カテゴリ:競馬( 257 )

宝塚記念(推理)

今年上半期最後のGⅠレースの宝塚記念を推理(予想)します。

昨年は8人気の牝馬マリアライトが見事な勝利を飾りました。
b0177792_1653264.jpg

馬券はマリアライトは穴で押さえたのですが、
1番人気で2着したドバイ帰りのドゥラメンテを軽視して外してしまいました


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【Gレース実績】
 連対馬20頭は、いずれも芝2000~2200mのGⅠまたはGⅡで優勝経験のある馬だった。
 上記条件を満足しない馬4頭が3着になっているが、
 いずれも前年12月以降のJRAのGIで連対経験がある馬だった

②【近4走成績】
 連対馬20頭中16頭は近4走以内のGⅠ・GⅡ芝2000m以上のレースにおいて
 勝利していた。
 また残り4頭中3頭は同レースにおいて2着と好走していた。
 唯一の例外は14年2着のカレンミロティックで4着が最高だった。

③【2,3走前のGⅡ】
 2,3走前のGⅡレースで2着以内の馬が毎年連対している

④【前走レース】
 天皇賞春(4-3-2-32) 3着内9頭は全て4・5歳馬でGⅠで連対実績
            3着内9頭中8頭は3着以内か3番人気以内
 海外G1(1-2-1-8)  香港クイーンエリザベス2世Cが2頭でドバイが1頭
 金鯱賞(2-1-2-12) 2011年まで
 鳴尾記念(1-2-1-9) 
 ヴィクトリアマイル(0-2-2-6) 入着4頭は全て4・5歳馬で牝馬3冠で連対した経験があった
 目黒記念(1-0-1-17)  
 産経大阪杯(0-0-0-5)  
 OP特別(1-0-0-2)
 条件戦(0-0-0-3)

⑤【前走着順】
 連対馬20頭中15頭は前走3着以内だった。
 6着以下は(2-1-2-50)
 このうち、前走G1を除くと(0-0-1-35)と連対はなく
 08年3着のインティライミが唯一金鯱賞7着から巻き返した

⑥【前走人気】
 前走が国内レースで3番人気以内:7-4-4-36
 4番人気以下:0-1-2-39 3頭は全て牝馬

⑦【天皇賞・春の優勝馬、上位入線馬】【ファン投票1位】
 天皇賞・春の優勝馬:0-1-1-5
 過去7年の天皇賞・春の4着以内馬0-0-2-13
 ファン投票1位:2-3-1-1

⑧【血統】
 ステイゴールド産駒は過去8年で5勝。
 ディープインパクト産駒は過去4年連続で馬券になっている。
 入着した6頭中5頭は牝馬で、4頭は8番人気以下の穴馬

⑨【年齢】
 3歳 (0-0-0-3) 
 4歳 (4-3-6-37)
 5歳 (4-5-2-31)
 6歳 (2-2-2-22)
 7歳 (0-0-0-15) 
 8歳以上(0-0-0-13)

⑩【東西所属】
 連対馬20頭中17頭は関西馬

⑪【牝馬】
 牝馬は1-3-3-11と7頭が3着内に好走しているが、
 この内6頭全てが牡馬混合GⅠで連対していた。
昨年のマリアライトも有馬記念で4着に好走していた

⑫【レース間隔】
 10週~25週(0-1-1-18)  3着以内の2頭は当日1番人気
 半年以上(0-0-0-3) 

⑬【当日人気】
 連対馬20頭の当日人気 1~5番人気:14頭 6番人気~9番人気:5頭 
 10人気~:1頭
 10番人気以下で馬券になったのは以下の4頭。

 2015年2着デニムアンドルビー(10番人気)
 2015年3着ショウナンパンドラ(11番人気)
 2008年3着インティライミ  (11番人気)
 2006年2着ナリタセンチュリー(10番人気)
 以上の4頭はG1連対やG2・2勝などの実績馬


◎キタサンブラック
 大阪杯がGⅠに昇格し3走連続GⅠに出走してきたのはこの馬だけ。
 疲れが心配だが先行して力で押し切る可能性大。
 ⑦の天皇賞・春の優勝馬の成績は気になるが連を外すことは無いだろう

〇シュヴァルグラン
 天皇賞・春2着で一流馬の仲間入り。
 データー分析から、⑥;前走4番人気、⑦:天皇賞・春4着以内馬の成績が
 マイナス要因であるが、そんなに気にしなくてもよいデーターと考える。
 キタサンブラックに疲れが残っているようなら逆転まであるか?

▲ミッキークイーン
 唯一のディープ産駒、牝馬と好走条件揃う。
 ただし、牡馬混合GⅠは有馬記念5着が最高成績のため過信は禁物。
 重馬場で勝っているが牝馬限定戦であり脚質からも馬場が悪くなると評価を下げたい

☆シャケトラ
 天皇賞・春で9着に大敗しているが3番人気していたため好走条件を満足。
 ルメール、阪神3戦3勝と買い材料あり人気すると思われるが、
 GⅠではまだ力不足の可能性あり

×サトノクラウン
 馬場が悪くなりそうで人気すると思われるが、大阪杯6着の成績がマイナス材料(④⑤)、
 関東馬(⑩)、出来が万全で無いとの話もあり、買っても押さえまでの評価

×レインボーライン
 成績面、データー面からは消しの馬だが、唯一のステイゴールド産駒、岩田、道悪と
 買い材料が有り豆券押さえ必要か?

大穴スプリッツミノル
 馬場が相当に悪くなった場合、先行粘り込みを期待して豆券買ってみたい

なお、ゴールドアクターは6歳になり明らかに馬力が落ちていると判断し無印とした。


馬券はキタサンブラックから馬連を買えば取れるレースだと考えますが、
相手を絞らないと大きな儲けを得られません。
よって、キタサンブラックとシュヴァルグランの馬連とワイドの2点買いで
勝負してみようと思っています。
by osamukunn | 2017-06-24 16:55 | 競馬 | Comments(1)

安田記念(推理)

ダービーが終わって競馬社会では新たな1年がスタートし2歳戦も始まるわけですが、
今週もGⅠレースの安田記念があります。
毎年思うのですが、ダービーが終わった後のGⅠレース、何かしっくりしません。
安田記念の開催時期を検討すべきですね。

昨年は8番人気のロゴタイプが田辺騎手の絶妙な騎乗に導かれて見事に逃げ切りました。


b0177792_16024639.jpg

馬券はロゴタイプは買っていなく外れたようです。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ成績】
 5走前までにGⅠレースで3着までに好走した馬は過去10年毎年連対している

②【Gレース実績】
 連対20頭中、香港馬を含めた19頭は芝12002000のGⅠで連対か
 その年の芝14001600のGレースを勝っていた

③【東京芝マイルGレース実績】

過去5年の入着馬15頭中9頭は東京芝マイルGレースの好走実績があった。

昨年3着のフィエロは前年の安田記念で4着だったが他の馬は連対していた

④【前走レース】
 ドバイ:2-0-0-2
 香港:0-2-0-18
 ヴィクトリアM2-0-1-15  勝った2頭はいずれもウオッカ
 京王杯SC1-3-1-34  3着内5頭中4頭は4着以内。
             また入着馬5頭は全て上がり2位以内
 高松宮記念(1-0-0-6)  13年のロードカナリアが1
 ダービー卿CT(2-0-0-3) GⅢ組は一昨年のモーリス、昨年のロゴタイプと連勝

 ■NHKマイルC(1-0-0-2) 11年のリアルインパクトが1
 マイラーズC(0-2-7-31) 過去7年、14年を除き毎年入着。
              3着内8頭中7頭はマイルGレースで勝っていた        
 産経大阪杯(0-2-1-3) 2着馬2頭はいずれも、そのレースの2着。
             3着馬は14年のショウナンマイティで5着だった
 ■OP特別(1-0-0-12)  10年のショウワモダンが1
 ■1600万下(0-0-0-1)

⑤【前走着順】
 連対馬20頭中16頭(外国馬1頭含む)は前走で3着以内に好走していた。
 4着以下だった4頭は全てGⅠレースの連対実績があった。

また勝ち馬は全て4着以内で2着馬10頭中7頭は2着以内だった
   
⑥【年齢】
 3歳 (1-0-0-2)
 4歳 (2-2-1-28)
 5歳 (3-4-3-46)
 6歳 (4-2-5-37)

7歳 (0-2-1-20) 
 8歳以上(0-0-0-9) 

⑦【2年連続好走】
 アサクサデンエン 05①→06②
 ダイワメジャー  06④→07①
 ウオッカ     08①→09①
 スマイルジャック 10③→11③
 ストロングリターン11②→12①
 ショウナンマイティ13②→14③
 ダノンシャーク  13③→14④
 モーリス     15①→16②

フィエロ     15④→16③

ロゴタイプ    16①→17?

サトノアラジン  16④→17?

イスラボニータ  16⑤→17?

⑧【東西】
 
美浦(6-2-3-41)
 栗東(4-7-7-82)
 外国(0-1-0-19)

他のGⅠレースに較べて関東馬の好走例多い

⑨【外国馬】
 06年も入れて過去11年、外国馬は3頭が入着しているが、

全て香港のマイルチャンピオンで3着以内に好走していた

⑩【馬体重】

 480K以上は10-9-6-91と好走例多い。

 500519Kの馬は近5年毎年2頭ずつ3着内に入っている

⑪【当日人気】
 12年連続で8番人気以下が入着している穴レース。
 ここ5年連続に限ると、5番人気以内は15頭中7頭しか入着しておらず、

2ケタ人気の馬が5頭も激走している穴レース。
 連対馬に限っても、20頭中1~5番人気だった馬は14頭、6~9番人気が4頭、
 10番人気以下が2頭と人気薄馬が好走


◎ステファノス

 ①~⑥まで全て満足し、G2332回の実力馬。

 久々のマイルになるが東京マイルでは距離短縮組が有利。

 大外枠になったが、天皇賞・秋は外枠で2、3着に好走し富士Sも大外枠で勝利と、

 むしろプラス材料。

 ルメールのG4連勝を阻むのはリーディングを争う戸崎か?

 主力で狙ってみたい


〇サトノアラジン

 昨年のこのレース、一昨年のマイルCSではイスラボニータと

 着順も人気も大差なかった。

 昨年のマイルCSでは1番人気で5着に負けているが

 直線で大きな不利があったレースで論外。

 前走は休み明けで馬場も悪かったので度外視可能で、

 人気を落としているようなので穴で大きく狙ってみたい


▲イスラボニータ

 ①~⑦まで全て満足。ルメールのGⅠ4連勝期待で人気するが

 東京マイルでは勝ち切るまでは難しいか?

 しかし、2,3着なら十分で馬券からは外せない


☆ブラックスピネル

 ②③④を満足。人気面ではエアスピネルより下位になるが

 年明け3走は同じレースを走り、大差ない成績。

 皐月賞勝ちで一皮むけた松山もプラスで、エアスピネルよりも上位の評価をしたい


△エアスピネル

 ①③④⑤を満足。堅実な馬で大崩れは無いが東京マイルはGⅢ3着の成績。

 このメンバーに入ると力が一枚落ちる印象で、あくまで押さえまでの評価


△ヤングマンパワー

 地味な馬で人気はしないが、東京マイルはこの馬のベストな舞台。

 前走3着は立派で、このメンバーでも入着できる力を付けたか?


×アンビシャス

 中距離からの参戦、横典騎乗とプラス材料あるが、

 データー分析では①~⑥まで全て満足せず。

 常に人気先行ぎみの馬で買っても豆券押さえまで


×ロゴタイプ

 前年このレースの勝ち馬。①②③⑤⑦を満足するが、

 7歳馬、3か月振りのローテが大きなマイナスで、この馬も豆券押さえまで


大穴ディサイファ

 8歳馬であるが、①~③番でGレース4勝中3勝、昨年のこのレースも0.3秒差6着、

 昨秋のマイルCSは直線大きな不利が有り度外視、ディープ産駒、ベテラン四位と

 買い材料あり、超大穴でマークしておきたい


注ビューティーオンリー

 日本の高速馬場には香港馬は苦戦すると思うが、思わぬ好走を警戒しておきたい。

 2頭の香港馬では明らかにこちらの方が力は上位で、買うならこちらにしたい


馬券に迷いはありません。

ステファノスとサトノアラジンからの馬連が勝負馬券です。

当然、イスラボニータからの馬連も買いますが、こちらは元返し程度にしたい。



by osamukunn | 2017-06-03 16:06 | 競馬 | Comments(1)

ダービー(推理)

いよいよ競馬の祭典ダービーの週となりました。気合を入れて推理します。

昨年は3番人気のマカヒキが2番人気のサトノダイヤモンドにゴール前競り勝って
川田騎手悲願のダービー制覇となりました。
3着は1番人気の皐月賞馬ディーマジェスティで固い決着でした。
b0177792_16205478.jpg

馬券は1,2,3番人気の組み合わせは買わなかったので見事に外れました

いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【重賞実績】
 連対馬20頭は全てGレースを勝っており、07年1着のウオッカ以外は
 4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われた芝1800m以上の重賞で優勝経験があった

②【近3走重賞勝利】
 連対馬20頭中19頭は近3走以内に出走した芝の重賞レースで勝利していた。
 唯一の例外は12年のディープブリランテで、3←2←2着であった

③【3~5走前に条件勝ち】
 3~5走前に500万下クラス、またはオープン特別を勝利していた」という馬が
 2008年を除き連対している
   
④【勝ち鞍】
 連対馬20頭中17頭は芝のレースで3勝以上していた。
 残り3頭は2勝馬で、1勝馬は連対実績が無い

⑤【前走レース】
 連対馬20頭中15頭は、GⅠからの参戦であった。
 残りの5頭はそのレースに勝利して参戦していた。

 ■皐月賞(7-6-5-61) 馬券に絡んだ18頭は全て4着以内か4番人気以内であった。
 また18頭中17頭は1800から2000mのGレースを勝利しており、
 例外1頭も2着になっている。

  皐月賞で惨敗していた馬の巻き返しにも注意。
   2015年3着サトノクラウン  (皐月賞1番人気・6着)
   2011年3着ベルシャザール (皐月賞3番人気・11着)
   2009年1着ロジユニヴァース (皐月賞1番人気・14着)
   2009年2着リーチザクラウン (皐月賞2番人気・13着)
   2008年2着スマイルジャック (皐月賞4番人気・9着)
    
 ■NHKマイルC(1-1-1-19) 3着内3頭全て1800~2000のGレースでの
              連対実績があり2走前は毎日杯か皐月賞だった。
              ただし、09年以降24頭が出走し全て6着以下に敗れている
 ■京都新聞杯(1-1-1-19) 3着内3頭は全て1着馬
 ■青葉賞(0-2-2-23) 3着内4頭中3頭は連対、残り1頭は3番人気6着
           11年から14年まで連続して入着していた
 ■桜花賞(1-0-0-1)
 ■プリンシパルS(0-0-1-11) 唯一09年にアントニオバローズが3着に入着
               当該レースは1番人気で2着だった

⑥【皐月賞上がり3F】
 過去3年、皐月賞上がり3Fが3位以内の馬は3-2-2-2

⑦【乗り替り】
 過去18年間で0-7-9-93、過去8年では0-2-2-45と好走例が少ない

⑧【枠順】
 1枠(5-2-1-12)
 2枠(2-0-3-15)
 3枠(1-0-0-19)
 4枠(0-3-2-14)
 5枠(1-1-1-17)
 6枠(0-2-1-17)
 7枠(1-1-2-26)
 8枠(0-1-0-28)
 1~3枠が好成績で、特に1枠から5頭の勝ち馬が出ている。
 特に1番から3番枠は7-2-4-16という好成績。
 さらに、優勝馬は10頭中8頭が「1~3枠」に集中しているのに対し、
 2着馬は10頭中8頭が「4~8枠」の馬となっているのが興味深い

⑨【東西厩舎】
 美浦(2-3-4-48) 3.5% 8.8% 15.8%
 栗東(8-7-6-100) 6.6% 12.4% 17.4%

⑲【キャリア】
 4戦以下の馬は0-1-1-19と連対なし。
 過去20年では、00年は4戦アグネスフライト、96年は2戦のフサイチコンドルが優勝。
 03年は4戦ゼンノロブロイ、昨年は4戦サトノダイヤモンドが2着になっている程度で
 極めて好走例少ない

⑪【当日人気】
 連対馬20頭中16頭、入着馬30頭中20頭は1~5番人気。 
 14年までは、6番人気以下の馬が3着までに毎年入着していたが、
 15年、昨年と5番人気以内の馬が入着した。
 
前走で道中5番手以内の馬の激走例が多い。
 2014年マイネルフロスト ・2番人気(4角3番手)
 2013年アポロソニック  ・8番人気(4角1番手)
 2012年トーセンホマレボシ・7番人気(4角2番手)
 2011年ベルシャザール  ・8番人気(4角5番手)
 2009年アントニオバローズ・8番人気(4角5番手)
 2008年スマイルジャック ・12番人気(4角3番手)
 2007年アサクサキングス ・14番人気(4角1番手)
 
 なお、6番人気以下で連対した4頭は以下の通り。
  ■11年10人気2着 ウインバリアシオン
   青葉賞1着(6番人気)←弥生賞7着←きさらぎ賞4着
  ■10年7番人気1着 エイシンフラッシュ
   皐月賞3着(11番人気)←京成杯1着←エリカ賞1着
  ■08年12番人気2着 スマイルジャック
   皐月賞9着(4番人気)←スプリングS1着←きさらぎ賞2着
  ■07年14番人気2着 アサクサキングス
   NHKマイル11着(3番人気)←皐月賞7着←きさらぎ賞1着


◎スワーヴリチャード
 皐月賞は2番人気で6着に敗退したが、
 内枠から好スタートを決めたが差しに徹したかのように位置取りを下げ、
 直線は相対的に伸びない外から追い込んだレースで決して力負けでは無かった。
 今度はGレースで1,2着している東京コースに変わり、主力として大きく狙ってみたい。
 ダービーを2勝している四位も魅力

〇レイデオロ
 皐月賞組みの好走条件を満足していない、4戦での参戦という懸念材料あるが、
 ここは叩き2走目になり、ルメールのGⅠ3連勝、
 藤沢和厩舎の悲願のダービー制覇という話題もあり、この馬も主軸で狙ってみたい。
 皐月賞の3Fの上りがNo2なのも心強い

▲アルアイン
 ①~⑤を満足して懸念点も無い。
 ディープ産駒でデーター的には皐月賞に続く2冠に最も近い馬だが、
 何と言っても若い松山騎手が不安。
 皐月賞の4コーナーでズブイ面を見せたのも気がかりで、思わぬ大敗も考えておきたい

☆アドミラブル
 過去10年3着内が一頭もいない大外枠になってしまった。
 中3週連続4戦目、2戦連続東上というローテーションも気がかり。
 勝ち馬が出ていない青葉賞組もイヤ気で人気もするので、あくまで押さえまでの評価としたい

△ダンビュライト
 絶好の1番枠をひいた。皐月賞は12番人気で3着に激走。
 Gレース3戦連続3着の堅実な馬で、勝つまでは無理にしても、
 2、3着は充分で馬券からは外せない

△ペルシアンナイト
 皐月賞2着馬で②③④⑤⑥の好走条件も満足しているが、
 前走の疲れが長引いたこと、乗り替りであること、
 今週戸崎は栗東に行ったが(来週の安田記念のステファノスの調教)
 調教に騎乗しなかったことなどのマイナス面もあり、
 押さえまでの評価とした

×カデナ
 ①②④⑤を満足し、マイナスデーターも無いのでもっと上位に評価しても良いが、
 皐月賞の9着大敗がいただけない。レースも上がり勝負になるとは思えず、
 買っても豆券押さえまで

×サトノアーサー
 血統、レース振りから人気すると思われるが、毎日杯2着からの参戦が大きなマイナス材料。
 この馬にしては枠が内過ぎた感があり、外に出せずに末脚不発に終わる可能性大。

穴ベストアプローチ
 青葉賞2着なら入着の可能性が残されており、
 東京2400に強い岩田も魅力で穴で是非とも押さえてみたい。
 父母とも欧州馬でありスタミナ勝負になれば出番があるかもしれない

超大穴マイスタイル
 穴を演出するのは先行馬が多いので内で先行できるこの馬を超大穴で少し買ってみたい。
 ベテラン横典がNHK杯に続いて大仕事をするかもしれない


馬券は難しい。
スワーヴリチャードとレイデオロからの強弱を付けた馬連で勝負してみたい。
上位に評価した馬連BOXも押さえるが、今回は、あくまで元返し、ガミ覚悟程度にしたい。

なお、上位拮抗の混戦レースであるため、
明日の新聞を見て大きく狙いが変わった場合はコメントにその内容を記載します。


by osamukunn | 2017-05-27 16:25 | 競馬 | Comments(1)

オークス(推理)

旅行で2週間GⅠ推理が出来ませんでしたが、

気合を入れて3歳牝馬クラシック第2弾のオークスを推理します。

昨年のオークスはシンハライトが勝ちましたが、

池添騎手の直線強引に進路を変える荒い騎乗のため後味の悪いレースになりました。

b0177792_16020978.jpg

シンハライトが来たために取りガミになってしまいました 


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【ディープ産駒】
12年以降17頭が3-3-3-8、6番人気以上なら3-3-3-2という好成績。
また、ノーザンF生まれのディープ産駒が2連勝中

②【桜花賞トライアル未出走】
14年を除いて桜花賞トライアル(「チューリップ賞」・「アネモネS」・「フィリーズレビュー」)に出走していない馬が毎年連対している。
これらの馬は、桜花賞以前にGレースで3着以内またはオープン特別勝ちの実績があった
 
③【Gレース、オープン勝利】
過去3走以内にGレース、オープン勝ち 連対馬20頭中16頭

④【Gレース実績】
入着馬30頭中25頭は、年明け以降に出走したGレースで2着以内の実績があった。
さらに3着以内馬30頭中27頭は、年明け以降に出走したGレースで
単勝4番人気以内となった経験があった


⑤【長距離実績】
連対馬20頭中14頭は1800m以上で3着以上(12頭は2着以上)に好走していた
  
⑥【前走レース】
桜花賞(8-5-4-64) 入着馬17頭中14頭は4着以内
          5着以下に負けた馬の巻き返しは以下の3
           20152着ルージュバック
           20131着メイショウマンボ
           20081着トールポピー
          この3頭は桜花賞前に重賞3着以内の経験があり

         桜花賞で5番人気以内だった


フローラS(1-4-4-32) 入着馬8頭中7頭は連対しており残り2頭は3着と5着。
            この2頭は3番人気以内
スイートピーS(0-0-1-24) 唯一の入着馬は2着馬
忘れな草賞(2-0-0-9) 2頭は共に勝ち馬で1、2番人気
皐月賞(0-0-1-0)14年3着のバウンスシャッセ フラワーCで1着
■500万下・未勝利(0-0-0-12)

⑦【前走人気】
前走G2、G3、OPの入着馬は全て3番人気以内

前走人気薄からの巻き返しは、

2015年3着クルミナル(桜花賞7番人気2着)
  2008年2着エフティマイア(桜花賞15番人気2着)
  2007年1着ローブデコルテ(桜花賞9番人気4着)

⑧【東西所属】
美浦(3-6-5-82) 3.1% 9.4% 14.6%
栗東(8-3-5-58)10.8% 14.9% 21.6%


関西馬の方が好走例多いが、関東馬は2010年以降は毎年3着内に入着しており
21頭中10頭と5分の成績を残している

⑧【当日人気】
1
番人気 (3-3-1-3)
2
番人気 (1-3-1-5)
3
番人気 (2-0-1-7)
4
番人気 (1-0-1-8)
5
番人気 (2-1-2-5)
6
番人気 (0-0-1-9)
7
9人 (2-1-3-24)
10
人以下(0-1-0-87)

10番人気以下で馬券になったのは2008年エフティマイアただ1頭。

エフティマイアは前走桜花賞2着馬であった



◎アドマイヤミヤビ

桜花賞は道悪で全く良さが出なかったが東京コースの2戦が素晴らしい勝ち方だった。

この馬を主軸に狙いたい。2400も問題無くデムーロ騎乗も心強い


〇フローレスマジック

ディープインパクト産駒の良血で完成はまだ先だが東京コース実績もあり、

このレースで本領を発揮するか?。戸崎のオークス実績(2着3回)もプラス


▲ソウルスターリング

桜花賞は道悪に泣かされたが良馬場で本領発揮か?ただし、

ルメールは距離が不安で内枠も心配していたので、思わぬ大敗も考えておきたい


☆リスグラシュー

桜花賞の2着、東京実績から人気すると思われるが前走がメイチの競馬だった可能性があり、絶対視は危険


△モーヴサファイヤ

直前の外傷で忘れなぐさ賞を回避。久々はイヤ気だが勝ったハローユニコーンよりも

こちらを買いたい。ノーザンF生産馬で馬主・吉田和美も魅力。

2戦目新潟2歳は1番人気、その後は牡馬混合500万特別で連続好走しているのも心強い。

全く人気が無いので大穴で是非とも買ってみたい


△ミスパンテール

この馬も桜花賞は道悪に殺されて途中から勝ち負けを諦めたようなレースだった。

チューリップ賞の末脚が魅力で、広いコースで大賭けがあるか?


△ホウオウパフューム

休み明けのフローラSを1番人気で8着敗退。

この馬もノーザンF生産馬で叩き2走目の大駆けを期待したい


×ブッラクスピーチ

連対が無いスイートピーS組で普通は消しだが、

ディープ産駒、好調角居厩舎なので豆券押さえ必要


×ディアドラ

ローテーション、500万組からは消しだが、桜花賞最速上がり、ノーザンF生産馬

のため豆券押さえ必要か


レーヌミノルは距離の壁が有り危険な人気馬と判断、

モズカッチャン、ヤマカツグレースは前走は人気薄での好走で⑦のデーターを重視して

無印とした。



馬券は5%の上乗せもある最近好調な馬連BOXを買います。

◎〇▲☆4頭のBOXを厚めに△3頭を加えた7頭BOXが主力馬券。

ただし、△3頭のBOXは豆券1枚。

そして、×2頭、その他穴馬(レーヌミノルも買うかも)から

上記7頭に取りガミ覚悟で馬連を豆券押さえようと思っています。

点数が多くなりますが、アドマイヤミヤビとフローレスマジックを厚めにして

強弱を付けたい。



by osamukunn | 2017-05-20 16:05 | 競馬 | Comments(0)

シニアシート

7時半にオープンになりシニアシートの席を確保しました。
2強対決で競馬場はいつもより盛り上がっています。
b0177792_07484554.jpg

春天は、キタサン、ダイヤモンド、シュヴァルグラン、レインボーを主力に馬連を今日の1時半頃に電話投票しました。
大穴でタマモ、アドマイヤ、ヤマカツを豆券買いました。


by osamukunn | 2017-04-30 07:45 | 競馬 | Comments(0)

天皇賞(春)・推理

明日から恒例の京都競馬弾丸ツアーに出かけますので一日早く天皇賞・春の推理をアップします。

昨年はキタサンブラックがカレンミロティックをゴール直前で差し返して優勝しました。


b0177792_15223602.jpg


       馬券は8歳のカレンミロティックを消したのでカスリもしませんでした


桜花賞、皐月賞は1番人気が飛んで高配当になり馬券も的中しました。

天皇賞・春も1番人気の馬が凡走し10番人気以下の好走例が多い荒レースで、
過去10年の馬連の平均配当は1万円を超えており万馬券決着が3回もあります。

果たして、キタサンブラックとサトノダイヤモンドの2強で決まるのか・・・。

いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ出走経験】
 3着内30頭中25頭は過去1年以内にGⅠレースの出走経験があった。
 残り5頭の内、2010年以降入着したのは13年2着のトーセンラーと

2016年3着のシュヴァルグラン

②【舞台経験】
 勝ち馬7頭は京都3000m以上のGⅠに出走し7着以内、0・7秒以内。
 残り3頭は2500m以上のGレースで連対
 
③【長距離実績】
 連対馬20頭中13頭は過去3走内の2400以上のGレースで3着に入着していた。

また過去4年間の優勝馬は、

いずれも過去3走以内に芝2500m以上のGレースで優勝経験があった

アルバート、サトノダイヤモンド、シャケトラの3頭のみ該当


④【前年菊花賞馬】
 4歳の菊花賞馬は8-0-3-5と好成績であるが、近年は06年のディープインパクト以降、
 1番人気で3連敗していたが、昨年は2番人気でキタサンブラックが優勝した。

アサクサキングはが3着、オルフェーブルとゴールドシップは着外に敗退している

サトノダイヤモンドにとってはイヤなデーター

⑤【血統】

ディープ産駒は13年2着のトーセンラーただ一頭。

サトノダイヤモンドは3000では1着になったが、

あと200m距離が伸びて果たしてどうなるか?
 
⑥【年齢】
 4歳:4-2-4-35 5歳:3-4-2-38 6歳:3-3-2-24

7歳:0-1-2-23 8歳以上:0-1-0-25
 

4歳馬で連対した6頭中5頭は3冠レースで5着までに入着した実績があった。

唯一の例外は昨年3着のシュヴァルグラン。
 7歳馬の入着馬は以下の3頭。

2016年カレンミロティック (宝塚記念・2着)
  2015年カレンミロティック    同上
  2013年レッドカドー   (前走ドバイワールドカップ・2)
  2010年マイネルキッツ  (前年天皇賞(春)1着、前走日経賞・1)

いずれもGⅠでの好走実績があった


⑦【臨戦過程】
 国内外のG1 GⅡ以外からの参戦は0-1-1-31
 例外は15年のフェイムゲーム(ダイヤモンドS)と

10年のメイショウドンタク(大阪ハンブルグS

阪神大賞典3-1-4-47 3着内8頭中5頭はGⅠで3着以内の実績
         同じく8頭はⅠ5年のゴールドシップ、カレンミロティック

       を除いて1年以内に京都芝で連対した経験あり。

         また8頭中4頭は3番人気以内であり、例外は

         2016年カレンミロティック(5人気)

         2015年カレンミロティック(6人気)

         2012年ビートブラック(5人気)

         2008年のアドマイヤジュピター(4人気)

         これら4頭は長距離Gレースの実績があった

 産経大阪杯:3-3-2-10  入着した8頭は全てGⅠでの連対実績

 日経賞  :3-4-2-43  3着以下は1-1-0-33 

 連対した2頭は20141着フェノーメノ

 20072着エリモエクスパイア。
                どちらも3000m以上の重賞で連対実績あり
 京都記念 :1-1-0-3
 ダイヤモンドS0-1-0-8
 大阪ハンブルクS:0-0-1-17

→臨戦過程の条件に満足するのは、

キタサンブラック、サトノダイヤモンド、シャケトラ、

シュヴァルグラン、レインボーラインの5頭のみ
  
⑧【前走着順】
 3着内30頭中23頭は前走3着以内。残り7頭中5頭はGⅠでの入着経験があった

⑨【関東馬】
 美浦(4-2-1-38) 
 栗東(6-8-8-102)

 関東馬も好走例が多い

⑩【内枠】
 過去10年中7回1、2枠(4番枠以内)の馬が入着している

⑪【京都長距離の蛯名】
 天皇賞・春、菊花賞で1~6番に入ったときは3-2-3-2と好成績であるが、
 15年の菊は6番人気のタンタアレグリアで惜しくも4着、

16年の菊は2番人気のディーマジェスティで4着と着を外している。

ただし、16年の天皇賞(春)では10番人気のタンタアレグリアを4着に好走させている

ディーマジェスティが6番人気以内になってもディープ産駒のため入着は無理か?

⑫【リピーター】

メイショウサムソン、マイネルキッツ、ウインバリアシオン、

フェノーメノ、カレンミロティックの5頭が複数年で3着以内に好走している

キタサンブラック、シュヴァルグランが該当

⑬【当日人気】

1番人気 (0-0-1-9) 何と近8年連続して入着なし。

          キタサンブラックとサトノダイヤモンド、

          どちらが1番人気になるか?

2番人気 (5-1-1-3)

3番人気 (1-4-1-4)

4番人気 (1-2-1-6)

5番人気 (0-0-2-8)

6番人気 (0-0-1-9)

79人 (1-1-0-28)

10人以下(2-2-3-76)

08年以外は6人気以下の馬が必ず1頭は入着している。

また2ケタ人気の激走馬も7頭もいて、

これらの馬はGレースで連対、2000m以上のレースで先行して好走という特徴があった

データー分析からは、

キタサンブラック、サトノダイヤモンド、シャケトラ、

シャヴァルグラン、レインボーラインの5頭に絞られるが・・・


◎キタサンブラック

 サトノダイヤモンドとどちらが一番人気になるのか?

 枠順の差からこの馬を本命とした。

 最も3着内の可能性が高いのはこの馬だと推理する


〇シュヴァルグラン

 昨年のこのレース3着、JC3着、有馬6着でトップホースの仲間入りをした。

 有力5頭の中で3200に最も適性があるのはこの馬。

 好枠6番を引き、福永が上手く乗れば頭まであるだろう


▲サトノダイヤモンド

 1番人気はこの馬か?

 外枠、ディープ産駒、前年菊花賞馬の凡走を考慮して3番手の評価にした。

 大崩れが無い馬で、キタサンブラック同様3着内の可能性はかなり高い


☆レインボーライン

 痛恨の16番枠になってしまった。

 昨年の菊2着、JC6着は立派な成績で、前走は久々の叩き台のレース。

 3200の適性は高く、展開恵まれれば頭まである実力馬。デムーロも怖い


△シャケトラ

 ここ2走のGレースで人気になっているが、斤量58Kへの増量、

 一気のメンバー強化のGⅠレースでの好走は難しいと思われる。

 ただし、昨年同じようなステップだったシュヴァルグランが3着に好走しており、

 押さえは必要


注タマモベストプレイ

 長距離のGレースで先行して連対実績がある人気薄馬は

 アドマイヤゼウス、ラブラドライトであるが、

 前者は内枠を引けなかったこと、後者は9歳馬であることより、

 Gレースでの連対実績は無いが、

 長距離レースで先行してしぶといこの馬を少し警戒したい。

 ゴールドアクターから降ろされた吉田隼の怒りの騎乗も魅力


馬券は、馬連を買うなら上位5頭のBOXをメリハリをつけて買いたい。

3連単ならば、キタサンブラック軸に、特に2,3着を厚めに買ってみたい。

いずれにしても発走までに時間があるので、

土日に最終結論をコメント欄にアップします



by osamukunn | 2017-04-28 15:35 | 競馬 | Comments(1)

皐月賞(推理)

先週の桜花賞でやっと馬券を的中させることが出来ました。
今週は、クラシック第2弾の皐月賞を推理します。

昨年はリオンディーズ、サトノダイヤモンド、マカヒキの3強対決で盛り上がっていましたが、
勝ったのは蛯名の好騎乗に導かれた8番人気の関東馬ディーマジェスティ。

b0177792_1631399.jpg

          馬券は自信を持ってリオンディーズから買ったのですが
             デムーロの暴走でパーになりました

いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【重賞実績】
 入着馬30頭中28頭は過去3走での芝の重賞で連対実績があった。
 例外以下の2頭。
 10年2着ヒルノダムール(6人気) 若葉S2着←若駒S2着←ラシオNIKKEI4着
 09年2着トライアンフマーチ(8人気) 若葉S2着←未勝利1着←未勝利4着
 
②【重賞勝利実績】
 優勝馬10頭中7頭は同年の2月以降にJRAの芝1800m以上の重賞で
 優勝経験がある馬だった。
 例外は15年ドゥラメンテ、08年キャプテントゥーレ、07年ヴィクトリーの3頭だが、
 いずれもGレースの連対実績があった

③【血統】
 一昨年まではディープ産駒が0-2-2-12と勝利していないGⅠレースであったが、
 昨年はディープ産駒が1,2,3着と独占した。
 どちらかと言うと、キンカメやステイゴールドのようなパワー系の血統馬が好走しやすい

④【前走レース】
 11年から共同通信杯、スプリングSで連対した馬が勝っている。

 共同通信杯:4-0-2-4 3連勝中。
            入着馬6頭中4頭は1番人気で残り1頭も2番人気だった
            入着馬6頭中5頭は2着以内
            入着馬6頭中5頭は上がり2位以内
 スプリングS:3-2-2-42 入着馬は全て5番人気以内でGレース勝ちの実績あり
 弥生賞:2-5-3-35 入着馬10頭中9頭はGレース勝ちの実績があり、
          うち8頭は2番人気以内
 若葉S:1-3-1-18 入着馬5頭は全て連対。入着馬5頭中4頭は1番人気
 京成杯:0-0-1-3 10年にエイシンフラッシュが3着に入着したが、1番人気で1着だった
 きさらぎ賞:0-0-1-8 昨年サトノダイヤモンドが3着
 毎日杯:0-0-0-13 アーリントンC:0-0-0-4 と入着馬なし 
 
⑤【前走着順】
 1着  (8-4-5-47)
 2着  (1-3-2-28)
 3着  (0-1-1-21)
 4着  (1-1-0-7)
 5着  (0-0-0-4)
 6~9着(0-1-2-23)
 10以下(0-0-0-17)

 前走1着2着がほとんどで好走の条件は4着まで。
 前走5着以下から巻き返して3着以内に入った3頭には、重賞を優勝した実績があった。
 また、前走着差1.0秒以上負けの馬は0-0-0-25

⑥【前走人気】
 前走5番人気以下は0-1-0-47で大苦戦。
 連対したのは2008年2着タケミカヅチで前走弥生賞3着馬

⑦【無敗馬】
 無敗馬は0-1-3-4と勝ち馬がでていない

⑧【牝馬】
 0-0-0-1 14年にバウンスシャッセが出走したが12番人気で11着だった。
 ファンディーナが勝てば69年ぶりの牝馬優勝となる

⑨【東西所属】
 栗東:6 8-8-93 美浦:4-2-2-54
 ただし、近4年は関東馬が4連勝している

⑩【前走1番人気1着馬】
 前走Gレース及び若葉Sで1番人気で1着になった馬が馬券に絡まなかったのは
 08年と15年と16年であるが、08年と15年は該当馬が出走していなかった。
 16年はGレースで2番人気で1着だった

⑪【年明けレース数】
 過去5年、年明け3戦以上した馬は21頭いたが、
 12年2着ワールドエース15年3着キタサンブラック以外は入着できず

⑫【ローテーション】
 中10週~:0-0-4-13と連対馬がいない

⑧【当日人気】
 6番人気以下も3-4-3 と10頭も入着している穴レース。
 ただし、近5年の6番人気以下馬の入着は僅か2頭(15頭中)であるので、
 そろそろ複数の人気薄馬が激走するか?


◎アウトライヤーズ
 今年、最も本番に近い前哨戦はスプリングSだったと考える。
 そのレースの勝ち馬ウインブライトと比較すると、
 昨年暮れのひいらぎ賞ではこの馬が1番人気で勝利しており、
 その前の百日草特別でもカデナとハナ差のレースをしている。
 前走の2着で人気を落としているし、GⅠで穴を演出する今年好調の田辺も魅力。
 思い切って穴で大きく狙ってみたい

〇ウインブライト
 いかにも皐月賞が向きそうな馬で、
 前走と同じように3角途中から強気に大外をマクル競馬をするだろう。
 このメンバーでは勝ち切るまでは難しいとしても馬券からは外せない馬

▲アルアイン
 好走実績が無い毎日杯組であるが前走の時計が優秀であること、
 2走前のシンザン記念は直線で大きな不利があったレースで度外視できること、
 ディープ産駒も魅力で穴で狙ってみたい

☆サトノアレス
 ④の前走レースの入着条件を満足するのは、この馬とスワーヴリチャード、カデナの3頭のみ。
 GⅠ馬の叩き2走目、戸崎も魅力で、この馬も是非とも主力で買ってみたい

△カデナ
 前走の弥生賞はスローペースで決めて勝負になったレースで皐月賞には直結しないと推理した。
 牡馬クラシックに弱い福永、人気面から、あくまで押さえまでの評価としたい

△ペルシアンナイト
 好走実績が無いアーリントンC組で本来は消したい馬だが、
 GⅠの鬼デムーロが怖いので押さえは必要

×スワーヴリチャード
 最近好走が目立つ共同通信杯の勝ち馬で注目を集めているが、
 ここ2走は連続して出負けしており、
 出負けした場合の内枠、中山は初めて、人気面からも買っても豆券押さえまで

×レイデオロ
 昨年暮れ以来のローテーションが最大のマイナス材料。狙いは次のダービーか?
 前走の勝利は相手に恵まれた感もあり、この馬も買っても豆券押さえまで

大穴コマノインパレス
 前走は休み明けのレースで、しかもスローペースに溜めが効かず向正面から脚を使って
 直線イキ切れしてしまった。
 3走前の葉牡丹賞ではレイデオロの2着、その後京成杯のGレースを勝っており、
 このメンバーでも好走する可能性あり。弥生賞でも3番人気しており、
 大きく人気を落としているので是非とも大穴で狙ってみたい

牝馬の挑戦で話題になっているファンディーナは⑪のデーターもマイナスで、
危険な人気馬と推理し予想は無印にした。
(馬券は取りガミ覚悟で押さえるかもしれません)


馬券は難しい。
確たる軸馬がいないので◎〇▲☆△△大穴の7頭馬連BOXが勝負馬券です。
この7頭から、他の馬(プラチナボイス、ダンビュライト)への
馬連も豆券押さえるかもしれません。
とにかく、数点で馬券が当たるとは思えない大混戦レースと推理します。
by osamukunn | 2017-04-15 16:08 | 競馬 | Comments(1)

桜花賞(推理)

今年は馬券が本当に当たりません。
いよいよクラシックシーズンの開幕で今週は牝馬限定のクラシック第1弾桜花賞。
何とか悪い流れを断ち切りたいものです。

b0177792_16291052.jpg

        デムーロ騎乗のジュエラーがシンハライトにハナ差の勝利
         ブログを見ると3連単、馬連が的中したようです
        

いつもの様に阪神コースが改装された2007年以降の過去10年のデーターを分析します。
ソウルスターリングにとってイヤなデーターもありますが果たして結果は・・・。

①【ディープインパクト産駒】
 11年よりディープインパクト産駒が出走するようになったが14年まで4連勝。
 15年は2,3着馬、昨年は2着馬がディープ産駒であった。
 11年以来、連対馬12頭中8頭、3着内18頭中9頭がディープ産駒

②【マイル実績】
 12年の3着馬、13年の1~3着馬、15年の3着馬、昨年の3着馬を除いて
 マイル以上の距離で勝っていた。
 ただし、この6頭はいずれもマイルの経験があった
 また、07年以降の勝ち馬は全て本番の阪神1600を経験していた。
 
③【3戦以上の無敗馬】
 6頭が出走したが2着が2頭という成績。
 無敗馬の勝利は04年のダンスインザムード以来ない

④【早期デビュー】
 過去10年、前年の10月末日までにデビューして、
 なおかつキャリア6戦以下で桜花賞に臨んだという馬が毎年1頭だけ連対している

⑤【牡馬混合Gレース】
 ここ3年、牡馬混合Gレースで入着した馬が勝利している


⑥【前走レース】
 チューリップ賞:8-4-5-27 好走例多い。連対馬12中11頭は2番人気以内
 クイーンC:0-3-1-14 3着内4頭中3頭は2番人気以内または2着以内
             08年2着のエフティマイヤが例外であるが
             Gレースの連対実績があった
 フラワーC:0-1-1-11  3着内2頭は全て1着であった
 フィリーズレビュー:1-0-2-52 大苦戦。3着内3頭全ては2歳時に2勝していた
 エルフィンS:1-1-0-2 連対2頭は全て1着
 アネモネS:0-0-1-22 で全く不振

⑦【前走着順】
 連対馬20頭中16頭、1~3着馬30頭中23頭は前走3着以内だった
 
⑧【前走人気】
 前走重賞
 1番人気 (4-3-3-19)
 2番人気 (3-3-0-14)
 3番人気 (0-1-1-13)
 4番人気 (1-0-2-5)
 5番人気 (1-1-1-12)
 6~9人 (0-0-2-29)
 10人以下(0-1-0-24)

 前走OP特別
 1番人気 (0-1-0-6)
 2番人気 (1-0-1-7)
 3番人気 (0-0-0-5)
 4番人気 (0-0-0-2)
 5番人気 (0-0-0-1)
 6~9人 (0-0-0-5)
 10人以下(0-0-0-4)

 前走重賞で6番人気以下、OP特別で3番人気以下は割引

⑨【単勝1番人気で敗れた経験】
 単勝1番人気で敗れた経験のある馬が2011年以外毎年連対している

⑩【枠順】
 3枠より内枠は1-0-2-48、また、5番以内は0-0-2-48と不振。
 
⑪【単勝1倍台の人気】
 2-1-0-2 で2頭が着外に敗れている。その2頭は共に関東馬。
 ちなみに、単勝1倍台の馬が敗れた時の1着馬は、チューリップ賞の2,3着馬
 
⑫【当日人気】
 08年、15年は入着馬が全て5番人気以下であったが、
 13年のアユサンを除くと連対馬は全て4番人気以内。
 ただし3着馬は6番人気以下の馬が5頭(半数)も好走している

⑬【休養明け】
 10週以上の休養明けの馬は-0-1-0-7と苦戦


◎ソウルスターリング
 今までの戦歴を見ればこの馬が一枚抜けています。
 しかし、③⑪のデーターから、ソウルスターリングが飛んだ大穴馬券も買ってみたい

〇アドマイヤミヤビ
 勝ち馬が出ていないクイーンC組は気になるが長く良い脚を使えるタイプで、
 阪神マイルの経験もあり一着の可能性も充分

▲アエロリット
 ②④⑥⑦⑨と最もプラス要因が多い馬。特に⑨は他に3頭が該当するが、
 この馬が最も連対の可能性が高いと推理する

☆ウゼットジュリー
 ⑤の条件を完全には満たしていないが前走の牡馬混合Gレースの4着が光る。
 阪神マイルの経験もあり、牝馬に強い福永も魅力。
 穴で是非とも買ってみたい

△ジューヌエコール
 デビューから3連勝し、3戦目で牡馬混合Gレースを勝利した馬。
 ここ2走の凡走で人気を落としているが、道悪はOKで穴で押さえてみたい馬

△ミスパンテール
 前走の末脚は見所があり人気しているが、
 久々を激走した疲れが心配なのと⑧のデーターから好走しても2着までか?

×リスグラシュー
 チューリプ賞3着は買い材料であるが、⑩の枠順及び道悪はマイナス材料であり、
 買っても押さえまで

特注ミスエルテ
 痛恨の最内枠になってしまった。道悪もマイナスで、普通であれば消しの評価。
 ただし、牡馬混合GⅠ4着の成績は素晴らしく、川田が一旦最後方に下げ、
 内の悪い馬場を避けて外々を廻るレースをすれば大外一気の追い込みが決まるかもしてない


馬券は難しい。
素直にソウルスターリングから馬連を流して、
ソウルを外した馬連も大穴で買ってみようと思っています。
by osamukunn | 2017-04-08 16:32 | 競馬 | Comments(1)

大阪杯(推理)

今年からGⅠに昇格した大阪杯を推理(予想)します。
GⅠ昇格に伴いレース名も「産経大阪杯」から「大阪杯」に変更になりました。

b0177792_1651291.jpg

      一叩きされたアンビシャスが有馬記念以来のキタサンブラックを
             ゴール前でクビ差、差し切りました


過去10年の傾向をまとめておきます。

①【年齢】
 4歳:6-3-3-15 5歳:3-4-2-21 6歳:1-2-5-25 7歳以上:0-1-0-29
 4歳馬の活躍が多いレースで、かつ今年の明け4歳馬は8つのGレースを勝利している

②【所属】
 美浦:0-4-0-19 栗東:10-6-10-70

③【前走レース】
 中山記念:3-2-1-11
 有馬記念:3-1-3-10
 京都記念:1-2-2-5
 小倉大賞典:0-0-0-5
 海外G1:1-0-0-1
 OP特別:1-0-0-18 2012年のショウナンマイティ
 条件戦:0-1-0-3  2011年のダークシャドウ

 今年から前哨戦として金鯱賞が設定され、このレースを使った馬は注目される

④【前走着順】
 1着;0-2-3-10
 2着:6-1-0-12
 3着:1-3-2-6
 4着:1-1-2-7
 5着:1-2-1-4
 6~9着:1-1-1-23
 10着以下:0-0-1-28
 ちなみに1秒以上の着差は0-0-1-33

⑤【当日人気】
 1番人気 ;4-3-2-1
 2番人気 :2-2-1-5
 3番人気 :1-0-1-8
 4番人気 :1-0-3-6
 5番人気 :0-1-1-8
 6番人気:(2-1-1-6
 7~9人気:0-3-1-25
 10人気以下:0-0-0-31

◎サトノクラウン
 大器がやっと本格化した。渋めの馬場も好材料で国内GⅠ勝利なるか。
 心配はデムーロ得意の出遅れ

〇キタサンブラック
 有馬記念以来のレースで狙いは次の天皇賞・春と思われる。
 しかし休み明けも問題無く3着内ならこの馬が最も信頼ができる

▲マカヒキ
 強い4歳馬が3頭出走してきたが、昨年のダービー馬を最上位の評価をすべきか?
 ただし、緩い馬場と3歳がピークの早熟の可能性があり惨敗も考えておきたい

☆ミッキーロケット
 4歳馬。前走は出遅れが全てで、今ならマカヒキより強くなっている可能性あり

△マルターズアポジー
 先行馬の流れになれば、勝つのは無理でも2,3着に逃げ粘る可能性あり

△ステファノス
 前走4着で人気を落としているが天皇賞・秋で2,3着している実力馬で
 2,3着なら穴で狙いたい

×ヤマカツエース
 金鯱賞の優勝で人気しているが、このメンバーに入ると力が一枚落ちるか?
 買っても豆券押さえまで

×アンビシャス
 この馬の差し足が生きる展開にはならない可能性が高く緩い馬場も向いていなく、
 買っても豆券押さえまで


馬券は、キタサンブラックを1着、2着、3着にした3連単を買おうと思っています。
by osamukunn | 2017-04-01 16:53 | 競馬 | Comments(1)

高松宮記念(推理)

今週は今年GⅠ第2戦の高松宮記念がありますが、
多くの競馬フアンはドバイワールドカップの方に興味があるのではないでしょうか?
JRAは高松宮記念の開催日を変更することを考えるべきです。
(昨年の文章のコピーです)

b0177792_1633592.jpg

             昨年勝ったのは1番人気のビックアーサー
           2,3着にも2,3番人気が入線し馬券は大トリガミ


いつものように過去10年のデーター分析をもとにレースを推理します。

①【Gレース実績】
 3着以内の経験が無い馬は一頭も入着していない

②【近3走以内のGレース最高成績】
 入着馬30頭中28頭は1、または2着に好走していた。
 過去8年の3着内馬は全て1、または2着だった
 
③【前年12月のGレース】
 中京競馬場改修後の2012年以降過去5年、優勝馬5頭はいずれも前年12月に
 「阪神C」か「香港スプリント」に出走していた。
 2着馬を見ても、5頭中3頭が前記の2レースに出走している

④【1400以上の実績】
 過去7年の連対馬14頭中10頭は1400m以上のGレースかオープン勝ちの実績があった
 
⑤【前走着順】
 3着以内の30頭中27頭は前走で5着以内と好走していた。
 残り3頭中2頭はG1で3着以内に好走したことがあった

⑥【前走人気】
 連対馬20頭中17頭は3番人気以内であった。
 また、6年連続で「前走が年明け初戦で、単勝2番人気以内に支持されていた」という馬が
 優勝している

⑦【前走レース】
 Gレース以外の馬は一頭も入着していない。
 阪急杯:4-5-4-39 4番人気以下は0-0-0-24
 オーシャンS:3-2-3-59 3着内8頭全て過去3走以内に1200m~1400mのGレースで
              連対していた
 シルクロードS:2-1-3-17 ただし、入着馬6頭中5頭は全てこのレースで連対していて
               4頭は勝っていた
 中山記念、スプリンターズS、2着が1回づつあるが、
 これら2頭はG1 で3着内の実績があった。
 なお、中京競馬場改修後の2012年以降過去5年は、
 阪急杯、オーシャンS、シルクロードS組が全て馬券に絡んでいる

⑧【牝馬】
 1-1-2-33と苦戦。3着内4頭は全て3番人気以内だった

⑨【年齢】
 4歳馬:1-0-4-29 5歳馬:6-5-2-36 6歳馬:0-5-1-36 7歳馬以上:3-0-3-46 

⑩【人気して凡走】
 「3走前までに単勝1番人気で4着以下に敗れていた」、
 「単勝2番人気で7着以下に敗れていた」
 という経験を持っている馬が過去10年毎年連対を果たしている

⑪【枠順】
 中京競馬場がリニューアルオープンした2012年以降の3着以内馬15頭中9頭は
 「5~8枠」の馬だった。
 昨年は4枠より内の馬が3頭入着した

⑫【間隔】
 10週以上の間隔は、0-1-0-14 と苦戦。
 
⑫【当日人気】
 連対馬20頭中15頭は5番人気以内


◎レッツゴードンキ
 好走実績が無い京都牝馬Sからの参戦がイヤ気だが前走快勝のレース振りが魅力。
 岩田久々のGⅠ勝利になるか?

〇ヒルノデイバロー
 ⑦の条件を満足する数少ない馬。③も満足しており、人気も無いので穴で大きく狙ってみたい。
 四位の直線大外強襲に期待したい

▲ナックビーナス
 この馬も⑦を満足する人気薄馬。人気薄の4歳牝馬でデーター的には苦しいが、
 ②④⑤⑥と好走条件を満足しており、この馬も穴で大きく狙ってみたい

☆メラグラーナ
 前走の快勝、戸崎騎乗で人気すると思われるが、トライアル勝ち本番凡走の匂いがし、
 ④の条件も満足しないのがイヤ気。あくまで相手までの評価

△ソルヴェイグ
 昨秋GⅠスプリンターズSで3着に好走し、休み明けシルクロードSを叩いて参戦。
 前走6着に敗退しているのは好走条件から外れるが、人気薄のGⅠで怖い田辺が魅力で
 馬券からは外せない

△シュウジ
 前走8着の敗退がイヤ気だがGⅠで4着の実績があり、他のデーターは全て満足。
 一時は本命を考えたがキャプテンが本命にしていたので大きく評価を下げた

×レッドファルクス
 昨秋GⅠスプリンターズSの勝ち馬だが、昨年末の香港以来のローレが最大のマイナス要因。
 デムーロが怖いので馬券は外せないが、取りガミ覚悟の押さえまで

×セイウンコウセイ
 シルクロードS組の入着条件を満足する馬。近3走の成績から人気になっているのがイヤ気で、
 前走が初のGレースであるため、GⅠレースではまだ好走は無理か?
 あくまで豆券押さえまでの評価

注フィエロ
 ②③④を満足している実力馬だが、初の1200、8歳馬から、この馬も豆券押さえまで


馬券は難しい。
確たる軸馬がいないので穴馬をからませた馬券を手広く買おうと思っていますが、
買い目のイメージがまだ浮かんできません。
明日にコメント欄に追記します。
by osamukunn | 2017-03-25 16:39 | 競馬 | Comments(1)


団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

pyonpyonさん、お..
by osamukunn at 06:14
伊良湖ビューホテルに泊ま..
by pyonpyon at 00:03
町内の有志の集まり大門ク..
by osamukunn at 09:37
将棋を教えるのはもう少し..
by osamukunn at 09:34
そうですね。藤井四段は5..
by pyonpyon at 00:39

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧