カテゴリ:財テク(株・FX)( 159 )

押し目買いか手仕舞い売りか?

今日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、
前日比67円57銭(0.36%)高の1万8664円63銭で終えました。
前日に年初来安値を更新しており、
自律反発を狙った買いや円高一服を好感した買いが優勢でした。
午前10時すぎに米軍がシリアに向けてミサイルを発射したと伝わると、
地政学リスクへの警戒が高まり、円高・ドル安が進行。日経平均は下げに転じる場面があり、
このまま下げトレンドに入るのか心配したのですが、何とかプラスで引けました。

b0177792_15291646.png

              日経平均の日足チャート


b0177792_15303547.png

              日経平均の週足チャート


これまでの下げ局面で現金ポジションを増やしてきましたので、
そろそろ押し目買いを入れたいのですが、
日経平均の日足、週足チャートを見ると明かな下降トレンドに入っています。
従って、押し目買いにはもう少し様子を見る必要があり、
場合によっては手仕舞い売りも考えなければならない局面だと思っています。
by osamukunn | 2017-04-07 15:37 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

AI(人工知能)投資

最近の金融市場はトランプ新大統領の動向で大きく動いています。

今日の日経平均株価は3日ぶりに反発し、
終値は前日比106円74銭(0.56%)高の1万9148円08銭で引けました。
しかし、朝方はトランプ大統領の円安誘導発言から112円台まで円高が進んだことにより、
日経平均は100円以上のマイナスでスタートしました。
前日までの2日間で大きく水準を切り下げていたことにより、
値ごろ感から押し目買いが入り106円高で引けました。

今後も金融市場はトランプ大統領に振り回されることになるでしょう。


昨年あたりから、株式投資をAI(人工知能)を使って運用する投資信託が発売されるようになりました。

b0177792_15245722.jpg


AI技術は急速に進歩しており、今やあらゆる場面で使われるようになってきました。
最近話題になっている自動車の自動運転、将棋ソフト(スマホによる閲覧疑惑)などは、
その最たる応用例です。

株式投資の世界でコンピューター売買は当たり前になっていますが(為替連動売買など)、
最新のAI技術を使うことによって、ビックデーター解析による売買、相場急落場面での対応などでは、
人間より優れたパフォーマンスが期待されます。

今後のAI投資に注目したいですね。
by osamukunn | 2017-02-01 15:45 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

気崩れ

今日の東京株式市場で日経平均株価は10営業日ぶりに反落し、
終値は前週末比9円55銭(0.05%)安い1万9391円60銭でした。

b0177792_15382653.gif

              日経平均株価の日足チャート


上のチャートを見れば分かるように、アメリカの大統領選挙でトランプ氏が勝利して以来、
相場は一貫して上昇してきました。
先週末で日経平均株価の25日移動平均かい離率が6日連続で5%上回り、
相場的には危険ゾーンに突入してきたと考えられます。

私が毎日チェックしている平野憲一氏のブログに興味ある事柄が記載されていました。

それは、近々「気崩れ」が起こるかもしれないというものです。
「気崩れ」とは上昇相場のときに、特に理由が無いのに売り買いのバランスが崩れて、
突然相場が急落することのようです。

以下に平野氏のブログの一部を紹介しておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今週22日(木)は欧州系日本株投資ファンドにとって、いやそのファンドの若手ファンドマネージャーにとってとても嫌な日です。
 23日(金)が天皇誕生日で休場、クリスマスを挟んで翌26日(月)がNY、ロンドン休場、27日(火)ロンドン休場と22日は5連休前の立会日となります。ご存じの通り今週、彼らは皆クリスマス休暇入りますが、急騰後の波乱がいつ起きてもおかしくないこんな重要な時に、全員でファンドをほったらかして休暇とはいきません。どこの国でも一緒ですが、こう言う時後を任されるのは若手ファンドマネージャーです。彼らの不満の声が聞こえますが、彼らとしては留守番は仕方ないとしても、この間の変動リスクの責任を取らされてはたまりません。
 22日(木)のオーバーナイトリスクを嫌ってポジションを減らす事が考えられます。勿論休暇中の上司に進言するでしょうが、負い目のある上司はそれを了承するでしょう。若干笑い話的相場観ですが、売り買いのバランスが崩れる(気くずれ)危険が生じないでしょうか。次々と危険ラインを突破している日経平均ですが今年最後のリスクと考えられませんでしょうか。
by osamukunn | 2016-12-19 15:33 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

トランプ・ラリー

今日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸し、
終値は、前営業日比170円47銭(0.94%)高の1万8333円41銭と1月5日以来の高値で引けました。

アメリカ大統領選でトランプ氏が勝利して以来、
アメリカの景気上昇→アメリカ金利上昇→ドル高(円安)→日本株式上昇という流れになっています。

b0177792_1543333.gif

              日経平均株価の日足チャート


日足チャートを見ると、かなり過熱感が出ていますので一旦調整局面入りする可能性がありますが、
中長期的には大きな相場がスタートしたと考えられます。

個人的には、このトランプ・ラリーで持ち株の評価額も上昇していますが、
ポートフォリオを為替に影響されない銘柄にシフトしていたこともあって、
日経平均ほどのパフォーマンスを得られていません。

年末も近くなっていますので、年間損益の確定、銘柄の入れ替えなど、
しばらく株式相場から目が離せなくなってきました。
by osamukunn | 2016-11-24 15:41 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

円安・株高の流れになるか?

注目されていた日銀の新しい金融政策は、
長短金利を誘導目標とする新しい金融緩和の枠組みを導入するというものでした。
金融緩和策として、今までの量重視から金利重視へと大きくかじを切ったことになります。

日銀の新たな金融政策の発表を受けて市場は円安・株高に動きました。

b0177792_15263915.png

               米ドル/円の5分足チャート


b0177792_15275044.png

               米ドル/円の日足チャート


b0177792_15484625.gif

              日経平均株価の日足チャート


今晩はFOMCの金融政策が発表され利上げは無いというのが市場の見方ですが、
サプライズの利上げが発表されれば、一気にドル高(円安)に動く可能性があります。

来月5日から4年振りにハワイに出かけますので、
今まで円高タイミングを狙ってドルを少しずつドルを買って来ました。

今日の日銀の新たな金融政策の発表、FOMCの結果発表によって、
103円以上の円安が定着する可能性がありますので、
午後から四日市の三菱東京UFJ銀行に行き、円から米ドルに500ドル分両替してきました。
レートは仲値101.82円で104.62円でした。

当面必要なドルは用意できたので今後円安になると上手に両替できたことになり嬉しいのですが、
現地でクレジットカードで決済することも多いので、その際は円高になっていて欲しいと、
複雑な心境です。
by osamukunn | 2016-09-21 15:28 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

サマーラリー開始か?

今日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、
前日比92円43銭(0.56%)高の1万6569円27銭で終えました。

b0177792_15382516.gif



注目された日銀の金融政策は、
ETFの買い入れ額を6兆円に倍増するのが柱で、
金融機関のドル資金調達の支援策も強化するという内容でした。

今日も相場は大きく変動し、
金融政策発表直後には前日比200円高まで上昇、その後は300円安まで下げる場面がありましたが、
その後は買いが入り前日比92円43銭高で引けました。

追加の金融緩和に反応して買い戻しが入ったものの緩和が小幅だと見た失望売りが出ましたが、
次回の会合で現在の金融緩和策の効果を検証することが明らかになったことにより、
検証結果次第でさらに追加の金融緩和策を検討するかもしれないという期待感で、
再び買い戻しが入りました。

15時30分からの黒田日銀総裁の記者会見を待たないといけませんが、
今日の日銀政策会議の結果と、来月2日に発表される政府の経済対策によって、
サマーラリーが開始される可能性が高くなったと思います。

株式市場でも熱い夏になることを期待したいです。
by osamukunn | 2016-07-29 15:30 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

ヘリコプターマネー

今日の東京株式市場で日経平均株価は5日続伸し、
前日比111円96銭(0.68%)高の1万6497円85銭で終えました。
個別には今日も任天堂が大きく値上がりし、
新規上場のLINEは公募価格3,300円を48%上回った4,900円の初値を付けました。

b0177792_15361754.gif


今週の5連騰は、政府・日銀がヘリコプターマネー政策に踏み切るとの憶測で、
円安、株高に動いているという見方があります。

以下、今日の日経Web版の記事を紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「財政を日銀が賄う「ヘリコプターマネー」 投機筋が臆測、円安・株高に 」

政府・日銀が国民にお金をばらまくヘリコプターマネー(ヘリマネ)政策に踏み切るとの臆測が金融市場で浮上し、円安・株高が進んでいる。財政や通貨の信認を揺るがす禁じ手で、政府・日銀は否定するが、緩和相場を続けたい投機筋などがはやし立てている。
 臆測が広がるきっかけは「ヘリコプター・ベン」の異名を取るバーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長が12日、安倍晋三首相と面会したこと。14日午後には一部通信社が、首相ブレーンが4月にバーナンキ氏と同政策を議論したと伝え、円相場は1ドル=105円台に急落した。
 ヘリマネ政策とは、中央銀行が生み出した返済する必要のないお金を、政府が国民に配る政策だ。国が元利払いの必要がない債券(無利子永久債)などを中央銀行に渡し、引き換えに受け取ったお金を商品券などの形で国民にばらまく。
 通常の財政政策なら、政府は国債を発行して市場からお金を調達する。いずれは国債の元本や利子を返済する必要があり、そのためのお金は将来の増税などで賄う。国民にとっては長い目でみれば損か得か分からない政策であるため、受け取ったお金を消費に回しにくい。ヘリマネ政策なら国民は将来の負担を心配せずにお金を使える。
 だが、弊害は大きい。世の中に出回るお金が増えるのでインフレになりやすくなる。全国銀行協会の国部毅会長(三井住友銀行頭取)も14日の記者会見で「財政規律が失われるリスクがあり、必ずしも好ましい政策ではない」と指摘した。
 日銀は今でも市場から国債を大量に買い取り、間接的に政府にお金を渡している。だが、いずれ保有国債の量を減らすはずで、財政規律はぎりぎりで保たれている。ヘリマネ政策は出口のない大規模緩和ともいえる。「円の信認を押し下げるどころかたたき壊す」(みずほ銀行の唐鎌大輔氏)との危惧も強い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヘリコプターマネーについての面白い解説記事も紹介しておきます。
私が毎朝読んでいる平野憲一さんのコラムからの抜粋です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 昔、「奥様は魔女」と言う超人気テレビ番組がありました。ダーリンと魔女の奥様の夫婦の話ですが、ある時ダーリンは高級ゴルフクラブを買いたくなったのですがお金がありません。そこで、奥様に借金をします。奥様は魔女ですから、おカネを刷る能力を持っています。刷ったお金をダーリン渡し、夫婦間と言えど借金は借金ですからダーリンから借金証文を貰います。するとこのダーリン家には、おカネと借金証文が存在する事になります。でも、魔女の奥様は、家庭内の事ですし、ダーリンを愛していますから、借金証文は持っていてもダーリンが死ぬまでお金を返してくれとは言いません。つまりこの家庭にはおカネだけが天(ヘリコプター)から降ってきたようになります。勿論、魔女が日銀でダーリンが政府です。
 でも、考えて見たら既に魔女は、ダーリンが他にこわいお兄さん(市中金融機関)から借りた借金の証文を大量に取り返しています。夫婦が幸せ(CPI2%)になるまでその証文は持ち続けます。事実上のヘリコプターマネーは実施されているのです。もし、魔女が「私はダーリンを愛しているので、今持っている証文は永久に持ち続けるし、もちろん返済の請求も永久にしません」とまで言わなくても、そんな雰囲気を匂わすだけで、世の中変わりませんか。先進国で突出した借金大国だと思っていたら、意外に安定した金持ち国だったと。リスクオフになると円が買われる理由が少し分かりませんか。借金大国だと思っているのは日本人だけかも。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by osamukunn | 2016-07-15 15:28 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

半値戻し

今日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、
終値は前日比9円09銭(0.06%)高の1万5575円92銭で終えました。
先週金曜日のBrexitショックによる大暴落から約半値ほど戻したことになります。

b0177792_15364850.gif


日経平均株価は半値戻しとなりましたが、
個別株の動きは大きく分けると次の3種類に分かれます。

A:Brexit前の株価を既に上回っている
B:日経平均と同じようにBrexitショック前の株価に達していない
C:Brexitショック時の株価よりさらに下回っている

私の保有株は、Aが7銘柄、Bが7銘柄、Cが1銘柄となっています。
既に利確ゾーンまで上昇してきた銘柄もありますが、
相場の上昇一服感がまだまだ無いので、しばらくは保有しようと思っています。

皆さんの保有株はどうですか?
by osamukunn | 2016-06-30 15:28 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

Brexitショック

今日の東京株式市場で日経平均株価は急落し、前日比1286円33銭(7.92%)安の
1万4952円02銭で終えました。
イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票で離脱派の勝利が決まり、ネガティブ・サプライズになりました。

b0177792_1544167.gif


為替に関しても米ドル/円は一時98円台まで円高が進み、
1日の値動き7円は過去最大となったようです。
当然、ポンドは大きく売られました。

イギリスのEU離脱という国民投票結果を受けての今日の日本株の動きは明らかに売られ過ぎで、
中長期的には絶好の買い場を提供してくれたように思います。

午後の相場の急落場面で狙い株の新規買い、保有株の買い増しを行い、
株式のポジションを90%ぐらいまでに高めました。
今後は、仕込んだ株が利確ゾーンに上昇してくれることを気長に待ちます。

なお、私は今はFXを売買していませんので為替の動きを見ていただけですが、
ロングを保有していた人にとって今日は大変な相場になったのでは・・・
by osamukunn | 2016-06-24 15:44 | 財テク(株・FX) | Comments(0)

イギリスEU残留OR離脱

今日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、
前週末比365円64銭(2.34%)高の1万5965円30銭で終えました。
イギリスの欧州連合(EU)残留か離脱を巡る国民投票を23日に控え、
世論調査で残留派が盛り返したと伝わり、離脱への過度な懸念が後退し、
投資家心理が改善し、幅広い銘柄に買い戻しが入りました。

b0177792_1655710.gif


国民投票の結果によって相場がどう動くかを書いたコラムを紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブル太 :英国の国民投票を控えて、相場は相当ナーバスになってるね。
    もう、どっちに賭けるかは聞かないけど、どっちになるか意見ぐらい聞かせてよ。

ベア助 :まあ、確かにビッグ・イベントだから、あんまりイージーに考えない方が良いと思うけど、
    やっぱり、僅差かもしれないけど、残留となると考えたいね。

ブル太 :じゃあ、そうなるとリスク回避の巻き戻しが凄い展開となるわけで、
    その場合、ポンド買い、株買い、円売りが大きく出そうだね。それに賭けてみるかなあ?

ベア助 :だから、賭けないって言ってるでしょう?ともかく、英国の離脱のリスクがあるなら、
    そういったポジションは軽くして対応するしかないよ。

ブル太 :確かに離脱になったら、ポンドや株が暴落ですか?

ベア助 :ただ、そればかりとも言えないというか、実際大分こういった面は織り込まれているでしょうから、
    離脱の報道に、一時的にそうなっても、「噂で売って、事実で買い戻し」もあるから、
    恐らく追いかけて売るのは、よほど良いタイミングでない場合は避けた方がいい。
    案外離脱決定後、ポンド急落後、買い戻し暴騰もあるかもよ。

ブル太 :へー、そんなこともあるかねぇ。

ベア助 :結局市場というのは、ある程度織り込むでしょう?期待感や失望感、思惑や憶測の世界だから、
    そういった面を考慮しないとダメだろうね。

ブル太 :じゃあ、具体的にどうすれば良い。

ベア助 :何度も賭けないって言ってるけど、ともかく、残留の可能性もあるわけだから、
    ポンドやリスク資産は、最小限のポジションに限定しながらも維持。
    で、離脱となっても、そこは我慢。
    ただ、離脱の場合、長期的なポンドのマイナスは変わらないから、
    事実でもしポンドが買い戻されても、そこは売り狙いだろうね。あと株は英国以外は、
    離脱での下げは買い場だろうね。

ブル太 :つまり、静観して、残留なら良し。離脱の場合も、そこはじっと我慢して、
    逆に上がったらポンドは売りってことね。株は英国を除いて、そこの下げは買い場かあ?

あなたはどっち? 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

24日の相場は果たしてどうなるのであろうか?
いずれにしても株は買い場かあ?
by osamukunn | 2016-06-20 15:22 | 財テク(株・FX) | Comments(0)


団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

今朝のスポニチを見てプラ..
by osamukunn at 07:42
今回は昨日の推理通り、ソ..
by osamukunn at 07:53
今朝のスポニチに、G1仕..
by osamukunn at 06:41
悩んだ末に、フィエロ、メ..
by osamukunn at 08:49
こんばんは。 了解です..
by osamukunn at 18:44

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧