り4頭は全て2着馬であった。
 3着馬は10頭中4頭が6番人気以下であった


◎リスグラシュー
 ここ2年入着馬を4頭出しているアルテミスSの1着馬。
 小柄なこの馬にとって大外枠はプラス要因で直線必ず伸びてくるだろう。
 戸崎にとっては久々のGⅠ勝利のチャンス。
 人気はするが主力で狙ってみたい

〇ソウルスターリング
 怪物フランケルの持ち込み馬で、2連勝、ルメールで人気になるだろう。
 多頭数の競馬が初めて、初の長距離輸送、母系の重い血統と心配材料多いが、
 まだ底を見せていないので無理に評価を落とすのは危険

▲ディーパワンサ
 前走4着がマイナス要因であるが、前走は久々で牡馬混合Gレースのデイリー杯だったのと
 ゴール前の脚は勝ったジューヌエコールより目立った。
 勝ったジューヌエコールよりこちらの方を上位評価したい

☆ジューヌエコール
 3連勝しているが地味な馬で人気も4番人気となっている。
 牡馬混合Gレースのデイリー杯を勝ったのは立派で、これ以上は印を落とせない。
 ただし、直線内を突いての1着、父クロフネ、福永からバルザローナへの乗り替りとマイナス材料も多い

△シグルーン
 新馬勝ちの後、東京に輸送してのアルテミスS3着は立派。
 デムーロからの乗り替りで人気を落としているのも大きな買い材料。穴で是非とも買ってみたい馬

△ブラックオニキス
 前走の大敗で大きく人気を落としているが、唯一の栗東調教の関東馬で、洋芝良績、
 しかも牡馬混合Gレース札幌2歳S2着が光り、この馬も穴で是非とも買ってみたい

×ウゼットジュリー
 2連勝の新潟2歳Sの勝ち馬だが、調教後の体重がー12Kということで大きく狙いを下げた

×レーヌミノル
 蛯名騎乗で人気しているが1600の経験が無いのは大きなマイナス。
 しかも1,2戦は小倉で恵まれての2,3着までの評価。
 馬券的には消しか、ガミ覚悟の豆券押さえまで


馬券は◎〇、◎▲、◎☆の2頭軸の3連単(マルチ)フォーメーションを手広く買います。
また、◎からの馬連もオッズ次第で押さえてみたい。
by osamukunn | 2016-12-10 16:31 | 競馬 | Comments(3)


団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

今朝のスポニチを見てプラ..
by osamukunn at 07:42
今回は昨日の推理通り、ソ..
by osamukunn at 07:53
今朝のスポニチに、G1仕..
by osamukunn at 06:41
悩んだ末に、フィエロ、メ..
by osamukunn at 08:49
こんばんは。 了解です..
by osamukunn at 18:44

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧