団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

今年最後の馬券もトリガミ..
by osamukunn at 18:54
旅人さん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 11:34
何か、釈然としないですね..
by 旅人 at 09:46
セントレアのカードラウン..
by osamukunn at 07:59
今、投票しました。 シ..
by osamukunn at 08:35

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:競馬( 271 )

2017年勝ち馬投票成績

競馬の話題が続いて申し訳ありませんが今年の馬券成績をお知らせします。

回収率が昨年よりは良くなりましたが76%と100%を上回ることが出来ませんでした。
PAT以外も春秋の京都競馬遠征、昨日の東京大賞典も得意?のトリガミでしたので、
トータルの回収率はさらに下がっていると思います。

b0177792_10262546.jpg


2017(2016:2015:2014:2013:2012:2011)年
購入日 35(49:68:77:77:78:64)日 
購入R数 39(66:114:125:134:105:114)R
的中R数 17(28:33:53:43:33:35)R
的中率 44(42;29:42:32:31:31)%
購入額 419,300(543,400:652,700:677,300:608,000:543,700:518,100)円
払戻額 317,790(295,460:498,150:696,220:787,300:383,920:518,760)円
回収率 76(54:76:103:129:71:100)%
1日最高払戻額 51,000(85,980:125,870:100,450:168,860:94,360:137,650)円
万馬券的中回数 3(3:5:7:7:6:5)回
最高払戻し単価 17,000(85,980:125,870:38,790:102,860:30,010:42,750)円


最近、年齢の影響で予想をするのが面倒になり、
以前のように馬柱をじっくり眺めることが少なくなりました。
後半は馬券を買ったのはGⅠレースのみで、
購入日、購入R数とも昨年よりさらに少なくなりました。
回収率は昨年より上昇して76%となりましたが、
以前として取りガミ(取って損)が多く、100%超えにはなりませんでした。
1日最高払い戻し額が51,000円と少ないのは、
多点買いのため的中馬券の購入金額が少なくなっているのが原因です。

従って来年は、もう少し点数を減らして一点当たりの購入額を増やしたいと思っています。
by osamukunn | 2017-12-30 10:26 | 競馬 | Comments(0)

東京大賞典

昨日で中央競馬は終了になりましたが、本日は大井競馬場で「東京大賞典」があります。

本題の前に昨日のホープフルSについて少し。
C・デムーロ騎乗のタイムフライヤーが見事な追込みで勝利しました。
2着は外枠で評価を落とした豊騎乗のジャンダルム。
3着は穴で狙ったステイフーリッシュ。
ステイフーリッシュは直線でジャンダルムとタイムフライヤーの間を狙ったのですが、
ジャンダルムが外側に少しふくれたためにスペースが無くなり、
立て直してタイムフライヤーの外から追い込んだものの首差の3着になってしまいました。
残念。
馬券は、ジャンダルムは消したために外れてしまいました。

今年の中央競馬は昨日で終り、
馬券回収率は75%ぐらいで10万円ぐらいのマイナスですので、
一発逆転を狙って東京大賞典を買います。

昨年は5番人気のアポロケンタッキーが勝利しました。

b0177792_10421459.jpg
サウンドトゥルーからの馬連を買ったが3着に敗れて馬券は外れたようです。

今年は一発逆転を狙って3連単を買います。
軸は悩んだ末に⑫ケイティブレイブとし、相手は手広く7頭に流します。

⑫-①②③⑤⑧⑩⑬の3連単マルチ(126点)

地方馬の②タービランスが大穴の期待馬です。


by osamukunn | 2017-12-29 10:53 | 競馬 | Comments(1)

ホープフルS(推理)

今年最後のGⅠレース、ホープフルSを推理します。
ホープフルSは暮れの中山で開催されており、以前はオープン特別でしたが、
2014からGⅡに昇格し、そして今年からGⅠに昇格しました。

昨年は1番人気のレイデオロが直線楽に抜け出し1着となりました。
b0177792_15228.jpg



オープン特別時代からの過去10年のデーター、特にGⅡに格上げになった2014年からの
3年間のデーターを重視して分析します。

①【距離】
 勝ち馬10頭中7頭は前走が2000mだった。
 6番人気以下で入着した9頭中8頭は前走が1800m以上で6頭が勝っていた。
 2014年以降の勝ち馬3頭は2000m、
 連対馬6頭中5頭が1800m以上で残り1頭は1600mの新潟2歳Sだった

②【外人騎手】
 ルメールは8回の騎乗で4-1-1-2の成績で、他の外人の活躍も目立つ。
 近2年の入着馬6頭中5頭は外人騎手

③【枠】
 過去10年、8枠は連対なし。
 1988年以降、⑫~⑰は1-0-3-45で連対馬はただ1頭

④【前走上がり】
 2014年以降3年の前走上がり最速馬は3-2-1-7

⑤【前走】
 新馬:6-0-2-11     16年1着・3着、15年1着、14年1着
 葉牡丹賞:3-1-1-17
 萩S:1-0-0-2
 未勝利:0-5-1-26    16年2着、14年3着
 ベゴニア賞:0-1-1-2
 黄菊賞:0-1-1-1     15年3着
 きんもく:0-1-0-2    14年2着
 新潟2歳S:0-1-0-1   15年2着
 東スポ杯2歳S:0-0-2-10
 京王杯2歳S:0-0-1-0

 新馬勝ちの好走例多く、未勝利勝ちが5頭2着に入線しているのが目に付く

⑤【前走着順】
 1着:8-8-5-49
 2着:1-1-1-10
 3着:1-0-3-6
 4着:0-0-0-3
 5着:0-0-1-6
 6~9着:0-1-0-21
 10着~:0-0-0-12

 4着以下から馬券になったのは僅か2頭


◎サンリヴァル
 前走で中山2000を勝っているのが魅力で上がりも最速だった。
 田辺はそろそろGⅠを勝っても良い頃で思い切って主力で狙ってみたい

〇タイムフライヤー
 人気馬の中ではこの馬を上位に評価したい。C・デムールもGⅠを勝つ順番で、
 前走は上がりNo2であった

▲トライン
 前走上がり最速で、新馬勝ち、ディープインパクト産駒。
 人気よりは好走する可能性高く穴で狙ってみたい

☆ステイフーリッシュ
 この馬も上がり最速の新馬勝ちの馬。枠の差でトラインの下の評価とした

△ルーカス
 調教中の放馬のアクシデントがあったが出走してきた。
 前走はワグネリアンに完敗だったが、デムーロの年間GⅠ7勝の新記録がかかっているので、
 これ以上評価を落とせない

×フラットレー
 ルメール騎乗で人気すると思われるが、前走5着敗退が大きなマイナス。
 人気馬では最も評価を落としたい

×シャルルマーニュ
 前走はルーカスとタイム差なしの3着、戸崎騎乗でそこそこ人気すると思われるが、
 そんなに強い馬とは思えず買っても豆券押さえまで

穴ウオーターパルフェ
 穴を演出するのは内枠と思われ、5戦4連対のこの馬を大穴で少し買ってみたい

武豊騎乗でジャンダルムも人気すると思われるが、痛恨の8枠、前走1600のため
無印とした。


馬券は難しい。
レース経験の少ない2歳馬で、過去のデーターも少ないので、
購入額は少なくして楽しみたい。
今の所、◎〇▲☆△の馬連5頭BOXを主力に買ってみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-27 15:04 | 競馬 | Comments(0)

有馬記念(推理)

今年最後では無くなったGⅠレース有馬記念の推理(予想)をします。
それにしても有馬の後にGⅠがあるのはシックリしません。

有馬記念は時に大荒れになり「あれまあ記念」と揶揄されるレースですので、
穴馬探しに力を入れたいですね。

昨年は3歳馬のサトノダイヤモンドが見事に優勝しました。

b0177792_1665340.jpg

穴を狙って3連単を306点も買ったのですが、1-2-3番人気と入線し大トリガミでした。
       

今年最後の大レースですのでいつもより気合を入れて過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ実績】
 勝ち馬10頭中8頭は2000以上のGⅠ勝ちの実績があった。
 また、6頭は、同年にGⅠレースを勝っていた
 
②【同年GⅠ・GⅡ実績】
 入着馬30頭全てが同年のJRA1800~2500mのGI またはGII で
 3着以内入った経験がある馬だった
 
③【中山長距離実績】
 6番人気以下で入着した11頭中7頭は
 中山の2200、2500のGレースで3着内の経験があった
 
④【直前2200以上の成績】
 勝ち馬9頭が直近で出走した芝2200m以上の国内外のGⅠまたはG2で3着以内に入っていた。
 例外は14年のジェンティルドンナでJC4着だった
 
⑤【乗り替り】
 12年、昨年を除いて騎手が乗り替わった馬が毎年入着している

⑥【前々走人気】
 連対馬20頭中19頭は前々走で1~5人気だった。
 前走で惨敗し、近3走Gレース勝ちが無く、当日人気を落としていても、
 前々走で5番人気以内と人気していれば好走する可能性がある
 
⑦【外人騎手】
 2-6-3-25の好成績、
 ここ7年の3着内21頭中10頭は外人騎手。
 内4頭は6番人気以下だった。
 
⑧【年齢】
 3歳:4-3-2-23 4歳:3-5-2-31 5歳:3-1-3-34 6歳:0-0-1-20 7歳以上:0-1-2-15
 
 3歳馬は08年、13年(未出走)を除いて3着内に入着している。
 連対した6頭中5頭は全てGⅠ勝ちの馬であり、
 14年2着のトゥザワールドは皐月賞2着だった。
 今年の3歳馬は古馬混合Gレースで過去10年トップの10勝をマーク。

 6歳以上は以下の4頭が入着。
  2009年3着エアシェイディ  (11番人気)
  2008年2着アドマイヤモナーク(14番人気)
  2008年3着エアシェイディ  (10番人気)
  2007年3着ダイワメジャー  (6番人気)
  いずれも中山芝のG1かG2で3着以内の実績のある馬
    
⑨【前走レース】
 3着内30頭のうち26頭はGⅠレース。
 例外は、10年3着トゥザグローリー、12年2着のオーシャンブルー、
 14年2着のウインバリアシオン、15年1着のゴールドアクターの4頭。
 この内、ウインバリアシオン以外はGレースを勝っていた

 G1(9-8-9-82)
  ジャパンC(2-5-5-51)
    12頭中9頭は休み明け3戦目が有馬記念だった。
    またこの9頭中8頭は5番人気以内であった
  天皇賞秋(3-0-1-7) 10年以降入着馬がでていない
  菊花賞(3-1-1-7)
  凱旋門賞(1-0-1-1)
  マイルCS(0-0-1-1)
  エリザベス女王杯(0-2-0-9) 入着2頭は3歳馬
 G2(1-2-0-30)
  アルゼンチン共和国杯(1-0-0-4)
  ステイヤーズS(0-0-0-12)
 G3(0-0-1-10)

⑩【前走着順】
 前走5着以下からの巻き返しも多い。ただし、GⅠに限る

⑪【牝馬】
 2-3-0-15 ただし、当日6番人気以下は0-0-0-13
 ここ2年入着していないが、15年は4着、16年は5着と好走している
 
⑫【枠順】
 連対馬20頭中13頭は①~⑦番枠だった。
 外枠、特に15,16番枠は0-0-0-16と苦戦
 
⑬【所属】
 美浦2-0-4-32 と関西馬が圧倒的に好走例多い

⑭【展開】
 逃げ(1-0-1-9)
 先行(5-3-3-25)
 差し(3-5-3-48)
 追込(0-1-2-39)
 マクリ(1-1-1-2)
 4角4番以内が馬券圏内の半数に好走しており、
  人気薄の先行馬、および早めに動ける馬に注意

⑬【当日人気】
 1番人気 (5-2-1-2)
 2番人気 (2-1-2-5)
 3番人気 (0-0-1-9)
 4番人気 (1-1-1-7)
 5番人気 (0-2-0-8)
 6番人気 (0-0-1-9)
 7~9人 (2-2-1-25)
 10人以下(0-2-3-58)
 1番人気は好成績だが6番人気以下の激走例も多い。
 10番人気以下で入着した5頭中3頭は7歳以上で、
 中山長距離Gレース好走実績があった。残り2頭は外人騎手騎乗であった
 また、単勝10倍以上の馬が、7頭連対、12頭が入着という穴レース


◎サトノクラウン
 前走JCの大敗で人気を落としているが、M・デムーロは直線勝ち目が無いと判断し
 追うのを止めているので10着は度外視したい。
 ⑥の条件にピッタリの馬でムーアの腕に期待して本線で狙ってみたい。
 ただし、調子落ちの大敗も考えておきたい

〇キタサンブラック
 絶好の2番枠を引いた。引退レースで過剰人気しているし、3戦目で調子が落ちるタイプ、
 直前調教の異常な軽さなど不安点が多いが、馬券からは外せないので2番手評価とした

▲シュヴァルグラン
 前走JCで念願のGⅠ勝ちで3番人気と人気上昇。ただし、JC、有馬の連勝は難しく、
 中山コースが向いているとは思えないが、自力で2,3着に入着する可能性は高く、
 この馬も軽視できないので3番手評価とした

☆シャケトラ
 中山長距離Gレース勝ちの数少ない一頭。秋天では◎、JCでは☆にした馬で、
 もう一度穴で狙ってみたい。先行脚質、⑦番枠も魅力

△1ルージュバック
 中山長距離Gレースの勝ち馬。好走例の多い牝馬で、差し追い込み馬のレースになった場合の
 連候補として穴で狙ってみたい

△2ミッキークイーン
 この馬も牝馬で前年の有馬で5着、宝塚で3着とGⅠで掲示板を確保している。
 ただし、5番人気とそこそこ人気しているのであくまで押さえまでの評価としたい

△3スワーヴリチャード
 3歳馬、M・デムーロ騎乗で人気しているが、GⅠを勝っていないのがマイナスで、
 小回り中山も向いているとは思えず、あくまでも押さえまでの評価とした。

×クイーンズリング
 全く人気が無いが、①⑤⑥⑦⑪のデーターに合致している。
 ルメールが内で上手く先行させ、2、3着に好走するかもしれない。
 穴で買ってみたい

×サトノクロニクル
 3歳馬で穴を演出するのはこの馬か?戸崎が内で上手くレースを進め、
 直線前が空けば馬券圏内に好走するかもしれない。
 この馬も穴で買ってみたい

大穴サクラアンプール
 3-1-1-0の中山コース実績、蛯名が魅力で大穴として豆券買ってみたい


馬券は難しい。
今の所、人気馬どうしの馬券はガミ覚悟の押さえ程度にし、
◎〇▲からシャケトラ、ルージュバック、クイーンズリング、サトノクロニクル、
サクラアンプールなどの穴馬への馬連で高配当を狙ってみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-23 16:10 | 競馬 | Comments(0)

朝日杯フューチュリティステークス(推理)

今年のGⅠレースも残り少なくなりました。
2歳牡馬牝馬混合GⅠレースの朝日杯フューチュリティステークスを推理します。

昨年は6番人気のアサトノアレスが直線見事な差し脚を発揮し勝利しました。
b0177792_1661226.jpg

サトノアレスは本命にしていたのですが、買っていない馬が2,3着になり、
馬券は惜しくも外れました。
              

2014年から阪神コースに変わって影響度が少なくなるデーターもありますが、
過去10年のデーターを分析します。

①【成績】
 6着以下の戦績が無い(連対20頭中18頭)

②【デビュー戦成績】
 新馬を単勝1番人気で優勝していた馬が、2009年を除いて毎年連対している

③【距離実績】
 1500以上で連対(20頭中14頭)、勝ち馬10頭全てが1500以上の勝ち鞍あり。
 阪神外回り1600のコースになった過3年の連対馬は
 昨年2着馬を除いて1600以上の距離を経験していた 

④【前走距離】
 1200m(0-0-0-18)
 1400m(1-6-3-53)
 1600m(6-2-6-33)
 1800m(2-2-1-27)
 2000m(1-0-0-2)

⑤【前走レース】
 前走はGレース(連対20頭中13頭):13頭中12頭はそのレースで4着以内だった
  東京スポーツ杯:2-2-1-14
         入着馬5頭中4頭は当日2番人気以内、残り1頭は5番人気
  京王杯2歳S:1-5-2-31
         入着馬6頭全て3着以内
  デイリー杯2歳S:0-2-2-15 
         入着馬4頭中3頭は連対
  サウジアラビア:0-0-0-1
         前身のいちょうSから14年にクラリティスカイが3着
 Gレース以外から参戦して連対した6頭は全てそのレースで1着だった。
  オープン特別:0-0-0-20
  東京500万:4-1-1-11
  京都・阪神500万:0-0-2-21
  中山・新潟・福島500万:1-0-1-3
  新馬・未勝利:1-0-0-10
        15年リオンディーズが新馬勝ちから1着

⑥【前走着順】
 前走4着以内(30頭中29頭)
 例外は11年2着マイネルロブスト:東スポ杯9着(5番人気)
  
⑦【外人騎手】
 5-3-1-16と好走例多い。
 3着以内9頭は
 12年の1着ロゴタイプ(7番人気)と16年の2着モンドキャンノ(7番人気)を除くと
 全て5番人気以内であり、外人騎乗の上位人気馬には注意が必要

⑧【枠順】
 阪神コースに変更になった近3年の5~8枠は2-2-2-22。
 特に、2勝は8枠

⑧【間隔】
 10週以上:1-0-1-9
 入着した2頭は、08年1着セイウンワンダー(2番人気)、
 14年3着クラリティスカイ(3番人気)

⑧【当日人気】
 1番人気 (3-2-1-4)
 2番人気 (2-1-1-6)
 3番人気 (1-0-2-7)
 4番人気 (1-2-1-6)
 5番人気 (1-1-2-6)
 6番人気 (1-1-0-8)
 7~9人 (1-1-1-27)
 10人以下(0-2-2-70)

 連対馬20頭中14頭が5番人気以内 10番人気以下の2頭が連対
  2007年2着レッツゴーキリシマ(10番人気)
  2014年2着アルマワイオリ  (14番人気)


◎ステルヴィオ
 前走サウジアラビアCは1番人気であったがスタートで出遅れ、
 最速の上りで2着まで追い込んだ。
 ルメールからC・デムーロに乗り替わるが全く問題無く、
 こんどは弟のGⅠ勝利が期待できる

〇ケイアイノーテック
 前走は久々のレースのため+22Kで出走し3着に粘り込んだ。
 叩き2走目、ディープ産駒、阪神マイル勝ちとプラス材料多く穴で狙ってみたい

▲タワーオブロンドン
 ルメールはこの馬を選んだが中央のマイル以上を経験していないのがマイナス。
 思わぬ大敗も考えておきたい

☆ダノンプレミアム
 前走サウジアラビアCのレコード勝ちで1番人気はこの馬か?
 差し追い込みが好走するレースで、先行脚質と1番枠は大きな不安材料。
 この馬も思わぬ大敗を考えておきたい

△フロンティア
 前走デイリー杯は久々のレースでジリジリとしか伸びず1番人気で3着に敗退。
 叩き2走目、内枠の岩田、同厩の人気薄馬と買い材料あり穴で押さえてみたい

△ファストアプローチ
 この馬も同厩の人気薄馬。オープン特別からのローテはマイナスだが、
 外人騎手騎乗、1800、2000からのローテはプラスで穴で押さえたい

×ダノンスマッシュ
 ある程度人気になると思われるが、オープン特別からのローテ、
 1600以上の経験が無く、買っても豆券押さえまで

×ダブルシャーク
 データー的には消しの馬だが、地方からの中央転厩馬で札幌で良い差し足を見せていた。
 穴で豆券押さえておきたい

穴ケイティクレバー
 逃げ・先行の脚質はイヤ気だが、今年の当たり種馬ハービンジャー産駒、
 8枠という買い材料もあり、大穴で少し買ってみたい


馬券は悩ましいが、
ステルヴィオからの馬連が本線で、
ケイアイノーテックからの3連複も穴で押さえてみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-16 16:09 | 競馬 | Comments(0)

阪神ジュベナイルF(推理)

香港のレースも気になりますが、2歳牝馬による阪神ジュベナイルFを推理します。

昨年はルメール騎乗のソウルスターリングが圧倒的な強さで勝利しました。

b0177792_166156.jpg

1-2-3番人気と入線し大トリガミになってしまったようです。

いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【牡馬混合戦】
 勝ち馬10頭は牡馬混合戦で入着の経験があった。
 さらに09年以降は、牡馬混合戦の勝ち馬と、その傾向が顕著になっている
 
②【距離実績】
 マイル優勝経験ある馬は10-8-6-58の好成績。
 例外6頭は、東京もしくは京都競馬場で行われた500万下以上の1400mのレースにおいて
 3着以内に入った経験がある馬だった。
 また、勝ち馬10頭中8頭は、1400以下のレースを使っていなかった

③【着外経験】
 4着以下の着外に負けた経験のない馬は、10-7-9-50と入着馬30頭中26頭を占めている

④【デビュー時期】
 7月末までにデビューした馬が05年と14年を除き連対している

⑤【出走回数】
 1戦:1-1-2-12 2戦:5-1-2-23 3戦:4-3-3-56
 4戦:0-4-2-30 5戦以上:0-1-1-29
 勝ち馬10頭は全て3戦以内。2着馬は9頭が4戦以内で残り1頭は5戦していた

⑥【馬体重】
 440kg未満は、ジュワドヴィーヴル、レッドリヴェールが1着となったが、凡走例が多い

⑦【関東馬】
 4-5-5-42と好走例多い。特に早めに栗東に輸送した馬は好走例多い

⑧【関東でのレース経験】
 2014年以降の過去3年で、入着馬9頭中8頭は東京・京都・中山で出走経験があった
  
⑨【前走レース】
 アルテミスS:1-3-1-5  GⅢに格上げになった14年以降毎年連対しており、
             このレースでも連対していた
 京王杯2歳S:0-1-2-5  入着馬は2,2,4着
 ファンタジーS:1-2-3-37 入着した5頭は3着以内
 デイリー杯2歳S:1-0-0-4
 赤松賞:1-1-0-7
 札幌2歳S:1-1-0-2
 未勝利:1-0-0-12と苦戦  唯一の勝ち馬はブエアナビスタ
 新馬:1-1-2-12 
 
⑩【前走着順、着差】
 前走重賞・OP特別:5着以内
  1着  (3-3-2-26)
  2着  (2-2-3-9)
  3着  (0-1-1-4)
  4着  (0-0-1-10)
  5着  (0-1-0-6)
  6~9着(0-0-0-14)
  10以下(0-0-0-13)

 前走500万下:連対
  1着  (2-2-1-29)
  2着  (1-0-0-3)
  3着  (0-0-0-2)
  4着  (0-0-0-2)
  5着  (0-0-0-3)
  6~9着(0-0-0-6)
  10以下(0-0-0-1)


⑫【当日人気】
 1番人気 (4-1-1-4)
 2番人気 (1-2-1-6)
 3番人気 (1-1-2-6)
 4番人気 (1-1-2-6)
 5番人気 (3-1-0-6)
 6番人気 (0-0-1-9)
 7~9人 (0-2-2-26)
 10人以下(0-2-1-87)


◎ロックディスタウン
 ルメール騎乗・1番人気・関東馬の3連覇が濃厚。
 2歳牝馬初の長距離輸送と中央でのレース経験が無いのが心配点

〇ラッキーライラック
 アルテミスSの勝ち馬の2戦無敗馬。牡馬混合レースを使っていないのがマイナス

▲ラテュロス
 アルテミスS3着で人気を落としているが阪神マイル勝ちもあり、
 馬体重以外はマイナス材料が無い馬で穴で是非とも買ってみたい馬。
 ただし、秋山がカペラSのブラミラコロを選んだのはマイナス

☆マウレア
 赤松賞勝ちの2戦2勝の関東馬で人気するがGⅠに弱い戸崎が心配。
 持ち時計も無いし、4番手までの評価

△トーセンブレス
 アルテミスSは1番人気で6着に敗れ人気を落としているが、スタートが悪かったのが
 敗因と思われ初戦の末脚も目立っていたので穴で押さえてみたい

×リリーノーブル
 2戦2勝馬で人気しているが牡馬混合レースの経験も無く、
 前走は500万下の特別レースで直線内から伸びたレースのため評価を落としたい

×ソシアルクラブ
 新馬勝ちの1勝馬だが、ブエナビスタの娘で人気しており馬券的妙味が薄い馬。
 買っても豆券押さえまで

穴グリエルマ
 未勝利勝ちで消しの馬だがブレイク中のロードカナリア産駒というのが魅力。
 穴で豆券押さえてみたい


馬券的には、そんなに迷わないレースで、
ロックディスタウンから△までの馬連4点で取れるレースだと思います。
ロックディスタウンが連を外した場合の保険も、
ラッキーライラックから馬連を元返し程度に押さえれば十分でしょう。

このレースはいつもより購入額を減らして、
その分で香港のレースを日本馬を軽視して馬券を買ってみようと思っています。
by osamukunn | 2017-12-09 16:08 | 競馬 | Comments(0)

チャンピオンズカップ(推理)

先週のジャパンカップは久々に本線で的中することが出来ました。
2週連続の本線的中を目指してチャンピオンズカップを推理します。


昨年は6人気のサウンドトゥルーが見事な追込みを決めて中央GⅠレースを初優勝しました。

b0177792_1671088.jpg

サウンドトゥルーを軸にして3着に10人気のアスカノロマンを押さえた3連単が的中し、
85,980円の配当をゲットすることが出来ました。


中京コースに変わって4年目ですが、過去10年のデーターを分析します。

①【Gレース勝利】
 連対馬20頭で中央Gレース未勝利馬は以下の4頭。
  2007年2着フィールドルージュ:前年同レースで3着
  2012年1着ニホンピロアワーズ:地方交流Gレースを3勝
  2015年1着サンビスタ:地方交流Gレースを5勝(内GⅠ1勝)
  2016年1着サウンドトゥルー:地方交流Gレースを2勝(内GⅠ1勝)

②【中京ダート実績】
 中京ダートに変わった近3年の入着馬9頭中7頭は、
 当コースで買っていたかGレースで5着以内の実績があった

③【近走距離】
 過去3走でダート1800以上のレースを使っていない馬は0-2-0-32と不振

④【年齢】
 3歳 (0-2-2-20)
 4歳 (2-1-1-26)
 5歳 (5-3-3-34)
 6歳 (3-3-3-23)
 7歳 (0-1-1-14)
 8歳以上(0-0-0-11)
  7歳で入着した2頭は
  2013年2着ワンダーアキュート(6番人気)
  2010年3着アドマイヤスバル (11番人気)
  2頭とも前走で重賞3着以内好走し、前年以前に当レースで5着以内の実績があった
 
⑤【所属】
 美浦:1-1-1-22 

⑥【枠順】
 中京コースになった14年以降は内枠有利の傾向で、入着馬9頭中8頭は4枠以内。
 7・8枠は0-0-0-6と入着馬なし
 
⑦【前走レース】
 JBCクラシック:4-4-5-28
         4着以下に敗れた馬は、1-0-0-15 ただし勝った1頭も4着
 武蔵野S:2-3-0-26
         入着した5頭は3着以内または3番人気以内
 みやこS:2-2-2-27
         3着内5頭はみやこSで4着以内。昨年は14着のアスカノロマンが
         3着に好走したが2番人気だった
 マイルCS南部杯:1-0-0-4
 JBCスプリント:0-0-0-7
 シリウスS:0-0-0-4
 OP特別:0-1-1-6
 
⑧【前走着順】
 前走5着以下は1-0-1-39で、例外は08年1着カネヒキリと16年3着アスカノロマン。
 両馬ともG1入着実績があった

⑨【前走着差】
 前走1.0秒以上負けは、1-0-2-37で、例外は以下の2頭。
  2015年1着サンビスタ(12番人気)
  2010年3着アドマイヤスバル(11番人気)
 両馬ともG1連対があった

⑫【間隔】
 10週以上 0-0-1-6 
 例外は14年にエルムSからのローマンレジェンドが3着に入着

⑬【人気】
 1番人気 (4-1-2-3)
 2番人気 (1-0-1-8)
 3番人気 (1-2-1-6)
 4番人気 (1-0-0-9)
 5番人気 (0-2-1-7)
 6番人気 (2-2-0-6)
 7~9人 (0-3-2-25)
 10人以下(1-0-3-64)

 2011年以外は必ず1頭は6番人気以下の馬が馬券に絡んでいる。
 2ケタ人気も4頭が馬券に絡んでいて、
 いずれもG1(交流を含む)で3着以内の実績を持っていた


◎キングスガード
 全てのデーターが合致しているのはこの馬だけ。中京では4回走って着外が無く、
 前走で1800でも問題無いことを証明。
 中京が改装された12年以降1800ダの最も勝ち鞍(16勝)が多い騎手は藤岡康太で、
 乗り替りは心配なし。(2位武豊14勝、3位福永13勝)
 人気も無いので穴で大きく狙ってみたい。
 (ジャンポケ斎藤が本命にしていました。
  昨年の天皇賞・春で2着に好走した13番人気のカレンミロティックを
  本命にしていたのを思い出しました)

〇ケイティブレイブ
 ②の中京ダート実績が無いのはマイナスであるが、
 4枠以内で成績面、脚質などから最も買いたい馬。
 ただし、中央ダートで実績が無いのは心配
 (須田が本命にしていました)

▲サウンドトゥルー
 前走のJBCクラシック勝ちや前年の勝ち馬で人気すると思われるが、
 ④の7歳馬、⑤の関東馬、⑥の7枠というマイナス要因がある。
 この馬にとって外枠はプラスなので、軸には買い辛いが馬券からは外せない

☆ノンコノユメ
 ⑤の関東馬、⑦の前走武蔵野S4着はマイナス要因であるが、
 GⅠ実績のある馬が前走で復調気配を見せた。
 C・デムーロ、内枠も魅力で穴で狙ってみたい馬

△1ミツバ
 前走JBC3着でGⅠでも通用するようになった可能性あり。
 ①②はマイナス材料であるが、内枠を生かして好位置でレースを進めれば
 入着があるかもしれない。穴で買ってみたい
 (須田が穴で押していました)

△2モルトベーネ
 前走みやこSの1.5秒差5着からは買い目が無いが、東海S2着と当コースの実績があり、
 ミツバと同じく内枠で上手く先行できれば入着の可能性があり穴で買ってみたい

△3アウォーディー
 前走の4着は7歳による馬力低下の表れか?人気先行タイプの馬だけに、
 あくまで押さえまでの評価としたい

×ロンドンタウン
 2連勝の昇り馬だが、②の中京実績と⑦の前走レースがマイナス。
 GⅠでは力不足の可能性高く、買っても豆券押さえまで

×グレンツュント
 今年1月の中京東海Sの勝利までは素晴らしい成績であるが、その後3走は凡走。
 関東馬であまり買う気が無いが、ボウマンへの乗り替りが怖いので豆券押さえたい

注ゴールドドリーム、カフジテイク
 普通であれば消しの馬だが、ムーア、ルメールの外人騎手が怖いので、
 トリガミ覚悟の豆券押さえが必要か・・・

ちなみにキャプテン渡辺はアポロケンタッキーを本命にしていました。
1番人気のテイエムジンソク、コパノリッキーも全く買い気がありません。

馬券は難しい。
キングスガードは全く人気が有りませんが、思い切って馬連と3連複で勝負します。
キングスガードが着外になった場合の保険として、印の馬の馬連も押さえようと思っています。

by osamukunn | 2017-12-02 16:12 | 競馬 | Comments(0)

ジャパンカップ(推理)

毎年書いているが、もういいかげん国際招待レースの看板をおろしたらどうか。
この時期、外国の超一流馬は日本のジャパンカップでは無く
来月の香港のレースに出走するのが当たり前になっている。
日本には超一流の騎手は来ても馬は来なくなった。

昨年はキタサンブラックが逃げて完勝しました。

b0177792_1605134.jpg

馬券の方はブログを見ると「来てほしくないキタサンブラックが・・・」とありますので、
外れたのでしょう。


いつものように過去10年のデーターを分析する。

①【外国馬】
 外国馬の好走は極めて少なくなっており、06年3着のウイジャーボードが最後で
 過去10年一頭もいない
   
②【外国人騎手】
 2-4-3-11 デムーロ、ルメールは除く。
 デムーロ、ルメールも加えると毎年3着内に外人騎手騎乗の馬が入着。
  
③【関東所属騎手、厩舎】
 騎手:0-1-1-43 入着は09年2着オウケンブルースリ内田騎手(ただし馬は関西馬)と
          14年3着のスピルバーグ北村宏騎手のみ
 厩舎:1-0-2-31 入着は08年1着スクリーンヒーロー、11年3着ジャガーメイル、
          14年3着スクリーンヒーローの3着のみ
  
④【東京GⅠ実績】
 3着以内に入った日本馬延べ29頭中23頭は
 前年以降に東京競馬場で行われたGI で4着以内に入った経験があった。
 昨年は、このデーターに合致しない馬が1,2,3着となった
 
⑤【GⅠ勝利】
 G1未勝利馬は6頭しか入着していないが、
 6頭中3頭は、その年のGⅠで3着以内に好走していた
 
⑥【GⅠの人気】
 4走前までにGI で単勝3番人気以内に支持されたものの
 4着以下に敗れていたという経歴をもつ馬が、
 過去10年のうち2008年と昨年を除いたすべての年で連対している。
 2008年 1着スクリーン:未出走 2着ディープスカイ:3着内
 2016年 1着キタサンブラック:3着内 2着サウンズオブアース:5人気で15着
 
⑦【年齢】
 3歳 (2-2-2-24)
 4歳 (6-3-3-41)
 5歳 (2-4-3-35)
 6歳 (0-1-0-24)
 7歳 (0-0-2-12)
 8歳 (0-0-0-8)

 5歳馬の2勝は牝馬で牡馬は勝っていない。
 また、1~3番人気の5歳牡馬も0-1-2-3と苦戦
   
⑧【牝馬】
 牝馬は5-2-2-16と好走例多い。
 ただし、エリザベス女王杯組は0-1-0-5と不振
   
⑨【前走レース】
 天皇賞・秋 6-6-7-44 6~9着からの3頭は2200以上のGⅠ勝利
       10着以下からの2頭はGⅠで4着以内
 菊花賞 1-0-0-9 2010年のローズキングダムは1番人気2着
 秋華賞 1-0-1-2 入着2頭は秋華賞の勝ち馬
 凱旋門賞 0-2-1-10 入着3頭はいずれも日本馬
 エリザベス女王杯 0-1-0-4
 アルゼンチン共和国 1-0-1-11
 京都大賞典 1-1--0-9 1,2着は昨年
 オールカマー 0-0-0-2

⑩【前走着順、人気、着差】
 前走7着以下で3着内に好走したのは僅か3頭(凱旋門賞除く)
 前走6番人気以下は0-2-2-45 着差1秒以上は0-0-2-37
 
⑪【当日人気】
 連対馬20頭中16頭はⅠ~5番人気 残り4頭は6~9番人気、
 3着内30頭中20頭は1~5番人気。
 
 6番人気以下で馬券に絡んだのはのべ10頭。
 いずれも東京コースの重賞で3着以内の実績があり、
 15年2着のラストインパクト、10年3着のヴィクトワールピサ以外は連対経験があった。
 また前記の2頭もラストインパクトが青葉賞3着、
 ヴィクトワールピサはダービーで3着の実績があった


◎レイデオロ
 神戸新聞杯から菊花賞を使わずにJCに出走というローテに好感が持てる。
 4歳馬に強力馬が居なく3歳のこの馬を主力に狙ってみたい。
 マイナスは好走例が少ない関東馬ということ

〇サトノクラウン
 M・デムーロ騎乗で人気になるが成績面、GⅠの鬼デムーロから馬券からは外せない。
 ただし、前走の好走は得意な道悪であった点と関東馬ということから絶対視は出来ない

▲シュヴァルグラン
 GⅠに手が届くところまで来ている外人騎乗の関西馬で是非とも買ってみたい馬。
 ①番枠はプラスでボウマンが上手く先行すれば頭まであるかもしれない

☆シャケトラ
 4歳馬。前走は不良馬場で直線競馬を止めており度外視可能。⑥のデーターを満足し、
 天皇賞・秋で本命にしたが、このレースでも穴で狙ってみたい

△キタサンブラック
 前走の天皇賞・秋の激走の疲れが心配。3走目で馬力が落ちるタイプで、
 今回は2走目で凡走するか?
 武豊の怪我もマイナスで、土4鞍、日2鞍の騎乗は完治していない証拠か?
 危険な人気馬と判断し、あくまで押さえまでの評価としたい

△マカヒキ
 4歳馬。叩き3走目でダービーと同じ舞台で復活するか?
 ⑤⑥⑦⑨のデーターを満足。マイナスは③の関東騎手であること

×ソウルスターリング
 秋2走の凡走から人気を落とすと思われるが、データー的には3歳牝馬はプラスで
 豆券押さえは必要

×レインボーライン
 前走の天皇賞・秋の3着好走は道悪に恵まれたものであり、
 良馬場でこのメンバーに入ると恵まれての入着が精一杯で豆券押さえまで


馬券はレイデオロから△までの馬連5点が勝負馬券。
レイデオロが3着の場合の3連複と、
着外の場合のガミ覚悟の馬連も押さえてみようと思っています。
by osamukunn | 2017-11-25 16:06 | 競馬 | Comments(0)

マイルCS(推理)

GⅠ予想当たりません。
弱気にならずにマイルCSを推理します。


昨年は浜中騎乗のミッキーアイルが勝ちましたが直線で大きく外にヨレ、
複数の馬の進路を妨害するという後味の悪いレースになりました。

b0177792_1634595.jpg


馬券は2着のイスラボニータからの馬連と3連複が的中して
掛け金が倍になったようですが、
以前の降着制度ならば16万の3連複が的中していただけに大変悔しい思いをしました。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【ディープ産駒】
 ディープインパクト産駒が出走しだした2011以降の6年間の入着馬18頭中7頭が
 ディープ産駒で、12年以降、毎年1頭は入着している。
 京都マイルの馬券はディープ産駒を狙うのが鉄則

②【GⅠ実績】
 3着までの入着馬28頭中(外国馬除く)26頭はGⅠレースの経験有り。
 また、28頭中21頭は、GIにおいて3着以内に入った経験があった

③【同年安田記念から巻き返し】
 同年の安田記念で4着以下に敗れていた馬が、2011年を除いたすべての年で連対している

④【Gレース実績】
 3着までの入着馬28頭は14年2着、15年2着のフィエロを除いてGレースの勝ち馬
 
⑤【前走GⅠ、GⅡ実績】
 日本馬28頭中20頭は、前走でGIまたはGIIに出走していた。
 前走がGIまたはGII以外のレースだった日本馬8頭中6頭は1,2着に好走していた

⑥【リピーター】
 ダイワメジャー:06年1着、06年1着
 スーパーホーネット:07年:2着、08年2着
 ダノンシャーク:13年3着、14年1着
 フィエロ:14年2着、15年2着
 イスラボニータ:15年3着、16年2着

⑦【年齢】
 3歳 (0-0-1-30)
 4歳 (3-5-3-25)
 5歳 (4-4-5-44)
 6歳 (2-1-1-31)
 7歳上(1-0-0-19) 
 
 3歳、7歳以上は苦戦
 
⑧【前走レース】
 天皇賞・秋:3-0-1-14
  入着した4頭全てがG1で連対経験があった
 富士S:2-3-1-43
  入着した6頭中4頭は連対。残り2頭は2走前に芝1600戦で連対していた
 スワンS:1-5-1-35
  3着内7頭中5頭は同レースで3着内。
  例外2頭は高松宮記念3着以内の実績があった
 スプリンターズS:1-1-1-6
  3着内3頭は全てGⅠで連対
 京都大賞典、府中牝馬S、安田記念組みから勝ち馬が出ているが、
 この3頭はGⅠで勝利、もしくは3着内の実績があった
 
 なお、穴馬はスワンS、富士Sからのローテに多い
 ☆前走富士S
  2014年1着ダノンシャーク (8番人気)
  2011年1着エイシンアポロン(5番人気)
  2009年2着マイネルファルケ(14番人気)
 ☆前走スワンS
  2010年1着エーシンフォワード(13番人気)
  2008年3着ファイングレイン (10番人気)
  2006年3着シンボリグラン  (8番人気)

⑨【前走着順着差】
 1着  (4-4-5-17)
 2着  (1-3-0-16)
 3着  (1-1-2-13)
 4着  (0-0-0-13)
 5着  (0-0-2-11)
 6~9着(4-2-1-37)
 10以下(0-0-0-42)

 1着、6~9着は好走例多いが、4、10着以下は1頭も入着していない。
 また、6~9着からの巻き返しは天皇賞(秋)やスプリンターズS組が多い
 
⑩【間隔】
 3着までの入着馬28頭の間隔は、
 15年1着モーリス、16年3着ネオリアリズム以外全て中2週~中9週。
 
⑪【人気】
 1番人気 (2-3-2-3)
 2番人気 (1-2-1-6)
 3番人気 (1-2-0-7)
 4番人気 (3-1-1-5)
 5番人気 (1-0-2-7)
 6番人気 (0-0-1-9)
 7~9人 (1-0-2-27)
 10人以下(1-2-1-85)

 連対馬20頭中16頭は5番人気以内。残り4頭中3頭は2ケタ人気馬


◎エアスピネル
 有力馬で4,5最なのはこの馬だけ。
 GⅠで勝ち切れないが、ムーアに乗り替わって一皮剥けるか?
 前走富士Sの極悪馬場の反動が心配だが、それは他馬にも言える事

〇レッドファルクス
 マイルは全く問題無く、C・デムーロへの乗り替りも心配なし。
 6歳馬で調教師が京都は合わないと言っているのが心配

▲サトノアラジン
 ディープインパクト産駒。
 前走富士Sの大敗は極悪馬場のため川田が全く追っていないので問題無し。
 ただし、6歳という年齢と5番枠という内枠が心配

☆イスラボニータ
 成績、騎手から人気になるが、6歳になって明らかに馬力が落ちているように感じる。
 馬券からは外せないが軸にはしずらい

△1ペルシアンナイト
 3歳馬の成績からは消しの馬だが、M・デムーロが怖いので押さえは必要。
 M・デムーロ、そろそろGⅠで3着外になりそう

△2ヤングマンパワー
 データー面でマイナスが無く③のデーターに合致する。
 人気もしないので穴で買ってみたい

×グランシルク
 2走前に1600を勝っている富士S組。⑤⑨のデーターがマイナスだが、
 GⅠの田辺は怖いので穴で押さえてみたい

注マルターズアポジー
 ただ一頭の逃げ馬で展開向けば着に残るかもしれない

人気のサングレーザーは3歳馬、GⅠ未出走の昇り馬で危険な人気馬と判断し無印とした。


軸馬が見つからず馬券は難しい。
◎〇▲を中心に馬連を手広く買おうと思っています。
by osamukunn | 2017-11-18 16:06 | 競馬 | Comments(0)

エリザベス女王杯(推理)

今週のエリザベス女王杯から暮れのホープルSまでGⅠレースが続きます。
例年なら有馬記念でその年の競馬は終了になるのですが、
今年は12月24日の有馬記念の後に28日にも競馬が開催されます。

昨年のエイザベス女王杯は京都競馬で観戦していましたが、
M・デムーロ騎乗のクイーンズリングが見事に勝利しました。

b0177792_16102559.jpg

馬券は3歳馬のパールコードから買って直線を向いた時には先頭に立ち楽勝と思ったのですが、
結果的に川田騎手の早仕掛けになり3着にも粘れませんでした。


いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【同年GⅠで苦戦】
「同年のGⅠで6着以下に敗れていた」という経験があった馬が
 2011年を除いて毎年1頭だけ連対している

②【牡馬混合戦実績】
 昨年を除いて、5走前までに牡馬混合Gレースで3着以内、
 または特別レースを勝った馬が毎年連対していた

③【上位人気での好走実績】
 2005年と2009年を除いて、z
 「3走前までに、単勝2番人気以内で2着以内に入った」実績を持つ馬が連対している

④【距離実績】
 勝ち馬9頭は2200m以上を経験していた

⑤【前走レース】
 秋華賞(3-3-3-25) 
  1着馬:2-1-1-1 3着内:2-3-2-7
 府中牝馬S(G2)(2-1-3-32)
  入着した6頭中4頭は4着以下から巻き返しており、内3頭はGⅠ5着以内の実績あり
 オールカマー(2-1-0-2)
 京都大賞典(1-2-0-8)
 府中牝馬S(G3)(0-1-1-25)
 宝塚記念(0-0-0-2)
 海外重賞(2-0-0-6)
  2頭は外国馬
 OP特別(0-0-0-6)
 条件戦(0-1-1-25)

⑥【前走牝馬限定戦】
 前走牝馬限定10着以下で当日5番人気以下(0-0-0-28)
 と全く勝負にならず
 
⑦【年齢】
 3歳 (4-4-3-36)
 4歳 (4-3-6-42)
 5歳 (2-2-0-43)
 6歳 (0-1-1-12)
 7歳上(0-0-0-6)

⑧【馬体重】
 440キロ未満は0-0-1-23と苦戦

⑨【レース間隔】
 10週以上は0-0-1-14と苦戦。
 昨年、ビクトリアM以来のミッキークイーンが2着になった
  
⑩【当日人気】
 1番人気 (2-4-2-2)
  着を外した2頭は「前走がGⅡで、3番人気以内に支持されていたが、
  5着以下に敗れていた」という共通点があった
 2番人気 (1-2-3-4)
 3番人気 (2-1-0-7)
 4番人気 (2-0-2-6)
 5番人気 (0-0-2-8)
 6番人気 (1-1-1-7)
 7~9人 (1-0-0-29)
 10人以下(1-2-0-76)

 連対馬20頭中6頭は6番人気以下


◎ルージュバック
 牡馬混合Gレースを4勝している馬がムーアを迎えてGⅠ獲りの最大チャンスとなった。
 応援している戸崎が乗らないのは寂しいが牝馬限定レースなら勝ち負け十分な実力馬。
 ただし、外枠は少し心配

〇ミッキークイーン
 昨年の有馬5着、今年の宝塚3着と牡馬混合GⅠでも好走実績のある強力牝馬。
 昨年もビクトリアM以来のレースで3着に好走しており久々は全く問題無し。
 人気を落としているようなら大きく狙ってみたい

▲ヴィブロス
 1番人気はこの馬か?成績面から馬券から外せないが⑧馬体重のデーターが心配。
 3走前の牡馬混合GⅡ中山記念5着や外枠がイヤ気で思わぬ大敗も考えておきたい

☆リスグラシュー
 3歳馬の中ではこの馬を最上位に評価したい。
 牝馬に強い福永佑一が末脚を生かすレースをすれば2K差を生かして頭まであるかもしれない。
 佑一には、ヴィブロスを降ろされた関係者への見返し及び恩師瀬戸口調教師の急死に
 捧げるGⅠ勝利を期待したい

△1モズカッチャン
 何と言ってもM・デムーロが魅力。オークス2着の実績馬で馬券からは外せない

△2クイーンズリング
 昨年の勝ち馬で叩き2走目となり、この馬も馬券からは外せない。
 C・デムーロへの乗り替りも全く心配にならない

△3ジュールポレール
 前走は牡馬混合1600万下特別勝ちであるが、
 3走前は牝馬GⅡ3着、2走前はGⅠビクトリアM3着と好走。
 人気も無いようなので穴で是非とも買ってみたい

×ディアドラ
 夏から5走目のローテ、さらに前走の秋華賞での激走の疲れが心配で評価を落とした

×スマートレイヤー
 7歳馬、直前での川田への掘り替りがイヤ気で、この馬も評価を落とした


明日から台北旅行で生でレースを観れないため馬券の購入額は減らしますが、
ルージュバック、ミッキークイーンを中心に馬連を買おうと思っています。
by osamukunn | 2017-11-11 16:15 | 競馬 | Comments(1)