2017年 04月 28日 ( 1 )

天皇賞(春)・推理

明日から恒例の京都競馬弾丸ツアーに出かけますので一日早く天皇賞・春の推理をアップします。

昨年はキタサンブラックがカレンミロティックをゴール直前で差し返して優勝しました。


b0177792_15223602.jpg


       馬券は8歳のカレンミロティックを消したのでカスリもしませんでした


桜花賞、皐月賞は1番人気が飛んで高配当になり馬券も的中しました。

天皇賞・春も1番人気の馬が凡走し10番人気以下の好走例が多い荒レースで、
過去10年の馬連の平均配当は1万円を超えており万馬券決着が3回もあります。

果たして、キタサンブラックとサトノダイヤモンドの2強で決まるのか・・・。

いつものように過去10年のデーターを分析します。

①【GⅠ出走経験】
 3着内30頭中25頭は過去1年以内にGⅠレースの出走経験があった。
 残り5頭の内、2010年以降入着したのは13年2着のトーセンラーと

2016年3着のシュヴァルグラン

②【舞台経験】
 勝ち馬7頭は京都3000m以上のGⅠに出走し7着以内、0・7秒以内。
 残り3頭は2500m以上のGレースで連対
 
③【長距離実績】
 連対馬20頭中13頭は過去3走内の2400以上のGレースで3着に入着していた。

また過去4年間の優勝馬は、

いずれも過去3走以内に芝2500m以上のGレースで優勝経験があった

アルバート、サトノダイヤモンド、シャケトラの3頭のみ該当


④【前年菊花賞馬】
 4歳の菊花賞馬は8-0-3-5と好成績であるが、近年は06年のディープインパクト以降、
 1番人気で3連敗していたが、昨年は2番人気でキタサンブラックが優勝した。

アサクサキングはが3着、オルフェーブルとゴールドシップは着外に敗退している

サトノダイヤモンドにとってはイヤなデーター

⑤【血統】

ディープ産駒は13年2着のトーセンラーただ一頭。

サトノダイヤモンドは3000では1着になったが、

あと200m距離が伸びて果たしてどうなるか?
 
⑥【年齢】
 4歳:4-2-4-35 5歳:3-4-2-38 6歳:3-3-2-24

7歳:0-1-2-23 8歳以上:0-1-0-25
 

4歳馬で連対した6頭中5頭は3冠レースで5着までに入着した実績があった。

唯一の例外は昨年3着のシュヴァルグラン。
 7歳馬の入着馬は以下の3頭。

2016年カレンミロティック (宝塚記念・2着)
  2015年カレンミロティック    同上
  2013年レッドカドー   (前走ドバイワールドカップ・2)
  2010年マイネルキッツ  (前年天皇賞(春)1着、前走日経賞・1)

いずれもGⅠでの好走実績があった


⑦【臨戦過程】
 国内外のG1 GⅡ以外からの参戦は0-1-1-31
 例外は15年のフェイムゲーム(ダイヤモンドS)と

10年のメイショウドンタク(大阪ハンブルグS

阪神大賞典3-1-4-47 3着内8頭中5頭はGⅠで3着以内の実績
         同じく8頭はⅠ5年のゴールドシップ、カレンミロティック

       を除いて1年以内に京都芝で連対した経験あり。

         また8頭中4頭は3番人気以内であり、例外は

         2016年カレンミロティック(5人気)

         2015年カレンミロティック(6人気)

         2012年ビートブラック(5人気)

         2008年のアドマイヤジュピター(4人気)

         これら4頭は長距離Gレースの実績があった

 産経大阪杯:3-3-2-10  入着した8頭は全てGⅠでの連対実績

 日経賞  :3-4-2-43  3着以下は1-1-0-33 

 連対した2頭は20141着フェノーメノ

 20072着エリモエクスパイア。
                どちらも3000m以上の重賞で連対実績あり
 京都記念 :1-1-0-3
 ダイヤモンドS0-1-0-8
 大阪ハンブルクS:0-0-1-17

→臨戦過程の条件に満足するのは、

キタサンブラック、サトノダイヤモンド、シャケトラ、

シュヴァルグラン、レインボーラインの5頭のみ
  
⑧【前走着順】
 3着内30頭中23頭は前走3着以内。残り7頭中5頭はGⅠでの入着経験があった

⑨【関東馬】
 美浦(4-2-1-38) 
 栗東(6-8-8-102)

 関東馬も好走例が多い

⑩【内枠】
 過去10年中7回1、2枠(4番枠以内)の馬が入着している

⑪【京都長距離の蛯名】
 天皇賞・春、菊花賞で1~6番に入ったときは3-2-3-2と好成績であるが、
 15年の菊は6番人気のタンタアレグリアで惜しくも4着、

16年の菊は2番人気のディーマジェスティで4着と着を外している。

ただし、16年の天皇賞(春)では10番人気のタンタアレグリアを4着に好走させている

ディーマジェスティが6番人気以内になってもディープ産駒のため入着は無理か?

⑫【リピーター】

メイショウサムソン、マイネルキッツ、ウインバリアシオン、

フェノーメノ、カレンミロティックの5頭が複数年で3着以内に好走している

キタサンブラック、シュヴァルグランが該当

⑬【当日人気】

1番人気 (0-0-1-9) 何と近8年連続して入着なし。

          キタサンブラックとサトノダイヤモンド、

          どちらが1番人気になるか?

2番人気 (5-1-1-3)

3番人気 (1-4-1-4)

4番人気 (1-2-1-6)

5番人気 (0-0-2-8)

6番人気 (0-0-1-9)

79人 (1-1-0-28)

10人以下(2-2-3-76)

08年以外は6人気以下の馬が必ず1頭は入着している。

また2ケタ人気の激走馬も7頭もいて、

これらの馬はGレースで連対、2000m以上のレースで先行して好走という特徴があった

データー分析からは、

キタサンブラック、サトノダイヤモンド、シャケトラ、

シャヴァルグラン、レインボーラインの5頭に絞られるが・・・


◎キタサンブラック

 サトノダイヤモンドとどちらが一番人気になるのか?

 枠順の差からこの馬を本命とした。

 最も3着内の可能性が高いのはこの馬だと推理する


〇シュヴァルグラン

 昨年のこのレース3着、JC3着、有馬6着でトップホースの仲間入りをした。

 有力5頭の中で3200に最も適性があるのはこの馬。

 好枠6番を引き、福永が上手く乗れば頭まであるだろう


▲サトノダイヤモンド

 1番人気はこの馬か?

 外枠、ディープ産駒、前年菊花賞馬の凡走を考慮して3番手の評価にした。

 大崩れが無い馬で、キタサンブラック同様3着内の可能性はかなり高い


☆レインボーライン

 痛恨の16番枠になってしまった。

 昨年の菊2着、JC6着は立派な成績で、前走は久々の叩き台のレース。

 3200の適性は高く、展開恵まれれば頭まである実力馬。デムーロも怖い


△シャケトラ

 ここ2走のGレースで人気になっているが、斤量58Kへの増量、

 一気のメンバー強化のGⅠレースでの好走は難しいと思われる。

 ただし、昨年同じようなステップだったシュヴァルグランが3着に好走しており、

 押さえは必要


注タマモベストプレイ

 長距離のGレースで先行して連対実績がある人気薄馬は

 アドマイヤゼウス、ラブラドライトであるが、

 前者は内枠を引けなかったこと、後者は9歳馬であることより、

 Gレースでの連対実績は無いが、

 長距離レースで先行してしぶといこの馬を少し警戒したい。

 ゴールドアクターから降ろされた吉田隼の怒りの騎乗も魅力


馬券は、馬連を買うなら上位5頭のBOXをメリハリをつけて買いたい。

3連単ならば、キタサンブラック軸に、特に2,3着を厚めに買ってみたい。

いずれにしても発走までに時間があるので、

土日に最終結論をコメント欄にアップします



by osamukunn | 2017-04-28 15:35 | 競馬 | Comments(1)


団塊世代オヤジの気ままなリタイア生活のブログです。競馬、クラシック音楽鑑賞、映画鑑賞、旅行、財テク(FX、株)などについて紹介しています。


by osamukunn

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
旅行
競馬
映画
クラシック音楽
財テク(株・FX)
スキン画像シリーズ

ペット
新築
日常
未分類

リンク

最新のコメント

雨が結構降っているので競..
by osamukunn at 08:47
明日中止になるか分かりま..
by osamukunn at 20:41
秀さん、こんにちは。 ..
by osamukunn at 13:51
お久しぶりの秀です。 ..
by 秀 at 11:25
パパゲーノさん、お久しぶ..
by osamukunn at 12:04

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログジャンル

シニアライフ
オヤジ

記事ランキング

画像一覧